アイダ設計の評判と口コミ

このページでは、アイダ設計の評判や口コミを紹介しています。

 

 

アイダ設計で実際に家を建てた方の感想も含めて紹介しています。

 

 

また、アイダ設計のデメリットについても解説しています。

 

 

是非参考にして下さいね^^

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

アイダ設計と各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

アイダ設計の注文住宅の評判と口コミ

 

埼玉県に本社のあるアイダ設計は、ローコスト住宅に定評のあるハウスメーカーの一つです。

 

昭和56年に創立と、長い実績を誇っていますが、低価格帯で注文住宅を実現されているメーカーとして注目されている方も多いのではないでしょうか。

 

一般的にローコスト住宅と聞くと、主に規格住宅といったイメージがありますが、アイダ設計では注文住宅の「ブラーボシリーズ」が用意されています。

 

低価格帯はもちろん、自由設計でなおかつ設備も充実、そして最長で35年の長期保証が可能など、安心して住み続けることができますが、アイダ設計の注文住宅の評判も気になるところです。

 

ベースに価格の安さがあるため、より慎重に評判などをリサーチされる方も多いと思います。

 

そこで、今回はアイダ設計の注文住宅の評判を徹底調査しました。

 

 

「アイダ設計ですが、間取りの打ち合わせに同席するのは営業マンだけです。
そのため、我が家のように間取りの作成を苦手とする営業マンもいるため、頼りない部分や不満はありましたが、ベースの間取りは店長が書いて下さり、それに何度か変更を加えました。
アイダ設計でも完成した間取りを3Dにすることで、イメージをつかみやすいようにしてくれるのですが、これも担当の営業マンがしてくれたので、少々頼りない部分はありました。
最後の方は、どうでもいいや、、、と思ってしまうこともあり、今思い返せばそれだけ疲れていたようですが、こだわる人の場合だと、気力も必要かと思います。」

 

 

「元々マイホームについては考えていたのですが、たまたま資料を一括請求した中にアイダ設計がありました。
アイダ設計を含む数社まで絞ったのですが、最終的に設計と価格が決め手となりアイダ設計になりました。
土地の広さが限られているにも関わらず、部屋の数や駐車場のことなどで譲れない条件がいくつかあり、これを全て叶えてくれたのがアイダ設計でした。
希望を叶えてくれた設計と価格に満足しています。」

 

 

「先日、アイダ設計で仕様やオプションなどの最終決定を終え、印鑑を押してきました。そのあとにどうしても変更したい部分が出てきたのですが、ダメ元で担当者に確認してみると、すぐに打ち合わせの日程を調整してくれ、仕様変更することができました。
仕様が決定していたにもかかわらず、アイダ設計側の柔軟な対応に感謝しています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイダ設計では『正直価格』をもとに、自由設計に対応されているというところが一番の魅力ではないかと思います。

 

設備や内装に関しては、悪くはないがシンプルだという意見が多く見受けられますので、気になる部分は事前に確認しておく必要がありそうですね。

 

 

アイダ設計のエコハウスの評判

現在、新築を検討されている方の中には、今話題のスマートハウス仕様で建てたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、一般的にスマートハウス仕様で建てようとすると太陽光パネルのほか、エコキュートなど設備の導入費用にお金がかかってしまい、どうしても建築費用が高くなりがちです。

 

そんな時は、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーを選択するのも方法の一つです。

 

ローコスト住宅に定評のあるアイダ設計でも、エコハウスといった商品がラインナップされています。

 

エコハウスとはアイダ設計のオール電化住宅のことですが、「ハウス・オブ・ ザ・イヤー・イン・エナジー2017」で優秀賞を受賞するほどの実績を誇っています。

 

太陽光発電システムやエコキュートの標準搭載はもちろん、キッチンやお風呂などの設備もいくつかのメーカーの中から好きな物を選択できるなど、設備関係も非常に充実しています。

 

なんと、これらの設備を標準仕様としているにも関わらず、本体価格が1000万円を切っているということで注目を集めているエコハウスですが、評判なども気になるポイントです。

 

そこで、ここではエコハウスの評判を徹底調査しました。

 

 

「アイダ設計のエコハウスで建てました。
標準だと3.5kwの太陽光が載ると聞いていたのですが、最終の打ち合わせの時に確認すると太陽光が3.8kwになっており、実際に3.8kwぶんのパネルを搭載していました。
建築現場が近場じゃないということもあり、上棟してから数えるほどしか現場に足を運んでいないのですが、大工さんは腕の良さそうな年配の方が担当してくれました。
何ヶ所か打ち合わせと違う部分があり、その都度営業マンや大工さんに指摘するのが面倒でしたが、実際に住んでみると住み心地は普通に良く満足しています。
ただ、修理を依頼すると時間はかかります。」

 

 

いかがでしょうか。

 

エコハウスということで、太陽光発電システムやエコキュートが標準で付いており、オプションとして付ける必要がないため、建築費用を最小限に抑えることが可能ですし、エコキュートは月々の電気代を節約することができ、家計にも優しい住まいですね。

 

ちなみに、エコハウスは太陽光やエコキュート、IHクッキングヒーター、ウレタン吹付耐熱などがついて本体価格が980万円〜と破格の安さで提供されていますが、必要な工事費用などは含まれていませんので、これ以外に別途数百万円は必要だと思っておいて下さい。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

アイダ設計と各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

アイダ設計の平屋の評判は?

老後を見据え、平屋での暮らしを検討される方も少なくありません。

 

私も敷地に余裕があるのであれば、断然平屋での建築を希望していたと思います。

 

平屋は生活の全てがワンフロアで完結しますし、移動や掃除もラクですし、常に家族の気配を感じながらの生活ができるので、小さなお子さんがおられる世帯でも安心して暮らすことができます。

 

さらに、建物の高さがないぶん、構造も強く耐震性も高いため、将来起こるかもしれない災害に備えることもできます。

 

しかし、その反面、平屋は基礎や屋根の面積が増えるため、建築費用が高くなることがネックとなり、平屋での建築を断念されてしまう方も少なくありませんが、そんな時はローコスト住宅で平屋を検討するというのも方法の一つです。

 

1000万円台で住宅の建築が可能だとされているアイダ設計でも、完全自由設計の平屋住宅が用意されていますが、正直、安かろう悪かろうでは残念ですよね。

 

アイダ設計の平屋の評判を徹底調査しました。

 

 

「アイダ設計の平屋ですが、数年経った現在は特に不具合などはみられません。
将来的なことも考慮し、全て引き戸にしました。
特に不具合などもみられませんが、レールの部分を適度に掃除しておかないと、滑りが悪くなったりします。
結露に関しては、ペアガラスということもあり結露はしにくいような印象です。」

 

 

「アイダ設計で平屋を建てました。
将来のことも考え、玄関までのアプローチは階段のほか、横にスロープと手すりも付けましたが、現段階で階段のない生活がこんなにも楽なものかと実感しています。
設計の段階から、将来的にも安心して暮らせるように、洗面台は車椅子に対応できるようになっていたり、ドアの敷居は極力段差をなくすなど、様々な工夫をしました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイダ設計はローコスト住宅を扱っているため、どうしても安かろう悪かろうというイメージが先行しがちです。

 

しかし、ローコストでありながら高品質の平屋の建築が可能なメーカーは限られてしまいますので、品質にこだわった平屋をなるべくローコストで建てたいという方には、特にアイダ設計はお勧めです。

 

ちなみに、平屋の場合は引き戸を採用される方も多いと思いますが、アイダの標準で採用されている引き戸は少々重いといった口コミもありましたので、気になる方は確認しておく必要がありそうです。

 

アイダ設計の評判は悪いの?

“正直価格”でなじみのあるアイダ設計ですが、評判を調べてみると良い評判もあれば悪い評判もあります。

 

アイダ設計は1年間で2,000棟以上の施工実績を誇っており、施工実績に比例するように当然悪い評判は出てくると思います。

 

しかし、ローコスト住宅を扱っているからこそ、安かろう悪かろうというイメージが先行し、悪い評判だけが悪目立ちしがちです、、、。

 

これはアイダ設計に限らず、ローコスト住宅の宿命かもしれませんが、今回はあえてアイダ設計の悪い評判に注目してみました。

 

 

「アイダで建て、先日無事に引き渡し日を迎えたのですが、引き渡し日だというのに玄関のタイルを貼る作業をされていました、、、。
さらに、フローリングが所々汚れており、アイダの担当者に指摘すると中性洗剤で拭くと落ちるとアドバイスされました。
また、クローゼットの中の壁紙が素人でもツギハギしていることが分かるような雑なもので、4ヶ月近く完成を心待ちにしていたマイホームがこんな状態でがっかりしています、、、。」

 

 

「愛知県のアイダ設計で購入しました。
当時の営業さん、アフターさんともに良い方で安心して任せることができていました。
しかし、数年後に担当者が代わってしまうことになり、後任の方が適当で故障の修理を依頼すると、自分で業者に連絡して対応してもらうように言われました。
基本的にアフターは期待できないと思っておいて下さい。
また、元々アイダ設計が採用している壁紙が安いのか?壁紙が所々、茶色く変色してきました、、。
家自体が安いぶん仕方ないのかもしれませんが、、、。」

 

 

「アイダ設計の家自体は悪くない印象ですが、営業と下請けの業者の対応は最悪です。
引渡し前に台風が直撃したのですが、壊れた柵を取り外したまま約1ヶ月近く敷地内に放置されており、何度か催促の連絡を入れました。
後日、何の連絡もないまま取り替え作業が終わっており、その報告の連絡すらなく、不信感しかありません。」

 

 

「アイダ設計で建て、現在住んでいますが特にアフターフォローがひどい会社だと感じています。
引渡しからわずか1ヶ月ほどで外構のコンクリートが割れてしまいました。
そのことを伝え確認に来てもらったのですが、業者と相談し日程を決めると言われたものの、何の連絡もないまま補修されておりゾクッとしました。
勝手に敷地内に入り作業されていたようです、、。」

 

 

いかがでしょうか。

 

実際にアイダ設計で新築された方々のブログなどを見ると、不具合時の対応がものすごく遅かったり、満足のいく対応がなされていないケースが多いような印象を受けました。

 

また、職人の当たり外れも大きいようで、実際にブログなどで画像を掲載されている方の情報を参考にすると、クロスのはり方や明らかに素人が見ても雑な施工をされている職人さんがおられるのも事実なようです。

 

気になる方はネット上で検索すると、すぐにそのようなブログにたどりつくと思いますので、是非検索されてみて下さい。

 

アイダ設計しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

アイダ設計のデメリット

シンプルなローコスト住宅を扱うアイダ設計。

 

アイダ設計で建てる場合の最大のメリットは、なんといっても価格の安さではないかと思います。

 

さらに、ローコストというだけではなく、最長で35年の保証がついているなど保証の面でも非常に充実していますが、ここではあえてアイダ設計で建てる場合のデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:オプションが高い!

 

アイダ設計はローコスト住宅ですが、特にオプションなども付けずに標準仕様の状態で建てると、非常にシンプルで、値段相応の家といった印象を受けました。

 

基本的に、アイダ設計では材料を大量に購入することでコストダウンを実現しています。
アイダ設計の坪単価の目安は40万円前後〜となっています。

 

少しでも安く抑えることを優先されるのであれば、標準仕様の中から選択していくことで、建築にかかる費用を最小限に抑えることが可能です。

 

しかし、ローコスト住宅で気をつけなければならない事は、標準仕様から外れオプションを選択すると、割高になるということです。

 

当然、標準仕様で不十分という場合には、必要な箇所にオプションを付け加えていくことになりますが、アイダ設計ではオプション料金が割高だという声が多数あがっています。
『アイダの装備のレベルが低く、あらゆる箇所でオプションを付けると思いますが、割高なので注意が必要です。』

 

『オプションも付けると、そこそこの坪単価になります。』

 

『基本的に提携メーカー以外の建具は選択の余地がないため、自由に選択できるのは間取りや色ぐらいだと思います。
そのため、大手のような注文住宅と勘違いされていると、融通が利かずにストレスに感じることも多いと思います。』

 

 

ローコスト住宅を扱うハウスメーカーの中には、標準装備が優れているメーカーもいくつかありますので、その標準をベースにオプションを付け加えていく方が価格は抑えられるのでは?と思います。

 

 

デメリット2:アフターサービスの対応にはバラつきがある!

 

これは、ハウスメーカーで建てる場合の宿命かもしれませんが、特にローコスト系のハウスメーカーではアフターサービスが期待できないと言われています。

 

『修理の依頼をしているにも関わらず、その後連絡が途絶えてしまった、、。』や『アイダ設計のアフターは最悪です、、、。』『色々と不備があり、ドアの亀裂やキズなどの簡単な対応はすぐにしてくれたのですが、壁紙に浮き出てきたシミに関してはなかなか対応してもらえないという状況です、、、。』など、特にアイダ設計のアフターサービスは悪いような印象を受けます。

 

 

また、ローコストゆえメンテナンス費用がかかることもデメリットとしてあげられます。
何十年も住むことを考えると、10年後、20年後には高額なメンテナンス費用が必要となります。

 

以上のように、アイダ設計で建てる場合はこれらのデメリットも存在しますので、それを踏まえた上で検討されて下さいね。

 

アイダ設計しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top