三井ホームの坪単価と評判

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「三井ホーム」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、三井ホームも候補の一つに入っている方は参考になると思います。

 

 

無料!三井ホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

三井ホームの坪単価の相場は?

 

三井ホームは大手ハウスメーカーの中でも坪単価が高いハウスメーカーとしても有名です。

 

 

三井ホームの坪単価の相場はズバリ、75万〜100万円以上なのです。

 

 

この坪単価はローコスト住宅の1.5倍〜2倍ぐらいの坪単価になるので、やはり高いでしょう。

 

 

下記ではそんな三井ホームの人気商品別の坪単価や特徴をまとめてみましたので、参考にして下さい。

 

三井ホームのセレクトオーダーの坪単価と特徴

 

三井ホームでは高級感に満ちたおしゃれな洋風住宅を取り扱っているメーカーとして定評がありますが、世間一般的なイメージとしては、三井ホームで建てる=坪単価がとても高いといったものではないかと思います。

 

三井ホームを検討されていた方が、営業マンに特に要望などを伝えずにもらった提案では、『ここは社長の家か、、、。』と思わず突っ込まずにはいられないほどの豪華な提案だったようです。

 

実際に価格帯が高いハウスメーカーなので、富裕層を中心に高い人気を誇っているメーカーでもありますが、実は三井ホームの中でも比較的、坪単価が安く設定されている商品があることをご存知でしょうか。

 

そうなんです!

 

三井ホームでは「セレクトオーダー」といった商品がラインナップされているのです。

 

セレクトオーダーでは、あらかじめ用意された約300プランの中から選ぶというスタイルで、インテリアに関しても4つのスタイルの中から、外観に関しても6つのスタイルの中から選ぶという準規格化された住宅です。

 

あらかじめ仕様を限定してしまうことで、その分価格にも反映されており、このセレクトオーダーの坪単価としては65万円程度が一つの目安となっているようです。

 

もちろん、制限がかかることもありますが、場合によっては間取りの変更に対応してもらったり、部材のグレードをあげることも可能なようです。

 

三井ホームの商品の中でも坪単価が安く設定されているため、構造などを心配されるかもしれませんが、耐震性の高いプレミアム・モノコック構造が採用されているため、安心感もあります。

 

しかし、三井ホームのセレクトオーダーではやはり選択できるものが限られてしまう上、わずかなオプションしか用意されていないとの情報もあり、ただの建売のような家になってしまうとの書き込みもありました。

 

価格重視でセレクトオーダーを選択されるのであれば、ある程度妥協できると思いますが、三井ホームでは基本的にお金さえ出せば、したいことは何でもできるメーカーなため、ある程度自由に選択したいという方には、不向きな商品なので注意して下さいね。

 

 

三井ホームのラングレーの 坪単価と特徴

 

三井ホームでは様々な商品がラインナップされていますが、2018年4月に新たに「LANGLEY(ラングレー)」といった商品が加わりました。

 

現在、三井ホームを検討されている方の中には、ラングレーで提案されている方もおられるのではないでしょうか。

 

ラングレーでは、半戸外空間となる『ラナイ』というスペースが設けられていたり、三井ホーム独自となるプレミアム・モノコック構造が採用されており、耐震最高等級3はもちろんのこと、3mの天井が標準で採用されています。

 

ラングレーについて調べてみたところ、どうやらこの商品の主要ターゲットは40歳代からの富裕層に設定されており、最上級仕様の位置付けにあるとのことで、かなり坪単価が高くなることは予想できます。

 

もともと、三井ホームでは予算に余裕のある方にお勧めのメーカーでもありますが、ラングレーではよりデザイン性や快適性などを追求した住まいを実現されています。

 

まだ発売が開始してから半年ぐらいということで、ラングレーで建築された方の情報などがなく、坪単価や建築費用に関して具体的な情報がないのですが、三井ホームの参考プランを元に坪単価を予想すると、最低でも100万円〜といったところだと思います。

 

仮に坪単価を安く見積もって100万円とし、60坪ほどの大きさの家を建てる場合の建築費用は6000万円という計算になりますが、実際にラングレーで建築される方は予算に余裕がある方ばかりだと思いますので、仕様やオプションにも徹底的にこだわると思います。

 

そのため、ラングレーの坪単価の相場としては、安くて100万円前後〜仕様によっては120万円程度になることもありますし、とにかくこだわって自由に建てる場合にはそれ以上の坪単価が必要になるとお考え下さい。

 

ちなみに、ラングレーの販売目標棟数は年間100棟と設定されていますが、現在の売れ行き状況も気になるところですね。

 

無料!三井ホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

三井ホームのウエストウッドの坪単価と特徴

 

一般的に平屋住宅というと、デザイン性を重視して建てる家というわけではなく、住み心地重視の家だと思います。

 

しかし、最近は平屋の需要も高まっており、デザイン性に優れたおしゃれな平屋を取り扱うハウスメーカーも増えてきていますよね。

 

三井ホームでも平屋モデルの「WESTWOOD(ウエストウッド)」といった商品がラインナップされています。

 

ウエストウッドはなんといっても三角屋根が特徴的な住まいで、パッと見、『これは平屋で建てられているの、、?』と思ってしまうほどオシャレな外観で、2016年にはグッドデザイン賞を受賞するほどの実績を誇っています。

 

名前の由来はアメリカのロサンゼルスの街並みからきており、アメリカンな感じの外観はとても素敵ですよね。

 

三井ホームのウエストウッドでは大空間はもちろん、快適な屋根裏空間も実現されていますが、坪単価や建築費用も気になるところです。

 

ウエストウッドでは、断熱性能の高いダブルシールドパネルが採用されていたり、健康空調なども提案されているほか、ZEH仕様で建てることも可能な商品となっています。

 

ウエストウッドの坪単価としては、75万円前後〜が一つの目安となっているようですが、仕様やオプションなどによっては坪単価が80万円台となることもあるようです。

 

仮に坪単価を80万円とし、40坪ほどの大きさの家を建てる場合の建築費用は3200万円という計算になり、三井ホームにしては少々安い印象を受けますが、注文住宅の場合は定価というものがないため、あくまで目安程度にお考え下さい。

 

 

三井ホームのソノマの坪単価と特徴

 

三井ホームではオシャレな洋風住宅を手がけるメーカーといったイメージ通り、北欧テイストの「シュシュ」といった商品は高い人気を誇っています。

 

そして、2015年4月に「ソノマ」といった商品が新たなラインナップとして加わりました。

 

ソノマも北欧テイストでとてもオシャレな外観や内装が特徴的な商品ですが、アメリカのカリフォルニア州にあるソノマという地域から名付けられています。

 

ソノマは三井ホームの30歳代の社員が中心となって開発されており、主に30〜40歳代前半の方をターゲットとされており、発売が開始した当初の参考価格では、坪単価が58万円台〜とかなり価格にも配慮されていることが分かります。

 

しかし、三井ホームといえばやはり高級感のある商品が多数ラインナップされていますし、ソノマの展示場などを参考に家を建てようとすると、坪単価もかなり高くなりそうです。

 

実際にソノマの展示場に足を運ばれた方の情報では、『展示場のようなソノマを建てる場合だと坪単価80万円では厳しいようです、、。』といった情報もありました。

 

先ほども紹介しましたが、ソノマのターゲットは30〜40歳代前半の方をターゲットとされているため、住宅ローンの返済が家計を圧迫することのないように、坪単価は60万円前後〜が一つの目安となっています。

 

ソノマの大よその坪単価は分かりましたが、ソノマの建築費用についても少しふれておきたいと思います。

 

約32坪ほどのソノマでプランを取られたあるブロガーさんの情報では、本体価格に全館空調、外構、解体の他、値引きにも応じてもらい約3000万円という金額を提示されたそうです。

 

ちなみに、本体価格は約2470万円と記載されていましたので、このソノマの本体のみの坪単価は約77万円弱、全て含めた坪単価は約94万円という計算になります。

 

ソノマは30歳代の方でも無理なく購入できるように価格にも配慮されているとのことですが、この坪単価をみるとそこまで安いという印象は受けませんね。

 

ただし、仕様やオプション次第で価格が大きく変動しますので、あくまで参考程度にお考え下さい。

 

無料!三井ホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

三井ホームのヴァンスの坪単価と特徴

 

三井ホームでは多くの商品がラインナップされていますが、商品の一つとして「VENCE(ヴァンス)」といったものがラインナップされています。

 

ヴァンスでは『サロンのある暮らし』がコンセプトとなっており、18世紀のフランスで上流貴族や貴婦人を中心に広まったサロンをイメージし、それを現代のライフスタイルに考慮しつつ作られた商品です。

 

ヴァンスでは自宅で教室を開くことも可能ですし、友人を招いてもてなす上質な空間を造ることもできます。

 

ヴァンスはフランスにあるコートダジュールに隣接した地域から名付けられている通り、伝統的な日本住宅の面影は一切なく、オシャレな洋風住宅となっていますが、ヴァンスの展示場の画像などをみてみると、とても豪華な豪邸で建築費用が気になります。

 

洋風の雰囲気で建てたい方や白を基調として建てたい、自宅で趣味の教室を開くためにオシャレな家を建てたいという方には自信を持ってお勧めできる商品ですが、坪単価は三井ホームの中でもかなり高くなります。

 

ヴァンスの発売が開始した時に参考価格として、坪単価95万円と紹介されていましたので、特別な仕様などにこだわらずに、標準的な仕様で建てた場合でも坪単価90万円台といったところでしょう。

 

現在、ヴァンスを検討されている方だと、実際にヴァンスの住宅展示場に足を運ぶと思いますが、展示場はとても豪華な仕様となっているため、イメージしづらいと思いますが、参考までにヴァンスの展示場の価格もご紹介しておきたいと思います。

 

ブロガーさんの情報では延床32坪ほどのヴァンスの展示場で、販売価格が1億3900万円ほどだったようです。

 

32坪ほどで1億超え、、、。

 

かなり予算に余裕のある富裕層の方でなければ、ヴァンスの建築は厳しいという現実ですね。

 

ちなみに、ヴァンスではZEH仕様にも対応されています。

 

 

三井ホームのオークリーの坪単価と特徴

 

1999年に発売が開始した「オークリー」。

 

発売から20年近く経った現在でも人気を誇っている商品で、落ち着いた外観が特徴的な住まいです。

 

オークリーのモデルプランの坪単価をチェックしてみると、69万円〜ということが分かりましたが、実際にオークリーを検討されていた方の情報によりますと、『オークリーで建てようとすると坪単価が80万円近くなりました。』とのことで、実質的な坪単価としては70万円台〜といったところでしょうか。

 

仮に坪単価を75万円とし、施工床面積を40坪とした場合の建築費用は3000万円という計算になりますし、坪単価を80万円とした場合だと3200万円という計算になります。

 

そして、オークリーでは1坪あたり6.8万円の追加料金を払うことでZEH仕様にも対応可能な住宅でもあります。

 

一般的に大手ハウスメーカーでZEHに対応した住宅を建てようとすると、かなり建築コストが高くなりますよね。

 

ZEHの普及率を高めるために補助金なども導入されていますが、その制度を利用してもまだまだ建築コストは高いといった現状があります。

 

モデルプランの坪単価69万円を元に計算すると、そこにプラス6.8万円ということになり、合計金額の約76万円の坪単価でZEH仕様にすることができるということです。

 

仮に坪単価76万円とし、施工床面積を40坪とした場合の建築費用は3040万円という計算になります。

 

ZEH仕様ということで全館空調システムを導入したり、最新の省エネ設備や創エネ仕様を組み合わせる必要があり、導入費用もかさみますが、この価格帯だと大手の中でもかなりお買い得感があります。

 

無料!三井ホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

三井ホームの平屋の坪単価と特徴

 

近年、平屋住宅の需要が高まっており、大手では様々な平屋のプランが用意されています。

 

三井ホームでもいくつか平屋のプランが用意されていますが、平屋の商品として「モア・ストーリー」や「ウエストウッド」がラインナップされています。

 

モア・ストーリーでは、都市や郊外でも暮らす場所を考慮してデザインすることで、平屋の魅力を最大限に感じられる住まい造りを実現されています。

 

そして、落ち着いた外観が特徴的で、夫婦二人でこれからの人生を楽しく、心地よく過ごしたいという方にもお勧めできる平屋住宅ですが、モア・ストーリーを検討されている方が気になるのは、坪単価や建築費用ではないかと思います。

 

一般的に平屋住宅と2階建てを比較すると、平屋の方が基礎や屋根の面積が約2倍近く増えるため、建築費用が高くなると言われていますし、もともと三井ホームは価格帯が高いハウスメーカーということで、坪単価が高くなる要素ばかり含まれています。

 

モア・ストーリーの坪単価を調べてみると、70万〜80万円程度だということが分かり、意外にも平屋住宅の坪単価は安く設定されていますね。

 

一方、平屋モデルの「ウエストウッド」といった商品もラインナップされていますが、こちらは2016年にグッドデザイン賞を受賞した商品となります。

 

三角屋根と屋根裏部屋が特徴的な住まいで、外観もとてもオシャレで『建築費用も高そうだなぁ、、、。』といった印象を受けましたが、坪単価は75万円〜となっており、三井ホームで平屋を建てることを考えると、そこまで高いという印象は受けませんね。

 

ただし、坪単価はあくまで目安程度にしかならず、実際は選択する仕様やオプション次第なところがありますので、過信せずに参考程度にお考え下さい。

 

 

三井ホームの評判は実際どうなの?

 

三井ホームを検討中の方は、事前に評判などもネット上で検索したりすると思います。

 

大手ハウスメーカーなので、当然様々な評判が飛び交っていますが、やはり世間での評判も気になるところですよね。

 

そこで、ここでは三井ホームの評判を徹底調査してみました。

 

 

「二階建てで小屋裏がありますが、全館空調のおかげで猛暑が続いた夏場でも、快適に過ごすことができました。」

 

 

「我が家は三井ホームを検討したことがありますが、最後は結局他のハウスメーカーを選びました。
決定的な決め手となったことは、やはり担当者の印象です。
確かに三井ホームは大手ということで安心感がありましたが、担当者のガツガツ感がすごい上、挙句の果てには、他のメーカーの悪口を言っていたりして必然的に選択肢から外れました。」

 

 

「担当者や支店の方針によっても若干異なってくるのかもしれませんが、三井ホームの場合はかなり融通が利くメーカーなようですね。
持ち込みだったスピーカーも嫌な顔することなく設置してくれたりと、大手にしては融通が利く方だと思います。」

 

 

「我が家ではありませんが知人宅が三井ホームで新築しました。
完成した家には満足しているようですが、床暖房を入れなかったことだけは後悔しているようです。
また、三井ホームでは外構が弱点のようで、知人は別の外構業者でお願いしたようですが、トータルでコーディネートできないところは大手なのにちょっと残念でもあります。」

 

「我が家もですが、三井ホームで外構をお願いする人は少ないようです。
担当の営業マンですら、外構は外部の専門業者に依頼された方が良いと言われていたほどなので、とにかく外構は弱いイメージしかありません。」

 

 

「三井ホームのソノマという商品で、現在着工が開始したばかりの者です。
何度か設計士さんに修正してもらったおかげで、満足のいくプランができたと思います。三井ホームではインテリアコーディネーターの方もついて下さいますが、提案されるレベルが高く、楽しみながら打ち合わせをさせて頂きました。
まだ出来上がっていませんが、今から完成が待ち遠しいです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ハウスメーカーでは結局のところ、担当してくれる営業マンや設計士さん、インテリアコーディネーターとの相性次第なところがありますし、その相性によっても評価に大きく影響を与えてしまうこともあります。

 

相性が悪い担当者だと、当然三井ホーム自体のイメージも悪くなってしまいますが、これはどのハウスメーカーを選んでも言えることですね。

 

以上が三井ホームの坪単価や評判となります。

 

これから家を建てる方の参考になれば幸いです^^

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪


<スポンサーリンク>



page top