ハウスメーカー 全館空調 比較

ハウスメーカーの全館空調を比較

注文住宅で一戸建てを検討している場合、全館空調システムを採用するかや、どのハウスメーカーの全館空調が良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

全館空調システムを採用することで、廊下やトイレ、脱衣所などの空調もされるため、家中のどこにいても快適に過ごすことができますし、ヒートショックなどの予防にもなります。

 

 

 

そして、第一種換気機能が搭載されているため、花粉やほこりを除去することができるなどのメリットがあります。

 

 

 

 

その一方で、電気料金や初期費用が高くついたり、メンテナンス費用が必要だったり、部屋ごとに温度や風量が調整できないなどのデメリットが存在します。

 

 

 

今はほとんどのハウスメーカーで全館空調システムを採用されているため、
どこのハウスメーカーのものが良いのかといったことが気になると思います。

 

 

 

 

 

例えば、三井ホームで建てられる方の多くが全館空調を採用されると言われていますが、三井ホームの全館空調は冷暖房、除湿、加湿、空気清浄、換気、脱臭などの機能が搭載されており、性能の高さに定評があるようです。

 

 

 

 

しかし、全館空調システムを採用することで避けて通れない問題として乾燥があげられます。

 

 

 

 

 

各ハウスメーカーでは乾燥対策を講じてきているようですが、メンテナンスに配慮しているハウスメーカーでは加湿機能が搭載されていないこともあり、メーカーによって細かい機能や性能などが異なってきますので、事前に確認しておく必要があります。

 

 

 

 

 

また、温度設定に関しても個別に設定できることもあれば、1階と2階で分けて設定できたり、部屋ごとの設定ができない場合もありますので、このあたりに関しても事前に調べておく必要があります。

 

 

ハウスメーカー 坪単価|選び方や値引きについてのTOPページへ戻る