R+HOUSE(アールプラスハウス)の坪単価と評判

このページでは、R+HOUSE(アールプラスハウス)の坪単価や評判について説明しています。

 

また、R+HOUSE(アールプラスハウス)での値引き、建てる場合のメリット・デメリットについても解説しています。

 

これから、家を建てる方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)の坪単価

建築家がデザインする高性能な住宅を提供されているR+house(アールプラスハウス)。

 

アールプラスハウスでは、デザイン性と機能性を兼ね備えつつ、坪単価は50万〜60万円程度と、比較的手の届きやすい価格で提供されています。

 

一般的に建築家に依頼する場合は、建築費用が高そうなイメージがありますが、坪単価だけみると、ローコスト系の住宅メーカーよりも安い印象を受けます。

 

しかし、坪単価というものはあくまで目安程度にしかならず、オプションの有無や要望などによっても簡単に変動するものです。

 

そこで、今回は実際にアールプラスハウスを選んだ場合に、どれぐらいの坪単価が必要なのかを徹底調査しました。

 

 

「現在建築中の者です。
建坪35坪、本体価格で約2,200万円ぐらいでした。
その価格にオプション、外構、諸経費を含め約2,700万円ぐらいになりました。」

 

 

「現在、R+で検討中の者です。
手の届く価格帯に配慮されていると書かれていますが、参考までにモデルハウスにかかった建築費用を担当者に確認したところ、建坪25坪ぐらいで約2,500万円と聞きました。
モデルハウスということもあり、見栄えも良くする必要がありますが、坪単価100万円と非常に高い印象を受けました。」

 

 

「アールプラスハウスを検討していたものの、結局他のハウスメーカーで建てました。
アールプラスハウスを選ばなかった理由としては、思いのほか見積り額が高かったことがあげられます。
平屋ということもあり、28坪ほどで坪単価は80万円程度の見積りでした。
ちなみに、各部屋のドアやクローゼットのドアはオプション扱いとなり、見積りに入っていませんでした。」

 

 

「土地なし、30坪ほどで約3,000万円ほどかかるそうです。
ただし、解体費用のほか太陽光のことは記載されていなかったため、実際はさらに価格が高くなり、これなら他のハウスメーカーとほとんど変わらない印象ですね。」

 

 

「R+の坪単価ですが、最終的に80万円ぐらいになりました。」

 

 

「約32坪の建物でオプションを除き、1,900万円ぐらいでした。
ちなみに、オプションとして1階の拡張のほか、トイレや洗面所の追加などで約200万円ぐらいかかりました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)では坪単価が50万〜60万円程度とネット上で紹介されているため、これぐらいの坪単価で建築できるものだと思いがちです。

 

しかし、実際に見積りを取られた方や建築された方々の坪単価は80万円程度、場合によってはそれ以上ととても高く、建築費用の高さがネックとなりアールプラスハウスを断念される方もおられるようです。

 

中には最初の打ち合わせで予め予算を伝えていたものの、約1,000万円も予算がオーバーしているのに、何事もなく話を進めていかれたとの体験談もあります。

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)の値引き事情

R+house(アールプラスハウス)では、建築家がデザインする住宅を、身近に、手軽に感じられるように、手の届きやすい価格で提案されています。

 

デザイン性はもちろん、機能性を兼ね備えつつ、坪単価は50万〜60万円程度が一つの目安となっているようです。

 

しかし、実際に建築された方や見積りを取られた方の坪単価を参考にすると、1坪あたり70万円前後〜80万円程度と、大手ハウスメーカーと変わらないぐらいの坪単価が相場となっているようで、価格は高めな印象を受けます。

 

いざ、見積り額を提示され想像していたよりも高く、予算オーバーになりそうな場合に期待することと言えば、やはり値引きではないかと思います。

 

今後の付き合いなども考慮すると、過度な値引き交渉はするべきではありませんが、少しでも住宅ローンの負担を軽くするために、さりげない値引き交渉はありだと思います。

 

ただ、住宅メーカーによって値引き交渉時の対応や方針が定められているところもありますので、事前にその住宅メーカーの値引き事情を調査しておく必要があります。

 

一切値引きに応じない方針を貫いている住宅メーカーで、値引き交渉を行うことはタブーです。

 

このサイトをご覧になって下さっている方は、アールプラスハウスでは値引きが行われているのか?ということを気にされていると思いますが、ある口コミによりますと「6%の値引きがありました。」との情報があります。

 

それ以外には、値引きが行われているのかや、値引きが可能なら具体的にどれぐらいの値引きが可能なのか?など、参考になりそうな口コミは見つかりませんでした、、、。

 

ですが、アールプラスハウスは加盟店方式を採用し全国的に展開されているため、値引きは加盟店次第なところがあり、値引きに応じてくれる店舗もあれば、一切値引きが行われていない店舗もあると想定できます。

 

ちなみに、アールプラスハウスの提携法人に勤務されている場合だと、優待制度を利用することができますが、条件によっては適用外となることもありますので、詳細に関しては公式サイトでチェックしてみて下さい。

 

値引き交渉方法はこの記事を参考にしてください。

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)の評判と口コミ

R+house(アールプラスハウス)は建築家が提案するオシャレな高性能住宅として人気を誇っており、加盟店方式を取り、全国に250店以上の店舗が存在するなど、全国的に展開をされています。

 

一般的に、直接建築家に依頼しようとすると、かなりお金がかかるイメージがあるため、建築家との家づくりがベースにある場合は、アールプラスハウスも検討されるのではないかと思います。

 

しかし、アールプラスハウスでは原則、建築家との打ち合わせは3回というルールが設けられており、『一生ものの家づくりを、たった3回の打ち合わせだけで決められるのか、、、。』と不安に思われる方も少なくないようです。

 

そこで、アールプラスハウスの評判を徹底調査しました。

 

 

「住み始めて3ヶ月が経ちます。
我が家は吹き抜けリビングです。
担当者からはエアコンは1階だけで充分だとアドバイスを受けましたが、結局、2階の各部屋にもつけました。
実際に住んでみると、2階のエアコンは使用していないため、担当者の言う通りだったと思っています。
また、あまり物は多くない方だと思いますが、収納スペースが少なく感じるため、やはり収納は多いにこしたことはないと思います。
ちなみに、あまり使わない物は外の物置に置いてます。」

 

 

「原則的に建築家と3回しか打ち合わせができないため、当初は不安しかありませんでした。
不安だったため、最初のヒアリングの時に要求などをプリントアウトし、文章にしてしっかりと伝えたこともあり、結果的に全く問題なく、満足のいく提案が得られました。」

 

 

「指摘されている方も多いように、3回の打ち合わせに関しては心配しかありませんでした。
ただ、要望などを照らし合わせ、建築家が選ばれるそうで、高確率で客に合った建築家が選ばれるようです。
事前に工務店に要望を沢山伝え、その要望をもとに建築家とのヒアリングという流れなので、こちらの意見もしっかりと反映されていました。
ちなみに、建築家との打ち合わせは3回のみですが、工務店を通してなら要望のやり取りなどはできましたよ。」

 

 

「アールプラスハウスで建築中です。
結局、対応や施工技術も工務店次第なところがあります。
我が家は、ミス自体は認めるものの、誠意ある対応がない工務店にあたってしまい、せっかくの家づくりが台無しで、まだ家が完成してもいないのに後悔ばかりです、、、。」

 

 

「R+で検討していたものの、結局ハウスメーカーで建てました。
R+で図面の作成まで進めていました。
現実的な数字なら、予算にはある程度寄り添ってくれ、最初は感じの良い工務店だと思っていました。
しかし、担当者としばらくの間音信不通になり、その後工務店の対応が悪く感じたため、とてもじゃないけれど契約はできませんでした。
ちなみに、建築士との打ち合わせ費用は一切請求されませんでした。」

 

 

「R+で建て、先月から入居しています。
R+の場合、工務店や担当者による当たり外れはあると思いますが、私は幸いにも、担当者をはじめ設計士さんにも恵まれており、土地の条件などにも恵まれていたため、満足のいく家づくりが出来たと思っています。
実際に、コストをはじめ、住み心地、性能などトータル的にバランスが取れていると思います。」

 

 

「現在建築しています。
無料で図面、見積りを出してくれるハウスメーカーとは異なり、建築家との打ち合わせ回数が設けられており、納得がいくのか不安でしたが、結果的に満足のいく間取りでした。建築家との打ち合わせ回数は決まっていますが、それまでに工務店とは何度か打ち合わせをしますし、全く希望と異なる模型が提示される心配はないと思います。」

 

 

いかがでしょうか。

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)では、原則的に建築家との打ち合わせが3回と決められており、このルールを不安に感じる方も少なくないようですが、それまでに工務店とは何度か打ち合わせをしますので、そこでしっかりと要望を伝えておくことが成功の秘訣のようです。

 

ただし、建築家は何十人もおられますので、やはりその建築家のセンスに左右されてしまうことはあるようです。

 

また、こちらから建築家を指定することは出来ないため、感性の合う建築家に当たれば要望通りの満足のいく家づくりが期待できますが、中には、要望を伝えていても期待外れのプランが提案されることもあるようで、建築家さん次第なところがあります。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)の断熱性能は?

R+house(アールプラスハウス)の住宅は、高気密・高断熱にもこだわった住まいづくりが行われています。

 

住宅の断熱性能を確かめる時に、“Q値”や“UA値”も参考にされると思いますが、アールプラスハウスではQ値、UA値ともに日本の断熱化基準である省エネ基準を大きく上回っているようです。

 

断熱材に関しては、多くの住宅メーカーで主流なものとしてはグラスウールがあげられますが、アールプラスハウスではオリジナルとなる高性能断熱パネルのR+パネルが使用されており、グラスウールを大幅に上回る優れた断熱性能と耐久性が期待できます。

 

また、パネル化されているため、施工の効率が上がるだけでなく、はめ込み式の施工なので、技術にムラがなく、確実に高気密・高断熱住宅の実現が可能とされています。

 

高気密・高断熱住宅は、冷暖房の費用の削減にも繋がり、家計にも優しい住まいでもありますが、実際にアールプラスハウスの断熱性に関して、世間ではどのように評価されているのか?も気になります。

 

そこで、アールプラスハウスの断熱性能に関する評判や口コミを徹底調査しました。

 

 

「床暖房なしですが、無垢は木の暖かさが感じられ、真冬でも床が冷えることなく快適です。
反対に、夏は床がひんやりしており夏場も心地良く過ごせています。」

 

 

「中国地方で第1種換気ですが、冬場は換気口の床下から冷たい冷気を感じ寒いです。
今更床暖房は無理なので、電気カーペットを敷き対策しています。
夏の2階も暑く、明らかに1階との温度差が感じられます。
口コミなどを見ていると、快適に過ごされているお宅もあるようですが、快適なお宅と何が違い、こんなにも当たり外れがあるのかと思うと非常にガッカリです、、、。」

 

 

「28坪、吹き抜けがあります。
冬は暖かく問題ありませんが、夏は2階が暑くなるので2階の各部屋にエアコンがないと過ごせません。」

 

 

「去年から住み始めました。
リビングだと、夏場も冬場もエアコン1台でも十分快適だと感じます。
関東地方なので、お住まいの地域によって感じ方は異なってくると思いますが、冬場は設定温度21度ぐらいでも十分暖かいです。
我が家は吹き抜けなので、寝る前まで2階の居室のドアを開けっぱなしにしておき、暖かい空気が家全体に届くようにしています。」

 

 

いかがでしょうか。

 

口コミを見る限り、断熱性能に関しては賛否ありますが、お住まいの地域や吹き抜けの有無などの条件によっても左右されてきますので、あくまで参考程度とされて下さい。

 

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)のデメリット

R+house(アールプラスハウス)では建築家がデザインする高性能な住宅を、比較的手の届きやすい価格帯で提供されています。

 

非常にデザイン性に優れているため、デザインを優先される方の場合だと建築の依頼先として、一度は検討されるのではないかと思います。

 

しかし、デザインが重視された家の場合は、いざ住んでみると使い勝手が悪いなんて話はよく聞きます。

 

ここではあえてアールプラスハウスのデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:坪単価が高い!

 

まず、価格の高さを指摘される声が多くあがっています。

 

アールプラスハウスの坪単価を調べてみると、50万〜60万円程度と比較的手の届きやすい価格で提供されているような印象を受けますが、いざ話を進めていくとこの坪単価で建てることは厳しいことが分かると思います。

 

実際に建築された方や見積りを取られた方々の坪単価を調べてみると、70万〜80万円程度と大手ハウスメーカーと同等の坪単価になることもあります。

 

中には、そんなにこったわけではないのに坪単価70万円ほどの金額を提示された方もおられるようです。

 

また、設計料に関しては、各地域の工務店によって若干違いが生じるかもしれませんが、間取りを決めて、基本設計の見積り(模型込み)に20万円の費用が発生するとの情報があります。

 

そして、その後実施設計に進むと、建築確認申請出来る状態までの図面を作成してくれますが、設計料として約100万円程度が必要だと言われています。

 

 

デメリット2:3回ルールという縛りがある!

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)ですが、原則的に建築家との打ち合わせは3回というルールが設けられていますが、このルールを不安に思われる方が多いようです。

 

実際に、『たった3回の打ち合わせで納得のいく物ができるのか不安しかありません、、、。』『事前に工務店との打ち合わせがありますが、直接話す機会は3回だけです。結局、3回目の打ち合わせの後、やはり方針が合わずキャンセルすることになりました、、、。』などの声もあがっています。

 

その反面、アールプラスハウスでは、一から作るフルオーダー住宅ではなく、セミオーダー住宅となっているため、建築家との打ち合わせは3回でも充分だという声もあがっており、ギュッと凝縮され効率が良いと評価される方もおられます。

 

 

デメリット3:建築家によって大きく左右される!

 

結局、満足のいく家を完成させるには、こちらの要望をしっかりと汲んでくれ、しっかりと意思疎通ができるのかということが重要になってくると思います。

 

R+HOUSE(アールプラスハウス)では建築家との打ち合わせは、基本的に3回までというルールがあります。

 

そのうえ、建築家を選ぶことはできないため、感性の合わない建築家に当たってしまうと、いくら要望を伝えても、施主が満足する提案は難しいように思います。

 

特に、デザインに関しては、担当してくれる建築家によって大きく左右されてしまうようなので、納得のいく提案が得られないことだってあり得ることです。

 

実際に、初回プランの料金を払い、建築家と3回の打ち合わせを行ったものの、期待外れのプランだったためお断りしたとの体験談もあり、建築家によって大きく左右されてしまうところは、大きなデメリットとなります。

 

アールプラスハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top