イシンホームの坪単価と評判

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「イシンホーム」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方でイシンホームも検討予定の方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!イシンホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

イシンホームの坪単価の実際の相場は?

 

岡山県に本部を設けているイシンホームは、フランチャイズ形式で全国展開されているハウスメーカーです。

 

イシンホームと聞けば、「ローン0円住宅」のイメージが強く、これは太陽光発電システムを設置し、その売電収入によって住宅ローンを賄っていくという仕組みになっています。

 

現在、イシンホームを検討中の方はここでの坪単価や建築費用が気になると思います。

 

イシンホームでは坪単価30万円台〜家造りが可能なことが書かれているサイトもありますが、実際の坪単価としては45万〜60万円程度が相場になっているようです。

 

仮に坪単価を50万円とし、30坪程度の大きさの家を建てる場合の費用は1500万円という計算になり、比較的ローコストで建てられるハウスメーカーといった印象を受けますが、注文住宅には定価というものがありません。

 

そこで、実際にイシンホームで新築された方や、見積りを取られた方などの坪単価情報を集めてみましたので、是非参考にして下さい。

 

 

「延べ床面積32坪弱で本体価格が約1700万円ほど、坪単価は53万円ほどでした。
ちなみに、オプションはほとんど付けずに10万円程度でした。」

 

 

「イシンホームでも検討したことがあります。
決して坪単価は安くはなく、最終的には55万〜60万円ぐらいになりますが、カーテンや照明などが含まれていることを考慮すると、他のメーカーよりは安いのかなぁと思います。」

 

「最終的には30坪程度で1800万円程度、10kwのソーラーで330万円の見積りと大して安くなかったです。」

 

 

「イシンホームで建てました。
我が家では、床を無垢材に変更したり、キッチンやバス関係も標準仕様のものからグレードの良いものに変更していたので、全て含めると82万円ぐらいの坪単価になりました。」

 

注文住宅の場合は仕様やオプションなどによっても坪単価が左右されますので、単純に坪単価が安い、高いといった比較はできませんが、どうやらイシンホームでは標準設備が充実しているようで、それほどオプションを選ぶ必要がないといった情報もあります。

 

 

そのため、最初に提示された見積り額と最終的な支払い額の差が少なく、ローンの返済計画も立てやすくなりますが、やはり標準仕様から外れたオプションが多くなると、予想以上に高い見積り額を提示されることもありますので、このあたりは注意が必要かと思います。

 

 

イシンホームのHEIGの坪単価と特徴

 

比較的、ローコストで建てられることがウリとなっているイシンホームですが、商品のラインナップも豊富に用意されています。

 

イシンホームと聞けば、トップクラスの省エネ設備と太陽光発電の売電収入によって、住宅ローンを賄うという仕組みになっている「ローン0円住宅」が有名ですが、若い世代をターゲットとしたデザイナーズ住宅の「モダンキューブD」、天然無垢の桧杉松などを使った和風テイストが特徴的な「四季-ZEN」などがラインナップされています。

 

そして、初期費用が0円で大容量の太陽光発電システムを設置することのできる「HEIG MD」といった商品も用意されています。

 

一般的に大容量の太陽光発電を設置しようとすると、初期費用がかさみますし、住宅ローンの負担額は増えるばかりで、どうしても前向きに考えられない、、といった方も少なくないはずです。

 

しかし、HEIG MDでは太陽光を初期費用0円で設置できるだけでなく、20年間で最大約700万円の収入が得られるという、なんとも夢のような商品ですが、実際の坪単価や建築費用も気になるところですね。

 

HEIG MDでは太陽光発電システムが標準で装備されており、坪単価としては45万〜65万円程度が目安となっているようです。

 

実際にHEIGのフリープランで見積りを取られた方の情報によりますと、37坪ほどの大きさの家で込み込み価格で約2500万円の見積り額が提示されたようです。

 

このHEIGの坪単価は67万円台という計算になります。

 

ただし、イシンホームはフランチャイズシステムで全国展開されているため、担当の工務店によっても多少金額が異なる場合もあるようですから、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

無料!イシンホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

イシンホームのモダンキューブDの坪単価と特徴

 

イシンホームでは「モダンキューブD」といった商品もラインナップされています。

 

モダンキューブDは20代〜30代の方をターゲットとした商品となっており、月々の住宅ローンから太陽光の売電収入を差し引くことで、月々の支払いが実質2万円代からも可能とされています。

 

そのため、現在アパート暮らしをされている方にも家賃と同じくらいのローンを月々支払っていくことで、建てられる住宅として注目を集めている商品です。

 

モダンキューブDは四角の外観が特徴的で、このような外観は若い世代を中心に高い人気を誇っていますが、モダンキューブDで建てる場合の坪単価や建築費用が気になります。

 

どうやら、このモダンキューブDは、規格されたものの中から自由に選んでいくことができるようで、太陽光発電システムに関しても5kw搭載することのできるプランが用意されている反面、無しのプランも用意されており、太陽光の導入も自由に選択することができます。

 

モダンキューブDの坪単価としては、40万〜50万円程度とされています。

 

やはり、若者をターゲットとされていることで、イシンホームの中でもかなり坪単価が安く設定されている印象を受けます。

 

仮に、30坪程度の大きさの家を建てる場合の建築費用を計算すると、坪単価を40万円とするなら1200万円、1坪あたり50万円で計算するなら1500万円となり、比較的ローコストで建てることができます。

 

モダンキューブDは価格を抑えた商品なので、標準装備などでもかなり制限を受けてしまいそうですが、標準装備も豊富だといった口コミもありましたし、省エネ設備のほか、健康設備などにもこだわっている住宅でもあるようです。

 

 

イシンホームの0円住宅、実際はどうなの?

 

イシンホームといえば、「ローン0円住宅」が有名ですよね。

 

これは、0円で家を建てられるというものではありませんが、新築時に大容量の太陽光パネルを設置し、その売電収入を得ることで住宅ローンを0円にするという仕組みになっています。

 

例えば、月々の住宅ローンを10万円とすると、このローン0円住宅を実現させるためには毎月10万円の売電収入がなければ不可能ですが、そんなにうまい話があるのか?といった疑問も出てきます。

 

もし、本当に0円住宅が実現可能なら、何十年もローンを支払っていけるのかが不安で家の購入を決断できなかったという方も前向きに考えれそうですし、消費税の増税前に思い切って念願の家を建てることも可能です。

 

実際に、このローン0円住宅で新築された方の口コミによりますと、『約18kwの太陽光パネルを設置して、月々8万円ほどのローンが1万円になりました。』との情報がありましたし、中には『売電収入が10万円を超えています。』といった方もおられるようです。

 

口コミにもあるように、必ずローンが0円になるというわけではありませんが、それでも月々8万円の住宅ローンが実質1万円になると、かなり住宅ローンの負担が軽減され、家計にも余裕が出てきますよね。

 

ただ、この商品を選べば、絶対にローンが0円になるというものではなく、売電収入は建築される土地の条件をはじめ、日当たりや季節、屋根の形状などでもかなり違ってくるということを理解した上で、検討するようにして下さい。

 

無料!イシンホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

イシンホームの平屋の坪単価と特徴

 

現在、新築を検討されている方の中には平屋のプランで建てるのもいいなぁと思っている方もおられるのではないでしょうか。

 

平屋と聞けば、年配の方が住まれているイメージが強くあります。

 

しかし、平屋だと生活導線がフラットで階段を上り下りしなくていい生活が実現しますし、子どもに目が届きやすいことや、育児のしやすさなどの理由から、近年では20代や30代の子育て世代の間でも、平屋での暮らしが注目されています。

 

実際に平屋住宅への需要が高まっており、ハウスメーカーや工務店では平屋住宅に対応したプランや商品をラインナップしています。

 

「ローン0円住宅」を手がけているイシンホームでは、どうやら平屋専門のプランが用意されておらず、平屋住宅に力を入れているハウスメーカーではないようです。

 

ただし、これまでの建築実例などをみると平屋も紹介されていましたので、平屋での建築も可能ですし、現在、イシンホームの30周年記念商品として平屋住宅もラインナップされています。

 

イシンホームの平屋では、家族で楽しむことはもちろん、子どもが大きくなり夫婦二人での新たな暮らしにまで対応するなど、将来のことまでしっかりと考えたプランが用意されています。

 

イシンホームの平屋で建てる場合の坪単価に関しては記載されていなかったのですが、一般的に基礎や屋根の面積が増えるため、2階建て住宅と比べると坪単価が割高になります。

 

また、平屋ということで大容量の太陽光パネルの導入を検討されるかもしれません。

 

それらを考慮して、イシンホームで平屋を建てる場合の坪単価は55万円前後〜といったところですが、オプションなどによって坪単価がかなり変動することもありますので、あくまで目安程度にお考え下さいね。

 

イシンホームの評判は実際どうなの?

 

ハウスメーカーを選ぶ場合、世間での評判や口コミも参考にされるのではないでしょうか。

 

家は大きな買い物ですから、家造りで失敗したくないですし、できるだけ評判の悪いハウスメーカーを避けたいものです。

 

そこで、ここではイシンホームの評判を徹底調査しました。

 

 

「2年ほど前にイシンホームで建てました。
杉、桧の無垢をふんだんに使いました。
木が乾燥して若干隙間が空いたように思いますが、反りなどは気になりません。
ただし、無垢ということで汚れなどはすぐに拭き取らないとシミになってしまったり、木が柔らかいためキズが付きやすいなど扱いには注意するようにしています。」

 

 

「イシンホームの完成見学会に行ったことがありますが、仕上げがイマイチだったように記憶しています。
結局のところFC展開を取っているので、施工は工務店次第なところがあります。」

 

 

「イシンホームで契約したものの、提案力にも優れていませんし、見栄えも正直イマイチで、この先不安が募ります。
コーディネーターもいないため、何のアドバイスもなく外壁やサッシなどの色を決めていかなければなりません。」

 

 

「住んで半年ほど経ちますが、とても暖かい家だなぁと実感しています。
イシンホームはフランチャイズのため、大工さんや業者さんの腕に左右されてしまうのは事実で、我が家の場合だとクロス職人さんの腕があまりよくなく、クロスのつなぎ目が目立ちます。
担当者との相性はとても良く、この設備はあまり必要ないですよなどのアドバイスも的確にして頂けました。」

 

 

「イシンホームで建てた施主です。
ここでは比較的グレードが良かったですし、そのわりに格安で建てられたことに満足しています。
担当の工務店さんの対応も早いですし、今後も安心して任せられるかなぁと思います。」

 

「ローコスト住宅の中では、住宅性能も高く評価できるメーカーではないかと思います。ただし、フランチャイズということで、倒産のリスクは常に伴います。」

 

 

いかがでしょうか。

 

イシンホームはフランチャイズシステムを採用しているメーカーなため、施工する業者によって当たり外れの不安が伴いますし、施工に差が出てしまった結果、家の完成度にも影響を与えてしまうこともあります。

 

この部分はフランチャイズゆえ仕方のないことでもありますが、イシンホームの評判だけではなく、事前にその工務店の評判や口コミなども調べておく必要がありそうですね。

 

以上、このページではイシンホームの坪単価や評判を紹介させて頂きました。

 

これから建築予定の方に参考になればうれしいです^^

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪


<スポンサーリンク>



page top