ユニバーサルホームの坪単価と値引き

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「ユニバーサルホーム」の坪単価や評判、値引き情報について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方でユニバーサルホームも検討予定の方は是非参考にして下さい。

 

 

ユニバーサルホームの坪単価の相場はどれぐらい?

 

ユニバーサルホームはフランチャイズ展開を取っており、ローコスト住宅を手がけるメーカーとして知られています。

 

ただ単にローコストというだけではなく、ローコスト住宅を扱うメーカーの中でも比較的グレードの高い設備を導入されており、なかなか評判の良いハウスメーカーといった印象があります。

 

現在、ユニバーサルホームを検討中の方だと、ローコスト住宅といえども坪単価や大よその建築費用が気になると思います。

 

ユニバーサルホームの坪単価としては、40万円台〜が一つの目安となっていますが、実際に見積りを取ってみたら、『坪単価は思いのほか高くなってしまい、40万円台では収まらなかった、、。』という話はよくあるパターンですよね。

 

そこで、ユニバーサルホームでは実際にどれぐらいの坪単価が必要なのか調べてみました。

 

 

「我が家の坪単価は50万円前後といったところです。」

 

 

「自分の建てる加盟店では坪単価45万円ぐらいです。
ただ、太陽光も付ける場合だと本体価格だけで2000万円は超える見積りでしたが、建てる加盟店によっても若干坪単価は違ってくると思います。」

 

 

「もうすぐユニバーサルホームで着工の者です。
坪単価が約45万円、40坪、第1種換気と陶器瓦、サイディング、二階トイレ&洗面台、キッチンボード、神棚なども込みで建物本体価格は約1900万円ぐらいになりました。」

 

 

「延べ床38坪、床暖房や無垢床材(1階のみ)、オール電化、トイレ2ヶ所、玄関スマートキー、全窓low-e複層ガラス、樹脂サッシなど、メンテの保険と保証込みで坪単価は60万円ぐらいです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

上記の口コミを参考にすると、ユニバーサルホームの坪単価は45万〜55万円程度が相場となりそうですが、坪単価は加盟店によっても若干異なってきますし、オプションをどれぐらい付けるのかによっても変わってきますので、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

ユニバーサルホームのココフィールの坪単価と特徴

 

ユニバーサルホームは、質の良いローコスト住宅を取り扱うメーカーとして定評がありますが、商品のラインナップも豊富に用意されています。

 

大事なことに気づく家として「きづき」をはじめ、R曲線が特徴的な住宅「Rコンセプト」や、6層の家として新発想の「シックスプラス」のほか、環境に配慮した住宅である「ソラ・イロZEH」などがラインナップされています。

 

そして、家族のつながりをデザインする家として「ココフィール」といった商品もあります。

 

ココフィールでは、ダイニングとリビングのスペースをゆるやかに分離することで、家族それぞれのくつろぎ時間を大切にすることもできますし、家族の気配を感じながらの住まいも実現されています。

 

ユニバーサルホームを検討中の方は、外観のデザインや商品のコンセプトなどを参考にある程度、商品が絞られてくると思いますが、商品を比較するうえで坪単価も基準の一つになると思います。

 

そこで、ここではココフィールの坪単価を調べてみました。

 

ココフィールの坪単価としては、おおよそ45万円〜とユニバーサルホームの中でも標準的な価格に設定されています。

 

坪単価を45万円とし、40坪程度の大きさの家を建てる場合の建築費用は1800万円ということになります。

 

ただし、仕様の変更を沢山していると、坪単価45万円程度には収まらずに坪単価が50万円以上になってしまうこともありますので、ローコスト系の住宅メーカーではオプションの付け方にも注意して下さいね。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
ユニバーサルホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

ユニバーサルホームのきづきの坪単価と特徴

 

ユニバーサルホームでは商品のラインナップも豊富に用意されているため、家族構成やライフスタイルなどを考慮して、より最適な商品を選ばれると思いますが、現在子育て真っ只中という方にお勧めな商品があります。

 

その名は「kiduki(きづき)」です。

 

きづきはユニバーサルホームの20周年記念商品で、子育てのしやすさや収納を工夫した提案、そしてロングライフデザインを重視した住まい造りを実現されています。

 

きづきで建築する場合の坪単価についてまとめてみました。

 

きづきの坪単価としては、40万〜55万円程度とされており、ユニバーサルホームの坪単価としては標準的な価格に設定されています。

 

ただし、坪単価に開きがありますので、設備やオプションなどにこだわる場合だと、坪単価50万円以上はみておく必要がありそうです。

 

仮に坪単価を50万円とし、40坪程度の大きさの家を建てる場合の建築費用は2000万円という計算になります。

 

子育て世代の方々は、子どもの進学に伴いお金も必要になってきますし、できるだけ住宅ローンの負担を抑えたいとお考えの方も多いと思いますが、ユニバーサルホームは手が届きやすい価格帯に配慮されているように思います。

 

ユニバーサルホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

ユニバーサルホームのRコンセプトの坪単価と特徴

 

ユニバーサルホームの商品のラインナップはとても豊富ですが、Rの曲線が特徴的な住宅「Rコンセプト」といった商品も用意されています。

 

外観や内装に曲線を取り入れることで、家全体がやわらかく、可愛らしい印象を与えますが、安らぎとくつろぎに満ちた空間造りや、家族との繋がりを大切にした間取りなども実現できます。

 

Rの柔らかな曲線が特徴的な外観や内装に一目惚れされる方も多いようですが、Rコンセプトで建築する場合の坪単価も気になりますよね。

 

ユニバーサルホームといえば“地熱床システム”ですが、どうやらこのRコンセプトでは地熱床システムが標準仕様となっているようで、このRコンセプトで快適な住まい造りも実現可能となります。

 

Rコンセプトの坪単価としては、施工面積40坪以上であれば34万円台〜と紹介されており、破格の安さに驚いています。

 

ただ、ユニバーサルホームでは、標準仕様のままだとどうしても物足りない感が出てくるようですし、こまかく言うと標準のままだとトイレが1階にしかないですし、浴室暖房も付いてなかったように記憶しています。

 

そのため、ユニバーサルホームでは2階にトイレを付けたり、浴室暖房を付ける場合にはオプション扱いになりますので、オプションを沢山選択される場合だと、オプション価格だけでも結構高額になると思います。

 

ユニバーサルホームのソライロの坪単価と特徴

 

2008年、太陽光の家「SOLA・IRO(ソラ・イロ)」の発売が開始しました。

 

ソラ・イロは省エネ性能を高めた住まい造りを実現されていますが、環境にやさしいネット・ゼロの家として「ソラ・イロZEH」という商品もラインナップされています。

 

商品名にZEHが含まれていますが、そもそもZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを略したもので、1年間の一次エネルギー消費量がおおむねゼロとなる住宅のことをいいます。

 

ZEH仕様にするためには、省エネ性や創エネ性を高める必要がありますが、ソラ・イロZEHには、太陽光発電やエコキュートが標準で装備されているのはもちろん、光と風をコントロールするために様々な工夫が施されているようです。

 

そして、CO2の削減にも貢献するなど、環境のこともしっかりと考えられている住宅でもありますが、ZEH仕様で建てようとする場合の建築費用も気になりますよね。

 

ユニバーサルホームといえば、ローコスト住宅に定評がありますが、このソラ・イロZEHの坪単価は他の商品よりも高めに設定されているようです。

 

ソラ・イロZEHの坪単価としては、60万円〜が一つの目安となっているようで、やはりZEH仕様にするために、太陽光パネルやHEMSが標準装備とされているため、どうしても坪単価は高くなってしまうようです。

 

それでも、大手ハウスメーカーでZEHに対応した住宅を建てようとすると、坪単価60万円、70万円台では収まりませんので、大手と比較するとユニバーサルホームのソラ・イロZEHはコストパフォーマンスが高いように思います。

 

ユニバーサルホームの平屋の坪単価と特徴

ユニバーサルホームでも平屋住宅の取り扱いがあり、「フラットワン」をはじめ、空間にゆとりをプラスする「アルファヴィータ」といった商品もラインナップされています。

 

現在、ユニバーサルホームで平屋を検討されている場合、坪単価や建築費用が気になると思います。

 

一般的に、二階建て住宅と比較すると平屋のほうが建築費用が高くなると言われています。

 

その理由としては、仮に平屋を二階建て住宅と同じ床面積を確保して建てようとすると、平屋の方が屋根や基礎の施工面積が約2倍ほど必要となるからです。

 

実際にユニバーサルホームで二階建てを建てる場合と、平屋で建てる場合では、平屋の方が約3万円ほど坪単価が高くなると言われていますので、平屋の坪単価としては50万円前後〜といったところでしょうか。

 

ユニバーサルホームのラビスタの価格

ユニバーサルホームでは、二階建て住宅のほか、三階建て住宅や平屋住宅の取り扱いもあります。

 

特に平屋住宅には力を入れており、「フラットワン」をはじめ、「フラットワン(JP/PR)」や「アルファヴィータ」などの商品が用意されています。

 

2018年には、「LAVISTA(ラビスタ)」が新たな商品として加わりました。

 

こちらは木造軸組工法、二階建て住宅に対応した商品になりますが、通常2.4mの天井を1.3mアップさせ、天井高3.7mとし、ハイリビング空間を実現されているといった大きな特長がある商品です。

 

2階部分は、勾配天井をいかしスキップフロア(ロフト)を作ることで、1階と2階のスペースを有効に活かすことができます。

 

ラビスタは、1階のリビングの天井を高くすることで、ハイリビング空間を実現されており、開放感に満ちたLDKが特徴的な商品ですが、ラビスタの価格帯も気になるところです。

 

ラビスタの参考価格ですが、坪単価は40万円〜(税別)と紹介されており、仮に40坪ほどの大きさの家を建てた場合の費用は1,600万円〜という計算になります。

 

もともと、ユニバーサルホームはローコスト住宅を扱っていますが、ラビスタの参考価格をみても、十分ローコストな価格帯を実現されているということが分かります。

 

ただし、ユニバーサルホームの評判などを調べてみると、『ローコストメーカーと言われ期待していたものの、坪単価が高くなってしまった、、、。』などの口コミも多数ありました。

 

結局、設備などにこだわったり、沢山オプションを付け加えていくと坪単価が高くなってしまうため、設備にこだわり、オプションがかさむ場合は坪単価が高くなるため注意が必要です。

 

ちなみに、ユニバーサルホームはフランチャイズ制を導入されているため、見積り額は加盟店によって多少異なる場合もありますし、値引きの対応にもバラつきがみられますので、可能であれば加盟店同士の見積り額を比較されることをお勧めします。

 

ユニバーサルホームの値引き事情を紹介

 

注文住宅や建売住宅を購入する場合、ほとんどの方が予算をお持ちだと思います。

 

しかし、いざ何社かで見積りを取ってみたら、予算オーバーだったなんて話はよくあるパターンですよね。

 

その場合は、再度仕様を見直してみたり、妥協できる部分であればランクを落としたり、オプションを減らすなど、工夫次第で節約することは可能ですし、100万円程度オーバーしているのであれば、値引きでカバーできる場合もあります。

 

ただし、ハウスメーカーによって値引きの方針は異なっており、中には全く値引きに応じてくれないメーカーもあります。

 

特にローコスト系のメーカーはあまり値引きが行われていない印象を受けますが、ユニバーサルホームも比較的ローコストで建てることのできる会社だと知られています。

 

そのため、ユニバーサルホームでは値引き交渉を行っても、あまり値引きに応じてもらえないイメージが強くありますが、ユニバーサルホームの値引き事情が気になり調べてみました。

 

 

「ユニバーサルホームでは、本部が本体価格を出しているため、割引ができないと担当者から説明を受けましたよ。」

 

 

「ユニバーサルホームでは付帯工事費が約300万円値引いてある見積りを頂きました。
そのため、我が家が当初伝えていた予算内に収まりましたが、あまりにも簡単に値引いてくれたので不思議でしたし、結局お断りすることになりました。」

 

 

「ユニバーサルホームで建てた者です。
37坪の二階建て、本体工事にエコウィルなどを合わせると約1600万円ぐらいでしたが、キャンペーンということで135万円ほど値引いてもらいました。
ただし、ユニバーサルホームではフランチャイズ展開を取られているため、値引きやオプションなどは各都道府県によっても異なるようです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ユニバーサルホームはフランチャイズということで、やはり値引き交渉を行っても対応は異なっていますね。

 

すんなりと値引きに応じてくれる加盟店もあれば、一切値引きに応じてもらえない加盟店もありますので、ネット上の情報はあくまで参考程度とされて下さい。

 

 

ハウスメーカーとの値引き交渉方法はコチラの記事を参考にしてください>>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top