へーベルハウスの評判と口コミ

このページでは、へーベルハウスの評判や口コミを紹介しています。

 

 

へーベルハウスで実際に家を建てた方の感想も含めて紹介しています。

 

 

へーベルハウスも候補の一つに入っている方は、評判なども気になると思います。

 

 

是非参考にして下さいね^^

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

へーベルハウスの評判はどうなの?

 

地震に対しても、日本に数あるハウスメーカーの中でも、凄いと聞くのがへーベルハウス 評判が良いですね。

 

旭化成ホームズのメーカーですが、その家は耐火性・耐震性に優れていて、丈夫な事では定評があります。

 

隣が火事になったら、窓もドアもシャッターを閉めてから外に非難するように・・・とヘーベルハウスの家の購入者はメーカーに言われるそうです。
窓やドアから直接炎が入らなければ、ある程度の時間ならへーベルハウスなら耐えられるとか。

 

定期的に行われるヘーベルハウス説明会では、一般のメーカーのハウス壁とヘーベルハウスの壁に炎を当てて、どの位ヘーベルハウスの壁が燃えないか、実験を見る事もできます。

 

狭い日本の中では、隣からの火事も無視できませんから、インパクトがあり好評です。

 

火事だけではありません。地震時の評判も良いですよ。
何と言っても、基礎工事がしっかりとしているので、普通の地震なら安心です。

 

実は水害にも強いという事が、近年分かりました。
河川が氾濫して、家々が流される中、ヘーベルハウスだけが流されず濁流の中で残っていたのです。

 

この事は何度もニュースで流れ「あの家はどこのメーカーだろう」とネットでも評判になりました。

 

シンプルな作りのその家は、すぐにヘーベルハウスと分かり、「へーベルハウス 評判」で検索される事も多かったのです。

 

勿論欠点もあります。

 

まずは坪単価が他のメーカーに比べて高い事です。一般の有名ハウスメーカーと比べても、決して安くありませんし、なかなか値引きも無いと言われます。

 

ただし、耐久築30年から50年とも言われているので、実際親子3代で暮らし続けるなら、長い目で見れば高価な買い物では無いという意見も多く聞かれます。

 

そしてシンプルな外観・・・これも好みが分かれる所です。

 

無駄な形で無いから、耐震性に優れているとも言えるのですが、外観に拘りのある方には、評判は今ひとつですね。

 

個性がハッキリしているのがヘーベルハウスなのでしょう。
好みも評判も分かれます。

 

ヘーベルハウスの新大地の評判

 

へーベルハウスの人気商品として「キュービック」がありますが、そのキュービックのデザインをベースとし、大きな屋根が特徴的な「新大地」といった商品もラインナップされています。

 

高級感に満ちた、また落ち着いた外観が印象的な新大地ですが、新大地の評判なども気になるところです。

 

そこで、へーベルハウスの新大地の評判を徹底調査しました。

 

 

「我が家は新大地の二世帯住宅を建てました。
実際に住んでみて感じることは、とにかく静かだということです。
大雨が降っていても、窓を閉めたらほとんど聞こえませんし、二世帯ということもあり、このあたりは凄く満足しています。
ちなみに、アフターサービスも迅速で丁寧です。」

 

 

「当初は、へーベルハウスで建てるならキュービックだと思っていました。
しかし、二世帯での建築を希望しており、親世帯が瓦屋根にこだわったこともあり、新大地という選択をしました。
新大地は屋根があってもかっこよく、最大の魅力は広い開口部ではないかと思います。
展示場と同じように贅沢にフォールディングウィンドウを採用することはできませんでしたが、フォールディングウィンドウを付けたリビングは夏場の風通しをよくしてくれます。
また、冬場はよく日差しを通します。」

 

 

「最初はキュービックでの設計でしたが、最終的には32坪の新大地での建築となりました。
新大地は軒があるため、真夏日でも部屋まで日が入りませんし、冬場は日当たりも良く、快適に過ごしています。」

 

 

「地震のことを考慮して、へーベルハウスという選択になりました。
人気商品はキュービックのようですが、屋根があった方が家らしいと思い新大地を選びました。
ただ、見上げてもほとんど屋根は見えないため、パッと見だとキュービックにみえます。」

 

 

「我が家はキュービックですが、近所のへーべリアンの方々は新大地の施主さんばかりです。
新大地の施主さん達は、皆さん口を揃えて雨音が聞こえないと言います。
我が家は結構雨音が家の中に入ってくるので、新大地の方が遮音性が高いのでは?と思います。」

 

 

へーベルハウスの新大地の施主さんの情報を元に評判を調べてみたのですが、新大地はなかなか評判が良いような印象を受けました。

 

特に遮音性が高いようで、雨音や足音などが聞こえにくいと高く評価されている方が多いようです。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

ヘーベルハウスのそらのまの評判

 

夢のマイホームにあたり、開放的な空間を希望したり、趣味のガーデニングを愉しみたいなど、夢も膨らむと思いますが、住宅の密集地や都心部では、建築にあたり何かと制限を受けてしまいます。

 

そして、テラスや庭をつくりたいと思っていても、スペースが厳しかったり、周囲の建物に配慮しながらつくることになりますので、なかなか納得のいく間取り造りも難しいと思います。

 

そんな方にお勧めなのが、へーベルハウスの「そらのま」という商品です。

 

そらのまは、2階にリビングを設け、天井をひらき、外壁で囲んだ屋外空間を提案されています。

 

間取り次第では、リビングの隣に屋外空間を設けることで、開放感に満ちた空間も可能となります。

 

屋外空間のため、住宅が密集しているような地域であっても、心地良い光や風を取り入れることが可能となりますが、そらのまの評判も気になるところです。

 

そこで、ここでは実際にそらのまで新築された方や、現在建築中の方のブログなどを徹底調査し、評判や口コミを集めてみました。

 

 

「へーベルハウスのそらのまに惹かれ、二階リビングを採用した住まい造りとなりました。
リビングの床とウッドデッキはフラットなため、開放感が感じられます。
そらのまにテーブルを出し、お茶をしたりホームパーティーもできますし、ガーデニングを愉しんだり、天気の良い日にクッションなどを干すこともでき、様々な使い方ができます。
また、冬場だとリビングからイルミネーションを愉しむこともできますよ。
周囲からの視線も気になる方が多いようですが、しっかりとプライベートは守られていますし、本当にそらのま空間をつくって良かったと大満足です。」

 

 

「我が家は、二世帯住宅で2階部分にそらのま空間を希望しています。
いよいよ設計も最終段階に入ったのですが、図面をみていたら、そらのまなのに、空がほとんど見えないという事実が発覚しました。
すぐさま、担当者の方に確認の連絡を入れると、半屋外的空間のロッジアとキャンティベランダを組み合わせたものだと説明を受けました、、。」

 

 

「現在、そらのまで建築中です。
設計の段階ではお隣さんが建っていなかったのですが、3mぐらい先に同じ高さの広いベランダがあり、目線が合うどころか、そらのま空間とリビングが丸見えなのが残念すぎます、、。」

 

 

いかがでしょうか。

 

へーベルハウスが提案するそらのま空間はとても素敵だと思います。

 

ただし、そらのまを希望していても、ロッジアとキャンティベランダを組み合わせたもので提案をされた方もおられるようですね。

 

また、隣の家との兼ね合いもあり、せっかくのそらのま空間が丸見えになってしまうこともあるようですから、打ち合わせは入念に行う必要もありますし、間取りを考える上で周囲の建物に配慮する必要があります。

 

ヘーベルハウスの営業マンの評判はどうなの?

 

大手ハウスメーカーの一つであるへーベルハウスは、ロングライフ住宅に定評があります。現在、へーベルハウスを検討されている方は営業マンの評判も気になると思います。

 

そこで、ここでは、へーベルハウスの営業マンの評判を徹底調査しました。

 

 

「へーベルハウスですが、営業さんの転勤が多めなハウスメーカーなのか、当初我が家を担当して下さっていた営業さんは転勤となり、これからの打ち合わせは引き継ぎの人とすることになります、、。」

 

 

「へーベルハウスの営業担当者はイマイチです。
また、展示場の広い開放感の感じられる間取りが気に入り、打ち合わせでそのことを伝えると、実用的ではないとすぐさま却下されてしまいました。」

 

 

「営業マンは『とりあえず仮契約だけでも、、。』や『今月中の契約でないと値引きができません!』など色々言って契約をとりたがりますが、あくまで施主のペースで進めていって下さい。
実際に、へーベルハウスで契約したものの、契約を解除される方が多いようです。
中には契約金をめぐり、揉めるケースもあるようです。」

 

 

「現在、キャンペーン中とかモニターの話もあり、契約を迫られていますが、まだ数社と比較している段階なので、先に進めません、、。」

 

 

 

「へーベルハウスの営業さんですが、契約前は腰が低い人だったのですが、契約後は態度が変わってしまい、住み始めてからの不具合時の対応はいい加減すぎます、、
実質的なメンテナンスも3年で終わってしまいました。
確かに地震で潰れない家かもしれませんが、担当者の対応は大手の中でも最低なメーカーではないかと思います。」

 

 

「評判のようにそこまでアフターの対応は悪くありませんが、正直営業は失敗でした。
愛想は良かったですが、愛想の良さだけで家が建つわけでもありません。
新人さんかと思うほど提案力が全くダメでした。」

 

 

「今年ヘーベルハウスで建てましたが、確かに営業さんには当たり外れがあります。
我が家は、結果的に良い営業さんだったので良かったですが、変な営業さんに当たっていたら、へーベルハウスでは契約していなかったと思います。
それだけ、営業マンは重要だということです。」

 

 

「へーベルハウスの他、4社ほどの大手ハウスメーカーを回りました。
たまたまへーベルハウスの営業マンが外れだったのか、他社の悪口を言ったり、電話での営業がしつこいと感じたのはへーベルハウスだけでした。
ちなみに、他社は郵送のみの営業でしつこくありませんでした。」

 

 

「実家がへーベルハウスで建てており、震災でも特に何事もなかった頑丈な家ということで、我が家もへーベルハウスで検討したことがあります。
しかし、こちらが伝えたはずの要望は無視ですし、別に契約を急いでいたわけではないのに、何回も電話での営業がありました。
3月末の決算期が近かったこともあり、必死だったのかもしれませんが、、、。
また、まだ土地も決まっていない状況で間取りのプランを何パターンもみせられても、正直ピンときません。」

 

 

「基本的に住宅メーカーの営業マンは、ガツガツとしており、一度展示場などに行ってしまうと、その後しつこい営業攻撃をうけると思っていました。
しかし、へーベルハウスの営業マンは、しつこい営業がありませんでしたし、説明も分かりやすく、良い印象を持ちました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

基本的にハウスメーカーの営業マンのノルマは厳しく、ノルマを達成するために、やや強引に契約を迫ってしまう営業マンも少なくありません。

 

へーベルハウスでも、ガツガツとした営業マンにあたってしまい、しつこい営業攻撃にあってしまったなどの体験談も少なくないようですが、あくまで参考程度とされ、最終的には自分自身で見極める必要があります。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

へーベルハウスの住み心地の口コミを紹介

 

ヘーベルハウスの住み心地について調べてみました^^

 

『ヘーベルで二世帯を建て、今年で5年目を迎えます。
5年住んで、防音・断熱の性能が高く満足しています。
防音は外の音が聞こえないだけでなく、隣の部屋の音もほとんど聞こえません。
断熱も良く、都内に住んでいますが、12月までは暖房はほとんど使いません。』

 

 

『我が家はヘーベルで建てました。
価格は高いし、メンテコストもかかります。
しかし、アフターフォローは迅速丁寧で満足しています。
あとは二世帯で建てたのですが遮音性能が非常に良く、
1階の両親から「2階は留守だと思っていた」と言われることもたびたびあります。』

 

 

『数年前、へーベルハウスで建てました。
うちは比較的窓を南東に窓を大きくとって、西には小窓しか設置せずに、
吹き抜けを大きくとっていることもあり、夏は涼しく快適です。
冬の寒さ対策としては床暖房とシーリングファンを入れています。』

 

 

『先月引き渡しが終わりました。
二世帯住宅仕様で建てたのですが、
2階のフローリングの下に敷いてあるという吸音マットが柔らかく、普通に歩いただけで床がふわふわします。
今までみた展示住宅などにもなかった仕様で、
しかも床がこんなにふわふわだということを説明されていなかったため困惑しています。その他には窓ガラスの結露が気になります。』

 

 

『ヘーベルハウスで建て、4年半のものです。
断熱性はそこそこです。
建てた直後は無茶苦茶寒かったのですが、翌年くらいから安定しました。』

 

へーベルハウスのメリットとデメリット

へーベルハウスのメリット

へーベルハウスというのは、注文住宅を手掛ける旭化成ホームズが展開している住宅ブランドで、数ある住宅メーカーの中では高品質・高価格路線を展開しています。

 

住宅メーカーは、各社それぞれ住宅に関する考え方が違いますので、住宅に用いる原材料や資材、設計方法にも当然、その個性が現れてきます。

 

木材を基調にして住宅を建築するメーカーも多いのですが、ヘーベルハウスブランドを展開する旭化成ホームズは、鉄骨を主材料として住宅を建築することに特徴があります。

 

また、最近はアパートなどでよく用いられる軽量鉄骨を主材料とするメーカーが多いのですが、ヘーベルハウスでは軽量鉄骨を用いた住宅ももちろん提供していますが、ビルやマンションの建築において用いられる重量鉄骨を用いた住宅を提供していることにも、その特徴を見出すことができます。

 

重量鉄骨は、木材や軽量鉄骨に比べると資材費が圧倒的に高価ですので、一般にヘーベルハウスの住宅は他メーカーの住宅に比べると販売価格として見た場合、高額になるケースが多いです。

 

しかし、その分、火災や耐震強度には強い資材ですので、災害の多い日本において住宅を長く堅固に持たせたいという要望をお持ちの方にとっては、大きなメリットと言える素材です。

 

また、これは軽量鉄骨を用いた住宅、重量鉄骨を用いた住宅の双方に言えることですが、ヘーベルハウスには「ロングライフプログラム」と言う独自の住宅点検システムがあって、専門の技術者が決められた一定のスパンにおいて劣化状況の点検を無料で行ってくれるサービスがあります。

 

この点は、売ったらその時点で終わりというメーカーが多い中、適宜点検を行って安心を担保してくれると言うのは、ヘーベルハウスで家を建てる大きなメリットと言うことができます。

 

へーベルハウスのデメリット

ヘーベルハウスで一番のデメリットは、何と言ってもその「価格」です。

 

他のハウスメーカーよりも高く、坪単価でみても数十万違う場合が多いですね。

 

基礎工事も徹底しているので、地盤に少しでも不安がある土地に対しては「普通の一軒家を建てると聞いていたけれど、マンションでも建てるの?」とご近所の方が思われる位頑丈な工事を行います。

 

その場合は、勿論百万円単位の追加工事料が付く事になりますが。

 

確かに耐震性や耐火性には定評があり、長い間住み続けるのであれば、決して高い買い物では無いのかも知れません。
でも、例えば子供がいないご夫婦で、これから何十年も住み続ける事は考えにくい方々にとっては如何でしょうか?

 

また、骨組みも頑丈な作りのため、後々のリフォームはある程度制御される可能性があります。
数年後には、二世帯住宅にしたいという大幅な改築予定がある方には、お勧めは出来ません。劇的な大型リフォームは、難しいからです。

 

間取りも完全に自由という訳にはいかないですね。
柱がきちんとされているので「この壁を取って、少しでも広い空間を作りたい」なんて他のHMでは可能な事も、ヘーベルハウスでは断られる場合があります。

 

外観もそうですね。
無駄の無い、どちらかと言うと四角い箱のような家が多いです。

 

勿論ベランダを付けたり、ウッドデッキを作ったりと皆さん工夫されていますが、独特のタイルとあいまって「ヘーベルハウス」という事が、遠目にも分かってしまう家なんです。

 

そして滅多な事では値引きされません。

 

良い物を作っているという自信なのでしょうが、値引きをなかなかしないのは有名です。

 

家は決して安い買い物ではありませんから、数パーセント値引いてくれただけでも大きな金額になり、次のオプションを付けるきっかけになりますが、ヘーベルハウスは値引きをしないのです。

 

良い物と分かっていても、どこまでお金を掛けられるか・・・へーベルハウスを選ぶ時は考えなければいけませんね。

 

へーベルハウスに値引きはあるの?

 

へーベルハウスで建てる場合の坪単価は最低でも70万円前後〜と、ハウスメーカーの中でも価格が高い部類のメーカーとなっているようです。

 

価格が高く設定されているため、最終的に値引きするためにあらかじめ値引き分を上乗せしているのか?と勘違いされてしまう方もいるかもしれませんが、へーベルハウスなどのブランドメーカーはブランドを守りたいので、基本的に値引きを行わないという戦略をとっています。

 

簡単に値引きが行われるところや、数百万円といった高額な値引きが行えるところは、あらかじめ値引きの分を上乗せしていることが考えられます。

 

そして、規格住宅ではなく注文住宅で建てる場合は、基本的にオンリーワンのため値引きに応じてもらってもその値引きが妥当なのか?といった判断はできません…。

 

どんな家を建てたいか、それが予算の範囲内で建てることができるのかといったことが大切ですが、やはり値引き事情も気になるところです。

 

そこで、へーベルハウスの値引き事情に関する口コミを集めてみました。

 

『ヘーベルハウスでは見積りに値引きの分が上乗せされることはありません。
そのため値引きもあまりありません。』

 

 

『へーベルハウスで見積りをお願いしたのですが、あまりに価格が高いという印象を受けました。
価格が高いのは、最終的に値引きするために上乗せしているのかとも思い、営業マンに聞くと「へーベルハウスでは他メーカーと違って上乗せはしない!」と言われたことがあります。』

 

 

へーベルハウスでは基本的に値引きが行われていないようですね。

 

 

しかし、見積りを取られた方の中には、キャンペーンの期間中と言われ、今月中に契約してくれたらモニター価格で建てることができることを提案された方もおられるようで、値引きに関する対応には若干差が生じているようです。

 

基本的に値引きが難しいハウスメーカー言えるでしょう。。

 

 

しかし、他社でも見積りを取り競合させてみると、値引きに応じてくれるかもしれませんね^^

 

 

●●ホームとへーベルハウスで迷っていますなどと、へーベルハウスの営業マンを交渉してみると効果的だと言われています。

 

他ハウスメーカーの値段を比較するには、下記の「タウンライフ家づくり」が便利です。

 

これは、完全無料で、他ハウスメーカーの費用表や間取りが、無料でもらえちゃいます。

 

他のハウスメーカーの値段を知ることで、値引き交渉がすすめやすくなりますので、役立つ資料となること間違いなしですよ(*^_^*)

 

もちろん完全無料です↓

page top