住友林業の坪単価と値引き

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気の高い「住友林業」の坪単価や値引きについて説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で、住友林業も検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

住友林業の坪単価の相場

 

住友林業といえば、ハイグレードな木造住宅を扱うハウスメーカーとして人気があります。

 

住友林業の家=展示場のような豪華な家というイメージが非常に強く、住友林業で家を建てられる方はお金持ちという勝手なイメージがあります。

 

実際、住友林業は大手ハウスメーカーでも坪単価が高いことで知られており、モデルルームに惹かれ、それに近いような状態で建てようとするとまず坪単価100万円程度では収まりません。

 

坪単価としては70万〜80万円程度が相場となっており、予算がギリギリの状態でも建てられるメーカーではないようですが、実際に住友林業で建築された方々の建築費用や坪単価を徹底調査しました。

 

 

「床材を無垢から合板に変更したり、床面積を少し削るなどコストダウンを図ったものの、坪単価は100万円を超えています。
住友林業では坪単価90万円程度で建てることもできると言われますが、この坪単価ではとてもじゃないけれど、家は建たないのでは、、と思ってしまいます。」

 

 

「我が家も最初は住友林業も候補にあがっていました。
しかし、ビッグフレームで本体だけの坪単価が100万円以上の提案で、外構の費用なども高かったため、結局住友林業で建てることを諦めました。」

 

 

「住友林業で建てた者です。
建坪35坪、坪単価は80万円ぐらいですが、総額は約3400万円となりました。」

 

 

「箱だけの本体価格で坪単価73万円ぐらいでしたが、そこに付帯工事費用や提案工事(他社でいうオプション)、インテリア、照明、エアコンなど込みで坪単価100万円ぐらいになりました。」

 

 

先ほど、住友林業の坪単価としては70万〜80万円が相場と紹介しましたが、皆さんの口コミを参考にすると、この坪単価はおそらく箱だけの坪単価で、外部の給排水や電気工事なども含めた最終的な坪単価は80万円〜といったところだと思います。

 

注文住宅の場合は性能や品質をあげることも可能となりますが、住友林業では標準から外れると提案工事という扱いになります。

 

提案工事とはオプションのことです。

 

ちなみに、住友林業と積水ハウスあたりを競わせると、最後の最後で大幅な値引き額が引き出せるとの情報もありますが、値引きばかりは契約のタイミングなどによっても左右されますので、必ずしも値引きを引き出せるというものではありません。

 

住友林業しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

住友林業のbf(ビッグフレーム構法)の坪単価や特徴

 

木造住宅での建築を希望される場合、住友林業も候補の一つとしてあがるのではないでしょうか。

 

実際に住友林業の展示場に行って詳しく話を聞いていくと、住友林業が扱う木造住宅には3種類の構法があることを知り、どの構法がいいのか?と悩まれるのではないでしょうか。

 

住友林業には、マルチバランス構法をはじめ、ツーバイフォー構法、そしてビッグフレーム構法があり、それぞれのニーズに合わせてより最適な構法を選ぶことになりますが、この中でも特にビッグフレーム構法は坪単価が高めだと言われています。

 

ビッグフレーム構法は、主要の構造材にビッグコラムが採用、梁勝ち構造の木造住宅で、通し柱が要らないため、間取りの自由度が高く、大きな開口を設けることも可能となります。

 

ビッグフレーム構法は設計の自由度が高い構法ですが、気になるのは坪単価や建築費用ではないかと思います。

 

ビッグフレーム構法が採用されている「The Forest BF」の販売が開始した当初のモデルプランでは、本体価格3.3uあたり64万円〜と紹介されていました。

 

ただ、標準仕様よりもグレードを上げていくと、かなり坪単価は高くなると思います。

 

実際に住友林業のBF構造で新築される方の情報によりますと、工事施工面積が約42坪で
本体工事費用が約2600万円ぐらいだったようです。

 

本体工事費用に含まれない付帯工事費用や諸経費、太陽光4kw、照明、カーテンなどの設備費用、火災保険、登記費用、地盤改良費用などを含み、総支払費用は約3300万円の見積り額だったようです。

 

ちなみに、エアコンと外構費用は含まれていないようですが、このBF構造の本体価格のみの坪単価は約62万円、その他もろもろの費用を含めた坪単価は約78万円台という計算になりますね。

 

住友林業のマルチバランス構法の坪単価と特徴

 

住友林業が扱う木造住宅では、ビッグフレーム構法をはじめ、マルチバランス構法、ツーバイフォー構法の3種類の構法が用意されています。

 

ここでは、マルチバランス構法に注目してみました。

 

まず、マルチバランス構法ですが、日本の伝統的な構造となる木造軸組構造に、住友林業の独自技術となる「きづれパネル」や「Dパネル」などが採用されており、高性能住宅を実現されています。

 

そして、国産檜を使用した構造用集成材である「スーパー檜」を使用することで、収縮や変形、割れが起こりにくくなり、実際の振動実験では、最高等級3の想定レベルを上回るほどの、耐震性の高さが確認されているほどです。

 

マルチバランス構法は耐震性の高さだけではなく、比較的間取りの自由度も高いようですが、坪単価や建築費用も気になります。

 

実際に、住友林業のマルチバランス構法で見積りを取られた方の情報では、延べ床面積55坪、解体費用や外構なども含み約3700万円の見積り額を提示されたようです。

 

単純にこの坪単価を計算すると、約67万円という計算になりますが、どうやら玄関、水回り関係などが別々の二世帯住宅仕様での見積りのようですね。

 

一般的に価格帯が高いことで知られているハウスメーカーの住友林業でありながら、完全分離型の二世帯住宅の坪単価や建築費用にしては、かなり安い印象を受けます。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

住友林業のマイフォレストの坪単価と特徴

 

住宅事業の30周年を記念して誕生した「マイフォレスト」は発売が開始してから人気商品の一つですが、マイフォレストで建てる場合の坪単価や建築費用も気になるところです。

 

 

ここでは、マイフォレストの坪単価や建築費用を徹底調査しました。

 

 

「住友林業のマイフォレストで新築した者です。
エネファーム、床暖房(12畳分)は付けましたが、太陽光発電は導入しませんでした。
地盤改良費用やその他もろもろの費用で約500万円ぐらいかかり、48坪で総額約3700万円ぐらいだったと思います。」

 

 

「契約はまだ交わしていないものの、ほぼ住友林業のマイフォレストに決まっています。今の段階で、本体工事のみの坪単価が約68万円ですが、標準外工事や付帯工事費を含めた坪単価が約110万円とかなり高額です。」

 

 

「マイフォレスト、施工面積37、5坪、標準本体工事費で約2360万円の見積り額を提示されました。
決算のタイミングということもあり、太陽光発電のキャンペーンなどがあるようですが、最終的に本体から7%の値引きが限界のようです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

木をふんだんに使い、また耐震強度の期待できるマイフォレストの坪単価ですが、目安としては75万円〜とされています。

 

しかし、実際に話を進めていくと、かなり坪単価が高くなってしまうというケースもあり、上記で紹介したように標準外工事や付帯工事費用なども含めると、坪単価が100万円を超えるようなケースもあるようですね。

 

住友林業しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

住友林業のフォレストセレクションの坪単価

住友林業と聞けば、高級な木造住宅を扱っているハウスメーカーといったイメージが強く、実際に坪単価が高いことでも知られています。

 

しかし、2017年に規格住宅となる「Forest Selection BF」といった商品が新たなラインナップとして加わり、住友林業の中でもグンと価格が抑えられている商品ということで、発売が開始して以降注目を集めています。

 

このForest Selection BFでは、約30万邸にもおよぶこれまでの住友林業の家のノウハウをもとに、仕様やプランが厳選された1000プランが用意されています。

 

5つの樹種をベースとした5つのインテリアスタイルや、建物の外観はホワイト、ベージュ、グレー、ブラックの落ち着いた4色をベースとし、4タイプの外観の中から要望に合わせて選択することができます。

 

そして、注文住宅の中で特に人気の高い仕様や設備が搭載されているため、キッチンやバスルーム、洗面台などの設備も充実しています。

 

一般的に注文住宅で建てようとすると、自由度が高い反面、納得のいく間取りが出来上がるまで時間がかかります。

 

さらに、仕様や設備も自由に決めることができるため、時間が限られていると満足のいく家づくりが難しいですが、Forest Selection BFなら規格住宅のため、スムーズに家づくりを進めていくことが可能です。

 

Forest Selection BFは、共働き世帯やはじめて住宅を取得される方をターゲットとされていますが、建築費用なども気がかりですよね。

 

発売当初の情報となりますが、施工面積40.6坪のモデルケースで3.3 uあたり58万円と記載されていました。

 

実際にフォレストセレクションで建築された方の情報でも、『値引きは一切ありませんが坪単価60万円ぐらいでした。』との口コミがありました。

 

ちなみに、規格住宅ですがちょっとしたアレンジには対応してくれるようです。

 

完全な注文住宅と比較すると、Forest Selection BFはかなりリーズナブルですが、その反面、キッチンや洗面所、お風呂、建具、壁紙などにはかなり制限があるようで、規格住宅ゆえ簡単に変更することは出来ないようです。

 

もともと、規格住宅ということで注文住宅のように融通が利かないということは理解されていると思いますが、キッチンなどのこだわりが特に強い方には不向きなようですね。

 

住友林業のkonokaの坪単価と特徴

 

住友林業ではある世代にターゲットを絞った商品も複数用意されていますが、その中の一つとして女性目線で開発されている商品もいくつかあります。

 

例えば、20代〜30代の子育て世代をターゲットとした「mamato(ママト)」をはじめ、女性目線の生活動線やインテリアを提案している「konoka(コノカ)」もラインナップされています。

 

コノカでは、3つのインテリアスタイルが用意されていたり、ガーデニングの提案もされていたりと、確実に女性ウケは良く、とてもおしゃれな木の家を実現されています。

 

コノカは、女性誌のLEEの読者にアンケートを実施し、その結果を参考に商品開発が行われ、ママトよりもターゲットとする年齢層が高く設定されているようで、コノカの坪単価は高めに設定されているようです。

 

そこで、コノカで建てる場合の坪単価や建築費用について調べてみました。

 

実際にコノカで建築された方の建築費用などが紹介できると、非常に参考になるのですが、具体的なコノカの建築費用は見つかりませんでした。

 

ただし、コノカのモデルハウスプランの坪単価は85万円〜と紹介されていましたので、坪単価としてはこれぐらいを目安に考えておく必要があります。

 

仮に、坪単価を85万円とし、40坪ほどの大きさの家を建てる場合の建築費用は3400万円という計算になりますが、標準外工事や付帯工事費用などを含めると、さらに坪単価は高くなりそうな予感です。

 

 

ちなみに、住友林業の値引き事情も気になりますが、コノカで新築された方の情報によりますと、モニターになるということが前提での割引があったようです。

 

住友林業の3階建ての坪単価と特徴

 

地価の高い都心部や建築できる土地が狭く限られている場合だと、3階建て住宅という選択になると思います。

 

そして、3階建て住宅となれば木造住宅での建築よりも、鉄骨造住宅での建築を検討される方が多いかもしれません。

 

しかし、木造住宅で3階建てに対応した家を建てることも可能で、木造住宅に定評のある住友林業でも、3階建て住宅に対応した商品がラインナップされています。

 

住友林業の都市型に対応した3階建て、4階建て住宅は「PROUDIO(プラウディオ)」と言い、ビッグフレーム構法が採用されており、耐震性の高さはもちろん、柱の位置に縛られないため、設計の自由度も高くなります。

 

特に住宅が密集しているような地域での建築となると、何かと制約があったり、光や風の取り入れ方やプライバシーに配慮した間取りなど、様々な工夫が求められますが、プラウディオは柔軟に対応してくれるというのは嬉しいポイントです。

 

もちろん、プラウディオでは開放感のある空間造りを実現させることも可能となっていますが、木造住宅で3階建てを建てようとする場合の建築費用も気になります。

 

2階建てと比較すると、3階建ての場合は建物にかかる重量も増えます。

 

そのため、それをしっかりと支えるために、ベースとなる地盤や構造躯体は強固でなければならず、建築コストが高くなりがちです。

 

さらに、大手の住友林業ということで、最低でも坪単価70万円〜といったところでしょうが、実際に住友林業で狭小地の見積りを取られた方の情報によりますと、初期の標準本体工事の段階で坪単価は100万円を超えていたようです。

 

付帯工事や外構工事、オプションなんかも合わせると、これらだけの費用でも500万円、場合によってはそれ以上の予算を確保しておく必要があり、やはり木造住宅を3階建てで建てようとすると、決して安くはないようですね。

 

住友林業の平屋の坪単価と特徴

 

近年、平屋住宅は世代を問わずに人気があります。

 

人気の背景には生活動線が全てフラットゆえの暮らしやすさがあげられますが、平屋を木造住宅でお考えの場合には、住友林業も候補の一つとして検討されるのではないでしょうか。

 

住友林業では、「GRAND LIFE(グランドライフ)」といった商品が平屋に対応されているほか、「GROUND LIFE Terrace Style(グランドライフ・テラススタイル)」といった庭付きの平屋住宅も取り扱っています。

 

住友林業のグランドライフの坪単価としては、80万円〜が一つの目安となっているようですが、実際のところは坪単価100万円くらいからといった情報もあります。

 

そこで、住友林業の平屋で建築された方々などの情報を参考に、坪単価や建築費用を徹底調査しました。

 

 

「住友林業で契約をし、37坪の平屋を計画しています。
諸費用なども全て含めると、坪単価は100万円ぐらいになりますが、我が家の場合は割とオプションも付けてのこの坪単価なので、納得できます。」

 

 

「まだ、最初のプランの提案を待っている段階ですが、延床面積40坪の平屋、外構なしで3500万円ぐらいはすると担当者に聞きました。」

 

 

「現在、住友林業で打ち合わせを行っています。
施工面積約40坪の平屋、一部タイル、スレート瓦、8mウッドデッキ、太陽光4kw、和室塗り壁などで、本体工事、提案工事、付帯工事、照明、カーテン、消費税などを合わせ約3700万円の見積りが出ました。
そこから値引きが行われ、提示額は3300万円となりました。」

 

 

「我が家は平屋30坪、床暖房、無垢床(全フロア)、樹脂サッシ、登記、エアコン、提案工事費用や屋外給排水などを含み、税込み2800万円の見積り額でした。
ちなみに、別途カーテンや照明などのインテリア費用や外構費、地盤改良費などが必要となります。」

 

 

いかがでしょうか。

 

提案工事や付帯工事なども合わせると、坪単価90万〜100万円といったところでしょうが、実際に話を進めていくと、提案工事費用が結構ふくらんでいったとの体験談もあります。

 

この住友林業の提案工事とはオプションのことですが、特に床材や外壁材の変更などは、提案工事費用が高くつく要因となりますので、注意が必要です。

 

契約時点ですでに提案工事などもある程度入れておくと、資金計画が立てやすいようですね。

 

住友林業しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

住友林業の値引き

上記の通り、住友林業の坪単価としては、80万〜90万円程度が目安となっており、数あるハウスメーカーの中でも高めの価格帯です。

 

現在、住友林業を検討されている場合は、予算に余裕を持っておかないと後々大変なことになりますが、ある程度予算に余裕を持っていたにも関わらず、実際に見積りを取ってみたら予算を超えてしまうこともあります。

 

そんな時には住友林業での建築を諦めるのも方法の一つですが、値引き交渉をし値引きに応じてもらうというのも方法の一つです。

 

住友林業では、交渉次第で高額な値引きが行われることもあるハウスメーカーとして知られていますが、実際に契約された方々がどれぐらいの値引きをしてもらったのかも気になるところです。

 

そこで、まずは口コミを元に住友林業の値引き事情を調べてみました。

 

 

「我が家の場合、42坪で諸費用などを含め約3,000万円ぐらいの提示を受けました。
その後、何回か間取りの変更を加えた後に店長が登場し、300万円くらいの値引きは可能だと言われました。
ただ、本気で住友林業と契約を考えている人の場合は、それ以上の値引きも可能だというニュアンスで話されていたので、本気で交渉すれば300万円以上の高額な値引きに応じてもらえると思いました。」

 

 

「平屋30坪、床暖房、無垢床(全フロア)、樹脂サッシ、エアコン、登記費用、屋外給排水などを含み、値引きを頑張ってもらい税込み2,800万円の見積りが出ました。
この他には、カーテンや照明、外構、地盤改良費が別途必要となります。」

 

 

口コミの中には、『ここまで値引きしてもらえるの?と驚くほどの値引き額でした!』といった口コミなんかもあり、住友林業では時には高額な値引きが行われている印象を受けました。

 

そのため、本気で住友林業で契約を考えているのであれば、契約を交わす前に値引き交渉はすべきです。

 

また、住友林業には紹介制度というものが用意されており、住友林業で建てた人から紹介を受けて建てる場合に、値引きを受けることができます。

 

知人を紹介した人にも謝礼がもらえるため、紹介する側、紹介される側の双方がお互いにお得な制度となっているようです。

 

紹介制度のほか、モニター割引が適用される場合は通常よりも値引き率が高くなると言われています。

 

実際、モニターを引き受けると、値引き率が10%を超えるケースが多いようです。

 

もちろん、全ての方が利用できる制度ではありませんが、担当の営業マンから『この家で基礎見学会と構造見学会を開催させてもらえませんか?』と言われ、承諾すると実際に見学会が行われ、モニター割引が適用されます。

 

見ず知らずの人に家の中を見られることに抵抗のある人も多いと思いますが、見学会の時に施主が立ち会う必要はないため、営業マンからモニターの話があった場合には引き受ける方が多いようです。

 

ハウスメーカーとの値引き交渉はこの記事も参考になります。

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top