ハウスメーカー 耐震等級

ハウスメーカーの耐震等級は大丈夫!?

住まい造りにおいて、最も重要視すべき性能は異なってきますが、
東日本大震災以降、改めて地震に対する耐震性能を求める方が増えています。

 

 

 

とはいっても耐震性能ってどこをみたり比較するといいのか全く分からない、、、という方も多いと思いますが、この耐震性は耐震診断によって耐震等級というものが等級付けされているため、耐震性能を調べる時の目安ともなります。

 

 

 

耐震等級には1〜3までがあり、この数字が大きくなるほど耐震性能が高く、地震に強い家ということになります。

 

 

 

耐震等級1⇒建築基準法で定められる耐震基準を満たす最低ラインと定められています。

 

 

 

耐震等級2⇒耐震等級1の1.25倍の地震に耐えられる強さと定められています。

 

 

 

耐震等級3⇒等級1の1.5倍の地震に耐えられる強さと定められています。

 

 

 

 

 

この耐震等級というものを参考に、耐震等級の数字が大きいほど地震があっても被害を受けにくい丈夫な家という判断材料とされる方も多いのでは?と思いますが、ハウスメーカーによってはサイト上に耐震等級に関しての情報が記載されていないところもあります。

 

 

 

 

大手では、へーベルハウスをはじめ積水ハウスや住友林業、三井ホーム、トヨタホーム、東日本ハウスなどが耐震等級3を実現されていますが、同じ耐震等級3でも強度が全然違う場合もあると言われていますので、ご自身で担当者に確認したり、事前に情報取集を行っておく必要があります。

 

 

 

 

また、標準仕様で耐震等級3となっているメーカーもあれば、
商品やプラン、仕様などによっては耐震等級3を実現することが難しい場合もあるようですから、こちらも事前に耐震等級3が実現可能か確認しておく必要があります。

 

 

ハウスメーカー 坪単価|選び方や値引きについてのTOPページへ戻る

<スポンサーリンク>



page top