FPの家の坪単価と評判

このページでは、FPの家の坪単価や評判について説明しています。

 

また、FPの家での値引き、建てる場合のメリット・デメリットについても解説しています。

 

これから、家を建てる方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

FPの家の坪単価

北海道札幌市に本社を置く株式会社FPコーポレーション。

 

株式会社FPコーポレーションに運営全国事務局を置くフランチャイズシステムとして、FP工法を採用した「FPの家」が全国展開されています。

 

FPの家では、FPパネルを使い、住宅の壁や床、屋根を隙間なく施工することで、断熱性や気密性に優れた住まいづくりを実現されています。

 

FPの家は断熱性や気密性に優れた高性能住宅を手がけていることでも有名で、高性能住宅を建てたいという要望がある場合は、FPの家も候補の1社にあがるのではないかと思います。

 

そんな時に、気がかりなことは坪単価がいくらぐらいなのか?ということではないでしょうか。

 

FPの家の坪単価を調べてみると、60万円前後〜80万円とやや幅がみられるような印象を受けます。

 

仮に、30坪程度の大きさの家を建てる場合の建築費用を単純に計算すると、1,800万〜2,400万円程度ということになります。

 

ただし、面積やオプションの有無、その他の条件などによっても坪単価は簡単に左右されてしまうため、一つの目安としてお考え下さい。

 

参考までに、実際にFPの家で建築された方の坪単価を調べてみました。

 

 

「FPにて建築しました。
確かに性能は良いのですが、ここの欠点はとにかく建築費用が高いことです。
我が家は10年以上も前に建てたので参考になるか分かりませんが、坪あたり50〜60万円ぐらいだったと記憶しています。
今はこの坪単価での建築は厳しいかもしれませんね。」

 

 

「FPの家で建てましたが、坪単価60万円弱でした。」

 

 

「現在、FPの家で検討中で何回か打ち合わせをしました。
まだ設備関係でも決めきれず迷い中で、精査するほど坪単価が上がってしまい、更に悩みまくるというループに陥っています。
まだ決定ではありませんが、現時点の坪単価は太陽光を除き、50万円台前半といったところです。」

 

 

いかがでしょうか。

 

FPの家は高気密・高断熱住宅を得意とされていますが、それに必要不可欠となるウレタン断熱パネル自体が高価なもので、結果的にどうしても建築費用が高くなってしまうようです。

 

最近では、高気密・高断熱仕様に対応されている住宅メーカーも増えつつあり、それならもう少し坪単価が安いメーカーに建築を依頼しようかと、他社に流れてしまう方も少なくないようです。

 

また、坪単価が高いため、値引きを期待し契約前に交渉されるかもしれませんが、FPの家の場合、あまり値引きが行われていないという現状にありますので、ほぼ期待できません。

 

 

FPの家の値引き事情

独自のウレタン断熱パネルと工法によって、優れた住宅性能を実現されているFPの家。

 

フランチャイズとして施工加盟店は全国に約300店舗を超えており、高気密・高断熱住宅での家づくりが前提にある場合だと、FPの家も候補の1社としてあがるのではないでしょうか。

 

しかし、FPの家は坪単価が高価ということでも知られており、中には坪単価80万円ほどの見積り額が提示されたという方もおられます。

 

坪単価70万、80万円も出すなら、有名どころの大手ハウスメーカーでの建築も視野に入ってくると思いますが、FPの家で見積りを取ってみて、思いのほか見積り額が高くなった場合は値引きの有無が気になると思います。

 

ただし、値引きの有無は住宅メーカーによって考え方が異なっており、簡単に高額な値引きに応じてくれるメーカーもあれば、最初から一貫して値引きに対する対応を変えず、一切値引きに応じてくれないメーカーもあります。

 

そこで、まずはFPの家の値引き事情を徹底調査しました。

 

 

「最初は、担当の営業マンが頑張ると前向きな姿勢だったため、FPの家では大幅な値引きが可能なのだと期待していましたが、結果的に値段が高くなってしまいました。
やはり、FPパネルそのもののコストが高く、あまり値引きができないようです。」

 

 

「値引きには現金のほか、サービスなど色々な形があります。
FPの家は現金値引きはほぼ期待できませんが、我が家はエアコンと外構をサービスしてくれました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

FPの家ですが、FPパネル自体が高価ということもあり、値引きが厳しい現状にあり、ほとんど値引きが行われていないようです。

 

そのため、FPの家では値引き交渉ではなく、値段はそのままでオプションを付けてもらったり、値段はそのままで何かサービスしてもらえないか?などの交渉に切り替えた方が、話はスムーズだと思います。

 

現金値引きの場合は、『100万円も値引きしてくれた!』とお得感がありますが、何かサービスで対応してもらう場合は、現金値引きよりもあまりお得に感じないかもしれません。

 

しかし、上記の口コミでも紹介したように、担当者の好意によってエアコン+外構をサービスで対応してくれることもあります。

 

金額にすると、100万円以上必要なサービスを無料で対応してくれているということなので、値引きはなくとも、サービスの上乗せを狙うとお得に契約することができますよ。

 

値引き交渉方法はこの記事を参考にしてください。

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

FPの家の評判と口コミ

住宅メーカーを選ぶ際に、判断材料の一つとして評判や口コミを参考にされる方も多いと思います。

 

高性能住宅に興味がある場合は、高気密・高断熱住宅を得意とする「FPの家」も候補の1社としてあがるのではと思います。

 

高性能に定評のあるハウスメーカーの中には、性能を重視するゆえ独特のルールが設けられており、注文住宅であっても制約が多く、その不自由さがネックとなり諦める方もおられますが、FPの家ではそのあたりはどうなのか?なども気になるポイントです。

 

ネット上には様々な書き込みがあるため、信頼できそうな口コミか?などはしっかりと見極めなければなりませんが、ここではFPの家の評判を徹底調査しました。

 

 

「FPの家に住んで3年ぐらいが経ちます。
FPパネル自体に遮音性がないため仕方のないことですが、室内の音、室外の音ともにかなり気になります。」

 

 

「グラスウールと比較すると、確かにFPの方が断熱性能に優れています。
それでも、大きな窓付近だとさすがに寒く感じます。
また、多くの方が指摘されているように遮音性は低いです。
FPだと壁が薄いので、沢山詰めたグラスウールの方が遮音性は優れていると思います。」

 

「確かに夏場は涼しく快適ですが、冬場は蓄熱を使うと3万円を超える電気代です。」

 

 

「FPの家に住んで5年目になります。
エアコンは1階と2階で1台ずつあります。
1階はほぼ24時間付けた状態、2階は必要に応じ付けていますが、電気代は2万円以内に納まっています。
窓付近から冷気を感じたことがあり、メンテナンスの方に相談すると、どうやらズレが生じていたようで、締め直してもらうと気にならなくなりました。」

 

 

「相変わらず音は響くものの、断熱性能には非常に満足しており、エアコン1台でも大丈夫なほどです。」

 

 

「FPの家に住んでいます。
夏場は、一日中エアコンをつけっぱなしという状態で快適に過ごすことができます。
しかし、冬場の寒さは入居し始めた頃から気になります、、、。
あまりに寒さが気になるため、工務店に連絡を入れ確認に来てもらったほどです。
もともと寒さが苦手ということもあり、現在もどうしたら冬場満足のいく暖かさがキープできるか思案中です。」

 

 

いかがでしょうか。

 

夏は涼しく、冬は暖かく、快適な住まいに憧れを持ちFP工法を選択したものの、実際は冬場の寒さを指摘する声もあがっています。

 

もちろん、体感温度などは非常に個人差があるため、寒い、暑いなどの感じ方は様々だと思いますが、快適な室温をキープするあまり、月々の電気代がかなりかかることを指摘する声もあがっています。

 

高性能住宅ゆえ、ランニングコストが安くなるイメージがありますが、光熱費がそれなりにかかるのであれば、高気密・高断熱住宅の意味がないような気もします。

 

また、雨の音や外の騒音、家の中の足音や話し声など、室内外の音が響くことを指摘される声は大変多く、遮音性に関しては期待できない印象を受けます。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

FPの家のメリット

FPの家のように、高気密・高断熱住宅は、外気温からの影響を受けにくく1年中快適な住まいで、省エネ性にも優れており、月々の光熱費を削減できるイメージが強いです。

 

さらに、居住空間が快適だと、ヒートショックの予防にも繋がり健康的な住まいでもありますが、今回はFPの家のメリットに注目してみました。

 

 

メリット1:1年を通して快適な生活が実現可能!

 

FPの家では、FPパネルを採用しているということがあげられますが、断熱性や気密性能に優れており、性能の高さゆえ省エネ性にも優れているといった特長があります。

 

一般的に、安価なこともあり断熱材の主流といえばグラスウールですが、グラスウールよりもFPの方が断熱性能が高いことで知られています。

 

そのため、猛暑で外気温が30℃超えの暑い日であっても外気からの影響を受けることなく、一方、冬場は外気からの寒さを遮断し、室内は快適そのものです。

 

 

メリット2:月々の光熱費が安い!

 

FPの家は高気密・高断熱住宅ということで、一度室内で暖めたり、冷やした空気を逃さず、部屋の温度が一定に保たれるため、エアコンの使用を最低限に抑えることができます。
そのため、月々の光熱費を最小限に抑えることができ、家計にも優しい住まいです。

 

実際に、FPの家のオーナーからは、『比較対象が以前住んでいた家となりますが、その家と比べ明らかに電気代が安くなりました!』との声もあがっています。

 

FPの家は建築費用は高くつくものの、ランニングコストが良いなど長い目で見るとお得なようです。

 

 

いかがでしょうか。

 

FPの家は高気密・高断熱ゆえ、1年を通して快適な住まい空間を実現されていますし、住宅性能が高いため部屋の温度を一定に保つことができ、結果的にランニングコストに優れているなどのメリットが得られます。

 

しかし、メリットが存在する以上デメリットというものも存在しますので、それら両面を踏まえた上で検討する必要があります。

 

FPの家のデメリット

FPの家は独自のウレタン断熱パネルと工法により、優れた住宅性能を実現されており、現在は全国的に展開されていますが、1985年の開発当初は北海道仕様として誕生し、北海道を中心に事業を展開されていました。

 

その当時の断熱材の主流はグラスウールだったため、FPのウレタン断熱パネル自体がもの珍しいもので、高気密・高断熱住宅ならFPの家として注目を集めました。

 

しかし、最近はウレタン断熱パネルが珍しいものではありませんし、高気密・高断熱住宅に対応されている住宅メーカーも増えてきており、『FPの家でなくても良い、、、。』などと言われがちです。

 

そこで、ここではあえてFPの家のデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:建築費用が高い!

 

FPの家は、建築費用が高いことで知られています。

 

ウレタン断熱パネル自体が高いため、結果的に坪単価が高くなってしまい、坪単価60万円前後〜とされているものの、1坪あたり80万円ほど必要なこともあり、最終的に大手ハウスメーカー並みの坪単価が必要になることもあります。

 

基本的にローコスト住宅では、安価なグラスウールという断熱材が主流なため、高性能なパネルを使用されているFP工法はどうしても建築費用が高くなってしまうのです。

 

その反面、FPの家の断熱性能は非常に優れています。

 

ですが、最近では高気密・高断熱住宅の建築を手掛ける住宅メーカーも増えてきており、他社でも高性能住宅を建てられるのなら、わざわざ建築費用の高いFPの家を選ぶメリットが得られません。

 

実際に価格の高さを指摘される声も多く、『大手ハウスメーカーと同等ぐらいの坪単価になりました!』との口コミもありました。

 

建築費用が高いということは大きなデメリットとなりそうですね。

 

 

デメリット2:遮音性が低い!

 

FPの家ですが、評判などを調べていると遮音性の低さを指摘される方が非常に多い印象を受けます。

 

FPの家のウレタン断熱パネルですが、外からの防音効果はある程度期待できるようですが、やはり板ということで室内の音が響きやすいようです。

 

そして、あまり吸音効果も期待できないため、室内の独特な反響音が気になって仕方ないという方もおられるため、このあたりは非常に注意が必要です。

 

実際に、『音が響きます。』や『最初は24時間換気の音が気になりすぎて、なかなか寝付けませんでした。』『FPの家に住んで3年目ですが、壁の遮音性はかなり低く、室内の音は結構もれますし、外の音も結構入ってきます。』など、正直、評判は悪いですね。

 

FPだと壁が薄いため、単純に遮音性だけをみるなら、沢山グラスウールを詰めた断熱材の方が静かなのでは?と思います。

 

 

いかがでしょうか。

 

建築費用の高さは、見積りを取ったりある程度話を進めていくと分かると思いますが、性能に関しては、実際に住んでみないと分からない部分でもあります。

 

しかし、FPの家の多くのオーナーが遮音性の悪さを指摘されていますので、このあたりは事前に確認しておいた方が良さそうです。

 

FPの家しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top