一条工務店の坪単価と評判

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「一条工務店」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で一条工務店も検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

 

一条工務店の坪単価の相場はどのぐらい?

 

一条工務店は高気密・高断熱住宅に定評がありますが、現在、一条工務店で検討されている方は坪単価なども気になると思います。

 

そこで、一条工務店の坪単価について調べてみました。

 

まずは一条工務店で見積りを取られた方やオーナーの方々の坪単価を徹底調査しました。

 

「一条工務店で建築を予定している者です。
50坪ほどで太陽光やオプションを含めた総額で約5000万円ぐらいの見積り額でした。
大きな金額となるオプションは、1階のフローリングを無垢材に変更、外壁はハイドロテクトロ似のタイルなどです。」

 

 

「一条工務店の家は性能も良く、標準装備も充実していると聞いていたものの、実際に話を進めていくとある程度オプションが付けたくなり、我が家は付帯工事費用なども含め、坪当たり90万円と高かったです。」

 

 

「本体価格のみの坪単価は約60万円ぐらいでしたが、そこにオプションが約200万円ほど、諸経費と消費税で約400万円ほど必要となり、結局35坪で総支払額は約2700万円ぐらいです。」

 

 

「最終的に一条工務店への支払いは40坪で太陽光を含まず3500万円ぐらい、太陽光を入れると3700万円ぐらいだったと記憶しています。
オプションとしては、外壁タイルや網戸、照明、基礎の強化、スクリーン、12尺の窓、家電収納、床材の変更など、オプションだけで350万円ぐらいかかりました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

一条工務店の建物本体価格のみの坪単価であれば60万〜70万円程度が目安となり、仮に坪単価を60万円とし、大きさ40坪ほどの家を建てるのであれば建物本体価格は2400万円となります。

 

ただし、当然ながら建物のみの金額では住めませんので、この金額に付帯工事などの費用がプラスされます。

 

一条工務店では、標準装備が充実しているため、あまりオプションを選択しなければ坪単価を抑えることは可能ですが、妥協できずに沢山オプションを選択していると当然坪単価は高くなりますので、その点は注意が必要かと思います。

 

一条工務店の坪単価としては、大手よりは安いですがローコスト系のメーカーよりは高く設定されており、中堅くらいの位置付けにあります。

 

ただ、一条工務店の坪単価の検索をしていると、値上げといったキーワードもあり値上げ事情も気になるところです。

 

一条工務店の値上げについてですが、2017年11月頃から何回か値上げが行われており、調べてみると1回あたり坪単価が5千円も引き上げられていることが分かりました。

 

2018年現在もすでに坪単価が値上げされており、今後も坪単価が値上げされるのではないかと予想していますが、値上げの背景には2020年に開催される東京オリンピックがあり、人件費や建材の高騰などがあるようです。

 

ちなみに、一条工務店の値引き事情も気になると思いますが、基本的に一条工務店では値引きをしない方針のようです。

 

しかし、紹介割引や提携割引などは行われており、本体価格から3%ほどの割引をしてもらったとの書き込みもありました。

 

 

一条工務店のセゾンの坪単価と特徴

 

一条工務店では商品のラインナップも豊富に用意されており、「セゾン」といった商品も用意されています。

 

セゾンは格調高いヨーロピアンデザインと天然素材にこだわっている商品で、無垢材が使われた住宅設備やレンガタイル張りを採用するなど、魅力的な住まいを実現されています。

 

セゾンの内装をみても、上質感が感じられセゾンに一目惚れされる方も多いようですが、セゾンで建てる場合の坪単価や建築費用も気になるところです。

 

セゾンでは、定番の二階建て住宅をはじめ、平屋から二世帯住宅まで様々な暮らしに対応可能とされていますが、まずはセゾンシリーズで建築された方の坪単価を調べてみました。

 

「セゾンFで新築した者ですが、結局一坪あたり70万円ぐらいになりました。」

 

 

「数年前にセゾンシリーズで建てた者です。
最近、一条工務店さんでは数か月連続で坪単価が値上げされているため、この情報は参考になるか分かりませんが我が家の場合だと、60坪程度でフルオプションに近い状態で建てたため、坪単価70万円ぐらいになりました。」

 

 

セゾンシリーズの坪単価としては、55万円前後〜が一つの目安となっており、一条工務店の中でも価格を抑えた商品になっているようですね。

 

ただし、セゾンに一目惚れし、その後住宅展示場に足を運び、営業マンから坪単価55万円ほどと聞いていたものの、実際に話を進めていくと当然オプションもつけていくことになり、最終的に70万円近い坪単価になったという体験談もありました。

 

オプションの付け方次第では坪単価が高くなってしまいますので、このあたりは注意が必要かと思います。

 

ちなみに、一条工務店の全館床暖房には定評がありますが、どうやらセゾンでは標準仕様ではなくオプション扱いとなっているようです。

 

そのため、全館床暖房の導入を検討されている場合は坪単価が高くなります。

 

一条工務店のアイスマートの坪単価と特徴

 

一条工務店では商品のラインナップも豊富に用意されていますが、特に人気の高い商品として「アイスマート」があります。

 

アイスマートでは一条工務店の代名詞ともいえる“全館床暖房”が標準仕様とされていますし、ウォークインクローゼットは5種類の中から収納に合わせて自由に選択できます。

 

また、洗面台にも大容量な収納スペースが設けられているなど、とても標準仕様が充実しています。

 

ハウスメーカーの住宅展示場に足を運ばれた方ならご存知だと思いますが、展示場では良くみせるために、標準仕様では造られておらず、フルオプションを付けとても豪華に仕上げているのですが、一条工務店の住宅展示場では基本的に標準仕様で造られているため、イメージもしやすいと思います。

 

現在、アイスマートで検討されている場合、坪単価や建築費用が気になると思います。

 

標準仕様が充実している反面、一条工務店の中でも坪単価が高くなりそうですが、アイスマートで見積りを取られた方や建築された方々の坪単価を調べてみました。

 

 

「一条工務店のアイスマートで見積もりを出してもらいました。
まだ見積りの段階ですが、建物本体の坪単価で約73万円ほどでした。」

 

 

「北海道在住で一条工務店さんのアイスマートで検討しています。
一回目の見積りの時点では坪単価62万円ほど、外構代や足場代、申請費用などを含めると坪単価84万円となりました。
ちなみに、営業さんいわく坪単価が数か月後には1万円アップすると聞きました。
一気に1万円も値上げされるのではなく、5千円の値上げがこの数か月で2回行われるとのことです。」

 

 

「オプションはあまり付けていませんが、我が家は地盤の状態が良くなく、地盤改良費にお金がかかり、アイスマートの33坪で約2800万円ぐらいになりました。」

 

 

「施主は友人ですが、アイスマートで36〜37坪ほど、総工費は約3500万円と聞きました。ちなみに、外構費用は含まれていないようです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイスマートの坪単価としては、60万円台〜が一つの目安となっているようですが、実際は坪単価70万円台〜80万円台、もしくはそれ以上のケースもあるようですね。

 

高気密・高断熱住宅であることはもちろん、アイスマートでは全館空調や床暖房を搭載するなど、非常に設備も充実しているため、どうしても坪単価が高くなってしまうことは仕方ないように思います。

 

一条工務店のアイキューブの坪単価と特徴

 

一条工務店は性能とコストパフォーマンスの高さで人気を誇っているハウスメーカーですが、一条工務店の中で特に人気の高い商品として「アイスマート」や「アイキューブ」があります。

 

アイキューブの場合は、アイスマートと比べると窓の大きさに制限がかかってしまったり、デザインなどの選択肢が限られてしまうものの、床暖房やトリプルガラス、24時間換気システムなど、標準装備は非常に充実しています。

 

標準装備が充実していると、さぞかし坪単価も高く設定されていると思いきや、アイキューブの坪単価は55万円〜と大手よりは安く設定されています。

 

仮に坪単価を55万円とし、延床30坪ほどの大きさの家を建てようとした場合、建築費用は1650万円という計算になります。

 

一方、アイスマートの場合はアイキューブよりもグレードが高いため、坪単価も数万円ほどあがり、60万円〜となっています。

 

実際にアイキューブで新築された方の情報によりますと、延床43坪ほどで2800万円ぐらいだったようです。

 

ちなみに、司法書士などの費用は含まれていないようですが、このアイキューブの坪単価は約65万円ということになります。

 

一条工務店では標準仕様が優れていると言われていますが、この方もカップボードのランクアップと書斎にテーブルや棚を付けたぐらいで、ほとんど追加費用がかからなかったようです。

 

そして、洗面台やウォークインクローゼットなど、十分な収納スペースが設けられているため、家具代も節約することができたようです。

 

一条工務店のブリアールの坪単価と特徴

 

一条工務店の南欧風のデザインが特徴的な「ブリアール」。

 

南欧風の瓦屋根やアイアンの妻飾りがついていたり、フラワーボックスなど、南欧風のデザインで建てたいという方にブリアールは特にお勧めですが、ブリアールの坪単価も気になるところです。

 

一条工務店でラインナップされている商品の中でも、ブリアールの坪単価は若干高めに設定されているようですが、ブリアールで見積りを取られた方や実際に建築された方々の坪単価を調べてみました。

 

 

「まだ見積り段階ですが、ブリアールの夢の家仕様、全館床暖房やトリプルガラス、電気、水周り、ベタ基礎、保険、手数料など全て込みで約3300万円(40坪)でした。
そこに外構費用が約200万円で総額3500万円の見積り額でした。
ちなみに、内装関係は全て標準仕様で太陽光は付いていません。
また、ブリアールでは床暖房とトリプルガラスが標準ではないため、全館床暖房とトリプルガラスはオプション扱いとされていますし、その他にはハニカムシェードとキッズカウンターキッチンなどをオプションで付けています。」

 

 

「ブリアール33坪、本体価格が約1800万円と建物だけの坪単価は54万円くらいです。
そこにオプションや付帯工事、外構、カーテンなどを含めると約3000万円ぐらいになりました。」

 

 

「我が家のブリアールの最終見積りですが、建物価格に解体や外構、家具、カーテン、火災、地震保険料などを含めた合計金額は約3010万円ほどになりました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

ブリアールの坪単価としては、60万円前後〜が一つの目安となっているようです。

 

一条工務店では、標準仕様が優れているため、建物本体価格にプラス300万、400万円の金額で建てられるかと思いきや、ブリアールの場合は床暖房はオプション扱いとなりますし、やりたい事を全て反映させようとすると、やはり建築費用は高くなってしまいます。

 

一条工務店の百年の坪単価と特徴

 

一条工務店では、日本の伝統的なデザインと先進的なテクノロジーを融合させた和風住宅である、円熟の家「百年」といった商品もラインナップされています。

 

円熟の家「百年」では本格的な和風住宅はもちろん、現代風にアレンジした和モダン住宅にも対応可能とされていますし、二世帯住宅や平屋住宅で建てることも可能となります。

 

円熟の家「百年」は本格的な和風住宅ということで、建材などにもお金がかかりそうなイメージがありますが、坪単価としてはどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

そこで、円熟の家「百年」の坪単価や建築費用を調べてみました。

 

実際に一条工務店の円熟の家「百年」で新築された方の建築費用ですが、38坪ほどで約2200万円ぐらいだったようです。

 

オプションとしては、玄関の引き戸の変更や断熱材の変更の他、屋根の変更ぐらいのようですが、この円熟の家「百年」の坪単価は約58万円ということになり、本格的な和風住宅のわりにお得な印象を受けます。

 

ただし、近年、一条工務店では何回か坪単価の値上げが行われていますし、円熟の家「百年」は一条工務店の中でも価格が高いことでも知られているため、坪単価70万円程度はみておく必要がありそうです。

 

一条工務店のアシュレの坪単価と特徴

 

一条工務店で見積りを取ったものの、予算オーバーで諦めようと思った時に担当者から規格型住宅の提案を受けるかもしれません。

 

または、最初から予算が限られている場合には規格住宅という選択になると思います。

 

一条工務店では規格型住宅の「アシュレ」といった商品が用意されています。

 

規格型の住宅といっても3000プランの中から選ぶことができ、家族のライフスタイルや生活動線にあった間取りが見つかれば、一条工務店の性能の良さを活かした住まいが、かなりお得に建てられると発売以来、注目を集めています。

 

アシュレの坪単価としては45万円台〜と非常に安く設定されていますが、他の商品では標準仕様となっているものがアシュレの場合だとオプション扱いになっていたり、選べる物を限定することで坪単価の安さを実現されています。

 

アシュレでは、床暖房などは標準仕様ではなくオプション扱いとなりますが、アシュレの実際の坪単価を調べてみました。

 

 

「セゾン・アシュレで建てた我が家は、35坪、床暖房、夢の家仕様を追加した本体価格が約1850万円弱。
そこに、付帯工事や申請費用、オプション、消費税、カーテンや登記費用などを合わせると2360万円ほどになりました。」

 

 

「35坪ほどのアシュレで検討しています。
オプションは最低限の物干し金具と網戸のみですが、諸費用込みで約2000万円ほどの見積りが出ました。」

 

 

アシュレは一条工務店の規格住宅ということで、あらかじめ間取りや選択できる仕様を制限することでかなり坪単価を抑えることができるというところが魅力です。

 

そのため、要望通りの間取りが見つかれば、アシュレはかなりお得です。

 

ただし、本体価格以外の諸費用やオプションなどを含めると、坪単価が最終的に跳ね上がってしまうこともあり、規格住宅にこの価格を出すのであれば、もっと融通の利く他の商品から選ぶという選択肢も出てきます。

 

ちなみに、上記の紹介した方々の実質的な坪単価も50万円台〜60万円台となっています。

 

一条工務店の3階建ての坪単価と特徴

 

土地が限られているような場所での建築となると、3階建て住宅にして居住スペースを確保するという選択になると思います。

 

一条工務店でも3階建て住宅に対応した「ファミーユ」といった商品が用意されています。

 

ファミーユは木造の3階建て住宅で、限られた敷地や空間にも柔軟に対応可能ですし、シンプルモダンや和モダンはもちろん、欧風のデザインで建てることもできます。

 

さらに、二世帯住宅や屋上のある家など様々なスタイルでの建築が可能とされていますが、一条工務店のファミーユで建てようとすると、坪単価や建築費用はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

3階建て住宅となると、ホームエレベーターを設置される方も多いですし、何かとお金がかかりそうなイメージがあります。

 

そこで、ファミーユで建てる場合の坪単価を調べてみました。

 

公式サイトでは建物価格などは記載されていないのですが、ファミーユで見積りを取られた方の情報ですと、太陽光発電なしで約3200万円の見積り額を提示されたようです。

 

どれぐらいの大きさなのか具体的な記載がなかったので坪単価は不明ですが、3階建て住宅に対応した注文住宅ということで、それなりに建築費用が高くなるという印象を受けました。

 

ちなみに、以前はアイキューブやアイスマートでの建築となると、3階建て住宅に対応不可となっていましたが、アイスマートも3階建てに対応可能となったようです。

 

アイスマートは性能に加え、デザインの良さが人気ですし、一条工務店で3階建て住宅を検討されているのであれば、アイスマートもお勧めです。

 

一条工務店の平屋の坪単価と特徴

 

近年、平屋での暮らしやすさに注目が集まっており、一条工務店でも平屋住宅が用意されています。

 

どうやら、一条工務店では平屋住宅専門の商品などはラインナップされていないようですが、アイキューブをはじめ、アイスマートやセゾン、ブリアール、円熟の家・百年などは平屋での建築に対応されています。

 

一般的に平屋の場合は、二階建て住宅と比較すると、基礎や屋根の面積が増えるため坪単価は割高傾向にあると言われていますが、一条工務店で平屋を建てようとすると、坪単価や建築費用はどれぐらいになるのでしょうか。

 

そこで、実際に一条工務店で平屋の家を新築された方や、見積りを取られた方々の情報をもとに、坪単価や価格を徹底調査しました。

 

 

「アイスマートで平屋を建てました。
なるべく標準装備でと思っていましたが、ベタ基礎、勾配天井、ウッドデッキ、トイレを追加、テレビボード、網戸などのオプションに太陽光発電システムなどを合わせると3450万円ぐらいになりました。」

 

 

「i-cube(アイキューブ)で約28坪の平屋を新築しました。
建物本体価格に土地代や消費税などを合わせると約4300万円となりました。
我が家は何も考えず気に入ったオプションを採用していたため、28坪の平屋でもこれぐらいになりましたが、予算の関係上オプションを絞って選択していくと、価格を抑えることはできると思います。」

 

 

「一条工務店の平屋、ベタ基礎、トイレ2ヶ所、屋根裏収納、コンセント、給湯器の他、生活に最低限必要なオプションを付けて、37坪で総額2800万円ぐらいでした。」

 

 

「一条工務店で約40坪の平屋を検討中の者です。
25畳のLDK、6畳の洋室×3部屋、6畳の和室。
建築費や外構費、水道工事、必要な手続き費用、カーテンなども全て込みで約3900万円という見積り額を提示されました。」

 

 

どの商品で平屋を建てるのかやオプションによっても若干金額は異なってきますが、やはり総費用を3000万円以内に抑えるのは厳しい印象を受けました。

 

 

口コミの中には坪単価が90万円台の平屋もあり、大手と変わらないぐらいの坪単価になりますので、大手も選択肢に入れて、複数の会社から見積りを取ることで適正価格がみえてきます。

 

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

一条工務店の評判や口コミは実際どうなの?

 

一条工務店の家といえば、性能の良い家を比較的リーズナブルな価格で提供されているハウスメーカーといったイメージがあります。

 

しかし、近年、一条工務店の坪単価は引き上げられているようですし、実際に一条工務店で建てられた方々の坪単価や建築費用をみてみると、以前よりもかなり高くなった印象です。

 

また、一条工務店の家に住まれている方々の住み心地なども気になります。

 

そこで、一条工務店の評判や口コミを徹底調査しました。

 

 

「i-cubeで新築しましたが、全館床暖房は快適なうえ、電気代も思いのほか安く驚いています。
心配だったアフターの対応も丁寧だと感じましたし、総じて一条工務店で建てたことには満足しています。
ただし、良いことばかりではなく、洗面台やキッチンなどのデザインのおしゃれさには遅れをとっているように思いますが、こればかりは性能重視のメーカーなので仕方ないですね。」

 

 

「一番高い月でも2万5千円ぐらいと光熱費なども考慮すると一条工務店が優れていると思いますし、後々のメンテナンス費用の事などを考慮しても一条工務店を選んで良かったと思います。」

 

 

「一条工務店も最後まで候補としてあがっていましたが、間取りの融通が利かず、自由度が低いような印象を受けました。
ただ、一条工務店で建築した知人は、断熱のおかげで寒い冬場でもとても快適に過ごせているようで、結局性能をとるなら一条工務店ではないかと思います。」

 

 

「セゾンF、夢の家、太陽光発電なし、オール電化仕様で、この家に暮らしてから初めての冬を迎えました。
全館床暖は足元から暖かいため、室温を21度ぐらいに設定していても、かなり暖かいです。
さらに、真冬の電気代が1万円台というのも驚きでした。」

 

 

「オール電化、全館床暖房にて新築しましたが、予想以上に全館床暖房は良く快適です。ただ、とても暖かく快適な反面、乾燥が気になるのと食品のいたみが早まるように思います。」

 

 

「一条工務店の性能に惹かれ、一度検討したことがあります。
工場見学、宿泊体験も利用し、アイキューブはかなり性能が良く印象が良かったです。
しかし、どうしてもデザインが好きになれず、好みにあまり近づけなかったこともあり、結局完全自由設計のメーカーを選びました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

一条工務店=全館床暖房のイメージ通り、全館床暖房の快適さに加え、光熱費の事を考えてお勧めされる方も多いですね。

 

一度、真冬に全館床暖房の快適さを体感してしまうと、もう後戻りはできないとか、、。
しかし、その反面、デザインのイマイチさを指摘される声も多く、もう少しデザインの面で頑張ってほしいという声もあがっています。

 

なかなか、全て条件の良い家を建てようとするのは難しいかもしれませんが、性能重視という方であれば、一条工務店も候補の一つとして検討されることをお勧めします。

無料!各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪


<スポンサーリンク>



page top