富士住建の坪単価と評判

このページでは、「富士住建」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で、富士住建も検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求.
富士住建や他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

富士住建の坪単価の相場は?

 

1987年に設立された富士住建は、東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬などの関東エリアを中心に展開されているハウスメーカーです。

 

富士住建では「完全フル装備の家」になじみがあり、通常標準に含まれないエアコンやカーテンなどが、富士住建では標準仕様とされています。

 

そして、価格のわりに建物や設備などが充実しており、コストパフォーマンスが高いことでも評価されています。

 

富士住建で建てる場合の坪単価としては、50万円〜が目安となっているようですが、富士住建で建築された方々の坪単価も気になりますし、大よその相場も気になるところです。
そこで、ここでは、実際に建築された方の情報をもとに、富士住建の坪単価の相場を徹底調査しました。

 

 

「富士住建で建坪46坪、4LDKの家を建てた者です。
土地と外構を含まず、住宅に関わる費用は2800万円ぐらいでした。」

 

 

「39.5坪、諸費用なども含めて2800万円ほどかかりました。
これプラス外構費用として約150万円ほどかかりました。」

 

 

「我が家の場合は、39坪ほどで約1900万円、ここに200万円分ほどのオプション、消費税、付帯工事費用なども含め約2700万円でした。
富士住建で契約するまでに多くのハウスメーカーでも見積りをもらいましたが、富士住建は設備のわりにお得だったことも決め手となりました。」

 

 

「50坪、地盤改良なし、太陽光(4.5kw)、外構まで含め総費用2900万円でした。
私が契約した時は太陽光がオプション扱いだったことや、その他にもこだわりがあったこともあり、オプションも結構かかりましたが、本体価格だけだと2000万円ぐらいだったと思います。」

 

 

「富士住建で着工予定で、37坪、80万円分ほどのオプション、付帯工事や諸費用なども含め2500万円ぐらいです。(外構は含まれていません。)
オプションの80万円は、ほとんどが太陽光の増設のために増えた費用です。
我が家の場合は、当初の見積りより100万円ほど金額が上がりました。」

 

 

実際に、富士住建で建築された方々の坪単価を計算すると、60万円前後〜が相場と言えそうですね。

 

ローコスト住宅を扱うハウスメーカーと比較すると高く感じますが、大手ハウスメーカーの規格型の商品と同じぐらいの価格帯となります。

 

ちなみにですが、富士住建では他社ではオプション扱いとなっているものが、標準仕様で対応されていると定評がありますが、こだわりが強く沢山、追加オプションを付け加えていくとかなり値段が跳ねあがっていきますので、このあたりは注意が必要です。

 

富士住建しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

富士住建のフル装備の家の坪単価と特徴

 

富士住建といえば、標準設備が充実している完全フル装備の家に定評があります。

 

この完全フル装備の家ですが、通常は他のハウスメーカーではオプション扱いとなるようなものが標準で完備されているといった特徴があります。

 

まさに名前通りの家ということですが、例えば、テレビ付きシステムバス(1.5坪)やエアコン、LED照明、カーテンなどが標準仕様とされています。

 

通常、他のハウスメーカーではエアコンやカーテンが標準仕様とされていることはまず考えられないですから、暮らす上で必要なものが標準で完備されていることは嬉しいですよね。

 

そんな標準仕様が充実している完全フル装備の家で建てようとすると、坪単価はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

標準仕様が充実しているため、ローコスト系のハウスメーカーと似たような価格帯というわけにはいきませんが、富士住建で建てる場合の坪単価の目安としては、50万円〜が一つの目安となっているようです。

 

ただし、完全フル装備の家にはいくつかタイプが用意されていますので、タイプによっても若干坪単価は変わってくると思います。

 

完全フル装備の家には、基本となるスタンダードをはじめ、生活の全てがワンフロアで完結するHIRARI(平屋)、無垢檜材が使用されているひのきの家、エネルギー収支をおおむねゼロとするZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)がラインナップされています。

 

特に、基礎や屋根の面積が増える平屋住宅の坪単価は高くなりそうですし、ZEH仕様で建てようとすると、住まいの性能や省エネ性、創エネ性を高める必要があるため、ZEH仕様で建てようとする場合も坪単価が高くなることが予想できます。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
富士住建や他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

富士住建の平屋の坪単価と特徴

 

平屋住宅は、生活の全てがワンフロアで完結するという最大のメリットがあります。

 

当然、生活スペースは1階となりますので、階段を上り下りするという動作がなくなり、将来的にも安心して暮らせる家ということで、平屋住宅の需要が高まっています。

 

そして、生活がワンフロアで完結するため、常に家族の気配を感じやすく、子どもの様子にも目が行き届きやすいため、平屋は子育てしやすい家ということでも注目を集めています。

 

多くのハウスメーカーでは平屋住宅を取り扱っていますが、富士住建の完全フル装備の家からも「HIRARI(平屋)」といった平屋住宅に対応した商品がラインナップされています。

 

富士住建の完全フル装備の家は、通常はオプション扱いとなるようなエアコンやカーテン、LED照明などが標準仕様とされており、その仕様の充実ぶりは高く評価されています。

 

HIRARI(平屋)でも完全フル装備の充実した仕様はそのままで、自由設計に対応されているようですが、ここで気になるのは坪単価ではないでしょうか。

 

平屋に対応したHIRARIの坪単価は52.4万円〜と、通常の2階建て住宅と比べるとやや割高な印象を受けます。

 

それでも完全フル装備の家の平屋ということで、一般的にはオプション扱いとなるようなエアコンや照明器具、カーテンなどの暮らしていく上で必要となるものが、標準で装備されていることを考慮すると、非常にコストパフォーマンスは高いですね。

 

富士住建の公式サイトには、平屋の参考例がいくつか紹介されており、夫婦二人でのんびり暮らす平屋での住まいや、LDKと和室をつなげて広々とした空間が実現可能な平屋などが紹介されていました。

 

参考モデルプランの中には20坪や27坪ほどの平屋が紹介されていますが、どうやら28坪未満の場合だと、太陽光発電システムはオプション扱いとなっているようですね。

 

 

 

富士住建しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

富士住建のZEHの坪単価と特徴

 

営業マンにお勧めされて何となくZEH仕様を検討してみたり、住んでからの光熱費や住み心地の良さを考慮して、ZEH仕様での建築を検討される方もおられるでしょう。

 

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを略したもので、住まいの断熱性や省エネ性、そして太陽光発電システムなどを導入し創エネ性を高め、年間の一次消費エネルギー量の収支を概ねゼロとする住宅のことを言います。

 

ZEH仕様の家ということで、通常の仕様の家よりも断熱性や気密性が高いため、1年を通して快適な住まいが実現可能ですし、太陽光や蓄電装置の導入によって、売電収入が期待できたり、光熱費を節約できるなどのメリットが得られます。

 

しかし、その反面、ZEH仕様で建築しようとすると建築コストが高いというデメリットが存在しますし、どのハウスメーカーでもZEH仕様に対応可能というわけではありません。

 

基本的に、大手ハウスメーカーではZEH仕様での建築に対応されていますが、大手でZEH仕様の家を建てようとすると、建築費用が高すぎて手が出ない、、、という方もおられると思います。

 

ZEH仕様で建てたいけれども、建築費用を安く抑えたいという方には富士住建がお勧めです。

 

富士住建の完全フル装備の家から、ZEH仕様に対応している「ZEH」といった商品がラインナップされています。

 

もともと完全フル装備の家では、標準仕様が非常に充実していることでも定評がありますが、ZEHでは太陽光発電システムはもちろん、高性能断熱材や高断熱樹脂サッシのほか、Low-Eペアガラスや省エネ型24時間換気、高効率エアコンなどの設備が標準仕様として完備されています。

 

富士住建のZEHで建てようとする場合の坪単価は、55万〜60万円程度が一つの目安となっており、富士住建でラインナップされている商品の中では少々割高な印象を受けます。

 

ただし、大手ハウスメーカーでZEH仕様の家を建てようとすると、まずこの坪単価では建てることはできませんので、比較的、初期費用を抑えたいという方には富士住建のZEHがお勧めできます。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
富士住建や他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

富士住建の3階建ての坪単価と特徴

 

都会を中心に高い人気を誇っている3階建て住宅。

 

富士住建は関東エリアを中心に展開されているハウスメーカーで、標準仕様が充実している完全フル装備の家に定評がありますが、富士住建でも3階建て住宅の建築が可能とされています。

 

3階建て専門の商品は用意されていないようですが、富士住建の建築実例をみると、二世帯住宅に対応した3階建てが紹介されていました。

 

そんな、富士住建で3階建てを検討されている場合、坪単価や建築費用が気になるのではないかと思います。

 

一般的には、3階建てで建てようとすると、構造上の計算が必要となりますし、通常よりも1階分高さが高くなりますので、元となる基礎を強くしなければなりません。

 

そして、耐震性や耐久性も高める必要があり、通常の2階建てと比べると割高になると考えるのが一般的かと思います。

 

富士住建の3階建ての坪単価を調べてみると、坪単価39.5万円〜と、3階建て住宅であっても劇的に坪単価が高くなることはないようですね。

 

富士住建では比較的、ローコストで3階建て住宅の建築が実現可能となりますが、実際に3階建てを建築された方の建築費用を調べてみました。

 

ビルトイン車庫付き、建築費、付帯工事費、諸費用、外構などをもろもろ含めて2500万円ぐらいだったようです。

 

ちなみに、30坪以上とだけ書かれていたため、具体的な延床がどれぐらいかは不明なため坪単価は計算できませんが、仮に延床35坪とするなら、もろもろ含めた坪単価は約71万円台、延床40坪とするなら、もろもろ含めた坪単価は62.5万円ということになります。

 

富士住建しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

富士住建の評判と口コミを紹介

 

富士住建は関東エリアを中心に展開しているハウスメーカーなため、営業エリアが限定されてしまうのですが、「完全フル装備の家」は標準仕様が充実していると高く評価されています。

 

ここでは、そんな富士住建の評判を徹底調査しました。

 

 

「我が家が富士住建を選んだ理由ですが、キッチンやお風呂だけではなく、予算など総合的にみて決めました。
富士住建仕様のトクラスのキッチンよりも豪華なキッチンは沢山あると思いますが、庶民の私には、富士住建仕様のキッチンは高級に感じますし、使い心地も良く満足しています。」

 

 

「他社ではオプションとされているような物がフル装備とされていることが決め手となり、富士住建を選びました。
人手不足の影響なのか?担当の営業さんはこちらから連絡しないとなかなか動いてくれない感じはありますが、それ以外には特に気になる様子もなく、多少無理な要望も聞いてくれました。」

 

 

「最後まで富士住建と大手ハウスメーカーの2社で迷いましたが、最終的に大手ハウスメーカーで建てました。
我が家が富士住建を選ばなかった理由としては、土地の建蔽率などの制限が厳しかったため、富士住建だと希望する間取りに対応してもらえなかったことがあげられます。
しかし、大手ハウスメーカーに富士住建と同等の設備を導入しようとすると、オプション単価が跳ね上がってしまい、大手と富士住建の価格差は1000万円ほどありました。」

 

 

「富士住建を含めた3社まで絞りましたが、結局、低コストで高品質、そして間取りの制限が少ないため、自由に家造りできる富士住建を選びました。」

 

 

「スキップフロアーを希望しており、富士住建でもその希望を伝えたのですが、頂いた図面は提案力に欠けており、こちらが気に入るような設計とはならず、富士住建さんは必然的に選択肢から外れました。
もともとスキップフロアーを得意としているメーカーではないため、仕方ないように思いますが、、、。」

 

 

「我が家の場合ですが、営業さんをはじめ、監督さん、大工さん、アフターの担当さん、みんな当たりでしたが、こればかりは運次第だと思います。
しかし、多少のミスはありましたし、連絡します、確認しますと言われたものの、その後の対応が忘れられており、ほったらかしだったことは何回かありました。」

 

 

「富士住建で見積りをお願いしました。
他社とも比較した上で検討したいと伝えたにも関わらず、強引に契約を迫られ、なぜか担当者が半ギレしており、怖かったです。
もちろん、キッパリと断りましたが、営業さんの当たり外れは大きいと思います。」

 

 

「築2年ほど経ちますが、特に不具合などもないですし、住み心地に関しても今のところ不満などはありません。
ただし、夏場の2階は暑く感じます。
また、建築途中に一部、図面と違う施工ミスがあったのですが、幸い建築中に気づいたおかげで、引き渡しまでにはきちんと直っていました。」

 

 

「富士住建で建てました。
施工途中にライトや窓の取り付け位置が違うなどミスが多かったうえ、こちらが指摘してからやっと直してくれるという感じだったので、不満も残ります。」

 

さらに詳しい情報はこちらで>>富士住建の評判と口コミ※実際に建てた人の感想。

 

いかがでしょうか。

 

担当の営業マンや大工さんなどの対応力も評価に影響する部分でもありますので、良い評価をされる方がおられる反面、悪い評価をされる方がおられるのも事実です。

 

ただし、富士住建の標準仕様は非常に充実しており、このあたりは高く評価されていますし、その上コストパフォーマンスも良いと満足度も高いように思います。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
富士住建や他ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

page top