ミサワホームの坪単価と評判

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「ミサワホーム」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、ミサワホームも候補の一つに入っている方は参考になると思います。

 

 

無料!ミサワホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

ミサワホームの坪単価の相場はどのぐらい?

 

大手ハウスメーカーの一つとしてミサワホームがあります。

 

ミサワホームといえばテレビCMでもなじみのあるハウスメーカーで、ほとんどの方がご存知のメーカーだと思います。

 

大手で知名度の高いハウスメーカーなので、ブランド力も抜群にありますが、ミサワホームを検討されている場合、坪単価がどれぐらいするのか?といったことが気になると思います。

 

ミサワホームでは規格住宅をはじめ、注文住宅で建てることもできますので、選ぶ商品によっても坪単価は異なってくるため、事前に予算に応じた商品を調べておく必要があります。

 

ミサワホームといえば、蔵のある家をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

 

まとまった収納空間を確保し、スッキリとした空間での暮らしを実現させているのが、ミサワホームの蔵のある家です。

 

家中に溢れている物をスッキリと収納させたい方や、まとまった場所に収納スペースを設けたいとお考えの方にお勧めの商品ですが、この蔵のある家は注文住宅となりますので、規格住宅よりは坪単価も高く設定されています。

 

ミサワホームの平均的な坪単価としては、65万円〜が一つの目安となっていますが、実際に蔵のある家で見積りを取られた方の情報によりますと、35坪、本体価格が約2900万円だったそうですよ。

 

この坪単価は約83万円という計算になります。

 

無料で太陽光が約3kwサービスで付いているようですが、外構や地盤改良、付帯工事などの費用は含まれていないようなので、実際はこれよりも数百万円ほどかかります。

 

そのため、坪単価65万円ぐらいで建てられると思いミサワホームに行ったものの、坪単価80万円超えなら冷や汗ものですが、注文住宅の場合はこだわるほど高くなりますので、安く抑えたい場合は、可能な限りシンプルにすることである程度坪単価を抑えることはできます。

 

また、ミサワホームでは価格に配慮された商品も取り扱っており、「ミサワ・ウェブダイレクト」という坪単価が40万円台〜に設定された規格住宅も用意されています。

 

もちろん、実際に住めるようにするための工事費用や諸費用などを含めるともう少し坪単価は高くなりますし、間取りに制限があったりしますが、普通にミサワホームで建てるよりもかなり価格を抑えることができる商品となっています。

 

 

ミサワホームのスマートスタイルの坪単価と特徴

 

大手ハウスメーカー=建築費用が高いといったイメージをお持ちの方も多いと思います。
しかし、規格住宅を選ぶと坪単価を抑えることができます。

 

ハウスメーカーでは、注文住宅と規格住宅を取り扱っており、注文住宅は自由にオーダーして建てられるのに対し、規格住宅では予め用意されたプランや間取りの中から、最適なものを選んでいくというスタイルです。

 

ミサワホームでも規格住宅が用意されており、スマートスタイルシリーズが規格化された商品となります。

 

規格住宅といっても何パターンかタイプが用意されており、“Eco & Ethicalがコンセプトとなっているスマートスタイル「E」をはじめ、ゼロ・エネルギー住宅のスマートスタイル「S」、平屋住宅のスマートスタイル「A」平屋などがラインナップされています。

 

先ほども紹介しましたが、スマートスタイルシリーズはすでに規格化された住宅なので、一から家造りをできるという商品ではないため、注文住宅と比較すると自由がないのですが、その反面、価格は抑えられています。

 

まずは、ミサワホームのスマートスタイルシリーズで見積りを取られた方々の坪単価や価格帯を調べてみました。

 

 

「ミサワホームの規格住宅スマートスタイルH、34坪カスタム仕様で見積りを取りました。
太陽光とMGEOなし、外壁カービングライン、そのままの仕様で本体工事価格が値引き後2050万円という見積りが出ました。」

 

 

「スマートスタイル35G蔵、ZEH仕様で建物本体価格だけの坪単価が約77万円でした。
スマートスタイルシリーズですが坪単価が上がった要因としては、ZEH仕様にしたことも要因の一つと考えられます。
ちなみに、この坪単価に付帯工事やエアコン、カーテン、照明などは含まれていません。」

 

 

ミサワホームのスマートスタイルの坪単価としては、50万円〜60万円前後と注文住宅で建てる場合よりも、かなり坪単価が安く設定されています。

 

ミサワホームで注文住宅を建てる場合は、まず坪単価が50万円台で収まるということはありませんので、予算が厳しい場合やなるべく住宅ローンの負担を抑えたいという方は、規格住宅のスマートスタイルシリーズの中から選ぶということは賢い選択だと思います。

 

また、ミサワホームといえば蔵のある家をイメージされる方も多いと思いますが、このスマートスタイルに蔵を付けることもできるようです。

 

無料!ミサワホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

ミサワホームのジニアスの坪単価と特徴

 

ミサワホームでは商品を規格化することでその分価格を抑えた「スマートスタイル」から、自由設計住宅の「センチュリー」まで、幅広い価格帯の商品が用意されていますが、ミサワホームの中で価格帯がスタンダードな商品といえば「ジニアス」があげられます。

 

ジニアスには、蔵のある家や二世帯住宅仕様、3階建て住宅などバリエーションも豊富に用意されていますが、蔵のある家はグッドデザイン賞グランプリを受賞した実績もあります。

 

ジニアスはミサワホームの中でも価格帯がスタンダードな商品ということで、坪単価が60万円台に設定されているのかと思いきや、『ジニアスは頑張ってもらっても坪単価70万円ぐらいはします。』との口コミもあり、実際の坪単価はどれぐらいなのか?と気がかりな方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ここでは実際に見積りを取られた方や、ジニアスで建てられた方々の口コミを参考に坪単価を調べてみました。

 

 

「ジニアスの37坪、小屋蔵収納(6畳に固定階段)、太陽光が約4kw、値引き後の価格で本体価格が税込み2700万円ぐらいの見積りが出ました。
ちなみに、エコキュートや外構などの費用は含まれていません。」

 

 

「延べ床面積が35坪で2700万円ぐらいかかりました。
ジニアスでこれぐらいの大きさの家を建てる場合は、これぐらいの建築費用は相場のようですが、ドアや床材、水回り関係や外壁などのグレードによっても変わってきますし、間取りなどでも変わってきます。」

 

 

「ジニアス蔵で建てました。
33坪に蔵が12畳で最終的な坪単価は70万強ぐらいでした。」

 

 

ジニアスで建てる場合の坪単価としては、65万円〜70万円前後が一つの目安となりそうですが、口コミで紹介した方々の坪単価は皆さん70万円を超えていますね。

 

また、一口にジニアスといってもバリエーションが豊富に用意されている商品でもありますし、装備のグレードを変更すると追加料金が必要となりますので、あくまで坪単価は目安程度とお考え下さい。

 

 

ミサワホームのセンチュリーの坪単価と特徴

 

ミサワホームで注文住宅をお考えの場合は、「ジニアス」か「センチュリー」に絞って話を進めていきます。

 

最初はジニアスで見積りを出してもらっていたけれども、せっかく家を建てるのだから自由にオーダーしたいということになり、センチュリーに変更するというケースもあります。

 

ジニアスも注文住宅なので可能な限り要望なども反映させてもらうことが可能ですが、ジニアスはフルオーダーというよりもセミオーダーに近いため、こだわりが強い方の場合だとセンチュリーを勧められることが多いようです。

 

センチュリーはミサワホームの商品の中でも上位に位置付けされていますが、坪単価はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

センチュリーの坪単価としては、70万円〜80万円前後が一つの目安となっており、予算に余裕がある方向けの商品となっています。

 

ただし、設備や仕様に対するこだわりが強かったり、間取りに凝ったりしているとあっという間に坪単価が80万円を超えてしまうこともありますので、注意して下さい。

 

また、2017年に創立50周年を記念してセンチュリーシリーズから最上級モデルとなる「センチュリー・プリモア」という商品の発売が開始しました。

 

センチュリーよりも耐震性や設計の自由度が大幅に向上されているようですが、価格設定は高めで富裕層をターゲットとした商品になっています。

 

最近、富裕層をターゲットとした高級住宅を扱う大手ハウスメーカーって多いですよね。
気になるセンチュリー・プリモアの坪単価ですが標準的なプランであれば60万円台〜可能とされていますが、モデルプランの本体価格は7800万円を超えており、坪単価を計算してみると100万円を超えています。

 

無料!ミサワホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

ミサワホームのインテグリティの坪単価と特徴

 

デザイナーズ住宅って凄くおしゃれで憧れる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、いざデザイナーズ住宅で建てようとすると、建築費用がかなり高いんじゃないかと心配になりますよね。

 

一般的にデザイナーズ住宅で建てる場合は、設計料やデザイン料にお金がかかるため、建築費用は高くなると言われていますし、デザイナーズ住宅の場合は規格化された商品とは違い、部材や素材などにこだわって建てますので、それらをまとめて発注するというわけにはいかず、何かとお金がかかります。

 

実はミサワホームでもデザインを重視した商品として「インテグリティ」がラインナップされています。

 

2014年から発売が開始したインテグリティは『SQUARE in SQUARE』がコンセプトとなっており、シンプルで四角いフォルムが特徴的な住宅となっています。

 

おしゃれな外観だけではなく、中庭などもありくつろげる空間造りを実現されていますが、ミサワホームのインテグリティで建てる場合の坪単価や建築費用も気になりますよね。

 

インテグリティを見る限り、坪単価80万円ぐらいはするのでは?と勝手な予想もしていますが、2014年当時の販売価格として約3170万円と紹介されていました。

 

施工費はプランによって異なるため一概に坪単価がいくらとは言えませんが、41坪タイプの価格のようで、この坪単価は約77万円台という計算になります。

 

インテグリティはデザインを重視しているということで、坪単価75万円〜が一つの目安となりそうですが、インテグリティには蔵を付けることも可能です。

 

インテグリティ自体、都市部を中心に人気を集めている商品のようですが、その地域でのニーズにも応えられるように蔵付きや3階建て住宅が新たにラインナップされました。

 

そのため、デザインを重視しつつ、まとまった収納空間を造りたい場合にインテグリティに蔵を付けるといった選択もありますが、蔵なしと比較すると、若干坪単価が高くなるとお考え下さい。

 

 

ミサワホームの平屋の坪単価と特徴

 

最近、平屋に対する人気が高まっており、平屋住宅に注目されているファミリーも多いことと思います。

 

平屋はワンフロアで生活の全てが完結するため、生活動線に配慮した間取りにすれば家事をしやすい家を造ることができますし、将来のことを考えても平屋なら安心して生活することができます。

 

しかし、その反面一般的な2階建て住宅と比較すると、建築費用は高く、坪単価も割高になると言われています。

 

そこで、ここではミサワホームで平屋を建てる場合の坪単価について調べてみました。

 

ミサワホームではいくつか平屋に対応した商品が用意されており、親子が身近に感じられ、おおらかに暮らせる「Granlink HIRAYA」や、お手頃価格なスマートスタイルシリーズから「SMART STYLE「A」HIRAYA」などがラインナップされています。

 

ミサワホームの平均的な坪単価としては、65万円〜が一つの目安とされていますが、平屋の場合、この坪単価よりは若干割高になると予想しておいた方がよさそうです。

 

実際に具体的な坪単価や建築費用も気になると思いますので、いくつか紹介したいと思います。

 

 

『ミサワホームで平屋を検討したこともありますが、結局2階建てで建てた者です。
延べ床面積40坪ぐらいで、建物本体価格が3000万円程度だったと記憶しています。
標準仕様のままだったため、3000万円程度に収まったと思いますが、さらに話を詰めて変更などもしていたら、プラス数百万円は必要だったと思います。』

 

 

『将来的に子どもの予定もなかったため、スマートハウスの平屋プランで見積りを出してもらうことになりました。
建坪23坪、平屋2LDK、8%の割引後で本体価格1600万円でした。
ちなみに、諸経費や外構などを含めると2100万円程度となりました。」

 

 

やはり、平屋の場合は基礎や屋根の面積が増えますので、坪単価60万円台で建てることは厳しいようですが、坪単価70万円台〜80万円台出せば、平屋の建築は可能なようですね。

 

ただし、規格住宅のスマートスタイルシリーズの「SMART STYLE「A」HIRAYA」を選ぶと、注文住宅で建てるよりも価格を抑えることができます。

 

ミサワホームと各ハウスメーカーの平屋の総額や間取りがもらえます♪

 

 

ミサワホームの評判は実際どうなの?

 

みなさんはミサワホームにどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

ミサワホームといえば、南極昭和基地の建設に携わっており、丈夫な家を建ててくれるハウスメーカーだといったイメージもあります。

 

その反面、大手なので値段が高いとか、契約するまでは親切に対応してくれたものの、契約後、態度がコロッと変わってしまったという話は、ハウスメーカーではよく聞きますよね。

 

そこで、今回はミサワホームの評判を徹底調査しました。

 

 

「積水ハウスも候補にあがっていましたが、最終的にミサワホーム、geniusの自由設計で建てました。
数あるハウスメーカーの中からミサワホームを選んだ決め手としては、ミサワが得意とする分野が私の要望と合致したためです。
設計士の方は生活動線や収納を考慮してくれ、特にこちらからは何も言うことはないほど考えられた設計でした。」

 

 

「知人がミサワホームの蔵の家に住んでいます。
内装もとても素敵で良い家だなぁ〜と思いますが、蔵は便利な反面、使いづらそうな印象を受けました。
知人宅では、ファンヒーターや屋外用のウッドのテーブルなどを収納していましたが、実際に重たい荷物をかがんだ状態で出すのは大変なようです。
ただし、小さいお子さんがおられる家庭だと、おもちゃやビニールプールなどかさばりますし、まとまった収納スペースは助かると思います。」

 

 

「ミサワホームの家ですが、グレードによって装備が限定されてしまうという点は弱みかと思いますが、ハウスメーカーでは基本的に工場で大量に生産されていますので、仕方ないと思います。」

 

 

「我が家は蔵が気に入ってミサワホームを選びました。
布団や服、趣味のスノーボード用品などを収納しており、役に立っています。」

 

 

「GENIUSで建てました。
ミサワホームの木造の場合は、柱ではなく壁で建てるため、強度上の関係で余計なところに壁がくることもあるため、打ち合わせ時には要確認です。
正直、ミサワホームの価格は一番高かったですが、総合的にみると上品ですし、モダンスタイリッシュな感じは気に入っています。
また、営業マンは誠意が感じられる人でした。」

 

 

「我が家もミサワホームですし、実家もミサワです。
先に建てたのは実家ですが、その時に造りやアフターサービスに満足していたことも購入の決め手となりました。
ミサワホームに限らずハウスメーカーでは、下請けの大工さんに建ててもらうことになります。
担当してくれた大工さんの話によりますと、ミサワホームでは工務店にミサワの建築を教え込むような形を取っているようなので、そこまで当たり外れがないような印象を受けました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ミサワホームが南極昭和基地の建築に携わっているということは有名な話で、実際にミサワホームの家はハウスメーカーの中でも特に丈夫だと言われています。

 

蔵のある家に関しては、用途によっては使いづらそうな印象も受けますが、お子さんがおられる家庭や荷物が多いという方の場合は間違いなく重宝しそうですね。

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪


<スポンサーリンク>



page top