積水ハウスの坪単価

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「積水ハウス」の坪単価や価格実例について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で積水ハウスも検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

積水ハウスの坪単価の相場は?

 

積水ハウスが候補の一つとしてあがっている場合、坪単価の相場も気になりますよね。

 

一般的に大手ハウスメーカーで建てる場合の坪単価の目安としては、最低でも70万円前後〜といったところでしょうか。

 

もちろん、仕様を落としたり、ほぼ規格化された住宅を選ぶ場合だと、大手でも坪単価60万円台で建てることも可能ですが、注文住宅ともなれば、仕様を好きに選ぶことができますし、沢山オプションを付けることもでき建築費用は高くなりがちです。

 

住宅には定価がないと言われますが、各ハウスメーカーの坪単価の相場を知ることで、おおよその建築費用を把握することができます。

 

そこで、ここでは積水ハウスで注文住宅を建てる場合の坪単価の相場について調べてみました。

 

まず、積水ハウスの注文住宅ですが、様々な商品がラインナップされていますし、グレードも各種用意されています。

 

また、工法によっても坪単価が変わってきます。

 

一般的なものとしては、軽量鉄骨住宅があげられますが、注文住宅で建てる場合の坪単価は最低でも70万円前後〜が一つの目安となっています。

 

注文住宅の場合は、仕様などにこだわる方がほとんどですから、坪単価としては80万円台、もしくはそれ以上になるケースが多いです。

 

一方、シャーウッド(木造住宅)も人気がありますが、軽量鉄骨住宅よりも価格は割高に設定されており、坪単価としては80万円前後〜が一つの目安となっていますが、実際は坪単価が90万円台というケースが多いようです。

 

また、最近「イズ」シリーズの「イズロイエ」といった商品も人気があり、重厚感や上質感が感じられる住まいとして評判も高いですが、このシリーズは坪単価が100万円を超えてしまったという情報が多いため、1坪あたり100万円以上はみておく必要があります。

 

 

いかがでしょうか。

 

積水ハウスを選ばれる方の中には、たまたま積水のハウスメーカーがあり他社と比較することなく、積水ハウスを選んだという方もおられます。

 

他の大手ハウスメーカーと比較しても、積水ハウスの坪単価は特別高いというわけではなく、大手ではこれぐらいの坪単価は必要になってきますので、特に積水ハウスにこだわりがない場合は、他のメーカーとも比較されることをお勧めします。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

積水ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

積水ハウスの鉄骨の坪単価

ハウスメーカーで注文住宅をお考えの場合、まず候補の1社として積水ハウスがあがる方も多いのではないでしょうか。

 

積水ハウスの木造住宅「シャーウッド」シリーズも人気がありますが、もともと軽量鉄骨系の住宅を扱っていたこともありメインは鉄骨系の商品となります。

 

ただし、鉄骨造住宅と木造住宅を比較すると、鉄骨造住宅の方が建築費用が割高になると言われており、もともと『坪単価が高い、、、。』と評されることの多い積水ハウスなだけに、坪単価や建築費用がネックになってしまう方も多いようです。

 

そこで、積水ハウスの鉄骨造の坪単価に注目してみました。

 

積水ハウスの鉄骨造住宅には、「ISシリーズ」と「Beシリーズ」、3階建て、4階建てに対応した「BIENAシリーズ」が用意されています。

 

ISシリーズには、最高級ブランドとされている「IS STAGE(イズ・ステージ)」をはじめ、「IS ROY+E(イズ・ロイエ)」といった商品が用意されています。

 

イズ・ステージは、最高級外壁材とされるダインコンクリートが採用されており、重厚感があり高級感が感じられますが、最高級ブランドの位置づけにある商品なだけに坪単価は85万〜110万円とされています。

 

イズ・ロイエは若干坪単価が安くなるものの、それでも80万〜100万円程度が目安とされています。

 

一方、Beシリーズには「Be Sai+e(ビー・サイエ)」や「Be mod+e(ビー・モード)」といった商品が用意されています。

 

積水ハウス50周年を記念して作られたビー・サイエの坪単価としては、75万〜80万円程度とされています。

 

基本的な性能を大切に、自分らしい暮らし方と先進の技術を付け加え、自由な住まいがコンセプトとなっているビー・モードの坪単価も75〜80万円が一つの目安とされており、Beシリーズの方が坪単価が抑えられています。

 

実際に積水ハウスの鉄骨造で建築された方々の坪単価が気になり調べてみました。

 

「積水ハウスの軽量鉄骨、太陽光、エネファーム、床暖房、外構などを含み、延床面積40坪で約2,900万円ぐらいでした。」

 

 

「軽量鉄骨、イズ・ロイエで建てました。
オール電化仕様、太陽光、床暖房、水回り関連をグレードアップしたほか、間接照明などを追加しました。
延床面積38坪、総費用4,200万円でした。(土地代を含まず)
仮契約の見積りから、200万円ぐらいしか金額がアップせず、見積り額と大差なく良かったです。
ちなみに、我が家は10%の値引き率でした。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ISシリーズで建てるのか、それともBeシリーズで建てるのかによっても坪単価が大きく左右される印象を受けますので、坪単価はあくまで参考材料の一つとしてお考え下さい。

 

また、どのハウスメーカーでも常識ですが、提携の設備メーカー以外のものから選ぼうとすると、かなり坪単価が高くなってしまうため、価格を優先されるなら提携先のメーカーから選ぶ必要があります。

 

積水ハウスのシャーウッドの坪単価はどのぐらい?

 

積水ハウスのシャーウッド

 

積水ハウスでは木造住宅の取り扱いもあります。

 

積水ハウスの木造住宅といえば、注文住宅の「シャーウッド」ですが、積水ハウスの中でも特に木造住宅のシャーウッドの価格帯は高いといった勝手なイメージがあります。

 

よく、注文住宅を検討していたものの、打ち合わせを重ねる度にどんどん値段があがってしまい、最初に提示された見積りよりも200万〜500万円程度高くなってしまい、予算オーバーで泣く泣く諦めるといったケースも少なくありません。

 

もともと、積水ハウスといえば坪単価が高いハウスメーカーでもありますが、その中でもシャーウッドは特にお金がかかりそうですが、シャーウッドで建てる場合の坪単価はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

積水ハウスのシャーウッドの坪単価についてまとめてみました。

 

まずは、実際にシャーウッドを選ばれた方の価格帯を紹介したいと思います。

 

 

『シャーウッドのいおり、建坪約40坪、エネファーム、ソーラーなどを含み4300万円ぐらいでした。』

 

シャーウッドのいおりはシンプルな木の住まいを実現されていますが、この坪単価は単純に計算して約107万円弱という計算になります。

 

そして、暮らしやすさだけではなく環境に配慮された「いおりグリンファーストゼロ」も取り扱っているようですが、やはり鉄骨造よりも木造の方が坪単価は割高なようですね。
もう一人、積水ハウスのシャーウッドで見積りを取られた方の情報がありましたので、参考までに紹介しておきます。

 

 

『延べ床40坪、2階建て住宅、エネファーム、床暖房、付帯工事、諸経費、カーテン、照明などを含み3700万円ぐらいの金額を提示されました。』

 

ちなみに、担当の営業マンいわく、鉄骨でもシャーウッドでも金額は大して変わることはないと説明を受けたそうですが、この坪単価は92万円弱という計算になります。

 

 

積水ハウスのシャーウッドで注文住宅を建てる場合の坪単価ですが、90万円前後〜を目安に考えておくといいですが、注文住宅の建築費用はピンキリです。

 

 

積水ハウスの場合は、標準設備のままでも悪くないという印象を受けましたが、こだわりが強く、設備のグレードアップやオプションを追加していると、坪単価も左右されてきます。

 

 

特に、お風呂やキッチンなどの水回りに関しては、これだけは譲れないというこだわりがある方も多く、標準から変更される方も多いと思います。

 

 

そのため、グレードの良い設備などをお考えの場合は、余裕を持って坪単価100万円ぐらいをみておく必要がありますし、場合によってはそれ以上の坪単価になることもあるとお考え下さい。

 

積水ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

積水ハウスのイズロイエの坪単価と特徴

 

積水ハウスでは商品のラインナップも豊富に用意されており、予算に合わせて選ぶという選択もできます。

 

鉄骨住宅として「イズ」シリーズの取り扱いもありますが、そのイズシリーズの中のプランの一つに「イズロイエ」といった商品があります。

 

積水ハウスのイズシリーズは、ダインコンクリートといった外壁が採用されており、重厚感に満ちた外観の良さだけではなく、自由設計でプランの自由度も高く、また積水が持つ技術が最大限に取り入れられています。

 

実際にこのイズシリーズの家に住まれている方の満足度は高く、在来では不可能なバルコニーや、内部の建具も同じ物は他では手に入れることができないなど高く評価されていますが、その反面、価格帯も積水の中で特に高く設定されています。

 

イズロイエで建築された方や見積りを取られた方々は、皆さん口を揃えて『坪単価100万円では厳しいですよ、、。』と言われるのも事実です。

 

イズシリーズの中でも「イズステージ」といった商品は、より高級感を追求した外観や内装となっているプランなので、建築費用や坪単価はかなり高くなることは予想できますが、ここではイズロイエの坪単価を徹底調査しました。

 

実際にイズロイエで建築された方々の価格帯や坪単価を紹介したいと思います。

 

 

「積水ハウスで41坪の家を建てました。
床にこだわりグレードの一番良いものを採用しましたし、天井の高さを高くしたため、坪単価は103万円ほどになりました。
ちなみに、割引後の坪単価なので、割引されていなかったらもう少し坪単価はあがっていました。」

 

 

「イズロイエ、2階建て住宅、オール電化仕様、太陽光、床暖房の他、水回り関連をグレードアップしていますし、追加で間接照明などを追加しました。
延床面積38坪、坪単価100万円、総建築費用が約4200万円に土地代プラスです。」

 

 

「イズロイエの坪単価としては110万円ほど、外構や太陽光、蓄電池などを含めた総費用は4200万円ぐらいと、正直価格帯は高いと思います。」

 

 

「イズロイエの2階建て、坪単価が約101万円、外構を除く総費用は6700万円。
建築費はとても高い印象を受けましたが、デザインや積水ハウスのブランド力には満足しています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

イズシリーズは自由設計ということもあり、イズロイエの坪単価は最低でも90万円前後〜が一つの目安となりそうですが、実際は坪単価が100万円以上かかるというケースがほとんどのようです。

 

しかし、イズロイエの坪単価が極端に高く設定されているというわけではなく、積水ハウスでフルオーダーの家を建てる場合には、坪単価100万円程度なら相場とも言えます。

 

積水ハウスのビーサイエの坪単価と特徴

積水ハウスのビーサイエ

 

積水ハウスの創立50周年を記念して誕生した「ビー・サイエ」。

 

ビーサイエでは、ゆったりとした時間を過ごせるようにスローリビングや、ゆとりを感じられるように外観には4寸勾配の屋根を採用、また、オリジナルとなる断熱仕様のぐるりん断熱によって、家の中の温度にムラがなく快適な住まいを実現されています。

 

「ビー・サイエ(美・彩・家)」は、美しい暮らし、彩り豊かな佇まい、新しい日本の家というコンセプトをもとに誕生したようですが、気になるのはお値段ではないかと思います。

 

積水ハウスの中でもビーサイエはコストパフォーマンスが良いといった口コミも目にしましたが、実際はどうなんでしょうか。

 

積水ハウスのビーサイエの坪単価を徹底調査してみました。

 

 

「ビーサイエで建てました。
38坪、エネファーム、太陽光発電3kwを付けトータルで2850万円になりました。
ただ、シーカスを外し、2階のフラットバルコニーをやめるなど一部仕様を変更しています。
ちなみに、私が契約した当時の情報になりますが積水ハウスの割引が約120万円、国からの補助金が120万円と、エネファームを実質50万円で入れることができるという内容でしたよ。」

 

 

「我が家はもろもろグレードをあげましたが、坪単価80万円ぐらいで収まりました。」

 

 

「ビーサイエで見積りをもらいましたが、予想していたよりも高く、40坪弱で坪単価75万円ぐらい、そのほか地盤改良の費用などもかなり高額だったと記憶しています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

積水ハウスでは商品のラインナップが豊富に用意されており、選ぶ商品によっても坪単価は変わってきますが、ビーサイエの坪単価としては、75万円前後〜が一つの目安となりそうです。

 

ただし、仕様の変更やオプションの追加などによっても坪単価は左右され、坪単価が80万円台や90万円台になることもありますので、坪単価はあくまで参考材料の一つとお考え下さい。

 

積水ハウスの3階建て・4階建ての坪単価について

 

限られた敷地を有効に活用しながら家を建てる場合は、3階建てや4階建て住宅という選択になると思います。

 

限られた敷地であっても、3階建てや4階建て住宅なら、二世帯での暮らしも実現可能ですし、自宅と店舗や事務所などを併用することも可能となります。

 

大手ハウスメーカーの一つである積水ハウスでも3階建て、4階建て住宅に対応した重量鉄骨の商品が用意されています。

 

商品名は「ビエナ」と「ベレオ・プラス」と言い、スローリビングや独自のβシステム構法といったものが採用されているため、通し柱は要らないため、間取りの自由度がより高くなります。

 

さて、積水ハウスの3階建て、4階建て住宅に対応したビエナやベレオ・プラスで建築する場合、建築費用も気がかりな方が多いのではないでしょうか。

 

一般的に3階建てや4階建て住宅の場合は、2階建てと比較すると建築費用が割高だと言われていますよね。

 

そして、3階以上の住宅を建てる場合はホームエレベーターを検討される方も多いですし、二世帯仕様で建てる場合や店舗併用の場合だと設備などにもお金がかかってきます。

 

まず、ビエナの坪単価としては90万円前後〜100万円程度が一つの目安となりそうですが、オプションや設備によって変わってきます。

 

実際に、積水ハウスのビエナで二世帯仕様の家を建てられた方の口コミによりますと、坪単価が約97万円ほどだったようです。

 

ちなみに、設備などをチェックしてみると、キッチンやお風呂、トイレ、床暖房、浴室乾燥機、電動シャッターなどの設備は2箇所づつと書かれていました。

 

二世帯ということで設備にお金がかかっているという印象で、坪単価は少々高めですが、積水ハウスの3階建て住宅で二世帯仕様ともなれば、これぐらいは必要なようですね。

 

また、4階建て住宅に対応したベレオ・プラスはもう1階プラスというコンセプトをもとに、2014年に発売が開始しましたが、発売当時の坪単価は70万円〜と発表されていました。
各階が自由設計になっており、賃貸住宅や店舗を併用した住宅の設計などにも対応されていますので、オプションや設備などによってはかなり坪単価が上がることは予想できます。

 

実際に重量鉄骨造のベレオプラスで建てられた方の口コミでは、『坪単価ですが、軽く100万円以上は超えました、、。』との情報もありました。

 

やはり、大手で3階建てや4階建て住宅を建てようとする場合、坪単価は高い部類に入りますので、最低でも坪単価90万円ぐらいはみておく必要がありますね。

 

積水ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

積水ハウスの平屋の坪単価は高い?

 

積水ハウスでは平屋住宅に対応した商品もいくつかラインナップされています。

 

そして、積水ハウスの平屋は鉄骨造か木造かを選ぶことができます。

 

鉄骨平屋シリーズとしては「平屋の季(とき)」といった商品が用意されており、プランの自由度が高く、重厚感が感じられる深い軒が特徴的となっています。

 

一方、木造平屋としては「里楽(りらく)」といった商品が用意されていますが、木造ということで自然を最大限に感じられ、落ち着いた住まいを造ることができますが、積水ハウスの平屋で建てる場合の坪単価が気になりますよね。
大よその平屋の建築費用を把握するためにも、坪単価は一つの目安となります。

 

積水ハウスの平屋の坪単価ですが、鉄骨造か木造によっても若干設定額が異なっています。

 

まず、鉄骨の平屋の季の坪単価は約80万円〜が一つの目安となっていますが、木造の里楽の坪単価は約70万円〜と、木造の方が坪単価が10万円ほど安く設定されています。

 

実際に積水ハウスの木造で平屋を新築された方の情報によりますと、『大手なのである程度高くなることは想定していたものの、坪単価が100万円超えとは予想以上でした、、。』との口コミがありました。

 

どうやら、標準よりもハイグレードの設備を指定されたようで、このあたりが坪単価を上げる要因となったようですが、標準のまま仕様などを変更しない場合の坪単価は85万円ほどに納まったようですよ。

 

坪単価って外壁や屋根、床材などによっても大きく左右されますし、キッチンやお風呂などの水回り関係のグレードによっては驚くような見積り額が提示されることもあります。
また、同じく積水ハウスの木造(シャーウッド)で平屋を建てられた方の口コミによりますと、30坪ぐらいで本体価格が約2300万円ぐらいだったようです。

 

この坪単価を単純に計算すると、約77万円という計算になりますが、これはあくまで本体価格のみですから、実際に住めるような状態にすると坪単価は10万円ぐらい上乗せされますので、実際の坪単価としては約87万円といったところでしょうか。

 

積水ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

積水ハウスで二世帯住宅を建てる場合の価格(目安)

近年、二世帯住宅に対する需要が高まっています。

 

その背景には少子・高齢化が進んでいることがあり、高齢となった親世帯の将来的な介護のことを考えたり、共働きとなる子世帯の家事や育児を少しでも手助けしたいなど、様々な事情から二世帯住宅に対する注目が高まっているのです。

 

確かに、二世帯住宅では一つ屋根の下で、親世帯と子世帯が生活を共にするため、将来的に親の介護が必要となった場合でも支援しやすいですし、どちらかの世帯が長期間旅行に行き、家を留守にするような時でも防犯上、安心感があります。

 

さらに、共働きの子世帯の場合、食事の用意をサポートしてもらったり、体調が悪い時などに子どもの世話をお願いできるなど、近くに住んでいるからこそ、いざという時にお互いに支え合うことができます。

 

現在、二世帯住宅の話があがっており、高品質な二世帯住宅を建てたいという場合は、積水ハウスも候補の1社としてあがるのではないかと思います。

 

積水ハウスの販売戸数はハウスメーカーの中でもトップの実績を誇っており、これまでの実績を活かすことができますし、二世帯住宅の施工実績も豊富なので、より柔軟な対応が期待できるハウスメーカーでもあります。

 

また、積水ハウスでは、3階建てや4階建て住宅に対応可能な「BIENA」という商品も用意されており、高さを活かし居住スペースを確保した二世帯を建てることも可能です。

 

二世帯住宅の間取りには、「完全共有型」、「部分共有型」、「完全分離型」という3つのスタイルがあり、どのようなスタイルでの暮らしを望んでいるかや、生活スタイル、家族構成などによって最適なスタイルが異なってきます。

 

ただし、選ぶスタイルによって建築費用が大きく左右される場合もあります。

 

単純に考えて、一番建築費用が高くなるのは、玄関から、リビング、キッチンやお風呂、トイレなどの水回り関係の設備を全て各世帯ごとに分離する完全分離型の二世帯住宅です。

 

もともと、坪単価が高いと言われがちな積水ハウスですが、二世帯住宅を建てる場合、坪単価や価格帯はどれぐらいが目安になっているのでしょうか。

 

実際に、積水ハウスのビエナ(3階建て)シリーズで、完全分離型の二世帯住宅を建築された方の口コミによりますと、『地盤改良費やエネファーム(1台)、床暖房(1階&2階)のほか、外構や諸工事費用を含み、総費用が約5,500万円ぐらいだった。』とのことです。

 

坪単価にすると、約95万円とのことで、価格面は正直高いですが、積水ハウスの場合は他のハウスメーカーよりも要望などを盛り込んでくれたと非常に満足度が高いようです。

 

今回は、ビエナシリーズの二世帯の建築費用を紹介しましたが、積水ハウスには、木造住宅の「シャーウッド」シリーズも用意されていますし、鉄骨造住宅には「ISシリーズ」や「Beシリーズ」も用意されているため、どの商品で二世帯住宅を建てるのかによっても価格は変わってきます。

 

また、建て坪や二世帯住宅のスタイルによっても価格は大きく変動することがありますので、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

積水ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top