アイ工務店の坪単価と評判

このページでは、アイ工務店の坪単価や評判について説明しています。

 

また、アイ工務店での値引き、建てる場合のメリット・デメリットについても解説しています。

 

これから、家を建てる方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

アイ工務店の坪単価の相場

大阪府に本社を構えるアイ工務店。

 

設立は2010年と、他のハウスメーカーよりも新しい会社になりますが、3年連続で売り上げ成長率の1位を誇るなど、急成長をとげているハウスメーカーとして注目されている方も多いのではないでしょうか。

 

アイ工務店ではいくつか商品がラインナップされていますが、主力商品として「Ees(イエス)」といった商品が用意されています。

 

Eesは長期優良住宅に標準で対応されていたり、住宅性能表示制度の7項目において最高等級相当の品質を確保するなど、住宅性能の面でも優れた商品のようですね。

 

さらに、自由設計のため、ライフスタイルや要望に合わせた家づくりが可能ですし、スキップフロアや吹き抜けなどをつくることもできます。

 

現在、アイ工務店で検討されている方は坪単価なども気になるのではないかと思います。

 

公式サイトには坪単価は記載されていないものの、口コミなどを参考にしますと坪単価は50万〜55万円程度と想公定できます。

 

坪単価を見る限り、ローコスト住宅とは言い難いものの、大手ハウスメーカーと比較すると坪単価は安い印象を受けますが、実際の坪単価がどれぐらいなのかも気になります。

 

そこで、実際に建築された方や見積りを取られた方の坪単価を徹底調査しました。

 

 

「展示場の間取りとデザイン、そしてローコストと聞き候補の一つとしてあがっています。
営業さんいわく、これまでアイ工務店で建築された方々の坪単価は50万円ぐらいが平均だそうですが、実際に見積りを取ってみると坪単価65万円ぐらいでした。
どうやら、外まわりや申請費用なども含まれた概算ですが、まだ何も仕様などを決めていない初期段階だったため、驚きました。」

 

 

「ようやく間取りが確定し、これから着工です。
契約した時は坪単価40万円ぐらいでしたが、色々とこだわりがあり追加注文などで坪単価50万円ぐらいです。(本体価格のみ)」

 

 

「最終的に付帯工事やオプションなどを含み、1坪あたり60万円いかないぐらいになりました。」

 

 

「アイ工務店で検討しています。
ローコストと聞きますが、ゼッチ仕様で坪単価58万円とそれほど安くない印象です。
ただ、断熱や気密の性能値は高いですし、大手でゼッチ仕様の家を建てようとするとまずこの坪単価では無理ですから、コストパフォーマンスは高いと思います。」

 

 

「35坪、スキップあり、ゼッチ仕様で約2,500万円ぐらいでした。」

 

 

「45坪ほどで2,600万円ぐらいだったと記憶しています。
ちなみに、アイ工務店と同じくらいの内容で他のハウスメーカーでも見積りを取ったところ、倍近い見積りが出たためアイ工務店を選びました。」

 

 

「アイ工務店、Ees、スキップフロアを採用しました。
1階と2階の間に部屋を作るタイプと、一目惚れしたモデルハウスのアイディアをそのまま採用しました。
スキップ部分を除き42坪、太陽光発電、エネファーム、床暖房、浴室暖房などの設備をつけ、2,600万円ぐらいでした。
ちなみに、庭の工事費用は含まれていません。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイ工務店では、比較的標準設備が充実しているようで、その分オプションにかかる費用を最小限に抑えることが可能です。

 

ただし、アイ工務店では高級邸宅を扱うなど、幅広い商品がラインナップされており、最上級モデルとなる「HILLUS(ヒルズ)」の場合だと、平均的な坪単価(50万〜55万円程度)よりもかなり高くなることが予想できます。

 

アイ工務店の平屋の坪単価

アイ工務店で建築された方々の実例集などをみていると、平屋住宅にも対応されていることが分かります。

 

アイ工務店の主力商品として、長期優良住宅に標準仕様で対応した「Ees(イエス)」といった商品がありますが、Eesは平屋での建築も可能とされています。

 

これまでの実例を見てみると、小屋裏に収納を設けた平屋であったり、ロフトのある平屋のほか、回遊動線をとりいれ暮らしやすさを意識した平屋など、施主の要望やライフスタイルなどを考慮した上で最適な間取りを提案してくれるようですね。

 

現在、アイ工務店で平屋を検討されている場合は、坪単価がどれぐらいなのか?や建築費用も気になると思います。

 

あくまで坪単価は目安程度にしかならず、打ち合わせを進めていくと坪単価がかなり高くなってしまうなんてことはよくあります。

 

とはいっても、大よその坪単価が気になるところです。

 

公式サイトなどには坪単価の記載はないものの、口コミを参考にするとアイ工務店の坪単価は50万〜55万円程度と想定できます。

 

ただし、平屋と2階建ての建築費用を比較すると、平屋の方が屋根の面積が増えること、基礎の面積が約2倍近く増えるという理由から、平屋の方が建築費用が高くなります。

 

そのため、アイ工務店で平屋を建てる場合の坪単価ですが、50万〜55万円程度の相場よりも若干高くなることが予想できます。

 

それでも、大手ハウスメーカーで平屋を建てようとすると、坪単価80万円台〜90万円台は普通です。

 

もしくは、それ以上の坪単価が必要になることもありますので、アイ工務店は無理のない資金計画で平屋を建てることも可能なので、候補の1社としてあがっている場合は一度見積りを取ってみて下さい。

 

アイ工務店しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

アイ工務店の値引き事情

アイ工務店は比較的ローコスト住宅を提供していますが、実際に見積りを取られた方や建築された方々からは、最終的にローコスト住宅といえるほど安価ではなかったといった声があがっています。

 

そんな時に、少なからず頭をよぎることといえば、『アイ工務店は値引きしてくれるかな?』という甘い期待ではないでしょうか。

 

アイ工務店の設立は2010年と、他のハウスメーカーと比べてみても新しい会社となりますので、施工実績もまだまだです。

 

しかし、施工実績を伸ばすために、なんとか契約を取るために、値引きが行われている可能性も考えられますが、実際の値引き事情が気になります。

 

そこで、ここではアイ工務店の値引き事情を徹底調査しました。

 

 

「アイ工務店と○○工務店を比較していたこともあってか、アイ工務店では150万円ほどの値引き額を提示されました。」

 

 

「最初のうちは『うちは値引きはほとんど出来ません!』という営業スタイルでしたが、我が家が他社と比較していたことも影響してか、結局300万円ほどの値引きが提示されました。
ただ、最初と言ってることが違うことがどうにも納得いかず、アイ工務店は候補から外れました。」

 

 

「多少地域差はあるみたいですが、我が家の場合は設備などをわりとサービスしてもらった方だと思います。」

 

 

「SUUMOカウンターからの紹介でアイ工務店の展示場に伺ったのですが、紹介ということで約130万円の値引きがありました。」

 

 

「まだ間取りもハッキリと決まっていないような状況にも関わらず、6月は決算なので値引きが可能ですし、サービスもできますという営業マンの甘い言葉に惹かれ契約したものの、結局契約後は値引きどころか数百万円ほどプラスになってしまいました、、、。」

 

 

「あるハウスメーカーの蔵の家に惹かれ、スキップフロアが可能なこと、そして価格からアイ工務店も候補にあがりました。
ただ、担当の営業マンが間取りすら納得していない状況で契約を迫ってきて、『今月中に契約してくれるなら100万円値引きします。』というやり方が嫌で断りました。」

 

 

「あらかじめ予算を伝えていたにも関わらず、最後の見積りで2,300万円を提示されました。
全て含めると2,800万円ほどの見積りで、特別何かこだわったわけでもなく納得いかないでいると、いきなり200万円の値引きで契約して下さいと提案してきました。
その時点で信用がなくなり、結局アイ工務店はお断りしました。」

 

 

「具体的な値引き額の記載は避けますが、我が家は値引き額が多かったということもありアイ工務店を選びました。
スーモさんからの紹介ということもあり、多少値引きに影響しているのかと思います。」

 

いかがでしょうか。

 

アイ工務店の値引き事情ですが、地域や営業所によっても若干対応は異なっているようですが、口コミを見る限り、交渉次第では値引きに応じてもらえるような印象を受けます。
ただ、高額な値引き額を提示されても、注文住宅の場合は定価というものがないため、本当に値引きが行われているのかや、お得に見せかけているだけなのか、その値引きが妥当なものか判断しにくいです。

 

そのため、価格帯がにているハウスメーカーで相見積りを取って比較すると、大よその価格帯がみえてくると思いますので、比較されることをお勧めします。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

アイ工務店の断熱材と断熱性能は?

断熱材が違うだけで、断熱性や気密性はもちろん、遮音性にも影響すると言われています。

 

ハウスメーカーでは、グラスウールやロックウールという断熱材を標準仕様とされているところが多いですが、アイ工務店ではグラスウールやロックウールという断熱材は使われておらず、吹付発砲による硬質ウレタンフォームが採用されています。

 

グラスウールの性質上、どうしても隙間ができやすくなってしまうのですが、発泡ウレタン断熱の場合は、構造体の内部に発砲させたウレタンを吹き付けるため、隙間なく断熱材を施すことができます。

 

そして、水分を含みにくいといった特長があるので、安定した断熱性能をキープすることができますし、壁内の結露の心配もいりません。

 

アイ工務店では、坪単価50万円台と比較的お手頃価格に設定されているため、標準仕様から外れ、オプション扱いになると高くなりがちだと言われています。

 

ただし、この発泡ウレタン断熱を標準仕様とし採用されているため、追加料金が発生しないところは良心的ですね。

 

最後に、アイ工務店の家に住まれている方々が断熱性能に関して、どのように評価されているのか気になり、口コミをもとに評判を調査しました。

 

 

「アイ工務店で建て、1年半ほど住んだ感想となります。
暑さ、寒さに関してですが、ごく普通だと感じます。
夏場、玄関に入ると少しひんやりと感じますが、エアコン無しで過ごすのは厳しいです。一方、冬場、日当たりの良いリビングは暖かく過ごせますが、それでもエアコン、床暖房無しで過ごそうとすると寒いので、エアコンか床暖房は必須です。」

 

 

「夏は涼しく、冬は暖かいと宣伝されていたので期待していたのですが、大して快適さを実感できていません、、、。」

 

 

「去年、アイ工務店で建てました。
まだ全ての季節を迎えていないので、夏場の住み心地しか分かりませんが、夏は家の中に入るとひんやりと涼しく、2階もそれほど暑くはならず快適さを実感しています。」

 

※断熱性に関する評価は様々ですが、お住まいの地域や家の間取りなどによっても左右されてきますので、あくまで参考程度にとお考え下さい。

 

アイ工務店のメリット

アイ工務店は、関西エリアを中心にその後九州や関東、中国エリアで事業を展開し、3年連続で売り上げ成長率の1位を誇るなど、急成長をとげているハウスメーカーですが、まだまだ全国的な知名度は低く、アイ工務店と聞いてもいまいちピンとこないかもしれません。

 

そこで、ここではアイ工務店はどのような特長を持ったハウスメーカーなのか、具体的にメリットをあげみていきたいと思います。

 

 

メリット1:比較的坪単価が安い!

 

まず、アイ工務店を検討される方の大半の方が、価格が安いという理由で候補の1社として比較されるのではないかと思います。

 

アイ工務店の価格ですが、大手ハウスメーカーと比較すると、1〜2割程度安いと言われています。

 

大手ハウスメーカーの場合は、テレビCMや豪華なパンフレットなど広告宣伝費のほか、莫大であろう人件費、豪華なモデルハウスを維持していくための費用など、最低でも坪単価70万円前後〜といったところでしょう。

 

一方、アイ工務店では適正価格であることを売りにされており、豪華なパンフレットは用意しないなど広告費にお金をかけないなどの企業努力によって、適正価格を実現されています。

 

アイ工務店の主力商品といえば「Ees(イエス)」ですが、この商品は標準で長期優良住宅に対応されていたり、住宅性能表示制度の7項目において最高等級相当の品質を確保するなど、住宅性能の面でも優れているのですが、坪単価は50万円〜と比較的坪単価が安く設定されています。

 

ただし、その反面、『ローコストと思って話を進めていったら、予想以上に高い金額を提示され、一般的なローコスト住宅よりも5%高いイメージです。』などの口コミもあがっています。

 

それでも、大手ハウスメーカーと比較すると、比較的ローコストでマイホームが建てられるということは、大きなメリットではないでしょうか。

 

 

メリット2:アフターサービスも充実している!

 

アイ工務店は、ローコストゆえ、また他のハウスメーカーと比べて歴史が浅いということもあり、引き渡し後のアフターサービスの面で心配される声も少なくないようです。

 

しかし、アイ工務店では引き渡しから3ヶ月後、1年、2年、5年、10年と5回無料の点検が実施されているほか、その後は有償となりますが、最長で30年間の点検を受けることもできます。

 

適正価格を実現しつつ、アフターサービスが充実しているということもアイ工務店の大きな強みといえそうです。

 

 

アイ工務店のデメリット

アイ工務店の設立は2010年と、他のハウスメーカーと比べてみても歴史が浅いですし、それゆえ歴史の長いハウスメーカーのように施工実績が豊富というわけでもありません。

 

施工実績が少ないため、『本当にアイ工務店に新築を依頼しても大丈夫なのか、、、。』とマイナスなイメージもつきものかと思いますし、新しい会社ということもあり、5年後、10年後のことは分からないなど、酷評されることもあります。

 

アイ工務店は適正価格で提供することを売りとされており、無駄な費用を省くことで品質にこだわった住宅を比較的安価に提供されています。

 

そして、アフターサービスの面で充実していることはメリットとしてあげられますが、今回はあえてアイ工務店のデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:カタログが少ないため、完成時のイメージが湧きにくい!

 

大手ハウスメーカーの場合は、豪華なカタログが用意されており、どのような家づくりが可能なのかという具体的なイメージをしやすいです。

 

一方、アイ工務店の場合は徹底的にコストを削減されているため、カタログが少なくイメージしづらいといった声が多数あがっています。

 

特に注文住宅は、完成した建物をみて契約するわけではなく、間取りから外観、内装、設備に至るまで全て施主の要望通りに建てることができますので、完成したものが『イメージしていたものと違う、、、。』なんて失敗はあり得ることです。

 

 

デメリット2:全国的な知名度が低い!

 

アイ工務店は3年連続で売り上げ成長率の1位を誇るなど、急成長をとげているハウスメーカーですが、大手ハウスメーカーのようにまだまだ全国的な知名度は高くありません。

 

関西エリアを中心に、一部の九州や関東エリア、そして中国エリアでも事業を展開されていますが、コスト削減のため広告費用などにもお金をかけないため、知名度が低いということもデメリットとしてあげられます。

 

また、設立は2010年とハウスメーカーの中でも特に新しいハウスメーカーなので、ブランド力が抜群というわけでもありません。

 

 

いかがでしょうか。

 

どんなハウスメーカーにも言えることですが、メリットが存在する反面デメリットも存在しますので、事前に良い面と悪い面の両面を理解した上で検討するようにして下さい。

 

アイ工務店しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

アイ工務店の評判や口コミ

アイ工務店は地域密着型の工務店ということもあり、建てっぱなしではなく引き渡し後も手厚いアフターサポートが期待できます。

 

しかし、住宅業界の中では比較的新しい会社なので、実績が豊富というわけではありませんし、いまいち評判が耳に入らず世間でどのような評判をされているのか?ということが気になると思います。

 

アイ工務店は、急成長をとげているハウスメーカーですが、人件費などを徹底的に削減されているため、営業マン一人あたりの仕事量も莫大で、結果的に対応が遅くなってしまったり、いい加減な対応をされることを指摘される声もあがっています。

 

そこで、アイ工務店の評判や口コミを徹底調査しました。

 

 

「アイ工務店で契約した者です。
契約までは連絡も早くて印象が良かったのですが、契約後は連絡をしても回答までに時間がかかったり、希望が通らず追加工事はあるしで正直がっかりです、、、。」

 

 

「展示場の印象としてすごく良いのですが、問い合わせをするとかなり返答が遅く、対応がいい加減なイメージを持ちました。」

 

 

「アイ工務店の家に住んで1年が経ちます。
給湯器の調子が悪かった時も、連絡を入れるとすぐに駆けつけてくれ、アフターサービスの面でもしっかりとしているような印象を受けます。」

 

 

「念願のマイホームということもあり、思い入れも強く10軒ちかくハウスメーカーをまわり、最終的にアイ工務店で建ててもらいました。
アイ工務店の評判をみていると、あまり良い印象を持っていない方も多いように思いますが、我が家は担当の営業マン、建築士さんに恵まれていたようで、不愉快な対応をされたこともありません。
間取りの図面も何回かお願いしたのですが、嫌な顔するでもなくその都度対応してくれましたし、今のところ特に不満もなく住んでいます。」

 

 

「アイ工務店は一般的な工務店と勘違いしがちですが、施工は下請けの業者に丸投げされていますので、結局のところ建物の出来は下請けの業者によって左右されるようです。
ちなみに、ここの営業マンは特にいい加減な方が多いように思います。」

 

 

「アイ工務店の家が完成間近の者です。
アイ工務店で契約するまで、何社かのハウスメーカーでも検討しましたが、価格、内容ともに納得できたのはアイ工務店でした。
まだ住んでいないのでアフターサービスがどうか分かりませんが、現時点では満足しています。
新しい会社ということもあり、価格の面でも頑張ってくれたのかなぁと思います。」

 

 

「アイ工務店で建てましたが、現在検討されているのであればお勧めはできません。
住み始めてからの不具合は仕方ないとは思いますが、その不具合時の対応が悪いです。
また、対応し修正してもらっても、対応が不十分なのか、しばらくするとまた気になります、、、。」

 

 

「アイ工務店の展示場に行った時に、営業マンのグイグイとこない営業スタイルが気に入り、アイ工務店も候補に話を進めていきました。
営業マンは間取りやオプション、予算などを考慮しながら提案してくれたのですが、図面を何度か書き直して貰ったのがいけなかったのか、次第に営業マンのダルそうな態度がみえてきました。
後悔したくないということもあり何度かやり直してもらいましたが、前向きにアイ工務店での建築を考えていただけに残念でなりません、、、。」

 

 

「入居して半年が経ちました。
価格と仕様のバランスも良いですし、住み心地も良く満足しています。
夏はこれからですが、5月、6月の暑く感じる日でも家の中だと快適に過ごせています。
ただし、信頼できる営業マンにめぐりあえることが前提です。」

 

 

「入居して1年が経ちました。
冬でも家全体が暖かいですし、家の中が静かに感じます。
最初のスタートは大手ハウスメーカーだったため、何とか予算内に収まるように打ち合わせは我慢の連続でした。
しかし、アイ工務店との縁があり、予算を気にせず打ち合わせを進めていくことができたので、楽しく家づくりができたことは満足です。」

 

 

「入居したばかりの者です。
担当の営業さんは若いということもあり、多少色々ありましたがその都度誠意をもって対応してくれました。
金額的には思っていたよりも安くはありませんでした。
それでも、大手ハウスメーカーに頼んだら、さらに高くなっていたと思います。」

 

 

いかがでしょうか。

 

アイ工務店の評判や口コミに関しては、ネット上には様々な情報であふれていますが、担当の営業マンによる当たり外れが大きく、その時の対応がのちの評判にも大きく影響しているようですね。

 

そのため、アイ工務店を選ばれる場合はそのあたりも注意し、事前にこの営業マンに家づくりを任せても信頼できそうなのか?などをしっかりと見極めておく必要があります。

 

アイ工務店しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top