アイダ設計の坪単価と値引き

このページでは、「アイダ設計」の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で、アイダ設計も検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

アイダ設計の坪単価は実際どうなの?

 

アイダ設計はローコスト住宅に定評のあるハウスメーカーで、ローコストゆえ内装などは凝っておらずシンプルな造りとなっています。

 

以前、アイダ設計では「555万円の家」という商品も扱っており、そのネーミングから非常に低価格帯で家が建てられるハウスメーカーとして注目を集めました。

 

調べてみると、現在はこの555万円の家の取り扱いはないようですが、その代わりとなる「888万円の家」が販売されているようですね。

 

この888万円の家は、延床28坪とされていますので、坪単価は約33万円という計算になりますが、いくらローコスト住宅を扱うハウスメーカーでも、この坪単価は非常に安く、不安に思われる方も多いと思います。

 

ローコスト住宅では、建物本体のみの坪単価で計算している場合がほとんどですが、アイダ設計で建てる場合、実際の坪単価はどれぐらいになっているのでしょうか。

 

実際にアイダ設計で建築された方や見積りを取られた方々を中心に、実際の坪単価を徹底調査しました。

 

 

「何度も図面を書き直してもらい、先日アイダ設計より3回目の見積もりを頂きました。
36坪弱で見積り額が1665万円ということで、現段階で坪単価は約46万円ということになります。
ちなみに、追加工事の費用は約250万円ほど必要となります。」

 

 

「スタンダードの32坪、オプション、外構、車庫(2台分)、諸経費などを含み総額で1270万円ぐらいでした。」

 

 

「我が家は2階の部屋の全てにロフト、シャッター、トイレをウォシュレット付きに変更、浴室乾燥機などを付け、総額で約1500万円となりました。」

 

 

「工事費用など込みで坪単価40万円程度となりました。
ちなみに、外構費用は含まれていません。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイダ設計の実際の坪単価としては、40万円台が一つの目安となりそうですが、窓の大きさや部材などを標準仕様のものから変えようとすると、その分の費用は上乗せになりますので、注意が必要です。

 

アイダ設計しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

アイダ設計のアイベストの坪単価と特徴

 

アイダ設計の注文住宅といえば、ブラーボシリーズですが、そのシリーズの商品の一つとして最上級仕様の「アイベスト」があります。

 

アイベストは、永く安心して暮らせることをコンセプトに開発された商品で、高い断熱性能や、気密性能を兼ね備えていることが特徴としてあげられます。

 

さらに、震度7相当の耐震実験をクリアするなど耐震性能の面でも非常に優れています。

 

アイベストは、和風スタイルをはじめ、洋風スタイル、そしてモダンスタイルの外観にも対応されているようですが、アイダ設計の最上級仕様ということで、それにふさわしい建材や住設機器などが取り入れられているようですね。

 

そうなると、坪単価や建築費用も気になるところです。

 

アイダ設計のアイベストの画像などをチェックしていると、上品さが感じられ、落ち着いた住まいで、坪単価は高くなりそうな印象を受けます。

 

アイダ設計のアイベストの坪単価を調べてみると、45万〜60万円程度と、やや坪単価にひらきがみられます。

 

仮に坪単価を50万円とし、30坪ほどの大きさの家を建てることを想定すると、建築費用は1500万円、坪単価を60万円と想定すると建築費用は1800万円ということになります。

 

アイダ設計で建築される方の坪単価の相場としては、40万円台と言われていますので、アイベストはアイダ設計の中でも坪単価が高い商品となります。

 

 

アイダ設計のブラーボコンフォートの坪単価と特徴

 

アイダ設計の注文住宅として、ブラーボシリーズがあります。

 

ブラーボシリーズは、基本商品となる「ブラーボスタンダード」をはじめ、快適な暮らしを追求した「ブラ−ボコンフォート」、最上級仕様となる「アイベスト」、ZEH住宅に対応した「ブラ−ボゼネクト」のほか、ファミリーをターゲットとした「ブラ−ボファミリー」、外観のスタイルにこだわることのできる「ブラ−ボスタイル」の6種類が用意されています。

 

この6種類の中で「ブラーボスタンダード」が基本的な商品となっています。

 

ブラーボシリーズの中でスタンダードが一番コストが抑えられており、坪単価は35万円〜が一つの目安となっています。

 

このスタンダードで少々物足りなく感じる場合には、ワンランク上の快適な暮らしを追求して作られた「ブラ−ボコンフォート」がお勧めです。

 

基本となるスタンダードではシステムキッチンやユニットバスなどは、選択できるメーカーが限定されてしまったりするのですが、コンフォートでは選択可能なメーカーが増えたり、性能が良くなっているようですね。

 

また、耐震性や省エネ性などにおいても、長期優良住宅の性能基準をクリアされているようですね。

 

そんなブラ−ボコンフォートで建てる場合の坪単価が気になりますが、ブラーボスタンダードよりも坪単価が5万円高くなり、坪当たりの単価が40万〜55万円程度と、やや開きがみられます。

 

仮に、坪単価を40万円とし、30坪ほどの大きさの家を建てることを想定すると、建築費用は1200万円、坪単価を50万円と想定すると建築費用は1500万円ということになります。

 

ただし、ブラ−ボコンフォートでは、こだわりを持った方でも満足できるように、グレードアッププランも用意されているようで、それによっても坪単価が変動するため、あくまで目安程度とお考え下さい。

 

アイダ設計のブラーボゼネクトの坪単価と特徴

アイダ設計の注文住宅といえば「ブラーボシリーズ」ですが、ZEH住宅に対応した「ブラーボ・ゼネクト」といった商品もラインナップされています。

 

今やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の知名度も高くなり、非常になじみ深くなり、ZEH住宅での新築を検討される方も増えてきています。

 

アイダ設計のブラーボゼネクトは、“ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018”において、優秀賞を受賞するほどの実績を誇っています。

 

ブラーボゼネクトはZEH仕様の住まいということで、高気密・高断熱仕様に標準で対応されています。

 

断熱性がしっかりと確保されていないと、家の中の温度差が大きくなり、不快に感じるだけでなく、ヒートショックなど体に影響を及ぼす事態も想定できます。

 

ブラーボゼネクトの場合は、建物全体を高性能断熱で包み込み、魔法瓶のような高断熱を実現されているため、家の中の温度差を抑え、ヒートショックの予防にも繋がる快適な住まいを実現されています。

 

壁の中の結露を抑えるために、断熱材には硬質ウレタンフォームが採用されています。

 

また、断熱性能を高めるだけでなく、家の中の空気を循環させ、温度を一定に保つためにランマ付き居室ドアや24時間換気システムが採用されています。

 

アイダ設計のブラーボゼネクトは、ZEHに対応するために高気密・高断熱仕様を標準とするなど、標準的な商品よりも仕様が充実していますが、一つ気になるのはブラーボゼネクトの坪単価です。

 

一般的にZEH住宅で建てようとすると、住まいの性能や省エネ性、創エネ性を高めるための設備を設置する必要があり、約300万円ほど、場合によってはそれ以上の建築費用が追加されます。

 

長い目でみると、光熱費がかからず家計に優しい住まいですが、そのぶん初期の建築費用がかさみます。

 

アイダ設計のブラーボゼネクトの坪単価を調べてみたところ、アイダ設計はもともとローコスト住宅に定評があるように、低価格で住宅を作るノウハウを持っており、ZEH仕様でありながら坪単価40万〜55万円と破格の安さを実現されています。

 

仮に、40坪ほどの家を建てる場合の価格は、1,600万〜2,200万円という計算になります。
オプションや必要な工事費用、申請費用などは別途必要となりますが、それらを加えてもZEH仕様の家を2,000万円台前後で建てられるのは、アイダ設計の強みですね。

 

アイダ設計しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

アイダ設計の3階建ての価格

アイダ設計の間取りプラン集をみてみると、暮らしに合わせ、3階建てや平屋のプランが用意されています。

 

アイダ設計の坪単価は、40万円台〜が一つの目安となっていますが、3階建て住宅の場合は、2階建て住宅よりも建築費用が高くなります。

 

その理由としては、3階建ての場合は建物を縦方向に広げるため、2階建てで建てるよりも建物自体の重さが重くなり、地盤改良費が高くなりがちだからです。

 

この費用は地盤の状況によって異なってきますが、地盤の状態が悪いと100万〜200万円ほどの費用が発生することもあります。

 

そのため、2階建てで建てる場合よりも坪単価は数万円〜10万円程度高くなることが予想できます。

 

さらに、アイダ設計では設備を大量に購入することでコストを抑えていますので、標準仕様からオプションに変更する部分が多いと、追加料金が高額になりますので、オプションの付け方には注意が必要です。

 

ちなみに、3階建ての建築となると、住み心地なども気になるところですが、アイダ設計では狭小地での設計を得意とされていますので、これまでのノウハウをいかした様々な提案が期待できます。

 

また、年間約2,700棟もの施工実績を誇っているところも安心して任せられそうですね。

 

アイダ設計の平屋の坪単価と特徴

 

ローコストでの家造りに定評のあるアイダ設計。

 

アイダ設計では、二階建て住宅のほか、三階建て住宅や平屋など、暮らし方に合わせていくつかプランが用意されています。

 

アイダ設計といえば、888万円の家をイメージされる方も多いと思いますが、888万円の家から平屋に対応した商品もラインナップされています。

 

近年、世代を問わずに平屋での暮らしに注目が集まっていますが、アイダ設計の平屋はどちらかといえば年配の方に向けた平屋住宅で、家の至るところがバリアフリーに対応されています。

 

888万円と驚くべき安さを実現されているため、標準装備も最低限度と思いきや、全熱交換換気システムや食器洗い乾燥機、対面式キッチンカウンター、浴室暖房換気乾燥機、浴室TVなどが標準で装備されています。

 

アイダ設計の888万円の平屋には、いくつかプランが用意されていますが、プランを元に延床18.87坪の坪単価を計算すると、約47万円という計算になります。

 

アイダ設計の商品の中には坪単価が40万円前後で建築可能なものもありますので、平屋ということで少し坪単価が高めな印象を受けますが、大手ハウスメーカーで平屋を建てようとすると、まずこの坪単価での建築は不可能です。

 

アイダ設計で平屋を建てる場合の坪単価としては、45万〜55万円程度が一つの目安となりそうです。

 

ちなみに、888万円の家でありながら標準装備は非常に充実しているため、オプション費用を抑えることができる所も嬉しいですね。

 

アイダ設計の値引き事情と値引き交渉のポイント

アイダ設計では値引きが行われているのでしょうか?

 

基本的にローコスト系のハウスメーカーで値引きは期待できないと言われているので、アイダ設計では値引きは厳しいと言われいます^^;

 

実際にローコスト住宅で知られている、タマホームやアエラホームでは値引きに応じてもらえないようです。

 

端数ぐらい値引いてくれてもいいのに、1円の値引きにも応じてもらえなかったという口コミもありました。

 

ここではアイダ設計の値引きについて調べてみました。

 

絶対に値引きをしてくれないというわけではなさそうなので、交渉次第で値引きに応じてくれる場合もあるかもしれませんね^^

 

 

値引きの際によく行われる交渉方法として、見積りを比較させるという手段があります。

 

 

アイダ設計のようなローコスト系のハウスメーカーでも見積りを取って、比較させると値引きに応じてくれることもあるようです。

 

 

そして、キャンペーン期間中を狙うと値引き交渉を行わなくても、『現在キャンペーン中なので、特別に値引きできます』と営業マンから値引き額を提示されることもあるようです。

 

 

決算期やキャンペーン中は狙い目なのかもしれませんね^^

 

 

また値引きは厳しくても、キャンペーン中などはサービスで何か付けてもらえたりする可能性も高いですからキャンペーン情報などをこまめにチェックしておくといいですよ^^

 

値引き交渉方法はこの記事も参考になります。

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top