住友不動産の坪単価と評判

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「住友不動産」の注文住宅の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、住友不動産も候補の一つに入っている方は参考になると思います。

 

 

無料!住友不動産と各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

住友不動産の坪単価の相場はどのぐらい?

 

住友不動産では、注文住宅やリフォームの「新築そっくりさん」をはじめ、土地の仲介など、幅広く手掛けているハウスメーカーです。

 

住友不動産の主力商品といえばJ・アーバンシリーズで、グッドデザイン賞を受賞するほどの実績を誇っています。

 

住友不動産と聞くと、『価格帯が高そうなハウスメーカーだなぁ、、。』というイメージがあるかもしれませんが、実は住友不動産の坪単価や価格帯は意外と安いメーカーだということでも知られています。

 

住友不動産で建てる場合の坪単価としては、40万円〜とされているため、比較的安価で検討したいメーカーでもありますが、実際に建築された方の価格帯も気になるところです。
そこで、実際に住友不動産で新築された方などの価格帯や坪単価を調べてみました。

 

 

「知人が住友不動産で建てました。
延床面積が約48坪、2×6工法、太陽光約5kw、1階床暖、1階2階ともに全て防犯ガラス、TVラック、1階の大きな窓に電動シャッター、その他のオプションなどで税込み約3200万円ぐらいだったと聞きました。
ちなみに、外構の工事費用や空調代、カーテンは含まれていないようです。」

 

 

「39.8坪、建物価格が約2500万円ぐらいでした。
オプションとしては、1階床暖房と太陽光を付け、エアコン2台、屋外施設なども込みですが、土地代、外構、地盤改良費は含まれていません。」

 

 

「ブレスシリーズです。
地盤改良が約100万円ほど、外構が約200万円ほど、カーテンやエアコン、照明などを含め、38坪で3000万円でした。」

 

 

住友不動産で建てる場合の坪単価としては40万〜60万円台が相場となっているようですが、実際にここで建てられた方々の情報をもとに坪単価を計算すると、60万円台〜70万円台という口コミばかりですね。

 

それでも、大手ハウスメーカーで建てる場合だと、坪単価80万円台はみておく必要がありますので、住友不動産では比較的安く坪単価が設定されているような印象を受けます。

 

ただし、注意しなければならないのは、あれこれオプションを付け加えていると結局高額になるということです。

 

実際に、見積りを取られた方の情報によりますと、建築面積43坪で本体価格が2500万円程度だったものの、外壁や窓、電動シャッター、スケルトン階段などなど値段を気にせずグレードアップしていたら、オプション料金だけでかなりの金額になり、100万円近い坪単価になったようですから、オプションの付け方には注意が必要ですね。

 

 

住友不動産のプレミアムJの坪単価と特徴

 

住友不動産の商品には、主力商品となるJ・アーバン・シリーズのほか、J・レジデンスやプレミアム・J・シリーズなどがラインナップされています。

 

J・アーバン・シリーズやJ・レジデンスで建てる場合の坪単価の目安としては、60万円前後〜が一つの目安となっており、大手ハウスメーカーの中では比較的坪単価が安いことでも知られています。

 

しかし、住友不動産の注文住宅を検討中の方や、デザインに惹かれ住友不動産で建てたいと思い見積りを取られた方々からは『想定していた以上に高い見積りが出ました、、。』などの口コミも目にします。

 

実は住友不動産では上級グレードの商品もラインナップされているため、どの商品で建てるのかによっても坪単価や価格帯が変わってきます。

 

そこで、ここでは住友不動産の上級グレードに位置付けされている「プレミアム・J・シリーズ」の坪単価を調べてみました。

 

公式サイトで紹介されているプレミアム・J・シリーズはかなり豪華で高級感に満ちた住まいとなっており、かなり坪単価が高そうな印象を受けます。

 

プレミアム・J・シリーズの坪単価としては、80万円〜とかなり高く設定されていますが、プレミアム・Jの場合は注文住宅のため、自由にオーダーして建てることができます。

 

そのため、坪単価はあくまで目安にしかならず、建てる人のこだわりによっても左右されますし、オプションによってもかなり坪単価が変動しますので、坪単価が100万円を超えるケースもあるかもしれません。

 

いかがでしょうか。

 

住友不動産ではいくつか商品が用意されていますが、最も安い商品であれば坪単価40万円台〜の建築が可能とされているため、プレミアム・J・シリーズの坪単価は高く感じるかもしれませんね。

 

無料!住友不動産と各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

住友不動産のJレジデンスの坪単価と特徴

 

水平ラインで洗練された外観が特徴的な住友不動産のJ・レジデンス。

 

J・レジデンスの外観に一目惚れされる方も多いですが、J・レジデンスを検討中の場合、坪単価や価格帯がどれぐらいの商品なのか気になると思います。

 

住友不動産の坪単価としては、大手ハウスメーカーの中では低く設定されており、坪単価40万円台〜60万円台が目安とされています。

 

しかし、この坪単価は標準仕様からオプションを一切付けることなく建てた場合で、自由にオーダーできる注文住宅の場合だと、当然坪単価は高くなります。

 

住友不動産の商品ラインナップの中で坪単価が高く設定されているのは、上級グレードに位置付けされているプレミアム・J・シリーズで、1坪あたり80万円はみておく必要があります。

 

J・レジデンスの坪単価としては、60万円台〜とJ・アーバン・シリーズよりも若干高めに坪単価が設定されているようですが、実際にJレジデンスで建築された方や見積りを取られた方々の坪単価を調べてみました。

 

 

「Jレジデンスの平屋、30坪弱の見積りで約2100万円と出ました。
ちなみに、オプションも込みでの価格でオプション内容としては、W1800の食器棚、トイレの手洗い(手動、ミラー付) 、リビング折り上げ天井と間接照明、手動シャッター、リビング壁の一部分にエコカラットぐらいです。」

 

 

このJレジデンスの坪単価は約70万円という計算になります。

 

平屋ということで、若干坪単価が高く出ているような印象を受けますが、Jレジデンスの坪単価としては、60万円〜70万円が相場になっているようですね。

 

いかがでしょうか。

 

住友不動産のJレジデンスやプレミアム・J・シリーズで建てようとすると、かなり坪単価が高くなるため、外観のデザインはJレジデンス、基本はワールドデザインからのアレンジと、Jレジデンスに似た感じでの建築をされる方もおられるようです。

 

 

住友不動産のJアーバンの坪単価と特徴

 

住友不動産といえば、J・アーバン・シリーズが有名ですね。

 

実は発売当時はJ・アーバンのみの扱いだったようですが、非常に人気の高い商品で、そののちにJ・アーバンシリーズとしてJアーバンコートやJアーバンクリスタなどが発売されました。

 

J・アーバンシリーズは連続でグッドデザイン賞を受賞するほどの実績を誇っていますが、展示場などの見学にいくと、やはり坪単価や価格が気になってしまいますよね。

 

確かに展示場のような仕様で建てようとすると、かなり予算に余裕がないと建てられないのは事実です。

 

J・アーバン・シリーズの坪単価としては、60万〜70万円くらいが一つの目安とされています。

 

J・アーバン・シリーズは坪単価60万円〜と、住友不動産で用意されている商品の中でも標準的な価格帯ではありますが、実際の坪単価や建築費用も気になるところです。

 

実際にJアーバンコートで見積りを取られた方の情報によりますと、述べ床面積37坪、二階建て、8畳のパティオあり、外構やカーテン、照明、エアコンなどなど、すぐに住めるような状態で約2700万円という見積り額が出たそうです。

 

ちなみに、諸経費なども含まれていますが、このJアーバンコートの坪単価は約73万円という計算になります。

 

また、本当はJ・レジデンスに惹かれたものの、予算の関係上J・アーバンで契約された方の体験談によりますと、床暖房を蓄熱式に変更したり、サイディングをメンテナンスフリーにするなど、契約後の変更でオプション料金がかなりプラスになったようです。

 

当然、多かれ少なかれオプションは選択されると思いますが、オプションによってかなり金額が上乗せされることもありますので、オプションの付け方には注意が必要です。

 

 

住友不動産の三階建ての坪単価と特徴

 

敷地が限られている場合には、必然的に3階建て住宅や4階建て住宅のような、高さを有効に活かした住まい造りになると思います。

 

大手ハウスメーカーでは3階建て住宅もラインナップに加え展開されていますが、住友不動産でも3階建て住宅の取り扱いがあり、商品名は「J・アーバンV」と言います。

 

3階建て住宅の需要が高いのは特に都市圏となりますが、当然住宅が密集していますし、プライバシーの確保や採光などを徹底的に考え抜いた上での住まい造りが求められます。

 

住友不動産の3階建て住宅には『ガラス・カーテンウォール』といったものが標準装備とされています。

 

これは、しっかりと採光を確保しつつ、外部からの視線もカットされるためプライバシーにもしっかりと配慮されています。

 

そして、住友不動産が独自に開発した新次元制震システムであるパワーキューブによって、万が一の地震の時でも建物の揺れを最大で30%カットされるなど、安全性の高い住まい造りも実現されています。

 

3階建て住宅ということで、ホームエレベーターを設置することも可能ですし、二世帯住宅や店舗併用型の住宅も可能とされていますが、一般的に大手ハウスメーカーで3階建て住宅を建てようとすると、坪単価90万円からが相場となっています。

 

住友不動産では大手ハウスメーカーよりも坪単価が安く設定されていますが、ここでは住友不動産の3階建ての坪単価を調べてみました。

 

現在、J・アーバンで見積りを取り検討中の方の情報によりますと、50坪の3階建て、本体のみで約3300万円だったそうです。

 

ちなみに、全て標準仕様のようでオプションや外構費、設計料などは含まれていないようですが、坪単価は約66万円という計算になります。

 

その後、オプションとしてトータルすると約250万円ほどの金額が追加されたそうですが、約250万円ほどの値引きを提案されたため、金額的には変わらなかったようです。

 

3階建て住宅に対応しているハウスメーカーは沢山ありますが、この方の場合ガラスマリオンに惹かれ、まず住友不動産を候補にあげたようです。

 

採光が取り入れられるだけではなく、プライバシーもしっかりと確保することのできる優れもので、他のハウスメーカーでは、ガラスマリオンを付けることはできないのですが、坪単価が60万円台〜とはかなりお手頃な印象を受けます。

 

ただし、坪単価というものはあくまで目安程度とお考え下さいね。

 

無料!住友不動産の3階建ての費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

住友不動産の平屋の坪単価と特徴

 

以前は平屋といえば、高齢の方の住まいというイメージが強かったのですが、近年はシニア世帯だけではなく、20代、30代といった若い子育て世帯にも人気があります。

 

そのため、大手をはじめローコスト系のハウスメーカーや工務店でも平屋に対応した商品をラインナップしていますが、住友不動産でも平屋のプランが用意されています。

 

平屋は生活の全てがワンフロアで完結しますし、フラットな生活動線で家族と程よい距離を保ちながらの暮らしが実現でき、また家族構成が変わっても柔軟に対応することができます。

 

大手メーカーで平屋を検討されている場合、候補の一つとして住友不動産も検討されるのではないかと思いますが、『平屋を希望していたものの、坪単価がかなり高くなり結局平屋は断念しました、、。』といった口コミもあり、坪単価も気がかりですよね。

 

そこで、ここでは住友不動産で平屋を建てる場合の坪単価について調べてみました。

 

実際に住友不動産の平屋で契約された方や、見積りを取られた方々の口コミをもとに紹介したいと思います。

 

 

「住友不動産で24坪ほどの平屋を検討しています。
本体、付帯工事、オプション、諸費用などを含めると約2130万円ほどの見積りが出ました。」

 

 

「Jレジデンスの平屋、30坪弱で検討中の者です。
オプションを少々付け、現在オプション込みの見積り金額が約2100万円となっています。」

 

 

「レジデンシャル仕様の35坪の平屋、太陽光(5kw)と蓄電池はリースで、エネファーム、小屋裏収納12帖など全て込みで約4300万円の見積りでした。」

 

 

「今月中に契約を予定しています。
30坪の平屋で、脱衣室収納やパントリーの追加、キッチンフルフラットに変更などの他、外構やエアコン、照明、カーテン、登記費用などを全て含めると2650万円程度となりました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

住友不動産の平屋の坪単価としては、70万円台〜80万円台が一つの目安となりそうですが、口コミの中には坪単価が100万円超えの方もおられますので、あくまで参考程度にお考え下さい。

 

 

住友不動産の注文住宅の評判は実際どうなの?

 

住友不動産と聞けばどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

ハウスメーカーによっては全国の至るところに展示場を設けており、そのため馴染みのあるメーカーということで評判なども耳にしやすいかもしれません。

 

しかし、住友不動産では主に都心部を中心に展開されており、展示場のあるエリアも限られてしまうため、お住まいの地域によってはあまり馴染みがなく、住友不動産と聞いてもいまいちピンとこないかもしれません。

 

とはいっても、注文住宅は大きな買い物ですから何度も立て直すということはできないため、ハウスメーカー選びで失敗したくないですし、世間での評判も気になるところです。

 

 

そこで、ここでは住友不動産の評判を徹底調査してみました。

 

 

「Jアーバンで二世帯住宅を建てました。
担当してくれた方が図面を書けるということもあり、私たち家族の要望をくみ取り、それをしっかりと反映させてくれたおかげで素晴らしい家を建てることができました。
また、動線もしっかりと考えぬいた間取りとなっています。
住宅ローンの知識も豊富な方で、アドバイスも的確でした。
ただ、ハウスメーカーでは営業の当たり外れは避けて通ることができない問題ですよね。」

 

 

「もともと建設会社は決めていたのですが、ふらりと立ち寄った住友不動産の展示場に惹かれ、ここで建てることになりました。
担当の営業さんに恵まれたこともあり、提案力も良かったですし段取り良く、ことを進めていくことができました。」

 

 

「住友不動産で建て10年目を迎えます。
最後まで全館空調を入れるか迷い、結局採用しませんでしたがエアコンの効きも悪くなく、なんら問題もありません。」

 

 

「実際に住友不動産の家に住んでみて、多少のアラはあるものの、気になるところはこれまでしっかりと直してもらってきました。
住んでから、地震や大雪、突風なども経験していますが、問題なく住んでいます。」

 

 

「静粛性に関しては正直イマイチだと感じていますが、電動シャッターは思いのほか重宝しており付けて良かったと思っています。」

 

 

「Jアーバンで注文住宅を建てたのですが、その後担当だった営業マンが会社を辞めたようで、ちゃんと引き継ぎがされておらず不安が募ります。」

 

 

「住友不動産で建てました。
担当してくれた方は提携会社のローンを無理に進めるというスタンスではなく、何回か相談に乗ってくれ親切にして頂きました。
また、住友不動産の系列会社でカーテンなども安く購入でき、満足のいく家造りができたと思っています。」

 

 

「正直、標準仕様のままだとそこまで性能が良いとは言えませんが、大手よりは坪単価が安く設定されているので値段なりかと思います。」

 

 

「契約前には契約後の間取りなどの変更はいつでもできますと言われていたのに、いざ契約をするとなかなか変更に応じてもらえませんでした。」

 

 

「住友不動産は標準装備のままでも十分だと思います。
我が家はなかなか決めきれなかったこともあり、8社ほどまわってようやく住友不動産に決めましたが、他と迷っているということもあり、通常よりもサービスしてくれたようです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

よくハウスメーカーの評判でありがちなのは、『接客してくれた営業マンが頼りなかった、、。』などのように、担当の営業マンによって当たり外れがあるというお決まりのパターンです。

 

しかし、住友不動産ではあまりそのような評判がなく、気になり調べてみると、どうやら住友不動産では新人さんが接客を担当するのではなく、設計や工事監理などある程度のキャリアを経て、営業マンという流れになっているようです。

 

そのため、住まい造りに関する知識が豊富で、的確なアドバイスを受けることができたなど、満足度も高いような印象を受けました。

 

一つ気になったのは、住友不動産ではインテリアコーディネーターは有料?だということです。

 

我が家が建てた●●ハウスでは無料で付いて下さり、アドバイスなどもして下さったため、てっきり大手では無料だと思っていました。

 

ただし、サービスで付くというケースもあるようですから、このあたりは確認しておく必要がありそうです。

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪


<スポンサーリンク>



page top