夢ハウスの坪単価と評判

このページでは、夢ハウスの坪単価や評判について説明しています。

 

また、夢ハウスでの値引き、建てる場合のメリット・デメリットについても解説しています。

 

これから、家を建てる方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

夢ハウスの自由設計の坪単価

無垢材の新築一戸建て住宅、リフォームを手掛けている夢ハウス。

 

夢ハウスには直営店とビジネスパートナーがありますが、やはり本社のある新潟県に直営店が集中しているため、近くに直営店がない場合だとビジネスパートナーに依頼する必要があります。

 

夢ハウスでは、思い通りの家を建てる「自由設計」での施工に対応されているほか、天然木の家を費用を抑えて提供されている「郷の家」、無垢材の家は高いという先入観を覆す「tsumiki」といった商品も用意されています。

 

夢ハウスの公式サイトに掲載されているこれまでの施工事例などを参考にすると、自由設計の家として、小さなお子さんがおられるご家庭ではママ目線の優しい家を提案されています。

 

その他の事例としては、人をもてなすことが好きな方には家全体がワンルームのような大空間を提案し、誰でも気軽に集まれるような家を手掛けるなど、自由設計ならではの提案をされていますが、自由設計ゆえ坪単価も気になるところです。

 

ちなみに、夢ハウスの自由設計で建築された方からは、『自由設計ということもあり沢山わがままも言いましたが、予算の関係上、多少妥協した部分もあります。』といった口コミがありました。

 

また、実際に、新潟のモデルハウスを見に行かれた方の情報などをチェックしていると、展示場は素敵でこんな家を建ててみたいなぁ〜と憧れたものの、価格の面で諦めたとの口コミもあり、建築費用は少々お高めなのかもしれません。

 

そこで、ここでは口コミを参考に、夢ハウスの自由設計の坪単価を徹底調査しました。

 

 

「夢ハウスで建築を検討中の者です。
初めは坪単価70万円ぐらいとの話でしたが、話を進めていくと坪単価80万円ぐらいと言われました。」

 

 

「決して安くはなく、30坪程度でも2,000万円は必要です。」

 

 

「夢ハウスで新築相談した際に、坪単価80万円は必要なようで、予算が限られているようなお客には塩対応な印象を受けました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

口コミを見る限りでは、自由設計ということで坪単価70万〜80万円程度は必要な印象を受けますが、規格住宅とは違い融通なども利くため、それ以上の坪単価が必要となることもあります。

 

仮に、40坪程度の大きさの家を建てようとした場合の建築費用は、2,800万〜3,200万円という計算になりますが、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

 

夢ハウスのtsumikiの坪単価

無垢材の家は、自然素材に包まれており木の温もりを感じられ、冬でも裸足で過ごせるなど、憧れをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、一般的に無垢材の家の建築費用は高く、予算の関係上諦めてしまうという方も少なくないようですが、夢ハウスの「tsumiki(つみき)」シリーズは、天然の無垢材を使用しつつコストパフォーマンスに優れているということで、注目を集めています。

 

どうやら、このtsumikiシリーズは若い世代をターゲットとしており、基本設計は変えず、徹底的に無駄な部分を省いており、夢ハウスでラインナップされている商品の中でもかなり坪単価を抑えた商品となっているようです。

 

tsumikiは規格住宅となっていますが、希望に応じてはオプション扱いとなるものの、2階部分の間取りを自由にレイアウトすることも可能となっています。

 

tsumikiは、すぐに生活できる45項目が標準装備されているほか、暮らしに不可欠な照明やカーテン、エアコンまでもが本体価格に含まれるなど仕様が充実しています。

 

現在、夢ハウスのtsumikiで新築をお考えの場合は、具体的な坪単価や建築費用が気がかりだと思います。

 

規格住宅ということもあり、坪単価としては50万〜60万円程度と、夢ハウスの他の商品と比較しても非常にリーズナブルだということが分かります。

 

ただし、同じく規格住宅としてラインナップされている「郷の家」では、薪ストーブが標準扱いになっているのに対し、tsumikiでは薪ストーブを導入する場合はオプション扱いとされています。

 

その他に、郷の家の場合は吹き抜けやロフトが標準仕様となっているのに対し、tsumikiの場合は吹き抜けやロフトに関してもオプション扱いとされていますので、これらを希望される場合は、オプション費用が高くなりがちなので注意が必要です。

 

そのため、薪ストーブやロフトを検討されている場合は、これらが標準装備されている郷の家を選んだ方が安くなるかもしれませんね。

 

夢ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

夢ハウスの郷の家の坪単価

無垢材をふんだんに使った家には憧れがあるものの、さらに自由設計で建てようとすると、どうしても建築費用が気になってしまうと思います。

 

確かに、夢ハウスの「自由設計」で建てようとすると坪単価70万〜80万円程度が一つの目安となっており、予算のこともあり諦める方も少なくないようです。

 

しかし、夢ハウスの「郷の家」という商品は、天然木の家を費用を抑えて提供されており、夢ハウスの中でもお手頃な商品となっています。

 

この郷の家は、規格住宅ということで用意されたプランの中から、土地の形状や家族構成などを考慮した上でベースとなるプランを選び、間仕切りは最小限に抑えられた商品となっています。

 

ただし、一定のルールの中であれば間仕切りの追加が可能とされているようです。

 

また、郷の家はただたんに安さに配慮しただけではなく、高品質プランの規格住宅ということで注目されている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、夢ハウスの郷の家で建築する場合、坪単価はどれぐらいになるのか?を、口コミを中心に徹底調査しました。

 

 

「郷の家301sに住んでいます。
うちの場合ですが、オール電化と浄化槽の設備、塀と駐車場のコンクリート工事のほか、土地代などを含み全てで3,200万円ぐらいでした。
営業さんいわく、家だけなら1,600万円ぐらいあれば建てることができると言われていました。
ちなみに、オプションはほとんどつけていません。」

 

 

「郷の家で建てました。
薪ストーブなし、デッキあり、約2,200万円ぐらいだったと記憶しています。」

 

 

「知人が郷の家で建てましたが、全て込みで3,000万円以内だと聞きました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

実際に郷の家で新築された方の坪単価が紹介できれば非常に参考になるのですが、建築費用しか記載されておらず、具体的な坪単価などは計算することはできません。

 

しかし、夢ハウスの自由設計で建てようとすると、要望などによっては坪単価90万円、100万円以上するようなこともあります。

 

一方、郷の家は規格住宅となり、全て自由に設計できるというわけではありませんが、坪単価60万円程度に抑えることもでき、手ごろなうえ、品質にもこだわっていると定評があります。

 

実際に、郷の家で見積りを取られた方からは、『思っていたよりも手ごろ!』という声があがっている反面、『自由設計の商品と比較すると、グレードが落ちます、、、。』という声もあがっていますので、仕様などは事前に確認しておく必要があります。

 

夢ハウスの平屋の価格

夢ハウスの家づくりのラインナップをチェックしてみると、本物の素材と技術で夢をカタチにする「自由設計」の商品をはじめ、天然木の家でありながら費用を抑えた規格型住宅の「郷の家」、若い世代をターゲットとした「tsumiki」のほか、リフォームに対応した「リセット住宅」が用意されています。

 

そして、平屋住宅専用の「木のひらや」といった商品も用意されています。

 

一般的なイメージとしては、2階建てと平屋建てを比較すると、平屋の方が基礎と屋根の面積が約2倍近く増えるため、平屋の方が建築コストが高くなるというものです。

 

しかし、夢ハウスでは自社一貫生産システムや共同仕入れシステムによって、大幅に建築コストを抑えることが可能となり、平屋住宅の建築費用は割高だという常識を覆しています。

 

夢ハウスの坪単価としては、50万円台〜建築が可能とされていますが、自由設計で建てようとすると坪単価70万〜80万円程度が相場となっているようですね。

 

規格型の住宅と違い、自由設計の場合は融通なども利きますし、郷の家で建築された方からは、外構や家具などを含め坪単価80万円ぐらいだったとの口コミもありましたので、坪単価70万〜80万円程度は必要だとお考え下さい。

 

ただ、自由設計のプランを平屋仕様で建てようとすると、さらに坪単価が高くなることが予想できます。

 

実際に、夢ハウスの平屋の建築費用や坪単価などが紹介できたら、非常に参考になるのですが、残念ながら参考になりそうな情報は見当たりませんでした。

 

また、平屋住宅の木のひらやといった商品は、新商品ということですが、こちらも参考価格などが記載されておらず、どれぐらいの価格帯なのかは不明ですが、実際に見積りを取ることで大よその価格帯がみえてきます。

 

ただし、夢ハウスは直営店のところもあれば、ビジネスパートナーとして加盟されている加盟店のところもあります。

 

本社がある新潟県は直営店が集中していますが、それ以外の地域は加盟店として展開されているため、見積りの依頼先によっても若干金額が異なるとお考え下さい。

 

夢ハウスで値引き交渉可能?

新築にあたり、無垢材に対するこだわりが強い場合は建築の依頼先として、夢ハウスも候補の1社としてあがるのではないかと思います。

 

夢ハウスでは、「自由設計」のほか、天然木の家を費用を抑えて提供されている「郷の家」や、無垢材の家は高いという先入観を覆す「tsumiki」といった商品もラインナップされています。

 

正直、無垢材を使用した家はとても魅力的で憧れますが、一般的に無垢材=価格が高いというイメージが根強くあり、どうしても建築費用が気になってしまうのが本音ではないかと思います。

 

規格住宅となる「郷の家」や「tsumiki」の場合は、坪単価60万円程度で建てることも可能なようですが、規格住宅のわりにそこまで割安感はないような印象があります。

 

さらに、設備などにこっていき、オプションが増えていくとそこそこの値段になってしまい、予算などによっては夢ハウスでの依頼を断念せざるを得ない状況になってしまうかもしれません。

 

また、自由設計での建築を希望する場合だと、融通がきく反面、仕様などによってはかなり値段が高くなることもあり、坪単価が100万円ほどかかる場合もあります。

 

実際に夢ハウスで検討されている方やオーナーからは、『正直、建築費用は高いです、、。』などの声もあがっています。

 

そんな時、期待することは値引きだと思います。

 

よくハウスメーカーで行われるパターンだと、「今月中の契約なら、●●万円の値引きが可能です!」と営業マンが、期限を設け契約を迫るという方法です。

 

余程契約を取りたいのか、200万円、300万円ほどの高額な値引きが提案されることもあるようですが、そもそも注文住宅には定価というものがないため、その値引きが妥当なものか?という判断も難しいです。

 

あまりに高額な値引きだと、材料の質を落とす可能性だって否定できません。

 

その一方で、「全てのお客様に平等に対応するため、一切値引きを行っておりません!」と、値引きを行わない方針を貫いているハウスメーカーもあります。

 

夢ハウスの値引き事情に関しては、全く情報がないため、はたして値引きが行われているのか、それとも1円の値引きにも応じていないのかは不明です。

 

ただし、夢ハウスには直営店とビジネスパートナーの工務店があるため、依頼先によっても値引きの対応が異なることも考えられます。

 

詳しい値引き交渉の進め方はこの記事が参考になります。

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

夢ハウスの評判

夢ハウスの本社は新潟県にあり、直営店は新潟県に集中していますが、それ以外の地域ではビジネスパートナーの加盟店があり、それらを含めると今や全国で約400店以上にもなります。

 

現在、夢ハウスで検討されている場合は、世間での評判も気になるのではないでしょうか。

 

そこで、ここでは夢ハウスの評判を徹底調査しました。

 

 

「7年ほど前に建てました。
対応は丁寧でしたし、アフターもしっかりとしてくれています。
ただ、開放的なところは気に入っているのですが、その反面、2階で寝ていても1階で話している声が聞こえますので、防音性はないに等しいです。
また、玄関からドアもなく、そのままリビングという状態になっているため、来客の際は常にリビングが丸見えという状態に最初は慣れませんでしたが、今はそこまで気になりません。」

 

 

「もともと高気密・高断熱住宅に興味がありました。
夢ハウスさんの場合、数値を公表されていないこともあり不安もありました。
ですが、断熱材に関しては、ウレタンフォームやロックウールを厚めに施工されており、家の中はかなり暖かく感じます。
我が家は、開放感、そして風通しを良くするために、窓ガラスを大きく取るようにしたのですが、そのためサッシのレールなどから隙間風が入ってくるのは仕方ないと割り切っています。」

 

 

「夢ハウスで建てました。
夢ハウスでは数値を公表していないこともあり、性能で勝負されているようなハウスメーカーや大手ハウスメーカーと比較しても劣っていると思います。
他のハウスメーカーの家に住んだことがないため、他社と比べて性能がどのなのか?と比較することはできませんが、実際に住んでみると気密性や断熱性を含め、快適で満足しています。
また、無垢のフローリングは肌ざわりが良く、冷たく感じません。」

 

 

「郷の家で建てました。
今年で5年目を迎えますが、猛暑日でも家の中は意外と涼しく感じますし、梅雨のジメジメとした時期でも快適に過ごすことができます。
外観に関しては、好みではなかったため和モダンな感じに仕上げてもらいました。
対応は工務店によるのでしょうけど、私は夢ハウスにして良かったと思っています。」

 

 

「我が家は郷の家で新築しました。
正直、外観は好みではありませんがサンデッキは最高です。
冬場は、あまり雪が降らない地域ということもあり、エアコンでも十分だと感じます。」

 

「夢ハウスで家を建てました。
我が家は、契約後に金額が増えたとかのトラブルを防ぐために、契約前に仕様を決め、金額が決定した上で話を進めていったため、多少減額になった部分もあります。
住み心地に関しては、特に夏場は家に帰ってきても暑くないので、快適さを実感しています。
カラッとした感じで涼しいといった表現がふさわしいように思います。」

 

 

「費用の面では想定していたよりも高くなってしまったものの、無垢材を使用していることを考慮すると、非常にコストパフォーマンスに優れているような印象を受けます。」

 

 

「郷の家に住み始め、もうすぐ1年が経ちます。
快適すぎて、子ども達はお風呂あがりでも裸のままで遊んでいたりするほどです。
もともと、冬の寒さは苦手でしたが薪ストーブのおかげで冬でも快適に過ごせるようになりました。
その反面、窓が大きいため防犯上はよくないと思います。
我が家はその対策として、防犯用の窓ガラスを採用しました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

夢ハウスですが、新潟の場合は直営店が多く、それ以外の地域ではビジネスパートナーの工務店に依頼するため、結局のところ工務店次第だと言われており、工務店選びが重要なようです。

 

そのため、これまでの施工実績が豊富で、熱意のある職人さんなどに出会うと期待以上の家が完成し、非常に満足度は高くなると思います。

 

その反面、あまり家づくりに対する熱意が感じられない工務店を選んでしまった場合は、不満に感じることも多く、後悔するかもしれません。

 

夢ハウスのデメリット

夢ハウスでは、無垢材を使用した家づくりを行っており、自然素材に包まれ、木の温もりを感じられる家が建てられるということが大きなメリットではないでしょうか。

 

その反面、無垢材を使用しているということで「建築費用が高いのではないか、、、。」といった不安もつきものだと思いますが、夢ハウスでは「自由設計」のほか、価格を抑えた規格住宅の「郷の家」や「tsumiki」といった商品もラインナップされており、予算を考慮した上で商品を選択することが可能です。

 

しかし、木の家は魅力的な反面、メンテナンスが大変なんじゃないかなどの不安もつきものだと思います。

 

そこで、ここではあえて夢ハウスで建てる場合のデメリットについて考えてみました。

 

夢ハウスのデメリット:メンテナンスが大変!

 

無垢材を使用すると部屋中が温かみを感じられ、木の温もりに癒されますが、無垢材は扱いが大変だというイメージ通り、住み始めてからのメンテナンスが大変だと聞きます。

 

実際に、オーナーの方からはメンテナンスの大変さを指摘する声が多数あがっています。

 

「あえて夢ハウスのデメリットをあげるとしたら、メンテナンスに手間がかかるということです。
無垢材なので、当然毎年ワックスがけしないと痛みます。
我が家の場合は、最初の頃はかかさずにワックスをしていたものの、数年後には家具も増え、どんどん面倒になりワックスせずに放置するようになったら、無垢材の床からトゲが出てくるようになりました。
自業自得ですが素足でいると、そのトゲが足に刺さることもあります。」

 

 

「木の家の雰囲気は最高に落ち着きますが、家のメンテナンスは面倒に感じます。
ちなみに、現在はデッキの塗装がおちてきています、、、。」

 

 

上記の口コミのように、住みっぱなしというわけにはいかず、定期的なメンテナンスも面倒だと感じない方にはお勧めできますが、極力手間のかかるメンテナンスを避けたいという方には不向きです。

 

また、夢ハウスでは薪ストーブが標準仕様とされている商品もありますが、こちらも定期的に掃除などが必要になってくるでしょう。

 

いかがでしょうか。

 

夢ハウスでは無垢材を使用した家づくりが行われており、温かみが感じられますし、木の香りに癒されること間違いありません。

 

しかし、その反面、無垢材が持つ独特の特性もあり、結果的にメンテナンスに手間がかかってしまうのも事実ですから、そのようなデメリットも踏まえた上で検討する必要がありそうです。

 

夢ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top