ハウスメーカー 断熱材

ハウスメーカーの断熱材について

建物の断熱性はとても重要で、夏は涼しく、また冬は暖かく暮らすためには室内の温度をコントロールする必要がありますが、この断熱性によって大きく左右されるからです。

 

 

 

よく、“高断熱・高気密住宅です!”ということをウリにされているところもありますが、今や珍しいものではなく、高い断熱性や気密性を実現させるために、壁や床、天井などに断熱材を使い、性能の高い家を実現されています。

 

 

 

これから住まい造りをお考えの方の場合は、どの断熱材が一番いいのだろう、、、?と悩まれると思います。

 

 

 

しかし、各ハウスメーカーのサイトや実際に展示場に足を運び担当者に断熱材に関して詳しく尋ねると、自社の採用している断熱材の良いことばかりをアピールされ、更に分からなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

各ハウスメーカーのサイトや問い合わせを行うと、そのハウスメーカーがどのような断熱材を採用されているのか分かりますが、ハウスメーカーでは基本的にグラスウールといった断熱材を採用されているところが多いです。

 

 

 

 

このグラスウールを標準仕様とされているところも多いですが、
このグラスウールにはメリットも存在すれば、当然デメリットも存在するため、グラスウールの採用に納得できないという方もおられると思います。

 

 

 

 

最も重要視すべき性能は当然異なってくるため、このグラスウールではなく、他の断熱材の採用を検討されることもあると思いますが、ハウスメーカーでは基本的に標準仕様から外れると追加料金が発生したり、場合によっては対応不可で断られてしまうケースもあるということを理解しておく必要があります。

 

 

 

 

 

グラスウール以外にも断熱材にはいくつか種類がありますので、
その他の断熱材のメリットとデメリットを把握し、最終的に一番に求めるべき性能を実現できる断熱材を選択することが重要です

 

 

 

ハウスメーカー 坪単価|選び方や値引きについてのTOPページへ戻る

<スポンサーリンク>



page top