クレバリーホームの坪単価と値引き

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気の高い「クレバリーホーム」の坪単価や評判、値引き情報について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方でクレバリーホームも検討予定の方は是非参考にして下さい。

 

 

クレバリーホームのcxシリーズの坪単価と特徴

 

クレバリーホームはローコストで家が建てられることが売りになっており、安いイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、クレバリーホームの坪単価の評判としては、それほど安くもなく高くもないといったところです^^

 

 

クレバリーホームには、いくつかの種類がシリーズとして用意されていますが、その中でもcxシリーズは坪単価が安く人気のあるシリーズです。床材、建具、タイルなどもcxよりもvの方が単価の高い建材を使っていると言われていますが、基本的には標準仕様の差だと言われています。

 

 

では、クレバリーホームのcxシリーズで建てる場合の坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?

 

実際にクレバリーホームのcxシリーズで建てられた方の情報によりますと、クレバリーホームのcxシリーズで、約40坪の付帯工事込みで約2750万円だったとの情報がありました。

 

ちなみにこの価格に外構は含まれていないとの記載もありました。

 

クレバリーホームの中でもcxシリーズは坪単価が安いと言われていますが、この坪単価は約69万円という計算になります。

 

安いという印象は受けませんが、この方はキッチンやトイレ、バスルームなどをこだわりグレードアップされたようです。

 

やはりグレードアップやこだわりがありオプションを沢山付けると坪単価はどんどん高くなってしまいます^^;

 

標準仕様からほとんど変更しない場合は、坪単価は45〜50万円前後に抑えることができる言われいます。

 

クレバリーホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

クレバリーホームの坪単価、Vシリーズで建てる場合の目安

 

クレバリーホームはローコスト住宅ですが、そのわりに標準仕様もそれほど悪くないと評判があるようですね^^

 

 

その分、他のローコスト系のハウスメーカーと比べても価格は若干高めの設定になっているようです。クレバリーホームはシリーズとしていくつかのラインナップが用意されていますが、価格帯は異なります。

 

 

Vシリーズなら坪単価は45万円〜が目安になっているようですね。

 

 

クレバリーホームの多彩なラインナップの中でトップグレードを誇るのが、Vシリーズです。

 

 

クレバリーホームの中でワンランク上の住まいづくりを叶えるならVシリーズを選ばれることをお勧めします。

 

 

Vシリーズは価格が高めな設定ですが、床材、建具、タイルなどもCXシリーズよりもVシリーズの方が単価の高い建材を使っているようですね。

 

 

実際にクレバリーホームのVシリーズで建てられた方の坪単価をいくつか紹介します。

 

 

・カーテンや電灯一式、外構、二階トイレ、エアコン一台、地盤改良工事、水道工事を含み坪単価は約50万円ほどだった。

 

 

・建物とオプションのみの坪単価は42万円だった。

 

 

・見積もりでは坪単価が45万くらいの計算だったけれど、最終的には坪単価は60万円を超えてしまった。

 

 

などなど選ぶオプションや仕様によっても坪単価は大きく変動する場合がありますので、あくまで参考程度にされておくといいかと思います。

 

 

コストパフォーマンスを重視するのならお得感のある、上記で説明したCXシリーズがお勧めです(・∀・)

 

無料!クレバリーホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

クレバリーホームのRXシリーズの坪単価と特徴

 

クレバリーホームは商品も豊富に用意されており、一番グレードの高い「Vシリーズ」をはじめ、一番人気のある「CXシリーズ」、子育て世代向けの「シュフレ」のほか、平屋や二世帯住宅に対応した商品も用意されています。

 

そして、20周年記念モデルとして、RXシリーズが新たなラインナップに加わりました。

 

最近の家は、住宅の性能はかなり向上しており、ZEHの普及率も高まっています。

 

RXシリーズでは住宅性能だけを追求するのではなく、その家に住む楽しみやワクワク感など、住む人の気持ちを満たす住まい造りを実現されているのがRXシリーズとなります。

 

RXシリーズで検討されている方は、坪単価なども気になると思います。

 

そこで、ここでは、クレバリーホームのRXシリーズの坪単価を調べてみました。

 

RXシリーズの坪単価について調べてみると、40万〜50万円程度が一つの目安となっていることが分かりました。

 

オプションなどによっては坪単価が変動することもありますが、坪単価40万円台〜50万円台なら、わりとリーズナブルに建てることができますね。

 

仮に坪単価を50万円とし、40坪ほどの大きさの家を建てる場合の建築費用は2000万円という計算になります。

 

ただし、一般的に建物価格に外構費用や照明、カーテンなどの費用は含まれていないことが多いですし、住宅ローンを組んで家を購入される場合には諸費用などもかかってきます。

 

これらを考慮すると、建物本体価格に数百万円ほど上乗せした費用が総建築費用となります。

 

クレバリーホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

クレバリーホームのスマートエブリの坪単価や特徴

 

政府が推奨しているZEH( ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)。

 

補助金制度が導入されていることもあり、現在ZEH仕様の住宅は増えています。大手ハウスメーカーでは2020年までに販売する住宅の8割以上をZEH仕様の住宅にするという高い目標を掲げており、現在新築を検討されている方はおそらくZEH仕様での家造りを提案されると思います。

 

 

ここ数年でZEH住宅が浸透し、ZEH住宅をご存知の方がほとんどだと思いますが、そもそもZEH住宅とは、住まいの断熱性能や省エネ性能、創エネを組み合わせ、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことを言います。

 

各ハウスメーカーではZEH仕様に対応した商品がラインナップされていますが、クレバリーホームでもZEH仕様に対応した商品「スマートエブリZERO」といった商品がラインナップされており、エネルギーゼロの暮らしが提案されています。

 

 

スマートエブリZEROは、冷暖房のエネルギーのムダを抑えるための高断熱仕様をはじめ、先進の省エネ設備や創エネ設備を組み合わせ、ZEH基準を高いレベルでクリアした住まいを実現されているようですね。当然、エネルギー収支をゼロにするためには、太陽のエネルギーで自ら電気を創り出すシステム、太陽光発電の導入は必須条件となりますが、そうなると建築費用が気になりますよね。

 

 

一般的な住宅と比べてみても、ZEH仕様で建てる場合は約300万円程度、場合によってはそれ以上の追加料金が必要となり、建築費用は高い傾向にあります。その一方で、住んでからの光熱費が節約できるため、ZEH仕様にかける費用対効果も気になるところですが、今回はクレバリーホームのスマートエブリZEROの坪単価について調べてみました。

 

 

クレバリーホームの坪単価としては45万円〜55万円程度が相場となっており、知名度のあるハウスメーカーでありながら、坪単価はそれほど高くなく、むしろ安く設定されているハウスメーカーです。

 

 

このスマートエブリZEROの坪単価は約55万円〜65万円程度が目安とされており、やはりZEH仕様ということもあり、クレバリーホームの他のシリーズと比較すると坪単価は高めに設定されているようです。

 

 

ただし、ZEH仕様に加え、タイル外壁を選ぶと坪単価が70万円台、80万円台というハウスメーカーもありますので、大手ハウスメーカーと比較するとクレバリーホームの坪単価は安く設定されているため、価格重視の方には特にお勧めではないかと思います。

 

無料!クレバリーホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

クレバリーホームのエネリートの坪単価

クレバリーホームから、最高レベルの断熱性能を誇る「ENELITE(エネリート)」という商品が新たなラインナップとして加わりました。

 

住まいの断熱性能が優れていると、1年を通して快適に暮らせるだけでなく、ヒートショックの予防にも繋がり健康的な住まいですし、冷暖房費用の削減に繋がり家計にも優しいです。

 

エネリートは、北海道の基準を上回るほどのUA値を誇っており、UA値0.28W/m2・Kを実現されており、数値だけみると、住宅業界でトップの性能を誇る一条工務店と同等の性能だということが分かります。

 

断熱性能を高めるために、天井部分には厚さ300mmのブローイング断熱材が施されていたり、熱の出入り口となる窓部分に関しては、アルゴンガス入りLow-Eトリプルガラス樹脂サッシが採用されています。

 

エネリートは、自由設計のようですが、現在検討されている場合は坪単価がどれぐらいなのか?も気になると思います。

 

クレバリーホームの坪単価としては、45万円前後〜とされており一つの目安となりそうですが、商品によっては坪単価が55万円ほど、もしくはそれ以上の費用が必要になることもあります。

 

エネリートの坪単価としては、45万円前後〜50万円程度が目安とされているようです。

 

仮に40坪ほどの大きさの家を建てようとすると、建築費用は1,800万〜2,000万円という計算になります。

 

大手ハウスメーカーで断熱性能に優れた家を建てようとすると、まずこの価格帯では収まりませんから、クレバリーホームはコストパフォーマンスに優れている印象を受けます。

 

ちなみに、エネリートで建築された方の建築費用に関する情報があれば非常に参考になるのですが、2018年に発売が開始した商品ということもあり、参考になりそうな情報は見当たりませんでした。

 

クレバリーホームのシュフレの坪単価と特徴

 

クレバリーホームには、いくつかの商品ラインナップが用意されています。クレバリーホームの中でも上位の人気を占めている『シュフレ』

 

近年、どの住宅メーカーでも主婦目線に立った商品が増えてきていますよね^^

 

シュフレも女性目線の住まいをコンセプトにしている商品で、家事がラクになるように、子育てしやすい間取り、収納力など女性に嬉しいアイディアが沢山詰め込まれた商品です。

 

シュフレの特徴として、効率的な家事動線、間取り、充実した収納力があるということがあげられます。

 

例えば子育て世代のお母さん目線では、家事を行いながら子供の様子もチェックしていたいと考える方も多いようですが、シュフレの間取りではキッチンテーブルの直ぐ側に子供の学習スペースが用意してあったりと、お母さんの目の届く範囲なので非常に安心感があります。

 

そして主婦層は収納力を重視される方も多いですが、シュフレは収納力にも非常に優れていると評判があります^^

 

 

クレバリーホームのシュフレで建てる場合の坪単価はどれぐらいが目安になっているのでしょうか?!

 

 

 

シュフレの価格に関してはあまり情報が出回っていませんが、シュフレのNEWデザインを誕生してフェアが開催された時の価格は、特別価格1,395万円(建物本体価格、税抜き)での販売を行っていたようですね。

 

 

 

これはフェア期間中の特別価格ですが、仮に30坪で計算すると、この坪単価は約47万円になります。

 

 

これぐらいの坪単価ですので、クレバリホームの平均的な坪単価と言えるでしょう。

 

クレバリーホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

クレバリーホームのキララの坪単価や特徴

 

基本的に毎日掃除機をかける方は多いと思いますが、シンクやトイレなどの水回り関係に至っては、毎日綺麗に掃除できないといった方も多いのではないかと思います。

 

 

私の場合だと二人目の子どもがハイハイ真っ只中で、至るところをハイハイしまくるので、掃除機がけは基本毎日、あとは今日はここを綺麗にしようと決めた一か所を綺麗にするような感じです。

 

 

特に小さいお子さんがおられる家庭ではこまめな掃除を心がけると思いますが、育児に仕事にと忙しいママさんだと掃除する時間がなく、水回り関係などのこまめな掃除は難しいと思います。

 

 

クレバリーホームでは、そんな主婦の目線にたったおそうじ上手な家「KiRaRa(キララ)」といった商品がラインナップされています。このキララは日々の掃除の手間を軽減するために、外装には雨で汚れが落ちる外壁タイルを採用していたり、キッチンには換気扇や食器を自動洗浄する最新設備などが導入されています。

 

 

「自らお掃除する」「汚れにくい」「お手入れ簡単」という観点から最新の設備仕様が採用されており、掃除の手間を省けるような提案がなされていますが、このキララの坪単価や総額も気になるところです。

 

 

このクレバリーホームのキララに関して、【坪単価】や【価格】、【総額】などのキーワードの検索数も多く、注目されている方が多いようです。

 

 

クレバリーホームの坪単価としては45万円〜55万円が目安とされていますが、シリーズによっても若干坪単価に幅があります。

 

 

上記でも説明した、クレバリーホームの中でも最高級モデルの位置づけにある商品として「Vシリーズ」があげられます。

 

 

Vシリーズは標準仕様が充実しており、住宅の性能が高く、デザインの自由度も高いと言われていますが、その一方で坪単価は50万円台〜60万円台と、クレバリーホームの中でも高く設定されています。

 

 

Vシリーズと比較すると、キララの坪単価は安く設定されているようで、45万円〜が一つの目安となっているようですが、オプションや仕様にこだわって建てると60万円近い坪単価になることもあるようで、結局Vシリーズとさほど変わらない価格帯になってしまうこともあるようです。

 

 

実際にキララシリーズでの新築を検討しており、見積りを取ってみたところ、本体価格に付帯工事費や諸費用などを全て含めた総額で、約2900万円という額を提示されたとの情報もあります。

 

 

ちなみにですが、このキララの発売が発表された時の参考販売価格として1568万円(税別)〜と紹介されていましたよ。

 

無料!クレバリーホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

クレバリーホームの3階建ての坪単価と特徴

 

二世帯での暮らしを検討しているものの、限られた敷地だと高さを活かした3階建て住宅という提案が一般的ではないかと思います。

 

また、都心部などは土地の価格も高いですし、横にスペースを広げるよりも縦にスペースを広げた暮らしを検討されるのではないかと思います。

 

各ハウスメーカーでは敷地をはじめ、家族構成やライフスタイル、要望などに合わせて、3階建てでの暮らしを提案されることもあり、3階建てに対応した商品が用意されています。

 

大手ハウスメーカーの中には4階建て、5階建て住宅を手がけているところもありますが、クレバリーホームでは3階建てに対応したLXシリーズがラインナップされています。

 

このクレバリーホームの3階建て住宅に対応したLXシリーズには、シックでスタイリッシュなモダンなデザインをはじめ、ヨーロッパのテイストが魅力的なユーロクラシック、タイル貼りが特徴的なコンテンポラリーといった3つのスタイルが提案されているようですが、3階建てで建てる場合の坪単価や建築費用が気がかりな方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、ここでは、クレバリーホームの3階建て住宅、LXシリーズの坪単価や建築費用について調べてみました。

 

 

やはり、3階建てでの建築を選択される方は少ないようで、あまり有力な情報がないのですが、坪単価としては50万〜60万円程度が一つの目安となっているようです。

 

 

仮に坪単価を55万円とし、30坪ほどの家を建築する場合の費用は1650万円、40坪ほどの家を建築する場合の費用は2200万円という計算になります。

 

 

クレバリーホームのLXシリーズは、店舗付きの住宅や二世帯住宅などの設計も可能となっていますので、二世帯での建築の場合は設備などにお金がかかりやすいため、若干坪単価が高くなるかもしれません。

 

 

大手ハウスメーカーでも3階建てに対応した商品がラインナップされていますが、大手で3階建て住宅となると坪単価が80万円台〜90万円台と高額なため、クレバリーホームは安い金額に設定されています。

 

 

ちなみにですが、クレバリーホームで3階建て住宅を検討されている方は、おそらく他のローコスト系のハウスメーカーとも比較されるのではないかと思いますが、タマホームの3階建て住宅「木望の家」の価格にも少しだけふれておきたいと思います。

 

 

この木望の家は、標準仕様で長期優良住宅に対応していたり、耐震等級2以上をクリアしつつ、坪単価は45万円〜と非常にコストパフォーマンスに優れています。

 

 

ただし、もしかしたら付帯工事費用などを除く坪単価かもしれないので、その場合だと総建築費用はもう少し高くなりますのでご注意下さい。

 

 

クレバリーホームの平屋の坪単価と特徴

 

近年、平屋ブームでシニア世代のみならず、若い世代でも平屋で新築される方が増えてきています。

 

平屋の最大の魅力は、生活の全てがワンフロアで完結することではないかと思います。

 

当然、平屋には階段がなく、階段を上り下りするという動作は必要ありませんし、間取りを工夫することで家事の効率が良くなる動線を作ることもできるため、家事や掃除の負担を軽減させることができます。

 

平屋住宅に対応しているハウスメーカーがほとんどだと思いますが、質の高いローコスト住宅を手がけているクレバリーホームでも平屋のプランが用意されています。

 

クレバリーホームでは、平屋ならではの機能性と快適性を最大限に高めつつ、自由設計でのプランニングに対応されているようですが、平屋で建てようとした場合の坪単価も気になるところです。

 

一般的には、総二階建てよりも平屋建ての方が坪単価が高くなるというイメージをお持ちの方が多いと思います。

 

その理由としては、総二階建てと平屋建てを比較すると、平屋の方が基礎の面積が広くなりますし、また屋根も広くなり、それが価格に反映して、結果的に坪単価も高くなってしまうからです。

 

具体的な例をあげますと、総二階建ての40坪の場合、基礎と屋根の面積は20坪ほどで済むのですが、平屋建ての40坪の場合だと、基礎と屋根の面積が40坪分必要となるイメージです。

 

そのため、理想の住まいは平屋なのに、坪単価が高いことや予算の関係上、平屋での建築を諦めてしまうというケースも少なくないようですね。

 

そんな時に、比較的ローコスト住宅を扱うクレバリーホームはお勧めできますが、

 

クレバリーホームで平屋を建てようとする場合、坪単価はどれぐらい必要なのでしょうか。

 

実際にクレバリーホームの平屋で見積りを取られた方の情報によりますと、坪単価59万円ほどの見積りが出たようです。

 

また、ある方は36坪ほどの平屋で付帯工事なども含めて約2600万円の見積りが出たようです。

 

仕様やオプションなどの詳細は不明ですが、この平屋の坪単価は約72万円という計算になります。

 

クレバリーホームは比較的ローコスト住宅を扱うハウスメーカーなため、平屋も割とリーズナブルな価格で建てられそうなイメージがあったのですが、実際に見積りを取られた方々の情報をみると、そこまで安くはない印象を受けました。

 

クレバリーホームの平屋の坪単価相場は、60万〜75万ぐらいを目安にすると良いでしょう。

 

クレバリーホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

クレバリーホームの値引き事情と値引き交渉のポイント

 

ローコストを売りにしているハウスメーカーでは基本的に値引きがなかったり、値引き交渉を行っても値引きに応じてもらえないことが多いです。

 

 

 

ローコスト住宅の一つであるタマホームも値引きはしないことで有名ですが、

 

 

クレバリーホームの値引きに関してはどうなのでしょうか?

 

 

クレバリ―ホームの値引きに関しては、クレバリーホーム自体はフランチャイズなので価格や値引きに関しては、その運営会社によって大きな違いがあるようです。

 

 

キャンペーン中と言い、100万円以上の値引き額を提示されることもあるようですし、

 

 

 

値引きはしない代わりにサービスで対応してくれるなど、対応は様々だという印象を受けます^^;

 

 

 

実際にクレバリーホームで見積もりを取られた方の情報によりますと、

 

 

 

『今月中に契約してくれたら、少しの値引きとサービスをします』と営業マンに言われたとの情報があります。

 

 

 

この手のやり取りはよく行われますね^^;

 

 

 

決算月ですので、キャンペーン中なので、、と理由をつけては、今月中に契約をしてくれたらと、契約を急がされることがあります。

 

 

 

しかし、まだ決めかねているのなら決めない方が賢明かと思います。

 

 

 

今月中になんてのはただの営業の脅し文句ですから、値引きに惑わされずに納得のいくまで検討された方が良いですよ(* ̄ー ̄)

 

 

 

値引き交渉のポイントは他のハウスメーカーと迷っているという事を伝える事です。

 

 

 

他のハウスメーカーの値段を知らずには値引き交渉には挑めませんので、事前に下記の「タウンライフ家づくり」で他のハウスメーカーの値段や間取りをチェックしておいてください。

 

 

簡単な入力で無料で費用などが比較できますのでこれから家を建てる方にはおススメです(・∀・)b

 

 

また、いろんな会社の間取りがもらえますので、「こんな間取りもありだな」など、間取りに失敗する事なく、家建てができるでしょう。

 

タウンライフで資料請求するのに向いている人

 

●クレバリーホームやその他ハウスメーカーの間取りプランや総額表が欲しい

 

●気になるハウスメーカーはあるけれど、展示場に行くのは面倒。。

 

●まだ何も考えてないが、とりあえず資料がほしい

 

●値引き交渉に使いたいので、他ハウスメーカーの総額表もほしい
etc...

 

「タウンライフ家づくり」では、それが可能です。1度の入力(約2〜3分)で、各ハウスメーカーの資料請求が無料できるため、忙しい方にも人気のサービスです。

 

 

本日現在、累計112万人の方に利用されているのも信頼の証ですね

 

さらに、今なら、「成功する家づくり7つの法則」の小冊子も貰えます

 

下記のボタンで公式ページへ移動します↓

 

page top