ロイヤルハウスの坪単価と評判

このページでは、「ロイヤルハウス」の坪単価や評判、値引き事情について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で、ロイヤルハウスも検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

ロイヤルハウスの坪単価

ロイヤルハウスは、本部のある愛知県を拠点にフランチャイズとして、北海道から沖縄まで全国に約110の加盟店があります。

 

ロイヤルハウスは、創業から30年という実績を誇っており、これまでに累計で20,000棟以上の住宅の建築を手掛けてきました。

 

2012年にグッドデザイン賞を受賞して以降、7年連続でグッドデザイン賞を受賞するほどの実績を誇っています。

 

ロイヤルハウスの公式サイトをチェックしてみると、商品のラインナップも豊富に用意されており、ライフスタイルなどを考慮し最適なプランを選ぶことができますが、ロイヤルハウスで建築する場合、坪単価はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

そこで、ここではロイヤルハウスの坪単価を調べてみました。

 

まず、天然素材をふんだんに使用し、木の味わいに満ちた「木ころ」の坪単価としては、40万円台〜50万円程度が相場となっているようです。

 

続いて、子育て世帯をターゲットとした「コムニ」は、ダイニングキッチンのあり方、収納や生活動線を考えるうえで様々な工夫や配慮をし、家族のコミュニケーションを育む20の工夫が詰まった住宅です。

 

コムニの坪単価ですが、子育て世帯をターゲットとしていることもあり、30万円台〜と価格の面でも配慮されています。

 

ロイヤルハウスでは平屋に対応した商品も用意されており、名前は「グランドワン」といいます。

 

近年、平屋はシニア世帯だけでなく、平屋の暮らしやすさから若い世帯の方々など、幅広い世帯からの人気が高まっています。

 

グランドワンでは、家族でゆったりと暮らせる平屋から、夫婦ふたりで住むのにちょうどいいサイズの平屋など自由に設計することができますし、外観もいくつかデザインが用意されていますので、好みに合わせて自由に選択することが可能です。

 

グランドワンの坪単価ですが、平屋ということもあり、45万円前後〜55万円程度が一つの目安となりそうです。

 

 

その他には、ZEH仕様の「エコデスマート・ゼロ」や、二世帯住宅に対応し大収納空間をプラスした「プラステージ」、3階建て住宅に対応した「アーバンステージ」などの商品も用意されています。

 

 

いかがでしょうか。

 

商品によっても若干坪単価に変動はありますが、ロイヤルハウスの坪単価の相場としては、40万円台〜50万円台と、比較的お手頃価格で提供されているような印象を受けます。

 

また、坪単価が安いわりに間取りなどの自由度も高いようですし、木の温もりを感じられる質の高い住宅を手がけており、非常にコストパフォーマンスに優れているようです。

 

ただし、実際に話を進めていき、オプションなどを含めると予想以上に金額があがることもありますので、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

ロイヤルハウスや他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

ロイヤルハウスの平屋の価格

最近、若い世代の方々からも高い人気を誇っている平屋での暮らし。

 

平屋といえば、主にシニア世代の方に人気の住まいといったイメージもありますが、平屋の場合、階段を昇り降りするという動作が不要で、シンプルな生活動線から世代を問わずに人気があります。

 

そして、生活の全てがワンフロアで完結するため、洗濯や掃除の手間を省くことができます。

 

しかし、その反面、同じ延床面積の2階建てと比較すると、平屋の場合建築費用が高くなりがちなので注意が必要です。

 

建築費用の中で、特に基礎と屋根に関してはコストがあがる部分だと言われています。

 

同じ延床面積の2階建てと平屋を比較すると、当然、平屋の方が基礎と屋根の面積が約2倍程度広くなりますので、建築コストは割高傾向にあります。

 

平屋での新築を検討しているものの、予算の面で不安がある場合は、ローコスト系の住宅メーカーを選ぶといった選択もあります。

 

比較的お手頃価格で提供されているメーカーの一つとして、ロイヤルハウスがあります。
ロイヤルハウスでは、平屋の家「グランドワン」といった商品がラインナップされています。

 

グランドワンは、夫婦二人での平屋や家族でゆったり暮らせる広々とした平屋など、家族構成やライフスタイルに応じて自由に設計することが可能です。

 

そして、グランドワンには外観のデザインが3種類用意されており、フラットスタイル、南欧スタイル、コンテンポラリースタイルの中から好みに合わせて選ぶことができますが、グランドワンの坪単価はどれぐらいなのでしょうか。

 

グランドワンの坪単価としては、大よそ40万〜55万円程度となっているようです。

 

仮に、40坪ほどの大きさの家を建てようとした場合の建築費用は、1,600万円〜2,200万円が一つの目安となりそうです。

 

平屋の場合、建築費用が高くなりがちなので、その費用を抑えるためになるべくシンプルな間取りにしたり、設備にお金をかけないなどの工夫も必要になってくるのですが、ロイヤルハウスの場合は、比較的建築費用を抑えて平屋の建築が可能となりそうです。

 

ロイヤルハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

ロイヤルハウスの評判と口コミ

ロイヤルハウスはフランチャイズ展開を採用されており、全国に約110の加盟店がありますが、大手のようにCMなどの宣伝に力を入れているようなメーカーではありません。

 

そのため、知名度が高いハウスメーカーではありませんが、現在ロイヤルハウスで検討されている場合は評判なども気になると思います。

 

そこで、ロイヤルハウスの評判を徹底調査しました。

 

 

「ローコストのわりにデザインも良いですし、構造もしっかりとしているような印象です。
フランチャイズということで、良い工務店にあたると良い家が建つと思います。」

 

 

「ロイヤルハウスで建てました。
フランチャイズゆえ、地域や加盟店によっても差があるようですが、我が家は最初の打ち合わせから最後まで対応が良く、親切にして頂きました。
家自体も完全な注文住宅として建てて下さいました。
ただし、たまたま運よく良い加盟店に当たったということでもなく、事前にHPなどを下調べしていたので、前もって色々とリサーチしておいた方が安心だと思います。」

 

 

「入居して14年目を迎える者です。
契約から完成までは対応も良くして頂き、ロイヤルハウスを選んで良かったと思っていましたが、完成してからの点検は催促しないと行われないような状態でした。
最後となる10年点検に至っては結局行われませんでした。
家自体は何も問題なく悪くないですが、引き渡し後の対応がいい加減すぎてとても知り合いには勧められません。」

 

 

「今年でちょうど10年となります。
価格の安さという安易な考えからロイヤルハウスを選びましたが、実際に住んでみると使用されているもののチープさが気になります。
対応自体はFCということで、店舗によってかなり違うようですが、対応が酷すぎる店舗もあるようです。」

 

 

「ロイヤルハウスで建てましたが、可能だと言われていたことが直前に出来ないと言われたり、かなり振り回されました、、、。
知識がないため提案なども期待できませんでしたし、段取りも悪くスムーズにはいきませんでした。」

 

 

「滋賀で建てました。
元々、実家がロイヤルハウスで建てたことがあり、その縁でロイヤルハウスでお願いすることになりました。
年配の方が担当だったため、若者の好みを把握しているのかや、大手のようにインテリアコーディネーターがいないため、どんな感じになるのか?と打ち合わせ中に不安になることは何回かありました。
我が家の場合は最初から予算を伝えておいたので、その予算内で多少融通を利かせたりしてくれました。
ほぼ毎日差し入れに通い、大工さんと仲良くなったこともあり、犬小屋を作ってほしいという要望にも追加料金なしで快く対応してくれました。
上の子がやんちゃ盛りの4歳の男の子ということもあり、引き渡し後、2ヶ月ほどで網戸を壊してしまったのですが、その時も連絡を入れるとすぐに対応して頂きました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ロイヤルハウスでは、比較的坪単価を抑えつつ、質の高い住宅を作ってくれるようで、コストパフォーマンスの高さに関しては高く評価されているような印象を受けます。

 

しかし、その反面、ロイヤルハウスはフランチャイズ経営ということもあり、施工の良し悪しは加盟店によってバラつきがみられるようです。

 

これは、フランチャイズ経営ゆえの宿命なので仕方ない部分でもありますが、加盟店の中には、評判が悪い店舗も存在しますので、このあたりは契約までにしっかりと見極めておく必要があります。

 

ちなみに、引き渡し後に加盟店の経営が厳しく、その後倒産してしまい、アフターサービスが一切うけられなくなってしまうというリスクも伴いますが、このあたりも評判に影響を与える部分でもあります。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

ロイヤルハウスや他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

ロイヤルハウスのデメリット

ロイヤルハウスは30年間の実績を誇っており、これまでに手掛けた住宅は累計で2万棟以上とも言われています。

 

2012年に初となるグッドデザイン賞を受賞して以降、2018年までに7年連続でグッドデザイン賞を受賞という実績を誇っており、デザイン性の高さから注目されている方も多いようです。

 

ロイヤルハウスでは、商品のラインナップも豊富に用意されており、ZEHに対応した家や子育て世帯をターゲットとした家、二世帯や平屋に対応した家やペット対応住宅など、ライフスタイルなどを考慮した上で、より最適なプランを選ぶことができます。

 

施工面では、一般的なハウスメーカーが施工を下請けの業者に丸投げするという体制とは異なり、加盟している工務店が直接施工というシステムを採用しています。

 

そのため、打ち合わせ→施工→引き渡し後のアフターメンテナンスなどを一貫してサポートしてくれるため、安心して任せることができるということも大きなメリットではないかと思います。

 

しかし、メリットが存在する以上、デメリットというものも存在します。

 

最初は良い面にばかり目がいきがちですが、悪い面にも目を向けておかないと確実に失敗や後悔することになります。

 

そこで、今回はあえてロイヤルハウスのデメリットに注目してみました。

 

ロイヤルハウスの最大のデメリット:フランチャイズ経営ゆえ、施工の良し悪しにはバラつきがある!

 

ロイヤルハウスを選んだ以上、避けて通ることのできないデメリットとして、フランチャイズゆえ施工の良し悪しにはバラつきがみられる、といったことが最大のデメリットとしてあげられます。

 

ロイヤルハウスは北海道から沖縄まで、全国に約110の加盟店が存在しますが、要望などをヒアリングしそれを間取りや設計に反映したり、施工、アフターサービスなどの対応には非常にバラつきがみられるのは事実です。

 

特に、施工の良し悪しは加盟店によってバラつきがみられると言われますが、評判の悪い加盟店にあたってしまった場合、家の出来栄えそのものに大きく影響を与えてしまうことになります。

 

そのため、契約を交わすまでにその加盟店の評判などを前もってリサーチしておく必要がありますし、サービス内容なども若干異なっているようですから、このあたりも事前に調べておくと安心だと思います。

 

ロイヤルハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top