レスコハウスの坪単価と評判

このページでは、レスコハウスの坪単価や評判について説明しています。

 

また、レスコハウスで建てる場合のデメリットについても解説しています。

 

これから、家を建てる方は是非参考にして下さい。

 

 

レスコハウスの坪単価

鉄筋コンクリート造の住宅を手掛けているレスコハウスというハウスメーカーをご存知でしょうか。

 

関東エリアを中心に展開されているものの、全国的な知名度は高くはありませんが、レスコハウスではコンクリートパネル構造という特長を活かした家づくりを得意とされています。

 

そのため、耐震性能や耐火性能に優れており、より丈夫な住宅を求める方の場合は、一度検討されるハウスメーカーだと思います。

 

しかし、鉄筋コンクリート造と木造住宅を比較した場合、鉄筋コンクリート造の方が建物自体の重量が重くなりますので、基礎となる部分をより丈夫にするために、通常よりも地盤改良費にお金がかかると言われています。

 

現在、レスコハウスも選択肢の一つとしてあがっている場合は、特に坪単価や建築費用が気がかりではないかと思います。

 

レスコハウスの坪単価としては、60万円程度〜70万円程度が一つの目安となっており、コンクリート造を扱う他のハウスメーカーと比較すると、レスコハウスは坪単価が抑えられている印象を受けます。

 

仮に、大きさ40坪程度の家を建てようとした場合の費用は、2,400万〜2,800万円という計算になります。

 

レスコハウスでは、全国的なCMを行わないなど宣伝費用にお金をかけていないこともあり、建築費用が高価だとされるコンクリート造でも、坪単価を極力抑えて提供されているようです。

 

しかし、坪単価というものはあくまで目安程度にしかならず、実際に話を進めていくと驚くほど坪単価が高くなってしまうということはよくあり、実際の坪単価も気になるところです。

 

そこで、レスコハウスで新築された方や見積りを取られた方々の坪単価事情を徹底調査しました。

 

 

「レスコハウスで建築中です。
我が家の場合ですが、屋上なしの2階建て、延床約20坪ほどの狭小住宅で本体価格のみで約1,500万円ぐらいでした。」

 

 

「家族が増えたことがきっかけで、レスコハウスでも検討しました。
レスコハウスでは、照明、カーテン、Z空調を含め坪単価70万円ぐらいでした。
これに地盤補強や外構工事の費用が必要なため、正直予算的に厳しかったのですが、実家がレスコハウスで建てていたこともあり、割引にも応じてもらえ結局、坪単価64万円ぐらいにしてくれました。」

 

 

「キッチンやトイレ、お風呂なども標準でそれなりのものが付いており、坪単価は75万円ぐらいでした。
我が家は、標準仕様のまま採用したものが多いため、オプションはほとんど付いていません。
ちなみに、Z空調は無料でしたし、カーテンと照明はキャンペーンで付いていました。」

 

 

「気になり展示場に行ったことがありますが、坪単価95万円〜と言われ驚きました。
コンクリート工法のため、坪単価が高くなることは想定していましたが、以前よりもかなり値上げされたのでしょうか、、、。」

 

 

いかがでしょうか。

 

上記の口コミを見る限り、実際は坪単価60万円程度では厳しく、坪単価70万〜75万円程度、選択する商品やオプションによってはそれ以上の坪単価が必要になることもあります。
ちなみに、レスコハウスはコンクリートパネルゆえ、設計の自由度が低く、商品はあらかじめ用意された間取りプランの中から選ぶ企画住宅と、若干融通が利く準企画住宅の中から選ぶことになります。

 

レスコハウスの3階建ての坪単価

災害時に強く、耐久性が高いレスコハウスで3階建て住宅の建築をお考えの方もおられるのではないでしょうか。

 

そんな時に気になることといえば、やはり建築費用や具体的な坪単価ではないでしょうか。

 

レスコハウスの坪単価としては、60万〜70万円程度が一つの目安となっており、建築費用が高くなりがちなコンクリート工法としては、坪単価が抑えられている印象を受けます。
坪単価が抑えられている理由としては、レスコハウスではCMなどの広告費にお金をかけていないため、コンクリート工法でありながら、坪単価を安く提供することを実現されています。

 

ただし、3階建て住宅の場合は坪単価が高くなることが予想できます。

 

レスコハウスには、「企画住宅」と「注文住宅」の取り扱いがありますが、どちらも3階建て住宅に対応されているようですね。

 

企画住宅となる“キューブセレクト”は、強さと快適性を備えた間取りから、最適な間取りや外観デザインを選択し、お好みで太陽光発電システムを設置することもできます。

 

もちろん、内装や設備なども自由に選択することもできます。

 

企画住宅なので、間取りなどを自由に変更することはできませんが、気に入った間取りさえ見つかれば建築コストを最小限に抑えることが可能です。

 

一方、注文住宅となる“キューブフィット”は、様々なライフスタイルに対応できるように自由に設計することができます。

 

このキューブフィットの坪単価を調べてみたところ、75万〜95万円程度が一つの目安とされており、建築費用が割高な3階建て住宅に加え、自由設計ということもあり、坪単価は高くなっています。

 

レスコハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

レスコハウスの平屋の価格

レスコハウスでは、PC(プレキャスト・コンクリート)パネルを構造躯体としたWPC(ウォール・プレキャスト・コンクリートパネル)工法が採用された家づくりが行われています。

 

一般的にコンクリート工法の坪単価は高くなりがちだと言われていますが、レスコハウスの坪単価を見てみると、60万〜70万円程度が目安とされており、わりとお手頃な印象を受けます。

 

住宅には様々な形がありますが、家族構成や敷地の条件などによっては、一般的な2階建て住宅よりも平屋住宅の方がしっくりとくる場合もあります。

 

レスコハウスでも平屋住宅に対応しています。

 

レスコハウスの平屋の特長としては、レスコハウス独自のWPC工法によって、壁全体で建物を支えることができ、間仕切りを少なくした空間設計が可能だということがあげられます。

 

もともと平屋住宅は、全ての生活がワンフロアで完結するため、常に家族の気配を感じられる住まいでもありますが、間仕切りを少なくすることで、空間同士をゆるやかにつなげることができ、程よい距離感を保ちながらの生活が実現可能となります。

 

次に、レスコハウスの平屋は気密性や断熱性に優れているといったことも特長としてあげられます。

 

平屋の場合、外気からの影響を受けやすいため、気密性や断熱性が劣っていると、冷暖房をフル稼働させても、なかなか快適な室温が保てず住み心地の悪い家になってしまいます。

 

その点、レスコハウスの平屋は計画換気システムによって、一年を通して家全体が快適な空気環境を実現されているため、家全体の温度差が少なく、快適な住まいを実現されています。

 

また、レスコハウスの平屋住宅は十分な収納スペースが設けられているため、荷物が多めな方でもスッキリ、コンパクトにまとめることができます。

 

レスコハウスでは「キューブフィット」という商品の中に平屋のプランが用意されています。

 

キューブフィットは、様々なライフスタイルに対応可能な自由設計となっています。

 

平屋ということで車いすでの生活に対応するために、設計にゆとりをもたせた間取りを提案されていたり、中庭を設置することで、自然の光が家の中に取り込みやすい工夫などもなされています。

 

キューブフィットの平屋プランの坪単価としては、70万〜90万円が目安となっており、一般的な2階建て住宅と比較すると、基礎や屋根の面積が約2倍近く増えるため、どうしても坪単価が高くなってしまうようですね。

 

 

レスコハウスの値引き事情

レスコハウスといえば、コンクリート造の住宅を手掛けるハウスメーカーで、建物が頑丈なので耐震性能が高く、耐火性能に優れているということが最大の強みではないかと思います。

 

しかし、その反面、コンクリート造の住宅の場合、建物自体の重量が重くなり、ベースとなる基礎がその重さに耐えられるほど頑丈でなければなりません。

 

そのため、木造住宅と比較すると、どうしても地盤改良費にお金がかかってしまい、建築費用は割高傾向にあります。

 

レスコハウスの坪単価ですが、60万円程度〜70万円程度が目安とされており、同じくコンクリート造を扱う他のハウスメーカーよりも、坪単価が抑えられているような印象です。
ただ、実際にレスコハウスで建築されたオーナーさんの口コミを見る限りでは、坪単価70万円台〜は必要なようで、現在レスコハウスで検討されている方は、値引き事情も気になるのではないかと思います。

 

レスコハウスでは、ライフスタイルに合わせてワンランク上の生活を実現する注文住宅のほか、用意された間取りプランの中から選ぶ企画住宅が用意されています。

 

どちらかといえば、レスコハウスでは企画住宅を推しているため、やや値引きには不利なイメージですが、まずはレスコハウスの値引き事情を調べてみました。

 

 

「レスコハウス以外にも検討していたハウスメーカーがあったのですが、値引きに応じてくれたこともあり、トータルコストで考えるとレスコハウスの方が良かったので契約に至りました。」

 

 

「坪単価70万円程度と、鉄骨系のメーカーと比較しても少々高めだと思います。
ただ、実家がレスコハウスで建てていたこともあり、キャンペーン以外にもかなり値引きしてもらえ、結局坪単価64万円ぐらいになったのでレスコハウスに決めました。」

 

 

また、レスコハウスでは、年に何回か値引きの抽選会が開催されているようで、『新春のキャンペーンでゴールド賞となる12%引きに当選した!』という方がおられるように、何かと割引キャンペーンが開催されているような印象を受けました。

 

2019年1月にレスコハウスからヒノキヤレスコに社名が変更された時にも、その変更を記念し、通常本体工事価格が最大25%値引きとなる感謝フェアが開催されていたばかりです。

 

ですから、これらのキャンペーンを上手く利用すると、値引きが期待できると思います。
それでも値引きが厳しい場合は、実質的な値引きではなくサービスの上乗せを狙うという方法もあります。

 

口コミなどをみていると、『全館空調のZ空調を無料にしてもらった!』や『カーテンと照明はサービスで付けてもらった!』などの口コミもありますので、サービスの交渉に切り替えた方がスムーズに話がまとまると思います。

 

レスコハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

レスコハウスの評判は?

レスコハウスは関東エリアを中心に、一部の東海エリアや関西エリアでも事業を展開されています。

 

テレビCMなどでの宣伝は積極的に行われていないため、関東エリア以外にお住まいの方はあまり馴染みのないハウスメーカーだと思います。

 

営業エリアが一部に限られているため、全国的な知名度も高くないがゆえ、世間での評判も気がかりだと思います。

 

特に、現在レスコハウスで検討されている場合は、世間での評判も判断材料の一つになるのではないかと思います。

 

そこで、ここではレスコハウスの評判を徹底調査しました。

 

 

「レスコハウスで建て替えて3年目を迎えます。
以前住んでいたのが木造住宅で、その住宅との比較となりますが、地震や台風など、自然災害時は全く気にならなくなり、とにかく静かだと感じます。
うちは2階リビングに屋上を付けたため、夕日を眺めたり、天体観察したりと今まで体験できなかったようなことを楽しんでいます。」

 

 

「レスコハウスに住んで、1年半ぐらいが経ちます。
この1年半の間に地震を経験しましたが、明らかに木造と揺れ方が違います。
上手く伝えられませんが、ゆらゆらと揺れる感じはなく、安心感が全然違うように思います。
また、コンクリート造なので、夏の暑さや冬の寒さは心配していたのですが、Z空調のおかげでそこそこ快適なので、住み心地は悪くないと思います。」

 

 

「1年弱が経ちます。
夏の2階に関してはさすがに暑く感じますが、エアコンの効きが良いため20分ほどで十分涼しくなってきます。
一方、真冬は外気温が氷点下でも、朝の室温が10℃以下になることはありません。
また、家の中にいると強風時でもほとんど気づかず、全く揺れません。
レスコハウスで建て、震度4を体感しましたが、木造住宅のようにミシミシとした音は全くありませんでした。」

 

 

「実家がレスコハウスで建てた縁もあり、我が家もレスコハウスで建築しました。
異常なほど暑かった今年の夏も、Z空調のおかげで快適に過ごすことができました。
デザインに関しては、好みによって評価は様々だと思いますが、我が家はデザインも気に入っており、満足度も高いです。」

 

 

「レスコハウスで建てました。
一年点検までは現場監督さんが対応してくれ、事前に連絡もしてくれました。
ただ、補修に来てくれた職人さんは腕が悪く、補修前の状態の方がきれいだと思うほど、酷いものでした、、、。」

 

 

「レスコハウスで建て3年目です。
気密性が高いため、どうしても結露は出てしまいますが、こればかりはどのハウスメーカーでも変わらないように思います。」

 

 

「昨年入居したばかりです。
結露はみられませんが、乾燥が気になるため加湿器は手放せません。
まだ、夏の住み心地がどうかは分かりませんが、冬はZ空調のおかげで快適に過ごすことができました。」

 

 

「HPをみると何十種類の間取りプランから選ぶと紹介されていますが、我が家の場合は建築士さんが間取りを考えてくれたので、間取りに関してはある程度融通が利きました。
評判通り、Z空調は快適で心地良く過ごせています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

レスコハウスでは、コンクリートパネル構造という特長を活かした家づくりを得意とされていることもあり、特に丈夫な家を建てたいという方から注目を集めているハウスメーカーです。

 

実際に耐震性能の高さには定評がありますし、耐火性能に優れているなど、性能に関しては高く評価されているようです。

 

ちなみに、レスコハウスですが35年間の長期無料点検制度が用意されているなど、保証の面での充実も高く評価されています。

 

 

レスコハウスのデメリット

レスコハウスはコンクリートパネル構造という特長を活かした家づくりを得意とされているだけあり、建物自体が頑丈で耐震性能に優れているほか、耐火性能にも優れています。
その反面、レスコハウスでは関東エリアを中心に事業を展開されているため、対応エリアが限られてしまったり、全国的な知名度は高くありません。

 

そして、コンクリートパネル構造なので、大型のクレーンで組み立てる必要があり、立地条件によっては建築自体が対応不可だと断られてしまうなど、レスコハウスではいくつかデメリットも存在します。

 

建ててから後悔しないためにも、レスコハウスで契約を交わすまでに、デメリットにもしっかりと目を向けておく必要があります。

 

そこで、ここではあえてレスコハウスのデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:坪単価が高い!

 

レスコハウスの坪単価を調べてみると、60万〜70万円程度が相場とされています。

 

この坪単価だけみると、コンクリート造を扱う他のハウスメーカーよりも坪単価が抑えられているような印象ですが、実際は坪単価70万円程度〜と考えておく必要があります。

 

口コミなどを見ていると、「建物自体の重量が重くなるため、思いのほか地盤改良にお金がかかり、結局坪単価90万円ぐらいになりました。」や「標準仕様でもそれなりのものが付いていたため、オプションはほとんど付けていませんが坪単価75万円ぐらいでした。」との情報があります。

 

坪単価は選択する商品やオプションによっても異なってくるため、坪単価を抑えることも可能となりますが、レスコハウスの家はコンクリートということで、建物自体の重量が重くなり、より強固な地盤が必要とされます。

 

そのため、ほとんどの場合、地盤の補強が必要となりますし、地盤の状態が悪い場合には地盤改良費にお金がかかり、その分どうしても建築コストが高くなってしまう所はデメリットとしてあげられます。

 

 

デメリット2:デザインがイマイチ、、、。

 

レスコハウスの家は一目でレスコハウスと分かるほどの独特なデザインが特徴的ですが、このデザインに関しては好みによって印象がきっぱりと分かれる部分でもあります。

 

中には、「外観のデザインが好きになれない、、、。」などの口コミもあり、特にデザイン性に優れている他のハウスメーカーと比較してしまうと、「デザインがちょっと、、、。」と特に気になってしまうかもしれません。

 

そもそも、デザイン重視の方はレスコハウスを選ばれないと思いますが、耐震性能を重視し頑丈な家を建てたいけれども、デザインも妥協したくないという方には不向きかもしれません。

 

 

いかがでしょうか。

 

ちなみに、レスコハウスではコンクリートのパネルを組み合わせていくため、基本的に1階と2階をセットにしなければならず、設計の自由度が低く、融通が利かないこともデメリットとしてあげられますので、事前にメリットとデメリットの両面を理解された上で検討されて下さいね。

 

レスコハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top