大和ハウスの評判と口コミ

このページでは、大和ハウスの評判や口コミを紹介しています。

 

 

大和ハウスで実際に家を建てた方の感想も含めて紹介しています。

 

 

これから大和ハウスも候補の一つに入っている方は、評判なども気になると思います。

 

 

是非参考にして下さいね^^

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

大和ハウスの注文住宅の評判は?

 

家の購入を検討されている場合、注文住宅で建てるか、それとも建売住宅を購入するのかで悩まれるのではないかと思います。

 

徹底的にこだわった家造りを希望されるのであれば、選択の自由度が高い注文住宅の一択になると思います。

 

大和ハウスでは注文住宅での建築を選択される方が多いですが、注文住宅の評判や口コミも気になるところです。

 

そこで、大和ハウスの注文住宅の評判を徹底調査しました。

 

 

「我が家はジーヴォΣで建てました。
注文住宅ということで、入念に打ち合わせを行うことができましたし、担当の営業さんが出来る方で運が良かったと思います。
しかし、注文住宅は選択の自由度が高いため、外壁材や内装材、キッチン、トイレなどなど、どの部材を採用するのか、そして色の選択もしていかなければならず、正直打ち合わせは大変でした、、。
引き渡し後は、外壁の欠けのほか、建具の傾きやクロスのキズなどがありました。
まぁ、不具合は伝えると全部補修してくれました、、、。」

 

 

「狽セと土地代を含まずに坪単価100万円(税込み)はかかると言われました。
さすがにここまでお金をかけることはできなかったので、大和ハウスは候補から外れました。」

 

 

「大和ハウスで新築して1年未満ですが、後悔が残ります。
まず提案力がなかったです。
二階に和室を希望したのですが、なぜか敷畳みを敷くことを提案され、結局二階に和室をつくることはできませんでした。
せっかくの注文住宅なのに、色決めなども数日間で決めました。
挙句の果てには、向こうの手続きミスがあり、1ヶ月ほど着工が遅れてしまいました。
また、住宅ローンの手続きの案内が遅かったため、融資が間に合わないのでは?とヒヤヒヤしました、、。」

 

 

「現在、大和ハウスのジーヴォシグマで注文住宅を検討している者です。
建坪38坪ほど、まだざっくりとした状態ですが、約3200万円の見積りが出ています。
営業マンいわく、多めに見積もっており、これ以上金額が増えることはないと言われていますが、仕様なども分からず不安です。」

 

 

「大和ハウスで注文住宅を建てました。
予算もあったため、予算内に収まるのか不安もあったのですが、太陽光やその他のオプションなども含めて、予算に合うようにしてくれました。
他のハウスメーカーとは比較しなかったため、他社と比較して構造がどうかや仕様のグレードなどは分かりませんが、営業さんの頑張りに満足しています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

担当者の対応によっても評判や口コミに大きな影響を与えてしまいますが、注文住宅を建てようとする場合には、仕様の変更や沢山オプションを付け加えていくと、大幅に予算をオーバーしてしまう点は注意しなければなりませんね。

 

大和ハウスのジーヴォシグマの評判

 

竹野内豊さんのCMでなじみのある大和ハウスの「XEVOΣ(ジーヴォシグマ)」。

 

CMだけで、天井が高い家であることは伝わってきますが、実際の住み心地などジーヴォシグマのリアルな評判が気になるところです。

 

ここでは大和ハウスのジーヴォシグマの評判を徹底調査しました。

 

 

「ジーヴォΣで建て2年近く経ちます。
気密性や断熱性がウリの商品ということもあり、結露は全くありませんし、真冬の寒い日でも家の中は暖かく、おおむね良好で満足しています。
ただし、朝と晩は冷え込むので設定温度22度ぐらいで暖房はかけます。」

 

 

「Σで契約手前まで検討したことがありますが、間取りの自由度がないこともあり、結局他社で自由設計にこだわった家造りを選択しました。」

 

 

「現在Σで建築中ですが、営業マンの提案したまま天井高2m72cmを採用しました。
実際に建築中の我が家を見学に行くと、2m72cmで良かったと思います。」

 

 

「Σで建てました。
天井高ですが、2m40cmでも2m72cmでも値段は変わらない?様でしたが、我が家は天井の高さが低い空間の方が冷暖房の効きが良いのではと考え、2m40cmにしました。
住み心地は特に何も問題もなく、普通だと感じています。」

 

 

「我が家の天井高は2m72cmにしたので、キッチン部分は少しだけ下げ、間接照明を採用しました。
天井が高い分、とても広々と感じます。」

 

 

「我が家は特にこだわりがなく、何も言わなかったのですが2m72cmになっていました。
うちは小さい家の細いリビングということもあり、広々どころか狭くみえてしまい後悔しています。
ただし、モデルハウスなどのように、広くて正方形に近い部屋で高い天井を採用すると、開放感は抜群だと思います。」

 

 

「ジーヴォΣで建てました。
営業マンはΣ推しで、天井が高いがゆえ開放感があることをアピールされていましたが、それはあくまで展示場などのように広い家に限ります。
天井だけが高くても狭い床面積になってしまうと、違和感が半端ないと思います。
ちなみに、1階の天井が高くなると当然、2階にあがる階段の数も増えますし、地震対策として食器棚の上に突っ張りグッズを取り付けようと思っていたのですが、使えませんでした。
実際に取り付けようとするまで気づかなかったので、現在Σを検討されている方はこのあたりも忘れずに、、、。」

 

 

「Σに住んでいますが、住み心地が良いと感じています。
LDK22畳で天井の高さがあるため、実際はもっと広々と感じますが、暖房の効きが良く快適な暮らしです。
リビング部分だけでも高い窓を採用したらもっと見栄えが良くなったなぁ、、、など、多少気になる部分はあるものの、家に対して不満などはありません。」

 

 

「シグマで建てました。
シグマの展示場を見た時は素敵だと感じましたが、標準仕様だと建売みたいな感じになってしまうところは残念ですね。」

 

 

ちなみに、2018年10月より、ジーヴォシグマから富裕層をターゲットに絞った「ジーヴォシグマプレミアム」が発売されていますが、プレミアムの評判も気になるところですね。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

大和ハウスの建売の評判は?

 

大和ハウスが販売する建売住宅で、希望にかなった物件を見つけた場合、購入を検討されると思いますが、評判も気になるのではないでしょうか。

 

注文住宅とは違い、建売住宅ではすでに建っている物件なので、建築の様子をみることが出来ませんが、家の購入は大きな買い物なので、万が一引き渡し後に欠陥や不具合がみられても、すぐに住み替えるということはできませんよね。

 

そこで、ここでは大和ハウスの建売住宅の評判を徹底調査しました。

 

 

「ダイワハウスの建売に住んでいますが、家自体は特に何もなく良いと思います。
ただ、立地が新興住宅地ということもあり、人間関係などは面倒に感じています。
これから建売を購入される方は、立地なども重視すべきポイントだと思います。」

 

 

「大和ハウスの建売物件を購入しました。
今のところ目立った劣化などもないですし、無料でメンテナンスもして頂けますし、満足しています。」

 

 

「大和ハウスの建売を購入しました。
モデルハウスとして利用されていたこともあり、内装はとてもオシャレですし、充分なくらい収納スペースもあります。
若干、モデルハウスとして利用されていたことが気になりましたが、引き渡しの前には綺麗に掃除されていましたし、実際に住んでみたら全く気になりませんでした。
また、モデルハウス時に展示されていたダイニングテーブルや椅子(4脚)、リビングテーブル、ラグなどは、そのまま付いてきました。
不満点はベランダが狭いことです。
今現在はそこまで不便していませんが、子どもが大きくなってくると洗濯物のスペースが足りず困りそうです、、。」

 

 

「近所で大和ハウスの建売物件が売り出されていますが、値段が高いのか?なかなか売れない様子ですが、家も外構もさすが大和ハウスという感じで素敵な物件です。」

 

 

いかがでしょうか。

 

大手ハウスメーカーの建売物件ですが、間取りや立地さえ希望を満たしている場合であれば、注文住宅と同じ品質や保証でありながら、注文住宅よりも安く購入することができるため、とてもお得です。

 

建売物件だから、手抜き工事が行われやすく、その結果、欠陥住宅を招くのでは?といったイメージもありますが、実際はそんな事はないようですね。

 

ただし、上記の口コミなどにもあるように、『ベランダが小さい、、、。』や『家自体に不満はないけれども、立地条件が良くない、、。』など、多少妥協しなければならない部分はあるようですから、納得された上で購入されることをお勧めします。

 

大和ハウスの営業マンの評判

 

大和ハウスで建てられたオーナー様などの体験談を集めてみました。

 

「大和ハウスで建てた者です。
価格は36坪で坪60万ちょっとぐらい、太陽光やその他オプション含めて予算に合うように頑張ってくれた営業マンに感謝しています。」

 

 

「ダイワハウスの営業さんはしつこかった印象があります。
勝手に店長をつれて人のうちに上がりこみ、今月中の契約を迫られた苦い記憶があります…。」

 

 

「我が家を担当してくれている方は素晴らしく、契約を交わしてからも対応が変わることはありません。
営業さんは上司と施主の間に挟まって大変そうに思うこともありますが、こちらの要望などにも嫌な顔もせずに対応してくれています。」

 

 

何回か営業マンと話しを進めていくうちに、営業マンの本性や人柄が見えてきたりしますので契約前に見極めたいものです。

 

 

しかし、契約後に態度がガラリと変わってしまうような営業マンもいて、失敗したといった体験談も少なくないです…。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

大和ハウスのアフターサービスの評判を紹介

 

ハウスメーカーを選ぶうえで、アフターサービスが決め手となる方も多いのではないでしょうか。

 

大和ハウスでは、定期点検を無料で実施されていますし、最長で50年の保証期間を実現する長期的なメンテナンス制度も導入されているなど、アフターサービスに対して力を入れているように感じます。

 

そして、ダイワハウスお客さまセンターでは、住まいに関する相談ごとなどに関して、24時間365日体制で対応されていますが、実際のところアフターサービスの評判はどうなんでしょうか。

 

大和ハウスのアフターサービスに関する口コミを集めてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

「大和ハウスは簡単で、あまりお金が掛からないようなアフターであればある程度対応してくれますが、重大な不具合時には原因がはっきりせずに、簡単に済ませようとする感じが見受けられます…。」

 

「入居して一年余り、トイレがつまりサービスセンターへ連絡を入れるものの話がかみ合わなかった…。
結局、原因はよく分からないまま便器を入れ替えました。
その他には、お湯の給湯機が突然稼働しなくなり、原因は基盤不良とのことで新しいのと取り替えてもらったり、テレビのアンテナも取り替えました。
まだ入居後一年ほどでこの不具合ですから、これから先住むのが不安になってきます…。」

 

 

「大和ハウスで建てました。
現在、住んで4ヶ月目で1ヶ月、3ヶ月点検ともに終わりました。
その点検では、多少の不具合はあったもののすぐに対応して直してくれました。
次は6ヶ月点検ですが今のところ目立った不具合などはありません。」

 

 

大和ハウスのアフターサービスの評判に関しては、良い評判もあれば悪い評判もありますが、担当者だけではなく支店によっても対応が異なることもありますので、支店同士も比較しておく必要がありますね。

 

大和ハウスのメリットとデメリット

大和ハウスのメリット

家を建てるときには、各ハウジングメーカーのもつ強みやメリットというところで、選んでいきたいという方も多いのでは、と思います。

 

そういった中、最近特によく耳にするハウジングメーカーといえば、大和ハウスではないでしょうか。やはり、CMで知名度があがったといえます。こういった大和ハウスですが、実際、どういったメリットがあるのでしょうか。

 

大和ハウスは、実績として、実は積水ハウスに次ぐ第2位の販売実績を持つメーカーとなります。この大和ハウスは、マイホームを考える場合、他のハウジングメーカーとの比較として、よくあがってくるハウジングメーカーになってくると思います。

 

この大和ハウスのメリットは、価格の低さというところにあります。大手と並ぶような実績数がありながら、大手よりもおさえた価格帯となっているのが、大和ハウスを選ぶ方の理由となっているようです。

 

こういった点がメリットだといえます。

 

実際、積水ハウスにくらべて、単価としても、だいぶ低かったというケースもあるようです。

 

ただ、こういったメリットというのは、デメリットも伴うものになります。

 

大和ハウスの場合には、価格の安さの反面、自由度が低いということがいえるでしょう。

 

大和ハウスのつくりは、基本的に施工が決まっているタイプが多いので、その後の自由というのが、制限されてしまったりします。大和ハウスの仕様自体に納得がいくかたには、比較的リーズナブルに考えられるハウジングメーカーだといえるのではないかと思います。

 

そういった点が、大和ハウスの一番のメリットだといえるでしょう。ただし、そこまで不自由かというとそうではなく、やはりそこは大手ですので、施工の一部、たとえば水回りといった部分の施工は当方指定というような形も可能ということです。

 

大和ハウスの口コミなどでもこういったいい点が見られますので、うまく活用して、全体的な単価を抑えるというのも、一つの方法だといえるでしょう。

 

大和ハウスのデメリット

大和ハウスは業界トップクラスの実績を誇っているハウスメーカーで、知名度やブランド力も高く、安心感も抜群です。

 

しかし、大和ハウスの家の特徴は?と聞かれると、正直これといった特徴がなく、この事を指摘される声も多くあがっています。

 

ここではあえて大和ハウスのデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット@:価格帯が高い!

 

大和ハウスの坪単価としては70万円〜が目安となっていますが、実際に見積りを取られた方の情報などを参考にすると、『坪単価が思っていた以上に高く、最終的に大和ハウスでの建築を諦めました、、。』といったケースも少なくありません。

 

これは大和ハウスに限らず、大手ハウスメーカーを選んだ場合のデメリットとなります。

 

デメリットA:アフターサービスがあまり期待できない!

 

大和ハウスの評判や口コミを調べていて一番気になったのが、アフターサービスがあまり良くないということです。

 

基本的にハウスメーカーでは保証やアフターサービスが充実しており、引き渡し後の不具合にはスムーズに対応してもらえるといった印象があります。

 

ただし、大和ハウスの評判を調べてみると、実際には不具合を伝えてもスムーズに対応してもらえなかったり、いい加減な対応だったといった口コミもあります。

 

そして、ダイワハウスの2年点検に関しては、玄関先で担当者が「何か気になる点があれば教えて下さい。」というスタンスのようです。

 

この時に特に何も指摘しなければ、そのまま点検をせずに帰られるようで『これなら点検ではなく、お客様相談センターに電話を入れ、その都度対応してもらうのと変わらない、、、。』といった声もあがっています。

 

家は何十年も住み続けていくため、小さなものから大きなものまで、どうしても不具合やトラブルは避けられないと思いますが、あまりアフターサービスが期待できないことはかなり痛いと思います、、。

 

 

デメリットB:対応力にはバラつきがある!

 

これは、大和ハウスに限らず、ハウスメーカーを選んだ以上デメリットとなることですが、やはり担当者の対応力が影響してくるということです。

 

可能な限り希望を実現させようとしてくれる営業マンや、提案力や知識が豊富な営業マンが担当になると、かなり頼りになりますし、満足のいく家造りが実現しやすいです。

 

一方、こちらの希望を伝えても、それを全く無視した間取りを提案されても困りますが、担当者によっては提案力や知識が乏しく、それがそのまま影響してしまうこともあります。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

大和ハウスでの値引き交渉方法

大和ハウスは、最近知名度があがってきているハウジングメーカーです。家を建てたいな、と思った方は、大和ハウスが気になる人も多いのではないのかなと思います。

 

そのため、価格も安くは有りません。ただ、いろいろな大和ハウスの成約事例をみていくと、値引きというのも事例があるといえます。

 

大和ハウスといえば、軽量鉄骨の家が一番の実績のあるところになりますが、この坪単価自体が、一概に安いともいえません。かつては、大和ハウスというと、安くマイホームを建てるということをアピールしていたところもありますが、今では、大和ハウスの軽量鉄骨というのも高い相場観になっています。

 

ブランド力があがったこともあるでしょうし、標準プランの家と、注文住宅の間でも、価格には差が見られます。大和ハウスの軽量鉄骨とはいて、ある程度の坪単価を想定した方がよいといえるでしょう。

 

そして、そこからどれくらいの値引きをお願いできるかというところですが、それは最初の契約の時点でのにぎりというのも大切になってくるようです。大和ハウスの営業は、基本的に丁寧だと言われていますが、やはりそこは営業です。

 

最初に聞いた単価よりも、契約が進むにつれて金額が上がる、ということは、もちろんあります。これは、もちろん、大和ハウスに限った事ではありません。

 

とりつきやすいイメージの大和ハウスですが、その単価というのも、注文の仕方によってもだいぶ違ってきます。

 

最初に高い単価の物を選んで、そこから最初に、値引きしてもらえる金額幅、もしくはこちらの予算の上限を伝える、というのも一つの方法です。

 

また、逆に最初に安い単価で進めて、オプションを付けて金額をあげつつ、オプションとの調整で値引きをしてもらう、という方法もあるといえます。

 

安いイメージのある大和ハウスの軽量鉄骨ですが、最近は単価50万円台以上というのが増えていますので、かしこく値引きをしてもらえるよう交渉したいものです。

 

大和ハウスの値引き交渉のポイントは、他のハウスメーカーと迷っていますと営業マンに伝えることです。

 

下記のタウンライフでは、無料で各ハウスメーカーの総額が一度にもらえます。いろんな会社の値段を知らべておいて、値引きに役立ててくださいね。

 

また、間取りプランもいろいろともらえますので、各ハウスメーカーの間取りを比べるにも最適ですよ。

page top