ハウスメーカー 坪単価

無料!各ハウスメーカーの間取りや費用を一括比較

 

ハウスメーカーの坪単価の詳細

ハウスメーカーの坪単価は30万円台のところからもあれば、60万や70万円以上となるメーカーもあり様々です。

 

 

 

最初は予算から選ぶことも多いかと思いますが、坪単価別でのそれぞれの特徴を挙げていきたいと思います。

 

 

 

まず、30万円台からの比較的ローコストで建築することができるハウスメーカーですが、安さで勝負している分、沢山建てることで儲けを出しています。

 

 

 

そのため標準の仕様で作ればローコストで済むのですが。オプションを追加するとかなり金額が上がってしまうことがあるでしょう。

 

 

 

住むことができればあまり内容にこだわらないというのであれば、ローコストで建築することができるのでおすすめできます。

 

 

 

逆にこだわりが強いかたは最初から少し上のランクのメーカーを選んだほうがいいでしょう。

 

 

 

次に50万、60万円台の中価格帯メーカーです。ローコストメーカーより住宅の性能などが上で様々な設備や構造で選ぶことができます。

 

 

 

メーカーによって断熱性能や耐震性能、太陽光設備など力を入れているところが違うので、自分が何を必要としているかをはっきりさせて選ぶようにしましょう。

 

 

 

必要が無いと思ったものはばっさり切るのも大事です。

 

 

 

最後に70万円台からの高価格のメーカーですが、大手のハウスメーカーなどもあり、多種多様な構造、設備の住宅が提案されています。

 

 

 

輸入住宅などもあり、自分が住む家をこだわって建てたい方にはおすすめです。

 

 

 

デザイン性を重視している方もこの価格帯のメーカーでないと対応できるものが多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし有名メーカーだと安心して建てられますが、広告宣伝費も価格に入っています。それにも納得して選択してください。

 

 

 

坪単価で分けましたが、住宅にかかるコストは坪単価だけで簡単に計算できるものではありません。

 

 

 

諸費用やオプションで価格は変わっていくので、おおまかな目安として捉えておきましょう。


ハウスメーカーの坪単価一覧 ランキング

ハウスメーカーの坪単価を集めてみました(・∀・)

 

 

・アエラホームの坪単価の目安⇒40〜50万円

 

 

・アイフルホームの坪単価の目安⇒45〜55万円

 

 

・アキュラホームの坪単価の目安⇒45〜55万円

 

 

・一条工務店の坪単価の目安⇒55〜70万円

 

 

・エス・バイ・エルの坪単価の目安⇒55〜65万円

 

 

・クレバリーホームの坪単価の目安⇒45〜55万円

 

 

・三洋ホームズの坪単価の目安⇒55〜65万円

 

 

・スウェーデンハウスの坪単価の目安⇒80〜90万円

 

 

・住友不動産の坪単価の目安⇒50〜60万円

 

 

・住友林業の坪単価の目安⇒70〜80万円

 

 

・セキスイハイムの坪単価の目安⇒65〜75万円

 

 

・積水ハウスの坪単価の目安⇒70〜80万円

 

 

・ダイケンホームの坪単価の目安⇒45〜55万円

 

 

・ダイワハウスの坪単価の目安⇒55〜80万円

 

 

・タマホームの坪単価の目安⇒40〜50万円

 

 

・土屋ホームの坪単価の目安⇒65〜75万円

 

 

・東急ホームの坪単価の目安⇒55〜65万円

 

 

・トヨタホームの坪単価の目安⇒60〜70万円

 

 

・パナホームの坪単価の目安⇒70〜80万円

 

 

・東日本ハウスの坪単価の目安⇒55〜65万円

 

 

・へーベルハウスの坪単価の目安⇒70〜80万円

 

 

・ミサワホームの坪単価の目安⇒65〜75万円

 

 

・三井ホームの坪単価の目安⇒55〜80万円

 

 

・ユニバーサルホームの坪単価の目安⇒40〜50万円

 

 

ハウスメーカーの坪単価といってもピンキリです^^;

 

 

ハウスメーカーによってターゲットとする顧客が異なり、

 

 

富裕層しか相手にしないハウスメーカーもあれば、若い世代でも建てられるような金額を設定し若者世代を狙うハウスメーカーもあります。

 

 

大手ハウスメーカーで建てる場合の坪単価は70〜80万円程度を目安に、

 

 

ローコスト系のハウスメーカーで建てる場合の坪単価は40〜50万円程度を目安にしておくといいかと思います。

ハウスメーカーの値引き

ハウスメーカーの値引きに関してですが、それぞれ全く違う会社ですし、会社の販売方針も異なりますし値引きに関しては大きく異なる場合があります。

 

 

 

数百万円以上の値引きに応じてもらえたり、値引き交渉を行っても一切値引きに応じないメーカーもあります。

 

 

 

1円の値引きにも応じないことで有名なハウスメーカーもあります。

 

 

 

基本的にローコストで建てられることを売りにしているハウスメーカーでは、値引きがない場合が多いようですね。

 

 

 

一方大手ハウスメーカーの場合は、何の値引き交渉を行わなくても数百万円以上の値引きを提示してくることもあります。

 

 

 

値引きの金額が大きければ得をしたと思われる方が多いのも事実だと思いますが、

 

 

 

値引きを前提としている会社は、その金額は大きめの利益に乗っかっているということが考えられますし、

 

 

 

それ以上の値引きは発注先への工賃を下げるしかないのです。

 

 

 

ハウスメーカーで建てる場合、家を建てたり、材料を納めるのは下請会社ですが、

 

 

 

大幅な値引きはその方々の労務費、材料費などがカットされてしまうことが多いと言われています。

 

 

 

それなりの仕事をするとは思いますが、やはりこれから家を建てるという時にモチベーションの問題も少なからず影響するのではないかと思います^^;

 

 

 

家は建てた後も付き合いが長いですから、お互い気持ちよく取り引きできるように心掛けることも大切ではないかと思います(* ̄ー ̄)

ハウスメーカーの評判について

ハウスメーカーで家を建てようと検討中の方は、実際にそのハウスメーカーで建てられた方の評判や口コミを気にされ、営業マンの評判などの情報収集をされる方が多いようです。

 

 

 

実際に、ハウスメーカーの場合、打合せや問い合わせに関しては、営業の担当者が窓口となっているため、営業マンの評判や口コミは気になります。

 

 

 

ただし、ハウスメーカーの評判を調べる時には、そのハウスメーカーの評判に加え、最寄りの加盟店の評判も調べておく必要があります。

 

 

 

ハウスメーカーでは全国展開されており、知名度も高く信頼感はありますが、地域によって対応が異なっていたり、対応の良い加盟店もあれば、対応があまり良くない加盟店が存在するのも事実です。

 

 

 

そして、ハウスメーカーでは優れた営業マンもいれば、知識が乏しく頼りのないような営業マンもいます。

 

 

 

優れた営業マンが担当の場合は、満足のいく家造りになる可能性が高いですが、劣った営業マンに当たれば、満足のいく家造りはできずに対応にも不満を抱いてしまうかもしれません。

 

 

 

 

たかが、営業マン一人の印象ですが、担当になる営業マンは非常に重要です。

 

 

 

 

実際にハウスメーカーで建てられた方々のあまり良くない評判を見ていると、、、

 

 

 

 

「家の建物自体にはこれといった不満はないものの、担当者の対応には不満が残る…。」といった口コミもあれば、
「担当者の対応がいい加減で、引き渡し後の不具合に関しても何回も電話を入れてやっと来るといった状況で、これから先も不安です…。」といった口コミもあり、担当者の印象が悪いと、それだけでハウスメーカー自体の印象も悪くなっているようです。

 

 

 

 

また、最後にハウスメーカーを選ぶ時のポイントを紹介しておきたいと思います。

 

 

 

 

 

ハウスメーカーは、大手と言われているハウスメーカーもあれば、ローコスト住宅を扱っているハウスメーカーもあり、価格だけではなく、設計や施工方法も様々です。

 

 

 

そして家を建てると言っても、工法や価格が最優先、デザイン重視、メンテナンスのしやすさ、提案力、アフターの保証内容、性能の高さなど人それぞれ、重視すべきポイントは異なってきます。

 

 

 

 

しかし、ハウスメーカー側にも、当然得意とする分野もあれば、不得意とする分野もあるため、デザイン性を重視しているのにデザインの自由度が低いところを選べば満足のいく家造りは実現しません…。

 

 

 

 

そのため、住宅に求めているものがそのハウスメーカーでは可能なのかということを事前に調べておく必要があります。

ハウスメーカーを比較

ハウスメーカーと言っても、大手と呼ばれているハウスメーカーもあれば、ローコスト住宅の取り扱いを売りとしているローコスト系のハウスメーカーもあり、多くのハウスメーカーが存在します。

 

 

 

そのため、ハウスメーカー選びで悩まれる方も多いのではと思います。

 

 

 

ハウスメーカーを選ぶ際に展示場に足を運んだり、ネット上で徹底的に情報収集される方は失敗するリスクは少ないかもしれませんが、情報が不十分で自分にぴったりのハウスメーカーを選べずに、後悔や失敗してしまうケースも珍しくはありません。

 

 

 

そこで、ハウスメーカーを比較する時に重要なポイントを簡単に紹介したいと思います。

 

 

 

【ハウスメーカーの比較ポイント@・価格帯】

 

ハウスメーカーといってもローコスト住宅を扱っており低価格帯での販売を売りにしているメーカーもあれば、価格帯は高いが仕様や設備が充実しており主に富裕層をターゲットとしているハウスメーカーもあります。

 

多くの方は予算に上限があると思いますので、価格帯をみればある程度のハウスメーカーを絞ることができます。

 

最終的に数社までハウスメーカーを絞り比較する場合は、見積りだけではなく、プランの提案力や標準仕様のランクの違いなどもチェックしておいて下さい。

 

 

 

 

【ハウスメーカーの比較ポイントA・構造や工法】

 

ハウスメーカーといってもツーバイフォー工法のところもあれば、木造軸組工法、パネル工法、鉄骨構造など様々なため、事前にこれらの工法の特徴についてもしっかりと調べておく必要があります。

 

最終的には、同じ構造や工法を取り扱っているハウスメーカー同士で比較した上で選びます。

 

 

 

 

【ハウスメーカーの比較ポイントB・メーカーの得意分野と不得意分野を把握する】

 

デザインを重視という人もいれば、輸入住宅で建てたい、メンテナンスのしやすさが最優先、アフターの保証内容も気になるなど、、、家造りの際に求めるものは人それぞれです。

 

 

 

しかし、残念ながらハウスメーカー側にも、当然得意とする分野もあれば、不得意とする分野もあるため、家造りにおいて求めているものがそのメーカーでは実現できるのかということがとても重要になってきます。

ハウスメーカーの大手は!?

ハウスメーカーといえば、大手ハウスメーカーをイメージされる方も多いと思います。

 

 

 

大手ハウスメーカーはCMや広告、チラシなどにもお金をかけているため全国的な知名度は抜群ですし、大手というだけで信頼感や安心感があります。

 

 

 

実際に大手ハウスメーカーでは、評判や口コミが売り上げに影響しますので、品質管理が徹底されていたり、工場で大量生産された材料を使い、現場ではマニュアル化された施工方法を取り入れられていますので、完成まで早く工期が短いといったメリットがあります。

 

 

 

そして、大手では開発などの費用もおしまないため、そのメーカー独自の技術を取り入れられていたり、性能が高い家造りを実現されているといったメリットもあります。

 

 

 

大手といわれるハウスメーカーはいくつかありますが、その中でも特にお勧めなハウスメーカーを紹介したいと思います。

 

 

 

 

【積水ハウス】

 

まずは積水ハウスです。

 

積水ハウスは年間引き渡し件数6万軒という業界トップの実績を誇っているハウスメーカーで、知名度が高く全国展開されています。

 

戸建住宅だけではなく、マンションの販売やリフォームにも対応するなど幅広く展開されています。

 

 

 

 

【ダイワハウス】

 

次はダイワハウスです。

 

ダイワハウスの商品といえば『XEVO』シリーズの人気が高く、外張り断熱外壁を採用されており、1年を通して快適に過ごせると評判です。

 

そして、ダイワハウスといえば独自のサポートシステムが導入されていたり、20年間の無料保証といった制度が導入されているなど保証の面でも充実しています。

 

 

 

 

 

【住友林業】

 

最後にお勧めするのは住友林業です。

 

住友林業では国産木材をふんだんに使った、木のぬくもりのある家というイメージが強いですが、価格帯は高く富裕層をターゲットとされているハウスメーカーです。

 

しかし、住友林業ではデザインや設備などの変更の融通もきき、自由度が高いことで知られています。

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーでは、知名度が高く、ブランド力もあり信頼感はありますが、価格帯は高いです。

 

 

 

 

しかし、大手ハウスメーカーであっても、低価格帯の商品が用意されているところもあり、予算などに応じて選ぶこともできます。

ハウスメーカーの相場について

住宅の購入はとても大きな買い物ですし、いくつかのハウスメーカーで見積りを取って比較してみても、あまりに高額なためその価格が適正価格なのかと悩み、ハウスメーカーの相場を気にされる方も多いのではないかと思います。

 

 

 

そこで、ハウスメーカーで建てる場合の費用の相場について調べてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

まず、ハウスメーカーでの建築費用といっても、ローコスト住宅の扱いがあるハウスメーカーもあれば、価格は高く設定されているが最高ランクのものばかり採用されているハウスメーカーもあり、価格はピンキリです。

 

 

 

ローコスト住宅を取り扱っているハウスメーカーの場合は、標準仕様が最低ランクのものになっていたり、必要なものまでオプション扱いになってしまうといったことはありますが、相場としては坪単価40万〜50万円程度となっているようです。

 

 

 

仮にこの坪単価で、30坪の家を建築しようとした時の建築費用は1200万〜1500万円が相場ということになります。

 

 

 

一方、ブランド力があり、全国的な知名度が抜群な大手ハウスメーカーの場合は、標準仕様でも良いものを採用されていることも多く、性能や設備は充実しているものの価格は高く設定されており、相場としては坪単価70万〜80万円程度となっているようです。

 

 

 

 

仮にこの坪単価で、30坪の家を建築しようとした時の建築費用は2100万〜2400万円が相場ということになります。

 

 

 

 

ちなみに、大手ハウスメーカーとローコスト系のハウスメーカーの平均的な坪単価は約55万円となっているようです。

 

 

 

 

※相場はあくまで目安程度とお考え下さい。

ハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーの選び方ですが、家づくりにおいてそれぞれ求めるものは異なりますが、

 

 

 

家を建てるハウスメーカーにも得意分野と不得意分野があるので、自分が家づくりにおいて一番重視しているものを得意とされているメーカーを選ばれるといいです(* ̄ー ̄)

 

 

 

住宅に求めるものが異なると、当然ハウスメーカーの選び方も変わってきますので、

 

 

 

こだわる部分を実現してくれそうなハウスメーカーを選ぶと満足のいく家が完成しやすいです。

 

 

 

デザインにとにかくこだわりたい、輸入住宅に憧れがある、和室を本格的にこだわりたい、断熱などの性能を重視したい、コストを重視するなどなど、、

 

 

 

まずは自分たちが家づくりにおいて何を重視しているのか?ということがハウスメーカー選びの基本になってきます。

 

 

 

家のイメージも曖昧だとよく分からないまま話が進み、ハウスメーカーの言いなりになってしまう、、、ということも充分に考えられます^^;

 

 

 

そして実際にハウスメーカーの住宅展示場に行き、魅力を感じ簡単にハウスメーカーを決定されてしまう方が多いですが、

 

 

 

展示場はオプションがフル装備で付いていることが多いので、展示場と似たような仕様で建てる場合はかなり坪単価も価格も高くなります^^;

 

 

 

予算の関係で、展示場のような仕様にできない場合は、家の出来に不満を感じてしまうということも充分にあり得ますから注意なさって下さいね^^;

 

 

 

展示場に行かれた際には『この展示場の坪単価と価格はいくらですか?』ということを聞いておくと参考になります。

 

 

 

展示場の坪単価は驚くほど高いことが多いですよ^^;

 

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」を参考にして、ハウスメーカーを選んでみると良い」です。

 

 

 

無料で各ハウスメーカーの間取りプランや支払い総額を出してくれるので、

 

 

 

どんな間取りにしようか?どれぐらいかかるのかなどが比較できますので、

 

 

 

どんな家にしようか迷っている方にはかなりお勧めです。