アイフルホームの評判と口コミ

ここでは、アイフルホームの評判や口コミを紹介しています。

 

 

アイフルホームで実際に家を建てた方の感想も含めて紹介しています。

 

 

また、アイフルホームのデメリットについても解説しています。

 

 

是非参考にして下さいね^^

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

アイフルホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

アイフルホームの注文住宅の評判

アイフルホームといえば、ローコスト系の住宅メーカーの代表格ですよね。

 

まず、低価格帯での家造りが最優先事項にある場合だと、一度は検討されるハウスメーカーだと思います。

 

アイフルホームは、価格が抑えられているわりに住宅の完成度も高いと定評です。

 

その反面、価格を抑えることを優先されているため、基本的に規格型の住宅となっており、バリエーションも少なく選択肢が限られてしまったり、間取りなどの面でも自由度が低いと言われています。

 

ただ、アイフルホームでは自由設計にも対応されています。

 

そこで、今回は実際にアイフルホームの注文住宅で建築された方々のブログなどを参考に、リアルな評判を徹底調査しました。

 

 

「当初の間取りでは、階段に窓はありませんでした。
リビングの日当たりは確保できるように窓の位置なども考えましたが、途中でこのままだと2階の廊下や階段の日当たりは不十分で、家の中が暗くなってしまうのでは?ということに気付きました。
その対策として、我が家では窓を一つ追加してもらったのですが、そのおかげで階段と2階の廊下が暗くならずに明るくなりました。
その反面、階段の床の色にダークな物を選んだため、ホコリやゴミが目立ってしまい、違う色を採用すべきだったと後悔している部分もあります。」

 

 

「アイフルホームで建てました。
実際に住んでみて不都合に感じることはないのですが、もう少し営業さんから内装などのアイディアが欲しかったなぁ、、、と今更ながら思います。
他のハウスメーカーで建てた知人などの家を見せてもらうと、様々なアイディアや工夫もいっぱいで、我が家の家はごく普通で少々物足りなさを感じます。」

 

 

「アイフルホームで建てた我が家のキッチン事情ですが、キッチンを常に綺麗に片付けておくのは無理だと思ったのでアイランドキッチンではなく、カウンターキッチンにしました。
一応、扉の色なども好きに選べますが、標準仕様は限られているため、素敵な柄だなぁ〜と思ったものはオプション扱いになっていたりします。
キッチンに関しては、一切オプションがない標準仕様内から選びましたが、満足のいくキッチンになったと思います。
ちなみに、我が家はキッチンからパントリーが続いている間取りなため、本当に便利なことを実感しています。
また、パントリー自体はオープンなのですが、家族しか通らない動線に作ってもらった為、特に来客時に気になるようなこともありません。」

 

 

いかがでしょうか。

 

徹底的にこだわり、完璧な注文住宅が完成したと思っていても、実際に住んでみると、些細なことを含め気になる部分は出てくると思います。

 

価格帯に関しては、注文住宅でありながら比較的ローコストに建てることができますが、フランチャイズ形式を取っているため、担当者の当たり外れはあるようです。

 

そのため、担当者の印象や対応もアイフルホーム自体の評判に影響しますし、特に注文住宅の場合は打ち合わせなども入念に行いますし、担当者との相性も重要になってきます。

 

アイフルホームのセシボの評判は?

アイフルホームの主力商品といえば、2008年の発売以降高い人気を誇っている「セシボ」シリーズです。

 

セシボは家族の絆と夢を育む家として、キッズデザイン賞を受賞するほどの実績を誇っていますが、2017年にセシボの新シリーズとして「セシボ極」「セシボ零」「セシボ爽」の3つのグレードが用意され、発売が開始しました。

 

ZEH基準をクリアしているグレードはセシボ零からとなりますが、最高のグレードとなるセシボ極に至っては、あの性能重視の一条工務店と匹敵するほどの断熱性能が期待できるとのことで、注目されています。

 

現在、アイフルホームのセシボシリーズで検討されている方は評判なども気になると思います。

 

そこで、ここではセシボシリーズで建築された方々のブログなどを参考に、リアルな評判を徹底調査しました。

 

 

「セシボの中で最高グレードとなる極は、断熱性能が優れているということで惹かれました。
しかし、現実的にはお金の問題もあり、この3つのグレードの中で一番グレードの低い爽をベースに、標準仕様では物足りないと感じた部分にオプションを上乗せしていきました。
爽は最もリーズナブルということもあり、設備関係などはお手頃価格なものが採用されているような印象を受けました。
また、我が家が絶対必要だと思っていた、勝手口のドアや2階のトイレ、窓のシャッターは全てオプション扱いと、やはり標準仕様はそれほど充実していません。」

 

 

「一戸建ての購入を検討しており、アイフルホームも候補の1社としてあがりました。
提案してくれた間取りは理想的なものでしたし、担当の営業マンも感じの良さそうな人です。
そして、制震システムが標準で付いていたり、気密性や断熱性も良いと思います。
ただし、セシボ爽から零にグレードをあげようとすると建物価格だけで約200万円ほどあがるようですし、実際にショールームなどを見ていないため、オプションをどれぐらい付けるのかも予想できません。
とりあえず、太陽光は魅力的だけれども、予算オーバーのため搭載しない方向で話を進めています。」

 

 

「セシボ極が気になり見積りをお願いしたことがあります。
床面積40坪ほどで、オプションなどを含め約2900万円弱の見積りでした。
ちなみに、この価格には外構の費用は含まれておらず、外構を含めると3000万円超えと、この金額なら業界トップの性能を誇る一条工務店を選んだ方が良いと思いました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

特にセシボ零とセシボ極は高気密・高断熱住宅に定評があり、気密性や断熱性としては十分な仕様で、比較的ローコストでありながらこれらの性能に優れているメーカーはなかなかないのでは?と思います。

 

ただし、値段を気にせずオプションなどを選んでいくと、もはやローコスト住宅とは程遠い価格帯になってしまうため、このあたりは注意が必要な部分でもあります。

 

アイフルホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

アイフルホームの平屋の評判

現在、新築を考えており、一般的な2階建ての住宅ではなく、平屋での建築を検討されている方もおられると思います。

 

近年、平屋住宅への需要が高まっているということもあり、おしゃれなデザインの平屋を扱うメーカーも増えてきていますよね。

 

平屋の最大の魅力は、なんといっても生活の全てがワンフロアで完結するため、暮らしやすいということではないかと思います。

 

当然、平屋には階段がないため、階段をのぼりおりするという動作は必要なく、年配の方だけでなく、小さなお子さんがおられる家庭でも安心して暮らすことができ、一度平屋での暮らしを経験してしまうと、もう後戻りは出来ないほど平屋は快適だと言われています。

 

その反面、総2階建て住宅と比較すると、平屋の建築費用は高くなると言われており、憧れを持っていても金額的な問題から平屋での暮らしを断念されてしまう方も少なくありません。

 

そんな時は、ローコスト系のハウスメーカーが用意している平屋の商品に目を向けるというのも一つの方法です。

 

アイフルホームでは「AYA」といった平屋に対応した商品が用意されています。

 

アイフルホームでは、特に子どもの目線に立った安全な住まいを提案されており、主力商品となる「セシボ」は、過去にキッズデザイン賞を受賞するほどの実績を誇るなど、もともと家の中の段差には気を使っているハウスメーカーです。
平屋プランとなるAYAはそのバリアフリーで安全な暮らしに、平屋の特性を活かし、どの部屋にいても家族の気配が感じられるような工夫がなされています。

 

アイフルホームの評判は悪いの?

アイフルホームの親会社はLIXILで、フランチャイズとして加盟店とチェーン展開されています。

 

加盟されている工務店は200店舗以上あり、対応にはバラつきがあるため、どうしても悪い評判というものは出てきます。

 

もちろん、社員教育を徹底されている店舗もあれば、人手不足からなのかいい加減な対応やアフターサービスは放置で、ないに等しいといった残念な店舗も存在するようです。

 

そこで、ここではあえてアイフルホームの悪い評判に注目してみました。

 

 

「我が家はアイフルホームで新築しました。
HP上では点検プランのことも紹介されており安心保証がうたわれていますが、うちの場合はまだ一度も点検に来て頂けないのが現状です、、、。
もちろん、催促の連絡も入れたのですが、お返事のみで今後どうなるのか分からないです。
メンテナンス以外には、床のきしみが気になっています。
さすがに気になって仕方ないので、大工さんに確認してもらったこともあるのですが、これは直らないと言われてしまい、今後このままなのかとかなりショックでした、、、。」

 

 

「建てるまでは良くして頂き、印象も良かったのですが施工ミスのフォローは良くないと思いました。
また、担当者が忙しいのか、アフターのフォローよりも新規の顧客を獲得することに目がいっているようで、売った後は知らん顔です。」

 

 

「アイフルホームで建てた者です。
家自体は満足し暮らしていますが、正直営業マンの印象はかなり悪かったです。
明らかに営業マンの数が少なく、人手が足りないため契約を交わしてからは連絡の頻度が減り、常にこちらから連絡を入れるのは当たり前でした。
ただし、家自体には不満もないので、結局のところフランチャイズ次第で、対応を見極めてから契約された方がいいです。
我が家は建ててしまったので、もうどうしようもありませんが、、、。」

 

 

「当初は2ヶ月目に点検があると聞いていたのですが、1年経った現在も来て頂けません、、、。
連絡しないと定期点検に来てもらえないシステムなのでしょうか、、、。
また、直してほしいところに関しては連絡したものの、未だに何の返答もなく、このまま放置されてしまうのではないかと不安です。」

 

 

「営業さんは一生懸命やって下さり不満はないのですが、現場監督は段取りが悪いうえ、上から目線で業者さんに無理ばかりさせていて、印象は最悪でした。
ただ、現場監督にめちゃくちゃ言われても、しっかりと作業して下さった業者さん達のおかげで素敵な家が完成しました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

上記に紹介した口コミを見る限り、建物自体には特に不満もない方が多いようですが、フランチャイズゆえ、営業マンをはじめ、現場監督やアフターサービスの対応にバラつきがあり、対応次第で悪い評判を招くこともあるようです。

 

それを避けるためには、加盟している工務店の情報を徹底的に調査するしかないと思いますが、フランチャイズゆえ経営状態が悪くなった時には、倒産のリスクも伴うということも理解した上で検討する必要があります。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

アイフルホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

アイフルホームのデメリット

アイフルホームはローコストで家が建てられることや、親会社があのLIXILとなるため、他のハウスメーカーよりもお安くLIXIL製品を導入できるなどのメリットが存在しますが、その反面欠点というものも存在します。

 

アイフルホームに限らず、どのハウスメーカーを選んでもメリットが存在する以上、デメリットというものも存在しますので、完璧なハウスメーカーはありません。

 

しかし、デメリットばかりに目がいってしまうと不満ばかりになってしまうと思いますので、事前にデメリットを把握し、そのデメリットを理解した上で検討されると、多少妥協もでき失敗は少ないと思います。

 

そこで、今回はあえてアイフルホームのデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:大して安くない!

 

アイフルホームはローコスト住宅を扱うハウスメーカーとして、全国的に知られています。

 

しかし、これはアイフルホームのみならず、ローコスト系のハウスメーカー全般に言えることですが、基本的に規格化されたプランを用意しています。

 

そのため、規格プランから外れた場合は、どうしても金額が高くなってしまいます。

 

そして、基本的な部材を設定し、それを大量に購入することで価格の安さを実現されているため、標準の中には気に入ったものがなく、仕様を変更しようとすると当然オプション扱いとなり、別途オプション料金が発生します。

 

実際にアイフルホームがローコストという理由から契約を交わしたものの、その後話を進めていくと、思っていた以上に金額が高くなってしまい、この価格なら他のハウスメーカーも検討できたのに、、、といった体験談も少なくありません。

 

基本的に仕様の変更などをせずに、標準仕様の中から選んでいくとそれなりに価格を抑えることは可能なメーカーだと思いますが、オプションを充実させていくと、もはやローコストといえないほどの価格になることもありますので、このあたりは注意が必要です。

 

 

デメリット2:フランチャイズゆえのリスクを伴う!

 

アイフルホームはフランチャイズ式のため、実際に窓口となるのは加盟している工務店となります。

 

社員教育を徹底的にされている店舗であれば、態度も良く、対応なども完璧で満足のいく接客だと思いますが、残念ながらそんな店舗ばかりではないようです。

 

そのため、対応の悪い店舗を選んでしまった場合は、伝えたことがなかなか反映してもらえなかったり、ミスを指摘しても放置、最悪の場合はアフターが放置されてしまうなんてこともあるようです。

 

特に、アイフルホームは200を超えるほどの加盟店数で展開されているため、非常に当たり外れが多いような印象を受けます。

 

また、フランチャイズゆえ経営状態が悪くなった時は、当然倒産のリスクも伴います。

 

実際に、アイフルホームというブランドで契約したものの、家が完成してからわずか3年ほどでその会社が潰れてしまい、その後の保証が全てなくなってしまったなどの体験談もありますので、それらのリスクを伴う可能性もあるということを理解しておく必要があります。

 

アイフルホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top