ハウスメーカー 決め手

ハウスメーカーを最終的に選んだ決め手!

家造りにおいてハウスメーカー選びも非常に重要なポイントになってきます。

 

ハウスメーカー選びを失敗すると家の出来にも大きく影響してしまうのです。

 

ハウスメーカーの展示場に行っても、営業マンは商品の紹介を細かく行ってきますが、やはり相手もプロなのでその商品についてのアピールも上手にしてきますし、どこのメーカーの展示場に行ってもどれも良いものに見えてしまい、正しい判断ができなくなってしまうのです。

 

しかしハウスメーカーの営業マンの言いなりになりハウスメーカーを決めてしまうと、思わぬ失敗を招くというケースも少なくないのです。

 

家は気に入らないからといって簡単に買い換えられるものではありませんし、ハウスメーカー選びは安易に行うべきではないと思います。

 

ではどのようにハウスメーカーを選ぶべきなのか。

 

実際にハウスメーカーで建てられた方が最終的にそのハウスメーカーを選ばれた決め手について紹介していきます。

 

ハウスメーカーを選ぶ際に、価格、デザイン、間取り、設備、保障、営業マンとの相性、会社の販売実績や経営状態を基準に選ばれている方が多いようです。

 

ハウスメーカーには高価格の住宅を扱うメーカーもあれば、低価格を売りにしているメーカーなどがあり、価格に大きな違いが生じる場合も多く価格が決め手になるというケースも多いですし、

 

理想の家のイメージを強く持っておられる方は住宅のデザインを重要視してハウスメーカーを選ばれます。

 

そして一番メーカー同士の違いがはっきり出るのは構造だと言われており、

 

住宅構造には、ツーバイフォー工法、木造軸組工法、パネル工法、鉄骨構造など多くの構造工法があり、構造が決め手になることも多いようです。

 

また営業マンの人柄が最終的な決め手になったという方も非常に多いように感じます。

 

家を建てることが決まっても、分からないことも多いですし、自分が家づくりにおいて求めるものを明確にするということは非常に難しいことです。

 

間取りを考える際にも実際にその間取りで生活することを想像し、不便ではないかということを考えなければなりませんが、その都度丁寧にアドバイスをしてくれる営業マンの存在は大きいようです。

 

その他には標準装備のランクが高いハウスメーカーを選んだという方もおられます。

 

ハウスメーカー 坪単価|選び方や値引きについてのTOPへ戻る