アキュラホームの坪単価と値引き

このページでは、ハウスメーカーの中でも人気のある「アキュラホーム」の坪単価、値引き情報について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方でアキュラホームも検討予定の方は是非参考にして下さい。

 

 

アキュラホームの坪単価の相場はどのぐらい?

 

ローコスト住宅に定評のあるアキュラホーム。

 

全国の連携した工務店を繋ぐ「ジャーブネット」によって、大量の材料を一気に仕入れることが可能となり、高品質でありながら低価格帯での家造りを実現しています。

 

ローコスト系のハウスメーカーといえば、まずタマホームをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

 

実際にタマホームもローコスト住宅に定評があり、坪単価40万円前後〜の住まい造りが可能となっています。

 

アキュラホームの場合は、タマホームより若干高めに坪単価が設定されていますが、それでも大手ハウスメーカーと比較するとかなり坪単価は安く設定されています。

 

アキュラホームでは商品のラインナップも豊富で、人気で定番商品の「大収納のある家」をはじめ、エネルギー収支がゼロになる「ZEHの家」や太陽光発電を搭載した「太陽光発電の家」、収納スペースをたっぷり確保した「収納上手の家」、愛犬との快適な暮らしを実現した「愛犬と暮らせる家」などがラインナップされています。

 

アキュラホームの家は非常に分かりやすく、商品名を見ただけで大体どのような家なのかということが伝わってきますが、坪単価はどれぐらいを目安に考えておくといいのでしょうか。

 

アキュラホームの坪単価を調べてみると、40万円台〜50万円台が相場になっていることが分かりましたが、あくまで相場なので目安程度とお考え下さい。

 

アキュラホームだけではなく、ローコスト住宅を扱うメーカー全般に言えることですが、大量に材料を仕入れているため、選択できるものに制限があり、自由度は高くないということが言えます。

 

そのため、できるだけ標準仕様の範囲内から選ぶようにし、オプションを少なくすることが安く抑える秘訣となります。

 

アキュラホームの大収納のある家の坪単価と特徴

 

アキュラホームの商品は豊富にラインナップされていますが、中でも「大収納のある家」は人気の高い商品です。

 

家族の人数が多いほど、衣類やレジャー用品などの収納場所をいかに確保できるのかということも重要になってきますし、お子さんのおられるご家庭ではプールやクリスマスツリー、また節句の人形などなど、何かと季節ものの荷物がかさばりがちですよね。

 

そして、スノボーや釣りなどなど、趣味の物を収納しておくスペースの確保など、収納は少ないよりも多いにこしたことはありません。

 

アキュラホームの大収納のある家はその名の通り、大収納が特徴的な住まいです。

 

大収納のある家は大容量の収納スペースを確保しつつ、天井の高さが1.4m以下、2階床面積の1/2未満の場合だと、居室とはみなされないため固定資産税の対象外というところも嬉しいポイントです。

 

アキュラホームの大収納のある家は2005年から発売が開始しましたが、発売当初の情報によりますと坪単価35.8万円からと紹介されていましたが、さすがに坪単価30万円台で建てることは難しいですよね。

 

大収納のある家の実際の坪単価としては、40万円台〜50万円台とアキュラホームの他の商品と変わらないようですが、ローコスト系のメーカーの坪単価としてみると、少々高めな印象を受けます。

 

仮に坪単価を50万円とし、35坪ほどの大きさの家を建てる場合の費用は1750万円、40坪ほどの大きさの家を建てる場合の費用は2000万円という計算になります。

 

ちなみに、アキュラホームの大収納の家のように1階と2階の間の空間を有効に活かすことのできる商品は、他のハウスメーカーでも提案されていたりします。

 

例えば、大手のミサワホームでは主力商品の「蔵のある家」がラインナップされており、大容量の収納スペースを作ることができます。

 

ただし、大手ということで坪単価が60万円前後〜と、アキュラホームの大収納の家よりもかなり坪単価が高く設定されているようです。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
アキュラホームと各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます♪

 

 

アキュラホームのZEHの家の坪単価と特徴

 

アキュラホームは1000万円台での建築が可能なハウスメーカーの一つですが、近年はZEH仕様に対応した商品にも力を入れています。

 

以前よりもZEHが浸透しつつありますが、ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを略したもので、住まいの断熱性や省エネ性、創エネ性を高めることにより、1年間で消費するエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅のことを言います。

 

ZEH仕様にするためには、断熱性や省エネ性、また創エネ性を高める必要がありますし、それぞれの基準を満たすために、通常の仕様から変更する必要があるのですが、アキュラホームでは「高性能グラスウール」や「高断熱サッシ」は標準仕様となっているようです。

 

そのため、アキュラホームではわずかな設備の変更や追加によってZEHに対応できるため、比較的ローコストでZEH仕様の家が建てられるのではないかと予想しています。

 

以前、アキュラホームではZEH仕様に加え、ワンランク上のデザインを追求した「MIRAI ZEH(ミライゼッチ)」といった商品が販売されていました。

 

ミライゼッチでは、7kwを超える太陽光発電が標準で搭載されていたり、樹脂複合サッシ(アルゴンガス入り)、オール電化仕様と紹介されていました。

 

気になる本体価格ですが、、延べ床面積が109.72m2の場合で1890万円からと紹介されており、ミライゼッチの坪単価は約55万円〜という計算になります。

 

やはり、ZEH仕様ということで太陽光発電システムの設置は必須条件となりますし、エネルギー消費のムダを省くために省エネや断熱性を高めるための設備などの導入も必要になるため、普通の仕様で建てる場合よりも若干坪単価が高めですね。

 

ただし、他のローコスト系のメーカーでは、大容量の太陽光発電システムが標準仕様となっているところは少なく、おそらくアキュラホームだけではないかと思いますので、ZEH仕様を限られた予算の中でお考えの場合は、一度検討すべきメーカーだと思います。

 

アキュラホームの3階建ての坪単価と特徴

 

アキュラホームの商品は豊富にラインナップされていますが、三階建て住宅に対応した「三階のある家」という商品も用意されています。

 

特に都心では土地の価格が高いですし、立地条件の良い土地が売り出されていても、土地の大きさが狭く、なかなか条件の良い土地が見つからないなんてケースも多いですよね。

 

縁があり購入した土地が、希望よりも小さい場合だと2階建てでは十分な生活スペースが確保できないため、縦のスペースを活かすことのできる3階建てや4階建て住宅という選択になると思います。

 

実際に都心部などでは、限られた土地を有効に活かすことのできる3階建てや4階建て住宅への人気が高まっており、大手をはじめローコスト系のハウスメーカーでも3階建て住宅に対応した商品をラインナップされています。

 

一般的に3階建て住宅の場合は、坪単価や建築費用が割高傾向にありますが、ローコスト住宅に定評のあるアキュラホームで、3階建て住宅を建てる場合の坪単価はどれぐらいになっているのでしょうか。

 

アキュラホームの三階建て住宅に対応した「三階のある家」の具体的な坪単価は記載されていなかったのですが、建坪10坪未満の注文住宅を建てようとすると、かなり坪単価も高くなりそうです。

 

実際にアキュラホームで12坪ほどの狭い土地に3階建ての見積りを取られた方の口コミによりますと、坪単価80万円〜という見積り額が出たようです。

 

ちなみに、3階建て仕様のほか、オール電化仕様や太陽光パネルなども価格に含まれているようですが、かなり土地が狭く限られてしまう場合は、坪単価も高くなりますし、それなりの建築費用を覚悟しておく必要があります。

 

アキュラホームの平屋の坪単価と特徴

 

今、平屋住宅への人気が高まっています。

 

人気の背景には、段差がなく生活の全てがワンフロアで完結することや、家族の気配が感じられるなど、年配の方をはじめ、小さなお子さんがおられるご家庭でも安心できる住まいとして、様々な世代の方々が平屋での暮らしを選ばれるようです。

 

ローコスト住宅に定評のあるアキュラホームでも平屋住宅の取り扱いがあります。

 

アキュラホームの平屋というキーワードで検索すると、【550万円】という単語も出てきますが、いくらローコストが売りのアキュラホームでも500万円台〜の家造りを実現されているということでしょうか。

 

500万円台ということで予め企画化された住宅ということは予想できますが、ここではアキュラホームで平屋を建てる場合の坪単価や建築費用を徹底調査しました。

 

まず、アキュラホームの平屋で検索すると550万円というキーワードも出てくるのですが、これは以前販売されていた「新すまい55」といった商品で、本体価格550万円の平屋建て住宅も用意されていたようです。

 

しかし、現在は公式サイトの商品のラインナップで紹介されていないため、現在も取り扱いがあるのかは不明です。

 

ちなみに、アキュラホームで平屋を建築された方の実例をみてみると、10kwの大容量の太陽光発電システムを搭載しつつも1000万円台で建築された方もおられるようですが、建築費用が2000万円台、3000万円台と紹介されているものもあり、かなり建築費用にはひらきがあるような印象を受けました。

 

建築費用が3000万円を超えてくると、大手とは変わらないぐらいの値段になってくることもありますので、必ず複数社で見積りを取って金額や内容を比較されることをお勧めします。

 

アキュラホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

アキュラホームの二世帯住宅の坪単価

アキュラホームは「品質も価格もあきらめない」というコンセプトのもと、独自開発となる“アキュラシステム”を採用することで、高品質ながら適正価格にこだわったローコスト住宅を実現されているハウスメーカーです。

 

アキュラホームの商品のラインナップは非常に豊富ですが、その中に「二世帯同居の家」という商品が用意されています。

 

二世帯住宅は親世帯と子世帯が一つ屋根の下で暮らすことになりますが、ライフスタイルも様々ですし、生活時間帯が異なる場合は、お互いが程よい距離感を保ちながら生活した方が上手くいくものです。

 

アキュラホームでは、いつまでも仲良く、お互いがいたわりあって暮らせるような工夫が詰まった二世帯住宅を提案されています。

 

アキュラホームの注文住宅の建築実例をチェックしてみると、これまでに沢山の二世帯住宅の建築を手掛けており、狭小地では3階建ての二世帯住宅という実例もありました。

 

部分共有型のほか、完全分離型の二世帯住宅の実例が紹介されていましたが、現在、二世帯住宅での建築が浮上している場合は、やはり建築費用が一番気になるのではないかと思います。

 

アキュラホームの坪単価としては、40万〜50万円程度が一つの目安となっています。

 

ただし、二世帯住宅の場合は、水回り関係の設備などを2ヶ所ずつ設置する必要があり、一般的な仕様で建てるよりも建築費用は割高傾向にあります。

 

アキュラホームで二世帯住宅を建てる場合の坪単価ですが、45万〜55万円程度が一つの目安とされています。

 

仮に、40坪程度の二世帯を建てる場合の費用ですが、単純計算で1,800万〜2,200万円ということになります。

 

もちろん、建物本体価格以外にも、必要な工事費用や申請費用のほか、オプションや必要に応じて地盤改良費なども必要となってきますが、程よい距離感を保てる部分共有型の場合は、比較的ローコストではないかと思います。

 

一方、水回り関係から玄関に至るまで全て別々で建てる完全分離型の場合は、坪単価が60万円台、もしくはそれ以上、、、というケースも考えられ、大手ハウスメーカーよりは安く建てることができますが、予算に余裕を持っておく必要がありそうです。

 

アキュラホームの値引き事情の実態

 

アキュラホームはローコスト住宅を扱うハウスメーカーとして知られていますが、アキュラホームで契約をお考えの場合、契約前に値引き交渉を行うべきなのか?ということで悩まれるのではないでしょうか。

 

一般的にローコスト住宅の場合だと、極力無駄を省いた提案をされており、値引き交渉を行っても『値引きをしない方針を貫いているため、値引きというものはありません!』や『ローコストに抑えるため無駄を省いておりこれが限界です!』と営業マンに言われ、あまり値引きに応じてもらえないケースが多いようです。

 

とはいっても、注文住宅を建てる場合は何千万円というお金がかかりますし、何十年もの間住宅ローンを組んで、月々返済していくのですから、少しでもいいから値引きを引き出したいというのが本音かと思います。

 

そこで、ここではアキュラホームの値引き事情を徹底調査しました。

 

 

「契約初期の見積もりと比較すると、最終的な見積りでは約300万円ほど高くなりました。
やはり話を進めていくうちにどんどん贅沢になっていったことが原因ですが、我が家の場合はキャンペーンと会社提携の値引きを合わせると約150万円ほどありました。
ただ、基本的には決算時期などでなければ値引きを行わない方針の会社のようです。」

 

 

「アキュラオーナーです。
32坪、4DKで2350万円ぐらいでした。
実質的な値引きはありませんでしたが、浴室乾燥機がキャンペーンの抽選に当選しサービスしてもらえました。」

 

 

「特にガツガツと値引き交渉をしたわけではありませんが、契約間近というところで太陽光を無料にしてくれたのと、100万円ほどの値引きをしてくれました。
もしかしたら、最初から値引きの分が上乗せされていたのかもしれませんが、オプションを付けてからの値引きだったので得した気分になりました。」

 

 

いかがでしょうか。

 

基本的にはアキュラホームでは値引きが行われないということで知られているようですが、実際には値引きが行われているようですし、値引き額は引き出せなくても何かサービスしてもらえるということがあるようです。

 

ただし、値引きはケースバイケースですし、契約のタイミングなどでも大きく左右されてきますので、あくまで参考程度とし、相手が不快に感じるようなガツガツとした値引き交渉はNGです。

 

アキュラホームしか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top