トヨタホームの坪単価と評判

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「トヨタホーム」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、トヨタホームも候補の一つに入っている方は参考になると思います。

 

 

無料!トヨタホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

トヨタホームの坪単価の相場はどのぐらい?

 

トヨタグループが展開するハウスメーカーとして、トヨタホームがあります。

 

トヨタホームといえば、女優の松岡茉優さんと吉田羊さんのCMがこれまでに何パターンかオンエアされてきたため、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

本社は愛知県名古屋市にあり、中部圏を中心に高い知名度があるため、特に愛知県周辺にお住まいの方が注文住宅をお考えの場合、一度は検討されるハウスメーカーではないかと思います。

 

トヨタホームの家は自動車などで培われた技術が活かされていますし、高品質であることや長期間の保証が充実していること、さらに、トヨタグループということで知名度やブランド力が抜群なハウスメーカーですが、一つ気になることはどれぐらいの価格帯のハウスメーカーなのか?ということです。

 

トヨタホームでは鉄骨造しか扱っていませんが、ユニット工法と鉄骨構軸組工法が採用されており、工法によっても坪単価が異なっています。

 

ユニット工法の場合は、ほとんどの工程が工場で行われ、それを現場に運んで組み立てるという仕組みになっていますので、坪単価は55万円〜となっています。

 

主な商品としては「シンセ」があげられますが、あまり融通がきかないため自由度は低く、何かと制限されてしまうといった欠点があります。

 

そのため、間取りなどにこだわった家造りをしたいという方の場合だと、鉄骨軸組工法を選んだ方がプランの自由度が高くなるためお勧めです。

 

鉄骨軸組工法ですが、梁勝ち構法が採用されているため、間取りだけでなく窓の位置などの融通もききますが、その反面坪単価は最低でも65万円〜とお考え下さい。

 

主な商品としては「エスパシオ」がありますが、ユニット工法のシンセと比較するとエスパシオの方が坪単価は10万円ほど高くなります。

 

ただし、注文住宅というものに定価はありませんので、坪単価が安く設定されているシンセシリーズでも坪単価が高くなってしまうケースもあるようです。

 

簡単にですが、以下に紹介しておきます。

 

「シンセアスイエ、30坪、坪単価は71万円ぐらいの見積りでした。
付帯工事が約200万円の他、オプションとしてベランダ屋根、太陽光、スマートエアーズ、HEMSを付け400万円ぐらいでした。」

 

 

見積りの段階ということで、おそらく営業さんはキッチンやお風呂、床材などのグレードを標準仕様のままで見積もっていると思います。

 

しかし、契約をしてから具体的に話を進めていくと、これがあった方が便利だなぁとか、ワンランク仕様をあげた方が素敵だなぁなどの欲も出てきますので、数百万円ほどの追加料金が発生するケースも多いのです。

 

また、トヨタホームのユニット工法を選んだ場合の坪単価を55万円〜と紹介しましたが、外構やエアコン、照明、カーテン、諸経費などを含めると、当然坪単価は高くなります。

 

 

トヨタホームのLQの坪単価と特徴

 

「大手ハウスメーカーでの建築はお金がかかりそうだからちょっと抵抗があるなぁ、、、。」という方もおられると思います。

 

実際に大手で建てる場合の坪単価としては、70万円〜が目安とされていますが、低価格帯に配慮した商品をラインナップに加え展開されているメーカーも多いです。

 

トヨタホームも価格帯に配慮したローコスト住宅「LQ」がラインナップされています。

 

LQでは多数のプランが用意されており、家族構成やライフスタイルに合わせてプランを選ぶことができます。

 

好みの外観デザインをはじめ、好みの内装デザインを選択することもできますし、キッチンや浴室、洗面などの水回り関係もデザイン重視や機能重視、使い心地重視など、目的に合わせた選択が可能です。

 

LQはトヨタホームならではの、高いクオリティーや技術力、デザインはそのままで、1600万円台からと、トヨタホームでは考えられない価格帯に設定されています。

 

しかし、LQ目当てで実際に展示場に行ったものの、担当の営業マンから「値段的には子育て世代をターゲットとしたはぐみと変わらないと言われ、それならLQよりも多少融通のきくはぐみの方がお得な気がします、、。」といった情報や、「LQは確かに建物本体価格は安いですが、それ以外に約600万円ほどかかるようです!」などの情報もあります。

 

そこで、実際にLQで建築された方の価格帯を調べてみました。

 

 

「屋根あり(コロニアルグラッサ)、和室あり、太陽光と床暖房は付けていません。
キッチンやバス、洗面所などの水回り関係はグレードをあげ、外構は地元の業者にお願いしました。
我が家は、諸経費など全て込みで約2400万円ぐらいでした。」

 

 

ちなみに、カーテンや照明などは家電量販店で揃えられたようで、エアコンに関しては1台のみトヨタホームで購入されたようです。

 

上記で紹介した家の大きさは不明ですが、仮に35坪とすると全て込みの坪単価は約68万円台という計算になりますし、40坪としても坪単価が60万円となります。

 

1600万円台から建築可能とされていますが、この価格はあくまで本体価格ですから、全て含めると確実に2000万円は超えるものの、それでもトヨタホームの価格帯としては、安い印象を受けます。

 

無料!トヨタホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

トヨタホームのスマートステージの坪単価と特徴

 

トヨタホームの商品の一つとして、「スマートステージ」がラインナップされています。

 

トヨタホームではユニット工法も採用されていますが、ユニット工法の場合は約8割程度を工場で作って、それを現場で組み立てるため設計の自由度が低くなってしまうのですが、スマートステージでは鉄骨ラーメンユニット工法というものが採用されています。

 

そのため、柱と梁を最小限に抑えることができ、間取りの自由度も高くなり、開放感のある大空間を実現することも可能となります。

 

もちろん、地震にも丈夫で安心して住むことができますし、空調システムによって夏は涼しく、冬は暖かく、1年を通して快適な住まいを実現されるなど、トヨタホームのスマートステージは、エネルギーをつくり、かしこく使うことで快適な住まいを実現されています。

 

また、太陽光発電をはじめとする創エネシステムの設置や、それらをコントロールする「HeMS」などを活用することでZEH(ゼロ・エネルギーハウス)も実現可能となっていますが、気になるのは建築費用や坪単価です。

 

トヨタホームのスマートステージの坪単価を調べてみると、約65万円〜が一つの目安となっているようです。

 

調べたところ、どうやらスマートステージでは太陽光発電システムが標準となっており、最低でも坪単価60万円はみておきたいところです。

 

仮に坪単価を65万円とし、35坪ぐらいの大きさの家を建てる場合の建築費用は2275万円、40坪の家を建てる場合の建築費用は2600万円という計算になります。

 

個人的には、他の大手ハウスメーカーでZEH仕様の家を建てようとすると、もっと坪単価は高くなりますので、トヨタホームのスマートステージはお得な印象を受けます。

 

ただし、注意しなければならないことは標準装備のグレードをあげたり、オプション次第では坪単価が上がる要因となることです。

 

また、住めるような状態にするためには、付帯工事などの費用も必要ですし、諸費用なども発生し、最終的な坪単価はもっとあがりますので、その点も注意が必要です。

 

 

トヨタホームのはぐみの坪単価と特徴

 

トヨタホームでは鉄骨住宅を扱っていますが、坪単価としては最低でも60万円台〜と、価格帯が高めなハウスメーカーといったイメージをお持ちの方も多いのではと思います。

 

しかし、ハウスメーカーでは価格帯に応じて、いくつか商品をラインナップしているところが多く、わりとリーズナブルな価格に設定された商品も用意されています。

 

トヨタホームでリーズナブルに設定された商品としては、「LQ」をはじめシンセシリーズから「はぐみ」といったものがラインナップされています。

 

2009年に発売が開始したはぐみは、子育てをされている世帯をターゲットとした商品で、子育てをされている家族ならではの視点に立った提案や工夫がなされており、低価格帯での販売を実現されています。

 

その後、はぐみはモデルチェンジが行われ「家族をもっと抱きしめる家」をコンセプトとし、主に20代〜30代の子育て世代を中心に人気を誇っています。

 

はぐみでは何でも自由に選択できるという商品よりは、ある程度制限をかけることでコストダウンを実現されていますが、家の顔となる外観は何種類か用意されていて、その中から好みのスタイルを選択できます。

 

現在、トヨタホームを検討中で、なおかつ子育て中の方であれば、一度ははぐみも候補にあがると思いますが、本当に価格に配慮されているのか?といったことが気になりますよね。

 

子どもの進学に伴い、お金はかかりますので、少しでも住宅ローンの負担を安く抑えたいところですが、はぐみの坪単価としては65万円前後〜となっているようです。

 

実際に、はぐみで見積りを取られた方の情報もありましたので、いくつか参考までに紹介したいと思います。

 

 

「はぐみの延べ床面積35坪、太陽光3.5kw、2階LDK、屋根フラット、特にグレードなどは指定しておらず、建物本体価格が約2200万円ほどの見積りでした。」

 

 

「延床32坪、付帯工場、諸経費含み約2500万円の見積りが出ました。」

 

 

トヨタホームの中でもはぐみは価格を抑えた商品のようですが、建物本体価格のみの坪単価だけでも60万円弱はしますし、付帯工事や諸経費などを全て含めると坪単価70万円前後はみておく必要がありそうですね。

 

 

トヨタホームの3階建ての坪単価と特徴

 

狭小スペースでの建築となると、横に広げることはできないので、高さを活かした3階建てや4階建て住宅という選択になると思います。

 

トヨタホームでは3階建て住宅に対応しているハウスメーカーで、独自の鉄骨構造を活かした丈夫な作りになっているため、大空間も実現可能となっています。

 

さらに、二世帯住宅や店舗併用住宅、インナーガレージなど、様々な生活スタイルに合わせた提案もされています。

 

トヨタホームの3階建てに対応した商品としては、シンセシリーズから「ヴィトロワ」といったものがラインナップされています。

 

シンセ・ヴィトロワでは、間切り壁を極力減らすことで、吹き抜けや大きな窓を作ることもでき、開放感に満ちた空間を演出することもできます。

 

ヴィトロワの坪単価としては、60万円台〜が一つの目安となっています。

 

そして、エスパシオシリーズからも3階建てに対応した商品がいくつか用意されています。

 

「エスパシオLX」をはじめ、光と風が心地良く感じられる「都市のひだまり」や、スキップフロアが豊かな住空間を生み出す「都市に暮らす3階建て」、よりプライバシーに配慮している「Mezzo」があります。

 

シンセシリーズよりもエスパシオシリーズの方が坪単価は高く設定されていますので、エスパシオシリーズの3階建てを選ぶとよりお金がかかりますが、具体的な坪単価情報は見当たりませんでした。

 

しかし、実際にトヨタホームで3階建てを建築された方の情報によりますと、「全て含めると3000万円では収まらなかった、、。」との口コミもありました。

 

基本的にハウスメーカーはどこを選んでも高いですが、特に大手で3階建ての建築となれば、かなり高額になることは覚悟しておいた方が良さそうですね。

 

トヨタホームと各ハウスメーカーの3階建ての費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

トヨタホームの平屋の坪単価と特徴

 

ハウスメーカーのチラシでは2階建て住宅を宣伝されていることが多いですよね。

 

そのため、ハウスメーカー=平屋住宅というイメージがしづらいかもしれません。

 

しかし、近年世代を問わずに平屋での暮らしに注目が高まっており、あえて平屋での暮らしを選択される方も増えているようです。

 

そんな平屋の需要に対応するべく、各ハウスメーカーでは平屋住宅にも力を入れており、現在トヨタホームでも平屋住宅に対応した商品を取り扱っています。

 

トヨタホームの平屋住宅は「シンセ・ピアーナ」と言い、ワンフロアで家中を見渡せる安心生活をはじめ、それぞれの生活リズムを大切にした自由生活、開放感に満ちた悠々生活、そして四季を愉しむ自然生活といった快適に暮らすために4つのポイントに注目し、様々な提案がなされています。

 

さて、トヨタホームで平屋住宅を前向きに検討されている場合、坪単価や建築費用が気になるのではないでしょうか。

 

一般的に平屋の場合、同じ坪数の2階建てと比較すると、屋根や基礎の面積が倍になるため、必然的に平屋の方が坪単価が高くなってしまうことはご存知の方も多いと思います。

 

さらに、大手ハウスメーカーで平屋を建てるとなると、建物本体だけで坪単価60万円前後〜はみておく必要があり、最終的な坪単価は80万円台〜90万円台になったという体験談も少なくありません。

 

上記のことをふまえると、トヨタホームで平屋を建てるとなると坪単価が高くなることはある程度予想できますが、シンセピアーナの坪単価は60万円〜に設定されていることが分かりました。

 

ただし、これはあくまで本体価格のみの坪単価ですから、必要な工事費用や外構など全て含めた坪単価は70万円台〜とお考え下さい。

 

実際にトヨタホームで平屋を建築された方の情報によりますと、30坪ほどで太陽光パネルなども全て含めた総支払額が2700万円ぐらいだったようです。

 

この平屋の坪単価は90万円という計算になり、正直高いという印象を受けますが、大手ハウスメーカーではこれぐらいは相場なようですね。

 

 

トヨタホームの評判は実際どうなの?

 

トヨタホームを検討されている方は、やはり世間での評判が気になりますよね。

 

トヨタグループのハウスメーカーということで、その知名度は抜群ですが、やはり自動車のイメージが非常に強く、トヨタホーム自体の評判がどうなのかイマイチみえてきません、、。

 

そこで、ここではトヨタホームの評判を徹底調査してみました。

 

 

「トヨタホーム愛知で注文住宅を検討していました。
たまたま担当の営業に恵まれなかったのか、お願いしたことは守らないし、報告の連絡なども全然ありませんでした。
対応がいい加減なわりに、契約を迫ってきたので断りました。」

 

 

「台風21号の時はすごい暴風雨でしたが、被害は一切なく、雨漏りなどのトラブルもありませんでした。」

 

 

「トヨタホームで建てました。
担当の営業マンに関してはミスや手違いもあり、急に書類提出を求められるなど、振り回された感はあります。
ただ、現場監督の方には恵まれ、まじめな人で唯一、信頼して任せることができたのは救いです。」

 

 

「トヨタホームのLQで建てました。
まだ1年ぐらいしか住んでいませんが、今のところ大満足です。
正直、ピュアセントラル24は期待していなかったのですが、実際に住んでみると付けて良かった設備になりました。
部屋干しのホスクリーンスポットとピュアセントラルの噴出し口の組み合わせで、洗濯物の生乾き臭も全く感じません。」

 

 

「トヨタホーム名古屋で24坪ほどの平屋住宅を建てました。
スマートエアーズやエアリーガード、玄関には防犯システムもついています。
若くないため、シャッターが自動なところも便利で、快適に暮らしています。」

 

 

「トヨタホームは建ててからのアフターが最悪な印象です。
リフォームを頼んだことがありますが、依頼してから半年以上も何も連絡もこず、見積りもこない状態でしたよ、、。」

 

 

「スマートステージで40坪ほどの家を建てました。
現在1年目ですが、全体的には満足です。
ただし、家造りに携わってくれる営業マンや関係者のレベルが影響するということは事実で、このあたりも評価に大きく影響を与えると思います。」

 

 

いかがでしょうか。

 

トヨタホームをはじめ、ハウスメーカーでは営業マンの当たり外れがあるのは事実で、対応によっては満足のいく家造りが難しい状況に陥ってしまうこともあるようです。

 

その場合は、無理に話を進めていくのではなく、他のハウスメーカーが候補にあるのであれば断るのもありですし、担当者の変更を求めるというのも方法の一つです。

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪


<スポンサーリンク>



page top