レオハウスの坪単価と評判

このページでは、ローコストのハウスメーカーの中でも人気の高い「レオハウス」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で、レオハウスも検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

レオハウスの坪単価は実際どのぐらい?

 

2006年創業のレオハウスは、比較的ローコストでの家造りを実現されているハウスメーカーということで人気を集めています。

 

ハウスメーカーを選ぶ際に、性能やデザイン、プランの提案力、担当者の人柄など、様々な基準をもとに選ばれると思いますが、坪単価も一つの判断基準となります

 

特に予算の関係上、坪単価がどれぐらいのハウスメーカーなのか?ということを事前に把握しておきたいという方もおられると思います。

 

レオハウスをはじめ、ローコスト住宅に定評のあるハウスメーカーでは、以前はチラシなどに坪単価が掲載されており、坪単価が20万円台〜と宣伝されていましたが、現在は坪単価の掲載をされていないメーカーが多いですよね。

 

レオハウスの坪単価の目安を調べると、大よその坪単価がみえてきますが、家本体のみの価格で坪単価が計算されていることもあり、住むために必要な付帯工事費用や必要経費などが含まれていないというケースもよくあります。

 

そうなると、総建築費用がどれぐらいかかるのか?ということも把握できません。

 

そこで、レオハウスで建てる場合、実際にどれぐらいの坪単価が必要なのかを徹底調査しました。

 

 

「40坪程度でレオハウスの場合、坪単価45万円ほどの見積りが出ました。
ここにオプション追加などで200万〜300万円程度プラスになるというイメージです。」

 

 

「ローコスト住宅ということでレオハウスを選んだのですが、床上げ和室や造作テレビ台などを希望し、結局坪単価は50万円を超えました。」

 

 

「我が家の場合ですが、43坪ほどで坪単価50万円ぐらいとなりました。」

 

 

「レオハウスで建てました。
建物本体価格のみであれば、30坪程度の大きさの家を1000万円程度で建てることはできます。
ただし、必要な工事費用や登記費用、火災保険、照明、エアコン、カーテンなどの費用も必要になってきます。
また、注文住宅の場合は設備をグレードアップしたりすることもありますので、そうなると最低でも1500万円程度は必要かと思います。」

 

 

「我が家はPセレクトが多く、希望する追加も多いため、坪単価は70万円近くなると思います。
キッチン前や手洗いのタイルのほか、テレビ後ろやトイレ、玄関のエコカラット、ヒートポンプ式の床暖、太陽光(5.4kw)を付けています。
また、防犯対策として人感のスポットライト、コンセントの箇所を増やしたり、照明をダウンライトに変更するなど、電気工事代が高くついています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

グレードや家の大きさなどによっても坪単価は異なってきますが、レオハウスで建てる場合の坪単価としては、40万〜50万円程度が一つの目安となりそうです。

 

しかし、上記の口コミにもあるように、一番グレードの高いプレミアムセレクトの場合だと、実際の坪単価は60万円〜となるため、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

レオハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

レオハウスのcocolife(cocoシリーズ)の坪単価と特徴

 

レオハウスの主力商品といえば、「COCO」シリーズです。

 

COCOシリーズで建てる場合の坪単価としては、45万円〜が一つの目安となっていますが、COCOシリーズにはいくつかグレードがあり、B(ベーシック)、V(Vセレクト)、D(Dセレクト)の3種類が用意されています。

 

どうやらグレードによって住宅設備が違っているみたいで、一番安いのはベーシックシリーズ、Vセレクト、Dセレクトの順で高くなっているようですが、気になるのは実際の坪単価だと思います。

 

そこで、COCOシリーズで建築された方や、見積りを取られた方々の坪単価を徹底調査しました。

 

 

「我が家のプランは、COCOのDセレクト、35坪で約1300万円ぐらいです。
ただし、建物工事費用を含めると約1740万円の他、オプションの工事費用や水道の工事費用、建物の登記料や火災保険料、ローンの手数料、カーテンやエアコンなどを含めた総額が別途350万円ほどかかりました。」

 

 

「Dセレクト、ZEH仕様で坪単価65万円ぐらいです。(外構と地盤改良費は含まず。)
高くついたオプションとしては、太陽光、トリプルガラス、タイルデッキ増設、オープン階段(10段)ぐらいです。」

 

 

「現在、1回目の見積りの段階ですが、COCOのDセレクト、延床37坪、建物本体価格は1550万円ぐらいです。
そこにオプション、付帯費用、消費税を含め、値引きが行われた結果1720万円ほどになり、坪単価は約46.5万円ということになります。
ただ、地盤改良や外構、登記費用、火災保険料などは含まれていません。」

 

 

COCOシリーズにはいくつかグレードがありますが、B(ベーシック)からV(Vセレクト)に変更しようとすると約150万円ほど高くなる、B(ベーシック)からD(Dセレクト)に変更しようとすると約300万円ほど高くなるといった情報がありましたので、グレードを選ぶ場合にこちらも一つの目安となりそうです。

 

 

ちなみに、ベーシックやVセレクトでもオプションを選択すると、仕様や設備のグレードをあげることもできるようですが、オプションが多いと結局、Dセレクトの方が安くつく場合もあるようですから、このあたりは注意が必要です。

 

 

また、カタログでは紹介されていないようですが、COCOシリーズの最も高いグレードとしてP(プレミアム)なるものも用意されているようです。

 

 

このプレミアムを営業さんから勧められた方の情報では、坪単価が60万円〜と説明を受けたようで、予算に余裕のある方に向けた商品のようですね。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

レオハウスの平屋の坪単価と特徴

 

最近、平屋住宅は様々な世代から支持されており、多くのハウスメーカーが平屋住宅を取り扱っています。

 

比較的、ローコストで平屋を建てようとすると、レオハウスも候補の一つとしてあがるハウスメーカーではないかと思います。

 

そこで、レオハウスで平屋を建てる場合の坪単価について調べてみました。

 

レオハウスでは、規格住宅となる「COCOLife」といった商品も用意されており、暮らし方に合わせて二階建てはもちろん、平屋のプランを選択することもできます。

 

家の大きさや間取りは48種類用意されており、平屋の一例をみますと、24坪1070万円〜(税抜き)のほか、平屋28坪1230万円〜(税抜き)、平屋30坪1335万円〜のプランも用意されています。

 

24坪のプランなら坪単価約45万円〜、28坪のプランなら坪単価約44万円〜、30坪のプランなら坪単価約45万円〜と、あらかじめ基本プランを決め、設備を制限することで価格の安さを実現されています。

 

COCOLifeでは、必要な設備は標準仕様とされているようですが、太陽光やIHヒーター、カップボードなどはオプション扱いとなっているため、オプションに少々お金がかかりそうな印象を受けます。

 

しかし、最初からある程度間取りなどが決まっていた方が暮らし方をイメージしやすいですし、特別な設備を望まないのであればCOCOLifeを選択することで、平屋をかなりお安く建てることはできます。

 

ちなみに、レオハウスの主力商品となる「COCO」シリーズでも、平屋での建築は可能なようですが、この商品は自由設計のため、坪単価が高くなることが予想できます。

 

ただし、COCOシリーズではいくつかグレードも用意されていますので、予算や設備などに合わせてグレードを選択することで、満足のいく家造りが実現できます。

 

 

 

レオハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

レオハウスの3階建ての坪単価(価格)

レオハウスでは、2018年オリコン顧客満足度ランキングの“金額の納得感”という項目において、1位を獲得しています。

 

“コストの妥当性”や“見積りの正確さ”という項目を合わせると、2016年より3年連続で1位を獲得するほどの実績を誇っています。

 

現在は、坪単価25.8万円とは記載されていないものの、レオハウスで建てる場合の坪単価は大よそ40万〜50万円程度と比較的安い価格で提供されています。

 

そんなレオハウスで3階建て住宅の建築を検討されている場合、建築費用も気になるポイントですね。

 

狭小地で通常の2階建てでは十分な居住スペースが確保できない場合などに、3階建て住宅という選択になると思います。

 

一般的な2階建てと比較すると、3階建ての建築費用は割高だと言われているため、少しでも価格を抑えての建築を希望される場合は、レオハウスも候補の1社としてあがるのではないでしょうか。

 

レオハウスの主力商品といえば、大人気の家「CoCo」シリーズですが、多彩なアイテムの中から自分たちの好みにフィットした家を建てることができます。

 

レオハウスは大手ハウスメーカーのように、3階建て専門の商品というのは用意されていないようですが、大人気の家シリーズで3階建ての建築にも対応可能となっているようですね。

 

公式サイト上に掲載されている実例紹介に、3階建ての建築も紹介されています。

 

開放感満載の吹き抜けが特徴的で、自宅で映画を楽しむ+αの空間や、将来的な事を見据え3階スペースにもキッチンや浴室が完備されています。

 

制震構造も標準仕様とされていますし、自由設計ということで建築費用も気がかりですが、この実例の方の価格帯は4,000万円〜と紹介されています。

 

延床面積が185.48u(56.1坪)と記載されていますので、仮に建築費用を4,000万円として坪単価を計算すると、71万円弱という計算になります。

 

ちなみに、大人気の家CoCoでは、ベーシック、Vセレクト、Dセレクトの3つのグレードに分かれており、予算に応じてお好みのアイテムを選ぶことが可能となっています。

 

そのため、最初にある程度希望や予算などを伝えておくと、より最適なグレードやプランが提案してもらえますし、いざ見積りを出してもらったら予算オーバーなんてことも防げると思います。

 

レオハウスとタマホームの坪単価を比較してみました

 

現在、ハウスメーカーの候補の一つとしてレオハウスを検討されている方は、価格帯が同じぐらいのタマホームとも比較されると思います。

 

どちらもローコスト住宅を扱うハウスメーカーで、坪単価がかなり安いメーカーとして知られていますが、ここでは、レオハウスとタマホームの坪単価を比較してみました。

 

まずは、実際に上記の2社で、ほぼ同等のプランで見積りを取られた方などの口コミを調べてみました。

 

 

「当初の見積りですが、どちらも40坪程度でタマホームの坪単価が40万円に対し、レオハウスの坪単価は45万円ぐらいになりました。
どちらも、オプションなどの追加で別途数百万円ほど高くなるというイメージです。」

 

 

「レオハウスとタマホームを比較したことがあります。
家の大きさもそれほど変わらず、ほぼ同じようなプランでしたが、タマホームの方が150万円ほど安かったように記憶しています。」

 

 

「土地、間取り、条件などはほぼ同じでプランと見積りを出してもらったところ、レオハウスの建築価格が1700万円に対し、タマホームの価格は1900万円ぐらいでした。」

 

 

「ほぼ同じ間取りでタマホームとレオハウスで見積りを取りました。
タマホームは本体に付帯工事や諸費用なども合わせて、2000万円弱の見積りを提示されました。
一方、レオハウスは本体価格にオプション工事費用や付帯工事費用なども込みで約1980万円と、レオハウスの方が少々安い見積りが出ました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

レオハウスとタマホームの価格帯はほとんど変わりませんが、ほぼ似たようなプランや間取りで見積りを取って比較された方々の口コミを見ると、ややレオハウスの方が安いのかなぁという印象を受けます。

 

ただし、中にはタマホームの方が安かったという方もおられますので、あくまで参考程度とされて下さいね。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
ローコスト住宅の資料をまとめてもらえます↓

 

レオハウスの値引き事情

 

現在、レオハウスでの契約を検討されている方は、契約前に値引き交渉をすべきなのか?と悩まれるのではないでしょうか。

 

家の購入は一生に一度の大きな買い物のため、値引き交渉を行い、少しでも値引きに応じてもらえるのであれば、その分住宅ローンの負担を減らすこともできます。

 

よく、ネット上に飛び交う情報をみると、『100万円ほどの値引きとサービスで●●●を付けてもらえました。』といった口コミもあり、契約してから実際に値引きしてもらった人もいるという事実を知ってしまうと、後悔も残りますよね。

 

ハウスメーカーでは、値引きを行うメーカーと、一切値引きに応じないことで有名なメーカーもあります。

 

また値引きはできないけれど、その代わりにキャンペーンで何か付けてもらえるようなところもあります。

 

基本的にローコスト住宅に定評のあるハウスメーカーでは、もともと低価格帯を実現されていますので、それ以上値引きができないという現状にあり、ほとんど値引きが行われません。

 

レオハウスもローコスト住宅を扱うハウスメーカーなため、あまり値引きが行われていないようなイメージですが、今回はレオハウスの値引き事情を徹底調査しました。

 

 

「レオハウスは元々価格帯が高いハウスメーカーでもありませんし、交渉をしても値引きはしてくれません。
ただし、オプションのサービスぐらいは応じてくれます。」

 

 

「レオハウスで建てました。
営業さんの話によると、基本的に値引きは無いと言う話で、実際に我が家でも値引きはありませんでした。
値引きの代わりにサービスとしてオプションを付けてくれましたので、このあたりは交渉した方がいいと思います。」

 

 

「レオハウスでは金額的な値引きはなく、我が家も一切値引きはありませんでした。
評判通り、オプションのサービスはありました。」

 

 

「レオハウスでの契約を前向きに検討しており、現在提示されているのは2階トイレ設置(部材込)とカップボードのサービスぐらいです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

やはりレオハウスでは値引きが行われていないため、値引き交渉を行っても値引き額を引き出すことは困難なようですね。

 

この値引きは一切しない姿勢や、常に低価格帯を実現されているハウスメーカーという姿勢に惹かれ、レオハウスを支持される方も多いようですね。

 

ちなみに、値引きの代わりにサービスが行われており、オプションのサービスなどは実際に行われていますので、オプションとして何かサービスしてもらえないか?という交渉は有効のようですよ。

 

レオハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

レオハウスの評判は実際どうなの?

 

レオハウスといえば、クレヨンしんちゃんがイメージキャラクターを務めているハウスメーカーで、ローコスト住宅を扱うメーカーとして知られています。

 

レオハウスも候補にあがっている方は、レオハウスの評判なども気になると思います。

 

住宅の購入は一生に一度であろう大きな買い物ですから、あまり評判の悪いメーカーでは建てたくないですし、引き渡し後に起こった不具合時の対応なども気になるところです。

 

そこで、ここでは、レオハウスの評判を徹底調査しました。

 

 

「レオハウスで建築中の者です。
制振装置は付いていませんが、価格帯のわりに仕様がしっかりしていると感じレオハウスを選びました。
担当者の人柄も良く、大工さんの対応もしっかりとしており、現時点では満足しています。
ただ、あと500万円ほど予算に余裕があったら、他のハウスメーカーも含め検討していたと思います。」

 

 

「最終的にレオハウスを選んだ決め手として、担当の営業さんが最後まで契約を迫らなかったことが大きいです。
また、打ち合わせの度に一級建築士さんが同席してくれるので、間取りなどに関しても的確なアドバイスを頂くことができました。」

 

 

「レオハウスで建てました。
営業さんは感じの良い方でしたし、工務店に通じた営業さんだったので、我が家は当たりだったと思います。
引き渡しまでの日程が詰まっており、打ち合わせもあわただしく大変でしたが、営業さんのサポートのおかげで間に合い、感謝しています。」

 

 

「レオハウスで契約しました。
担当の営業が本当に頼りなく、今では顔も見たくないほどです、、。
見積りもこちらが指摘しないと間違ったままでしたし、何度も訂正してもらい、とても疲れました、、、。」

 

 

「現在、入居して3ヶ月ぐらいが経ちます。
まだ数か月しか住んでいませんが、今のところ大きな不具合などもなく快適に暮らしています。
ちょっとした不具合としては、引き戸が建てつけ上の問題か、反りの問題か、慎重に開け閉めしないとズレてしまうことです。
今のところ2階の西側にあたる部屋も、ほとんど西日の影響を受けないため、暑すぎて不快ということはありません。」

 

 

「レオハウスで建てました。
もしかしたら、今後の不具合時の対応などで印象が変わってしまうこともあるかも?しれませんが、今のところ営業、監督、コーディネーター、大工さんに恵まれたおかげで、満足のいく家造りができたと思います。」

 

 

いかがでしょうか。

 

どのハウスメーカーでもあてはまることなのですが、営業さん、現場監督、大工さんなど、担当者の当たり外れはあります。

 

施主としては外れにあたってしまった場合は不満も募る一方で、このあたりも評判に大きく影響してしまいます。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

page top