大和ハウスの坪単価

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「大和ハウス」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で大和ハウスも検討予定の方は是非参考にして下さい。

 

 

大和ハウスの坪単価の相場はどのぐらい?

 

大手ハウスメーカーの一つである大和ハウス。

 

大和ハウスの家=天井が高い家といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

CMでもなじみがあるxevoΣ(ジーヴォシグマ)は、天井高2.72mが標準仕様となっており高い人気を誇っていますが、大手の大和ハウスで建てる場合の坪単価の相場が気になる方も多いと思います。

 

注文住宅の場合は定価はありませんし、オプションによって金額が左右されてきます。

 

例えば、壁や床材を標準仕様のものからオプションに変更するだけでも変わってきますし、玄関ドアやキッチン、お風呂、トイレなどなど、様々な箇所を標準からオプションに変更していると、そこそこの金額になってくるものです。

 

とはいっても予算の関係上、目安として坪単価が気になると思いますし、坪単価の相場を把握しておくと、おおよその価格帯もみえてきます。

 

そこで、大和ハウスで注文住宅を建てる場合の坪単価の相場についてまとめてみました。

 

まず、大和ハウスでは鉄骨造と木造軸組み工法の家があり、商品のラインナップも豊富に用意されており、商品によって若干坪単価は異なっています。

 

大和ハウスの主力商品といえば、xevo(ジーヴォ)シリーズですが、xevoには大空間が魅力的なΣ(シグマ)をはじめ、シグマよりもワンランク下の位置付けにあるxevoE、3階建て住宅に対応したxevo03などがあります。

 

xevoΣは、このシリーズの中で最高峰の位置付けにあり、天井高2.72mによって居住空間に開放感が感じられるだけでなく、耐震性の高さや外張り断熱など性能の高い家でもありますが、坪単価は高めで70万円前後〜が一つの目安となりそうです。

 

ただし、実際にΣで建築された方のブログなどを参考にしていると、最終的な坪単価が90万台、もしくはそれ以上というケースもあるようです。

 

一方、xevoEはxevoΣと比較すると、天井高が標準で2.4mとなっており、これよりも高い天井を検討されている場合はオプションから選択することになりますが、その分Σよりも価格が抑えられており、坪単価は60万円前後〜が一つの目安となりそうです。

 

xevoシリーズのどれを選択するのかによっても坪単価だけではなく総建築費用も大きく異なってきますが、大和ハウスで注文住宅を建てる方の坪単価としては、70万〜80万円台というケースが多いような印象を受けます。

 

ただし、坪単価はあくまで目安程度と考え、複数社で見積りを取り、総建築費用でも比較する必要があります。

 

また、大和ハウスでは木造住宅の取り扱いもありますが、富裕層をターゲットとした「プレミアムグランウッド」といった商品も販売されており、高級木材にこだわっているため坪単価は100万円超えとなっているようです。

 

大和ハウスのジーヴォシグマの坪単価目安

 

 

大和ハウスの定番となるxevo(ジーヴォ)シリーズ。

 

xevoシリーズの中で最高峰の位置付けにあるのがxevoΣ(シーヴォシグマ)です。

 

最近、大和ハウスのCMといえば、天井高が2.72mの商品を宣伝されていますが、あれがxevoΣという商品です。

 

Σは鉄骨住宅となっており、標準仕様で天井高が2.72mと広々としていたり、外張り断熱が施されており、1年を通して快適に過ごすことができる家でもあります。

 

そして、Σは耐震性も高く、外壁にD-NΣQST(ディーネクスト)といった独自の耐力壁が採用されており、万が一の大震災時に備えた商品でもあります。

 

開放感溢れる大空間が魅力的なΣですが、このxevoΣで建てる場合、やはり気になるのは坪単価ではないかと思います。

 

そこで、ここでは実際にΣで建築された方や見積りを取られた方の坪単価や建築費用を徹底調査しました。

 

 

「知人がΣで建てました。
瓦屋根、太陽光約3kw、蓄電池、エネファーム、その他、床暖や浴室暖房、タンクレストイレ、地盤改良なども含み坪単価は95万円程度と聞きました。
それプラス、土地代や諸費用などが別途必要だったようです。」

 

 

「狽ナ見積りを取ったことがありますが、土地代を含まずに坪当たり100万円ぐらいと営業マンに言われました。
さすがにここまで費用をかけることはできなかったので、結局大和ハウスは諦めました。」

 

 

「Σの場合、坪単価は100万円ぐらいはしますので、全て込みで3000万円ぐらいはみておく必要があります。
ただし、支店によっても単価が若干異なるようなので、支店次第なところもあります。」

 

「シーヴォシグマで注文住宅を検討している者です。
建坪38坪、太陽光3kw、蓄電器、カーポートなし、現段階ではまだざっくりとした内容ですが今の段階で3200万円ぐらいの提案です。
ちなみに、土地代は含まれていませんが、諸費用と外構は含まれています。」

 

 

「延床面積38坪、Σの2階建てを建てました。
太陽光5kw、エアコン、カーテンの他、その他諸経費などを含み総額4300万円ぐらいでした。
ちなみに、土地代は含まれていませんが、床材やキッチンはグレードの良いものを選択しました。」

 

 

やはりΣの坪単価は高いですね。

 

Σはxevoシリーズの中でも最高峰の位置付けにあるというだけあって、最終的な坪単価が90万円台〜100万円を超えることもあるようで、予算に余裕がないとΣでの建築は厳しいようですね。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

大和ハウスのプレミアムグランウッドの坪単価

大和ハウスの木造住宅として、グランウッドシリーズがラインナップされています。

 

そんなグランウッドシリーズの最上級の位置付けとして、2017年に「プレミアムグランウッド」が新たなラインナップとして加わりました。

 

近年、坪単価が100万円を超えるような、ごく一部の富裕層をターゲットとした商品を扱う大手ハウスメーカーが増えてきていますが、このプレミアムグランウッドは“邸別設計”や“邸別デザイン”、“邸別施工”を採用した完全なフルオーダー住宅ということで注目を集めています。

 

プレミアムグランウッドでは、天井や床に関しては銘木にこだわっていたり、キッチンやバス、トイレに関しても国産ブランドだけではなく海外ブランドのものを採用していたり、徹底的にこだわった最高級な邸宅を提案されていますが、坪単価も気になるのではないでしょうか。

 

いや、プレミアムグランウッドは富裕層や高額所得者層をターゲットとされた商品なため、この商品で建築可能な方は坪単価や建築費用など、さほど気にされないと思いますが、参考までに坪単価を紹介しておきます。

 

ケーススタディハウスとして、兵庫県芦屋市に「プレミアムグランウッド 神戸・芦屋の家」を完成させているのですが、その建築費用は建物、外構あわせて、延床面積152・50uで9230万円(消費税込み)と記載されています。

 

鉄骨系の住宅を含め大和ハウスでラインナップされている商品の中でも、最上級の商品とされているだけあり、プレミアムグランウッドの坪単価は100万〜200万円、販売価格が1億〜2億円を想定されている商品のようです。

 

価格帯や坪単価は高いですが、一目見ただけで豪邸を感じるとても豪華な造りですし、徹底的に施主のこだわりを追求した家を建てることが可能となります。

 

大和ハウスのxevo03の坪単価

2階建てでは十分な居住スペースが確保できない場合は、3階建てや4階建て住宅という選択になると思います。

 

特に、地価の高い都心部や敷地が限られているような場所に建築されることが多い3階建て住宅ですが、限られた敷地の中で最適な間取りなども考えなければならないうえ、何かと制約がつきものです。

 

大和ハウスでは「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」といった商品が3階建てに対応していますが、xevo03ではトシナカでも心地良い暮らしが実現できるように、トシナカに必要とされる知恵や工夫がつめ込まれた3階建てとなっています。

 

そして、3階建ての場合はより構造体自体の強さが求められますが、xevo03は独自の軽量鉄骨ブレース構造によって、耐震性能も耐風性能も国内トップクラスの強さを実現可能とされています。

 

3階建てをラインナップしている大手ハウスメーカーとしては、積水ハウスの「ビエナ」やセキスイハイムの「デシオ」、へーベルハウスの「FREX GENB」などがありますが、ハウスメーカーを選ぶ際に坪単価や建築費用も比較されると思います。

 

そこで、xevo03で建てる場合の坪単価を調べてみました。

 

実際にダイワハウスのxevo03で見積りを取られた方の情報によりますと、本体工事費用だけの坪単価で約83万円ぐらいだったようです。

 

ただ、これ以外に地盤改良費や外構費、解体費や諸経費などが加算されるため、全て含めた坪単価はこれよりも高くなります。

 

ちなみに、「スカイエ」といった商品も3階建てに対応した商品となります。

 

xevo03の場合は、狭小地で建築を希望される方をターゲットとされていますが、スカイエは最大で5階建てまで対応可能となっており、店舗併用や賃貸併用での建築も可能とされており、目的に合わせて自由に選択することができます。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

大和ハウスの鉄骨の坪単価

大和ハウスでは、木造住宅の扱いもありますが、鉄骨造住宅をメインに扱っており、主力商品として外張り断熱の「xevoシリーズ」が用意されています。

 

xevoシリーズの坪単価ですが、70万〜80万円程度が一つの目安となっており、この坪単価だけみると大手ハウスメーカーにしてはわりとお手頃な印象を受けます。

 

ただし、テレビCMでもなじみのある「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」は2m72cmという高い天井が魅力的な商品で、人気の高い商品ですが坪単価の目安は90万円台〜と選ぶ商品によってもかなり価格帯が異なる印象を受けます。

 

そこで、口コミを中心に、実際に大和ハウスの鉄骨造で見積りを取られた方や建築された方々の建築費用をもとに坪単価を徹底調査しました。

 

 

「ジーヴォシグマ、40坪、太陽光(5kw)、蓄電池をつけ3,200万円(税込み)ぐらいでした。
ちなみに、地盤改良や外構、カーテン、エアコンなどの費用は含まれていません。」

 

 

「まだ打ち合わせの段階ですが、シグマの平屋、34坪、建物関係で約2,600万円ほどでした。
土地代を含み、全て込みで4,300万円ほどです。
ちなみに、エアコン工事と太陽光の設置などをサービスとして、無料で対応してもらいました。」

 

 

「現在、細かい内装の打ち合わせもほぼ終わった段階ですが、xevoΣ、約38坪、ポーチなどを含む本体価格は3,200万円弱です。
この価格とは別に外構費(150万円)、ソーラー、エネファーム、蓄電池(120万円)、土地代(1,500万円)を含めた総額で約5,000万円ぐらいになりそうです。」

 

 

「大和ハウスのΣで契約しました。
延床40坪、全て込みで4,600万円とかなり頑張ってもらいました。」

 

 

「xevoΣ、延床34坪、値引き込み、建物だけで2,700万円ぐらいでした。」

 

 

「狭小地、延床22.5坪、本体価格のみで2,100万円です。」

 

 

「ジーヴォシグマで建てました。
オール電化仕様で、ソーラーは無し、34坪で消費税込みで2,900万円ぐらいでした。」

 

 

いかがでしょうか。

 

上記に紹介した口コミはxevoシリーズの中でも、特に人気の高いΣという商品が中心となりますが、坪単価は建物のみで約75万〜85万円、それ以外に外構費や土地費用、地盤改良費などが別途必要になります。

 

また、口コミからも分かるように狭小地の場合は坪単価が高めなので、注意が必要です。

 

大和ハウスのスカイエの坪単価と特徴

 

3階建て住宅をお考えの方は、大和ハウスも候補の一つとしてあがるハウスメーカーではないかと思います。

 

以前から大和ハウスでは3階建て住宅の取り扱いがありましたが、2015年に新スカイエの販売が開始しました。

 

新スカイエでは、これまでのスカイエよりもより強度を高め、なおかつプランの自由度を高めるためにDRF構法といった新構法が採用されており、3階建てのみならず、4階建てや5階建て住宅にも対応した鉄骨住宅となっています。

 

特に都心部や住宅が密集しているような地域の場合は、何とか居住スペースを確保するために高さを活かした建築になりますが、スカイエでは二世帯での暮らしを実現させるために二世帯住宅にも対応されていますし、その他、賃貸併用住宅や店舗併用住宅など様々なニーズにも対応可能となっています。

 

大和ハウスの公式サイトで紹介されているスカイエの外観をみてみると、とても素敵なんですが、かなりお金がかかってそうで坪単価も高いんだろうなぁ、、と率直に思いましたが、

 

実際にスカイエで建てる場合の建築費用や坪単価はどれぐらいかかるものなんでしょうか?

 

スカイエがリニューアルしたのは2015年ですが、その当時の販売価格をみてみますと、本体工事価格が3.3u当たり101.8万円〜(税込)と紹介されていました。

 

3階建てに対応した自由設計を大手ハウスメーカーで建てると、これぐらいはかかるのかもしれませんが、それにしても高く、大和ハウスの3階建て住宅で建築できる方は限られてしまいますね。

 

このスカイエの坪単価の目安としては、100万円台〜130万円が相場になっているようです。

 

また、大和ハウスの主力商品であるxevo(ジーヴォ)シリーズからも3階建て住宅の取り扱いがあり「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」といった商品がラインナップされていますが、坪単価は90万円台〜が目安となっており、スカイエより若干坪単価が安く設定されています。

 

大和ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

大和ハウスの平屋の坪単価と特徴

 

一般的に平屋住宅=年配の方が住む家といったイメージがありますが、近年は若い世代の方々にも人気が高まっており、おしゃれな平屋住宅を提案するハウスメーカーが増えてきています。

 

平屋での暮らしは生活動線がフラットで、間取りなどに配慮すれば家事の効率もあがりますし、また小さなお子さんがおられるご家庭だと、子どもにも目が行き届きやすく安心です。

 

また、全ての生活がワンフロアで完結し、階段がないため転落などの事故を防ぐこともでき、最近では、子育てされている世代の方々があえて平屋での暮らしを選ばれるようです。

 

大和ハウスでもおしゃれな平屋住宅をいくつか提案されています。

 

まず、大和ハウスの主力商品といえばxevo(シーヴォ)ですが、このシリーズの最高峰の位置付けとしてxevoΣ(シーヴォシグマ)といった商品がラインナップされています。

 

そして、このxevoΣは平屋での暮らしにも対応されています。

 

「xevoΣ平屋暮らし」は2016年から販売が開始しましたが、xevoΣの大空間・大開口のグランリビングに、高さが約6mの勾配天井などが追加されています。

 

このxevoΣ平屋暮らしの価格帯ですが、モデルプラン(90.6u)で2,150万円(税込)と紹介されていましたが、実際のところこんなに安く平屋住宅を建てることができるのか?と思うかもしれません。

 

一般的に、平屋と総2階建て住宅の坪単価を比較すると平屋の方が約10万円程度高くなると言われています。

 

その理由としては、当然平屋の方が屋根や基礎の面積が広くなり、同じ延べ床面積と想定すると、総2階建て住宅よりも平屋の方が、屋根や基礎の面積が2倍必要ということになり、どうしても坪単価は高くなってしまうからです。

 

その上、大手の大和ハウスを選ぶと平屋の建築費用が高くなるということは、ある程度予想できますが実際に平屋の価格帯を調べてみました。

 

 

「大和ハウスで50坪ほどの平屋、現時点で約4300万円となっています。」

 

 

「xevoΣの平屋、39坪、ZEH仕様、太陽光5kw、キッチンやお風呂、洗面所などはミドルクラスだったと記憶していますが、3500万円ぐらいでした。
ちなみに、この価格に外構や地盤改良費は含まれていません。」

 

 

いかがでしょうか。

 

一般的に大和ハウスで建てる場合の坪単価としては、70万円台〜80万円台が一つの目安となっていますが、平屋住宅の場合だと坪単価が安くても80万円前後〜が相場と、やはり平屋仕様の場合はどうしても値が張ってしまうようですね。

 

大和ハウスしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

大和ハウスと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

page top