百年住宅の坪単価と評判

このページでは、百年住宅の坪単価や評判について説明しています。

 

 

これから、家を建てる方で百年住宅も検討の方は是非参考にして下さい。

 

 

無料!3分でかんたん資料請求。
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

百年住宅の坪単価

百年住宅は静岡県静岡市に本社があり、愛知県や山口県以外の地域にも営業所があり、全国的に展開されている住宅メーカーです。

 

なんともインパクトのあるネーミングの百年住宅ですが、百年住宅といえば地震に強い家づくりをされているといったイメージが強いですね。

 

そのイメージ通り、百年住宅のWPC工法による鉄筋コンクリート構造は地震に耐えられるだけの強度ではなく、台風や火災などの災害にも耐えられるほどの強度や耐久性を持っています。

 

実際に、阪神・淡路大震災や記憶に新しい熊本地震などの、大地震の際にも無傷であったことが実証されており、非常に耐震性能に優れていることが分かります。

 

そして、百年住宅では条件付きですが、35年の長期保証を実現されており、保証の面でも非常に充実していると定評があります。

 

現在、百年住宅も候補の1社としてあがっている場合は、大よその坪単価も気になるのでは?と思います。

 

百年住宅では、企画住宅のほか、ライフスタイルに合わせて建てることのできる自由設計住宅も用意されており、ライフスタイルや予算を考慮した上で選択することが可能です。
企画住宅シリーズには、「ニューフォルテ」や「ベース」のほか、「HI・RA・YA」といった商品が用意されています。

 

ニューフォルテやベースの坪単価は50万円程度〜とされており、鉄筋コンクリートを扱うハウスメーカーとしてみると、非常にコストパフォーマンスが高い印象です。

 

平屋に対応したHI・RA・YAの場合は、基礎や屋根の面積が割高となり坪単価は60万円程度〜と、少々坪単価が上がるようです。

 

一方、自由設計住宅シリーズには、「フリー2階建」や「フリー3階建」のほか、「ルームプラスワン」や「ルーフプラスワン」といった商品が用意されていますが、融通の利く自由設計ということで、大よその坪単価は70万円〜と高めの設定になっています。

 

ただし、自由設計住宅シリーズの場合は、企画住宅よりも自由度が高くなる反面、あれこれとオーダーをしていると、最初に提示された見積り額よりも、最終的な支払い額に開きがみられることもありますので、このあたりは注意が必要かと思います。

 

ちなみに、ネット限定で販売するという方法で建築コストを抑えた「ネットde百年住宅」という商品も用意されています。

 

この商品は、設計コストを削減するためにプランが限定されますが、1,500万円〜という低価格帯を実現されつつ、耐震性能や耐久性能はそのままなので、百年住宅を検討しており、特別なこだわりがない場合はネット限定の商品を利用した方がお得なのでお勧めです。

 

 

いかがでしょうか。

 

百年住宅の坪単価としては、50万円台〜60万円台と鉄筋コンクリートを扱うハウスメーカーとしては、コストパフォーマンスに優れている方だと思います。

 

ただし、『自由設計だとかなり坪単価が高くなった、、、。』との声もあがっていますので、自由設計住宅シリーズの場合は、最初の見積りの段階で予算がギリギリだという状態での建築は厳しく、ある程度予算に余裕があった方が良いようですね。

 

 

百年住宅の値引きについて

災害時に強い家を建てたいという場合は、WPC工法での家づくりも候補にあがるのではないでしょうか。

 

WPC工法は、工場で製造された高強度のPCパネルを現場で組み立てており、PCパネルで組み合わせた箱全体で建物の構造を支えているため、耐久性に優れています。

 

その反面、坪単価は70万〜80万円程度と建築コストは高めなところがネックとなりますが、百年住宅では坪単価50万〜60万円程度が一つの目安となっています。

 

仮に、40坪ほどの大きさの家を建てる場合の建築費用は、2,000万〜2,400万円という計算になります。

 

百年住宅の商品には、企画住宅シリーズと自由設計住宅シリーズが用意されており、特に自由設計で建てようとすると、自由度が高くなる反面、建築費用も高くなりがちです。

 

そんな時に期待したいものは値引きですが、百年住宅では値引きが行われているのでしょうか。

 

あまり、積極的に値引きを行っていないハウスメーカーで値引き交渉を行っても、一切値引きに応じてもらえないだけではなく、何となく営業マンも嫌な気分になりますよね。

 

そこで、ここでは百年住宅の値引き事情について徹底調査しました。

 

 

「百年住宅のフリープランを検討していた時に、あらかじめ営業マンから一切値引きはないと釘をさされました。」

 

 

「年明けに百年住宅に行ったのですが、ちょうど年明けのキャンペーンを開催されていたタイミングだったため、100万円の割引きができると契約を迫られました。
先着5名だったのですが、まだ他社とも迷っていたためキャンペーンを断ったのですが、その途端に土地などの情報が一切なくなりました。」

 

 

「百年住宅のキャンペーンの抽選で1等が当選しました。
注文住宅の場合だと500万円の割引き、企画住宅の場合だと200万円の割引きが可能なようです。
ただ、条件もあり有効期限がわずか1ヶ月ほどと、まだ気に入った土地が見つかっていない状況だったので迷いもありましたが、営業さんいわく土地が見つかっていない状態でも契約だけすると割引が可能だと説明されました。」

 

 

「百年住宅と他のハウスメーカーを検討していた時に、担当の営業さんから1等の500万円値引きに当選したと電話がありました。
ただし、条件としては今月中に契約することがあげられ、まだ土地すら決まっていない我が家にはリスクの高いものでした、、、。」

 

 

いかがでしょうか。

 

基本的には、一切値引きを行わない方針を貫いているように思いますが、百年住宅ではキャンペーンに当選したと話を持ち掛けられ、キャンペーンの利用時には高額な値引きが行われているような印象を受けます。

 

ただし、キャンペーンには必ずいつまでに契約して下さいというような条件が設けられています。

 

そのため、百年住宅を検討されているものの、契約を悩まれている方にそのようなキャンペーンに当選したという話を持ちかけているようにも感じます。

 

真相は分かりませんが、気に入った土地すら見つかっていない段階での契約はリスクも高いため、高額な値引き額に惑わされず、慎重に検討する必要があります。

 

百年住宅しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

百年住宅の評判

百年住宅といえば、WPC工法によって地震に強い家づくりを実現されていたり、条件つきですが最長で35年間の保証を受けることが可能など、保証面でも安心していることが評価されています。

 

しかし、どのハウスメーカーでもある話ですが、いざフタを開けてみると対応がいい加減すぎたり、アフターがないに等しいなど、残念なハウスメーカーも存在します。

 

結局のところ、ハウスメーカーというよりは、担当の営業マンや大工さんなど、建築に携わる人たちの対応や仕事ぶりが評判に大きな影響を与えているのも事実ですが、今回は百年住宅の評判を徹底調査しました。

 

 

「ネットde百年住宅で建てました。
クロスや床、照明、キッチン、トイレ、お風呂、ドアぐらいしか変更できず、選んだプランでは収納が不十分でした。
それでも、自由設計だと金銭的に厳しかったので、多少融通が利かない部分は仕方ないと割り切って建てました。」

 

 

「百年住宅で新築を検討している者です。
百年住宅以外に、セキスイハイムや一条工務店でも検討しました。
セキスイハイムでは同じ値段を出すならもっと豪華にできましたし、一条工務店では設備が優れていましたが、それでも百年住宅を選びました。
坪単価は高いですが、営業さん、設計さんの対応は誠実だと思います。」

 

 

「百年住宅に住んでいますが、結露などもなく建物自体には安心感がありますが、正直外観はダサいです、、、。」

 

 

「3年ほど前に百年住宅で建てました。
我が家を担当して下さった営業担当者と現場監督はすごく良い人で、わがままな要望などにも嫌な顔することなく快く対応してくれました。
聞いたところによりますと、この二人はウベハウス時代からの社員だったようですが、現在は百年住宅を退職されてしまったようです。」

 

 

「住んで6年ぐらいです。
床はコンクリートの上に床板が張ってあり、2階でも重い物を置いても大丈夫ですし、外壁はタイルでメンテナンス不要です。
建てて間もない頃はいくつか不具合があったものの、強風時でも家は揺れませんし、雨音もほとんどせず、家の中は静かです。
今のところ、雨漏りもみられませんが、2階にダイニングと風呂があり夏場はものすごく暑く感じるところは欠点としてあげられます。
坪単価は高く、初期投資は割高だと感じますが、安心の値段だと割り切っています。」

 

 

「百年住宅で建てました。
営業と監督ともに適当ゆえ、施工も適当でした。
営業も監督も人柄自体は嫌いではなかったものの、なんせ仕事が雑で、引き渡し前の検査も行っていないのでは?と思うほどの仕上がりは残念でした。
清掃に関しても、掃除したのか分からないほど汚かったです、、、。」

 

 

「木造住宅と比較すると、床の柔らかさは感じないため最初は違和感がありましたが、住んでいくにつれ慣れました。
湿気も気にならず、今のところ特に不便なこともなく快適に暮らしています。
建築中はよく見学に行きましたが、疑問に思ったことなどは責任者に聞くとすぐに対応してくれました。
ちなみに、1年点検の時も細かくチェックしてくれました。」

 

 

「今年建てましたが、営業担当者、工事責任者ともに誠実な対応でした。
人により住宅に求めるものは異なると思いますが、我が家は安心感があり、住み心地も良い百年住宅を選んだことに後悔はありません。」

 

 

いかがでしょうか。

 

正直、良い評判もあればその反面、悪い評判もつきものです。

 

ただ、ネット上では同業者による誹謗中傷なども多いため、本当に信頼できる口コミなのか?ということをしっかりと見極める必要がありそうですね。

 

無料!3分でかんたん資料請求。
各ハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

 

 

百年住宅のメリット

百年住宅では、鉄筋コンクリート造において着工棟数が7年連続で、全国1位という実績を誇っています。

 

そんな百年住宅を選ぶと、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

 

そこで、百年住宅のメリットについて考えてみました。

 

 

メリット1:災害に強い家を建てることができる!

 

百年住宅で建てる場合の最大のメリットといえば、やはりなんといっても災害に強い家を建てることができることだと思います。

 

百年住宅ではWPC工法が採用されていますが、阪神・淡路大震災の際には、兵庫県内に建つ495棟の全ての窓ガラスが1枚も割れなかったことが実証されています。

 

さらに、記憶に新しい熊本地震の際には、23棟すべてが無傷であったことが実証されており、非常に耐震性能に優れた住まいだということが分かります。

 

耐震性能のほか、耐久性能や耐火性能、耐風性・耐水性能、断熱・気密性能、遮音性能、屋上利用においても百年住宅がこだわっており、世界に誇る7つの日本一を実現されています。

 

特に、屋上利用に関しては百年住宅だからこそ可能なものもあり、屋上庭園をはじめ、露天風呂や屋上プール、池や噴水などなど、様々な要望を実現させることが可能となります。

 

 

メリット2:保証が充実している!

 

百年住宅の大きな特長として、保証が充実しているということもあげられます。

 

百年住宅では、業界で最長となる35年保証システムが導入されています。

 

一部諸条件はあるものの、建物の構造体に関しては、35年間の保証が付いているため、安心して住み続けることができます。

 

このような長期保証を実施しているハウスメーカーは少ないため、保証の面で充実しているということは百年住宅の強みでもあります。

 

 

いかがでしょうか。

 

百年住宅を選ぶと、丈夫な家というイメージ通り、災害に強い家を建てることができますし、35年長期保証と保証の面でも非常に充実しているなど、得られるメリットもいくつかあります。

 

百年住宅のデメリット

メリットもあれば残念ながらデメリットも存在しますので、百年住宅に魅力を感じていても、少し冷静になりデメリットにも目を向けておく必要があります。

 

そこで、ここでは百年住宅のデメリットに注目してみました。

 

 

デメリット1:坪単価が高い!

 

百年住宅といえば、坪単価が50万〜60万円程度と鉄筋コンクリートを扱うハウスメーカーとしては手が届きやすいと言われています。

 

そして、予算に合わせて商品を選択できるように企画住宅シリーズのほか、ライフスタイルに合わせて建てることができる自由設計住宅シリーズも用意されています。

 

企画住宅シリーズの場合だと融通が利かない反面、坪単価を抑えることは可能だと思いますが、自由設計住宅シリーズの場合だと、最低でも坪単価70万円〜と高めです。

 

さらに、建築費用が高いだけではなく、百年住宅のように建物の重量が重い場合だと、その重さに耐えられるほどの地盤に補強する必要があり、その地盤改良費が高くなりがちです。

 

また、オプションを付け加えていくとさらに価格はあがっていきます。

 

特に屋上をつくるだけで、別途約200万円必要だと言われていますので、自由設計住宅シリーズは自由度が高い反面、最終的な支払い額が驚くほど高くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

 

 

デメリット2:木造住宅と比較すると固定資産税が高い!

 

百年住宅は鉄筋コンクリート構造が採用されており、頑丈な造りで耐久性や耐震性能に優れている反面、鉄筋コンクリート構造は木造と比較すると、固定資産税が高くなると言われています。

 

実際に、百年住宅で建築された方々からも『固定資産税が驚くほど高いです。』や『自治体によって異なるとは思いますが、我が家の場合だと木造の約2倍ほどと高額です。』など、地域によって異なるものの、木造と比べて固定資産税が高くなります。

 

 

デメリット3:デザイン性だけみると劣る!

 

百年住宅の家は『デザインだけ見るとダサい、、、。』などと評価されることも多く、デザインの面では劣っているように思います。

 

外観のデザインも特徴的ですし、展示場のようなサイズ感で建てると見栄えがいいのですが、正直30坪程度で建てる場合だと、見栄えがイマイチで見た目の印象も大きく左右してしまうのでは、、、と思います。

 

また、百年住宅の外観の見た目などは好みがハッキリ分かれるため、いくら災害時に強い家だからといって候補の1社としてあがっても、あの外観が好みではない方には受け付けないようです。

 

百年住宅しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

百年住宅の断熱材と断熱性能は?

百年住宅といえば、コンクリート住宅で頑丈な家を手掛けているというイメージ通り、災害に強い家を建てることができます。

 

百年住宅の公式サイトには、屋上部分に車を停車させている写真も掲載されており、それだけ頑丈な家だということが伝わってきます。

 

実際に、阪神・淡路大震災や熊本地震でも、窓ガラスが1枚も割れなかったなど耐震性能の高さが実証されています。

 

しかし、見た目からもコンクリート感が伝わってきますし、百年住宅で建てたとしても快適な暮らしができるのか?ということも気になると思います。

 

一般的にコンクリート住宅は、夏は暑く、反対に冬は床が冷たく寒さが気になると言われがちです。

 

特に夏場の2階部分の暑さは厳しく、不快に感じるだけではなく常にエアコンをフル稼働させるため、冷暖房のコストが高くなってしまうといった声も少なくありませんが、百年住宅では断熱性能を高めるために、どのような工夫がなされているのでしょうか。

 

まず、断熱材ですが、百年住宅では高性能断熱材の「発泡ウレタン」を標準仕様とされています。

 

基本的に安価で断熱性能が優れていることから「グラスウール」といった断熱材を標準仕様としているハウスメーカーが多い中、百年住宅では発泡ウレタンを使用しています。

 

この断熱材ですが、大型冷蔵庫や冷凍庫などに使われるほど性能の優れた断熱材で、年間の冷暖房費のコスト削減に繋がり、木造住宅の半分以下と経済的な住まいだと言われています。

 

さらに、発泡ウレタンは吹き付けによる現場施工が行われているため、外壁に密着し隙間が無く、気密性能を表すC値は0.8〜1.0をクリアしており、基準値を上回る性能を実現されていますが、断熱性能に関しての評判も気になるところです。

 

百年住宅では、現場で吹き付けによる施工が行われており、わずかな隙間さえつくらないため、継ぎ目からの熱ロスや劣化に伴い断熱性能が落ちる心配もないとされていますが、今回は口コミをもとに百年住宅の断熱性能に関する評判を調べてみました。

 

 

「2階にダイニングキッチンとお風呂という設計で建てましたが、夏はものすごく暑く感じます、、。
ただ冬場に関しては、ちょっと厚着をすると暖房なしで過ごせることもあります。」

 

 

「百年住宅の家ですが、冬場、梅雨、夏と1年を通して快適に過ごせるように思います。」

 

 

「営業マンは快適さをアピールされていましたが、いざ住んでみると夏は暑く、冬は寒く感じます、、。
特に冬場はフローリングが冷たく、床暖房を付けなかったことを後悔しています。」

 

 

「結露もなく、今のところ快適に過ごせています。」

 

 

「今年の冬は暖冬ということもあり、あまり参考にならないかもしれませんが、以前住んでいた木造住宅よりも格段に暖かく感じます。」

 

 

いかがでしょうか。

 

断熱性能に関しては、評価が分かれており、1年中快適だという口コミがある反面、特に冬場の寒さが厳しいなどの口コミもありますので、あくまで目安程度とされて下さいね。

 

百年住宅しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top